• 締切済み
  • すぐに回答を!

アルミA6061のドリル切り屑処理

アルミA6061の穴あけ加工をbrother製対話形タッピングセンタにて行っていますが、切り屑がドリルに巻きつき、毎回手作業での除去作業が発生し困っています。使用している工具は、三菱マテリアルの汎用ドリルであります。 径はそれぞれ Φ2.4 L=13mm 通し Φ4.8 L=13mm 通し Φ3.2 L=6mm 通し Φ5.4 L=8mm 止り であります。 巻きつきをなくす・抑える方法をご教授いただきたいと思います。よろしくお願いします。

noname#230358
noname#230358

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数729
  • ありがとう数1

みんなの回答

  • 回答No.4
noname#230359
noname#230359

こんにちは ステップフィード加工が、ステップの間隔が穴底まで一定の切り込み量で加工する事が出来ないのはツライですね。もし、機械のパラメータ設定が無理であれば、自分でマクロを作るしかないと思います。 それと、刃物に対する加工条件がピタっと合えば、切子り屑はほとんど絡まなくなりますよ。見つけるのは結構大変ですけど。 ドリルは、ナチのDLCコートされたハイスドリルがいいと思います。送りもかなり速いし、切り込みも径の3倍はいけます。そして安い!! このドリルを使って、1度に2000ヶ所くらい穴加工しますが、ほとんど切り屑は絡みません。どの刃物を使うにしても、やはり良い条件を探すことだと思います。 参考になれば幸いです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • ドリルを買う予定です。アドバイスください。

    ドリルを購入しようと思っています。 用途としては、現場にてt1.5mmのステンレス板(SUS304)に、ホールソーで 35φ前後の穴あけ作業に耐えうる物を考えています。   今は振動ドリル兼用のBLACK&DECKERの500Wの物(スペック的には コンクリートφ13mm金工φ13mm木工 φ20mm)と書いてありましたが、 ステンレスへの穴あけには30φを超えると明らかにパワー不足です。  そこで、マキタのカタログをみて機種を選定しようと思うのですが、 上記用途の場合、カタログ上のどのスペックを参考に選べばいいでしょうか? また、振動ドリルを切り替えて使うことも考えているのですが、 穴あけは専用のドリルの方がいいのでしょうか? アドバイスお願いします。

  • SUSドリル加工にて、切り粉が詰まります

    いつもお世話になっております。 縦型マシニング(BT40)にてドリル加工をしているのですが、ドリル溝に切り粉が詰まってしまいます。 加工後に手作業で取り除いているのですが機械に人がつきっぱなしになるので改善したいです。 以下、加工情報です。  ワーク   ・・・SUS304 加工深さ20mm  ドリル   ・・・N●CHIのステンレス用ドリル  切削条件  ・・・φ4.3はS1400 F130          φ5.1はS950 F110 ともに水溶性切削液使用 O●Gのステン用EXドリルに替えたり、 サイクルをG83、G73ともにステップ2mmで試してみたりしたのですが結果は変わりませんでした。 ステップ量を減らすのかな?とも思ったのですがSUSはザクザク切りこんでいく方がいいと聞きましたので、踏ん切りがつきません。 色々試す前に、経験豊富な皆様のアドバイスを参考にしたいと思います。 どうぞ宜しくお願いいたしますm(_ _)m

  • DIY初心者の電動ドリル(バイクステー作成の為)の選び方

    バイクのパーツ取り付けの為にボルトを取り付けるステー自作が必要なので、電動ドリル購入を検討しています。 元々、何も知らず、ドリル、ドライバーなど替え刃がセットで3000円くらいの安物を購入しようと思いましたが、過去の質問を調べたところ、この厚さのステンレスには穴あけが困難なように感じましたので質問させていただきます。DIY初心者のため分からない点が多いため購入にあたりアドバイスお願いします。 加工するのは厚さ3~4cm程度のステンレス板が中心です。 使用頻度は年に数回程度になると思います。あくまで入門用なので、とにかく安く購入したいのですが、上記のステンレスに穴をあけれない程のものでも困ります。予算としてはオークションなどで中古で3000円から4000円が希望なのですがこの値段でも作業に適したものを手に入れることができるでしょうか?奇麗に穴をあけれる物であれば、もしも1、2年で壊れたとしても後悔はありません。 また、分からない点としては大雑把にですが 1.ドリル歯は基本的にどのドリルでも付け替えが可能か? (オークションでドリル本体をみたら6mm、とか10mmとか表記があってひょっとして専用の物なのかなと疑問に思っています) 2.ドリル自体に鉄工用、木工用の差はないのか? 3.ドリル歯は何円程度の物が上記の使用に耐えうるか といった辺りが気になっています。 また同時に使うサンダーの購入も検討していますのでこちらに関しても、作業に適したものを教えていただければ幸いです。

