• 締切済み
  • 困ってます

ドリルでの穴あけについて

はじめまして。 橋梁工事におけるスプライスプレートにドリルを使用して穴あけ作業をしているのですが、ドリル径24.5mmで穴あけ後、材料におけるドリルの抜け際付近で 孔径が24.4~24.48mmと小さくなってしまうのですが、きちんと24.5mmにしたいのですが、ご指南戴けないでしょうか?宜しくお願いいたします。 なお材料はSS400~SM570材とゆう鉄です。使用しているドリルは不二越のオイルホールドリル(ハイス)です。 現在の切削条件は SS400~SM490はドリルの回転360 送り0.4~0.5です。 SM570材は回転360 送り0.4です。特にSM570材の時に孔径のバラつきが目立ちます。

noname#230358
noname#230358

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 切削
  • 回答数4
  • 閲覧数314
  • ありがとう数4

みんなの回答

  • 回答No.4
noname#230359
noname#230359

回答(1)(2)(3)さんに賛同。 三菱、住友などのメーカの超硬ロー付タイプや超硬インサート 交換式タイプに橋梁用ドリルがあります。 一例として添付URL(PDF)の15ページをご参考まで。 材料別の推奨条件も記載されています。

参考URL:
http://www.mitsubishicarbide.com/mmc/jp/product/pdf/b/b060j_wstar_insertdrill_200701.pdf

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

zaumakuさんアドバイス有難うございます。 実は以前 三菱、住友などのメーカの方、もしくは工具屋さんが 超硬ロー付タイプや超硬インサート交換式タイプのドリルを 自分の勤務する会社に宣伝に来られたことがあり、その時に24.5mm、26.5mm のドリルをお試し用に戴いたことがありました。 回転800~560、送り0.2以下で使わせていただいたのですが、残念ながら自分の使っているNC機械の剛性が弱いのか切削距離7m未満で刃こぼれが発生し夜中の無人運転を断念したことがありました。 ここは一つ初心に帰り皆様のアドバイスどうり送りを0.2ぐらいまで落し もう一度トライしてみます。 有難うございました。

  • 回答No.3
noname#230359
noname#230359

ドリルがハイスなら回転360は妥当なところ 前出の回答と同じく送りが早いと感じてしまう。 やはり、まともには真円に加工出来ていないと思われる。 橋梁材加工用を謳っているドリルもある。(ダイジェット Sカット SCD-KMS) 先端超硬ロウ付けのドリルだが機械剛性があれば 回転800 送り0.3 は大丈夫 これなら現状より効率も上がると思う。 価格もメーカーから代理店を紹介してもらえば それほど高くない?

参考URL:
http://www.dijet.co.jp/catalog/pdf/milling/catalog.pdf

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

mytec さん 回答ありがとうございます。 皆様の回答にもあったようにやはり送りが早いと思い始めました。 ダイジェットをはじめ超鋼ドリルで24.5mmの孔をあける場合は24.7mmのドリルを使わないと孔が小さくなるんですよねー。 だとしたらハイスでも24.7mmを使いたいのですが残念ながら職場にそのドリルは無いんです。もし24.7mmがあったとしても 万が一 25mmの孔が開いてしまったらと考えると 送りを0.2ぐらいまで落してもう一度チャレンジしたいと思います。 有難う御座いました。

  • 回答No.2
noname#230359
noname#230359

送り0.4~0.5が大きすぎ ドリル径がでかいので折れることはないが ドリルの加工条件(不二越の中の人が作ったやつ) http://www.vector.co.jp/soft/dl/win95/business/se054076.html http://www2.lint.ne.jp/~lrc/runtime.htm SSで S260 F41.6 送り0.16mm/rev 周速はオイルホールドリルなのでもっとあげられるけど 送りは0.2ぐらいまでにしといたほうがいい 送りが多いので加工時発熱 さめると締まったって感じ(シモネタお思いつくけど書かないのは理性) >>業時間がかなり長くなってしまうんですよね 手抜きは良くない 熱ではなく 弾性変形のほうですね >>厚9mmの材料を1枚で穴あけした時 送りが早いので弾性変形で変形しながら加工 加工が終わるとスプリングバックにより元の戻る が穴は締まる オイルホールドリルなので周速をあげて 送りもあげたほうがいいと思う

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ははは さん 有難うございます。 板厚9mmの材料を4枚~10枚重ねて穴あけした場合まったく問題ないのですが、板厚9mmの材料を1枚で穴あけした時にピンを入れて確認したところ最後のほんの抜け際の部分でひっかかる感じです。ここがクリア出来れば良いのですが、この1mmもない抜け際の薄い膜?が厚い壁となって立ちはだかっている始末です。 このSM570とゆう材料はかなりガードが硬く潤滑油でなくて切削油も大分濃くしている次第です。 ただ 孔は見た目には歪な形では