  • 回答No.3
noname#230359
noname#230359

こんにちわ。 ステップ量を減らし回転を上げれば解決できると思われますが・・・。 機械上ステップ量がどうだら、こうだらって言われていますが、パラメーターで出来るはずです。対話のプログラム入力ではなく、機械のパラメーターです。 ブラザーの機械は分かりませんが、加工パラ・ユーザーパラとか設定が必ずあるはずです。 ドリルはアルミ様にし、それでも絡むようであれば刃先にニックを付けてみても良いかも・・・。よく、アルミの穴加工では、バリ・カエリ対策にニックを付ける事もあります。余計に巻き付いたらごめんなさい。 ニック付きドリルで検索してみれば、どこかに当たるはずです。 あまり、参考になりませんね・・・。頑張ってください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2
noname#230359
noname#230359

私の経験からもうしますとステップフィード量は一回転当たりの送りの10倍~15倍だと思います。 出来れば底まで一定が良いですね、ユーザーマクロが使えればご自分で固定サイクルを 作るのも可能かと思いますが・・・ 加工後高速で逆転時はクーラントも出してください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
noname#230359
noname#230359

加工後高速で逆転を入れれば取れることがあります。 アルミ用のドリルを使い送りを出来る限り上げ切粉の厚みを厚くすると 切粉は切れやすくなります。 高圧のクーラントをドリル先端から出せば絡みは軽減されると思います。 またそういった方法がとれない場合は昔ながらのステップフィードを行うこと ですね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。 高圧クーラントの内部給油方法は、機械的に無理ですので加工後の逆転試してみます。 また、ステップフィード加工は、ステップの間隔が穴底まで一定の切り込み量で加工する事が出来ない機械仕様となっています。(口元から、奥に進むにつれて、切り込み間隔が短くなっていく方法しかとれません。3mm 2mm 1mm という風に最大で15回のパス回数になります)ですので、最初から1mmで切り込もうとすると、2回目・・3回目・・ではコンマ代の切り込み量になりまして、加工時間もかさんでしまい、加工効率が落ちてしまいます。また、15回目以降は15回目の切り込み量と同じ量になり、穴底まで繰り返します。当方は、1回の切り込み量はドリル径の1/2と考えておりますが、よりよい切り込み量がありましたら引き続きご教授頂ければと思います。また、他にアドバイスありましたらなんでも結構ですのでよろしくお願いします。

関連するQ&A

  • 穴あけについて

    仕事で穴あけ時間の短縮をしなければいけなくなりました。 組立作業の際に、位置がズレないようなピンを挿入する為の穴です。 φ8~13mm ↓なぜ時間が掛かっているのか。↓ ・横向きでの穴あけになります。 ・ひとつの製品に対しての数が多いです ・ハンドドリルが早いのですが、疲労してしまいます。 ・マグネットボール盤を使用したり、横にあけるボール盤は定盤で使用しないといけないなど、段取りに時間が掛かってしまいます。 小さな力で下穴をあける方法や道具、 月光ドリルなどのキリ、良い治具の作製など 皆様のアイデアをお聞かせください! 文章が下手ですみません。

  • チップ式ドリルの工具本体の寿命について

    三菱の径17.5TAFドリルを使用しているのですがどうも本体の方が、 約半年~1年程度で壊れてしまいます。開ける穴の数が多いということもありますが、アドバイスを頂きたいです。 条件  :S2900F200 切込量 :8mmずつ 穴深さ :26.5mm 1か月の開ける穴の数:約1500~1800 使用機械:横型マシニング 日立精機HC-500 削っている材質はS50Cになります。 使っている固定サイクルはG83の深穴ボーリングサイクルを使っています。 情報不足でしたね・・・ HC-500なんですが、かなり古い機械ですので、センタースルー構造ではなく、外部からの切削油をかけています。使っている切削油は、ユシローケンFX-60です。濃度は、約20倍で使用しています。切削油は、刃先とシャンクにかかるようにしています。 マシン自体の主軸の軸ぶれは、0.025~0.03ほどで、古い機械の為、かなり大きいと思います。 切削した後の状況なんですが、新しいチップを使用し、G81を使用した場合、約15mmあたりから、切り屑の熱のせいで、シャンク自体に熱が溜まり溶着するなど、挙動が怪しくなるような状況です。切削油の出る量は調整できる機械ではありません。 現在は、新しいシャンクを購入して、切込量6mmにしましたが、シャンクに溶着したりはしていません。(3日目ですが、おそらくそのうちまた。。。) ですが、切込量8mmの場合ですが明らかに、使っているうちに、若干の溶着が、しばらくすると始まり、溶着部を磨きながら使用している感じです。。。 やはり、使用している機械が古い為、そんな感じになってしまうのですかね。。。 いろいろアドバイスありがとうございます。

  • ブロックに小さい孔を多数開けたい

    ブロック(単品)の端から3Cmくらいの所に4Cm間隔で6mmくらいの通し孔を15本ほど開けたいのですが、何度やっても割れてうまくいきません。実は10年ほど前に同じことを成功させているのですが、今回はいろいろブロックを変えたり、端を押さえたりしても駄目でした。 前回のブロックがたまたま品質が良かったのか(元来こういうものなのか)どうか判断がつきません。工具は日立のロータリーハンマードリルDH18VB+コンクリートドリルで、前回もこれで作業をした記憶があります。 うまい工法はありませんか?

  • 厚さ3mmのステンレスに穴あけ

    厚さ3mmのステンレスに穴あけ 厚さ3mmのステンレス製フラットバーに、振動ドリルでM10ボルトを通す穴を開けようと試みましたが失敗しました…。 その時の条件は以下の通りです。 ●使用した振動ドリルは、リョービ製『PD-1970VR』です。 【性能】 コンクリート:19mm・鉄工:13mm・木工:40mm 回転数:(低速)0~1,250min-1(高速)0~2,700min-1 プロ用ではなく、DIY用です。 ●使用したドリルピットは、ステンレス用のドリルピットです。サイズは12mmのもの。価格は約3000円のものです。 ●いきなり12mmのピットを使用して穴あけしようとしたのではなく、最初は下穴として6.5mmのドリルピットで穴を開けました。 最初から大きな穴を開けようとしない方が良いと聞いた事があるからです。 6.5mmの穴あけは何とか成功しました。 上記の条件で、厚さ3mmのステンレスに12mmの穴あけを試みましたが失敗しました。 厳密に言いますと、途中までは12mmでも順調だったのですが、 穴あけ中突然、振動ドリルが『キィーーン』と鳴り出して、まるでクラッチが働いたかのように(勿論クラッチ機能などありませんが)モーターがそれ以上回らなくなってしまったようです。 突然のことだったので、ピックリしてよく覚えていないのですが、確かにモーターが内部で小さく唸っているような感じの状態だったと思います。 「壊れたのかな?」と思い、何も負荷を掛けない状態で振動ドリルのスイッチを押してみると、普通に動作しました。 念の為しばらく時間を置いて、もう一度ステンレスバーにドリルをあてがってみると動き出しましたが、やはりまた途中で同じ現象が起きてしまいました。 これ以上使用しない方がいいと思い、作業は中断しました。 ここで質問させて頂きたいのですが、 (1)この現象は、振動ドリルに負担を掛け過ぎたが為に起きた事象なのでしょうか??(振動ドリルは故障してしまったのでしょうか……) (2)もしそうなら、この振動ドリルでは3mmのステンレスに12mmの穴を開けることは不可能なのでしょうか?? もし不可能でないなら、何か上手に穴を開けるアドバイス等頂けませんでしょうか? (3)ステンレスに穴あけが不可能なら、鉄かアルミのフラットバーで代用しようと考えているのですが、やはりステンレスより穴あけは容易でしょうか?? 鉄とアルミならどちらの方が穴あけし易いでしょうか?? 長文駄文になってしまい、おそらくちゃんと伝えきれていないと思います。 その時は、ご指摘頂ければ補足させて頂きますので宜しくお願い致します。 色んな方々のご意見を出来るだけ多くお聞きしたいです。 とても困っております。どうか宜しくお願い致します。

  • スパイラルタップ

    前回、同名の質問では丁寧なご指導有難うございました。 またまた、どしろうとの質問ですが、行き止まり穴のタッピングで、ハンドタップの1本目である程度ザグった後に、スパイラルタップを使うのはありですか? 理由は、 手作業の場合、スパイラルタップは垂直の保持が難しいです。 切り屑の送り出しを考えると全部ハンドタップで行うのも苦労です。 その併せ技でどうかと愚考するのですが・・・ よろしくお願いいたします。

  • 合金アルミプレートの面取り加工

    マシニングセンターの加工にて 素材A5052の板状のプレートにM4ミリネジタップを数百箇所の穴あけ加工を しますがドリルの巻き傷や面取り加工の巻き傷が付くと見かけ上で 不良になってしまう。従って材料で納入された時に表面にビニルが貼ってあり そのまま加工に入りますがビニルの粘着質が面取りカッターの加工が 回転しながらなのでビニルが溶けてカッターへ附着してしまい 刃物の先端が切れない状態になり面取りの縁にバリが生じ手作業で 取り除く必要が出てしまって時間のロスが出てしまい 何かマシニングだけで加工が完了する手立てがありましたら 是非とも教えて頂きたくお願い申し上げます。 *尚加工中のクーラントは水溶性切削油でしたが面取りに纏わり付くので エアーブローに切り替えました、がそれでも状態が改善出来なかった。

  • SS400でのタップ加工

    材質がSS400、M3(ロール)タップ、2.77のドリルでS300で厚さが15MMのワークに通し穴のタップをたてていますが、タップが2~3個ぐらいで確実に折れてしまいます。深穴用のスパイラルタップも使ったのですが、2個目で折れました。仕方が無いので8MMぐらいまで機械でたてて後は手作業です。 やはり、レスにあるようにシングルブロックで止めて、穴にタッピングペーストを塗り、空けるしかないのかなーと思っていますが、機械を24時間動かしたいので、自動化したいのです。MCは森精機MV65です。どなたかアドバイスをお願いいたします。

  • 真鍮の深穴あけで注油は必要ですか?

    卓上ボール盤を使い厚み40mmの真鍮ブロックに6.4mmのドリルで貫通穴をあけてみました。切り始めはスムーズでしたが、少し深くなると切り子の出かたが滞ってしまい、何度も抜きながら切り子を払っての作業となりましたが、それでも見た目には真っ直ぐぬけてくれました。しかしながら中で滞った切り子で穴を傷付けてしまったので、実用に差し支えなくても我ながら上手く行ったとは思えません。 ところで本を見たところ、通常の穴あけで注油をしない鋳鉄でも、深穴の場合は注油をした方が良いとありましたが、果たして真鍮の場合でもそうなのでしょうか? いろいろ自分で試せば良いのですが、時間的な余裕がないので、ご存知の方のアドバイスをひとつお願いします。

  • アルミ材A6063S-T5とA6063-T5

    見積依頼図面に材料:A6063S-T5と指定していますが、加工先の中国メーカーに聞いてみたらA6063S-T5がありませんとの回答だった。A6063-T5ならありますと。両者は違う物でしょうか? わかる方がいらっしゃいますか? かなり困っていますの、宜しくお願い致します。

  • アルミ用のドリルって何がちがうんでしょうか?

    普通の金属用だと削れすぎてしまうようです。刃が食い込みすぎてやりづらい。

専門家に質問してみよう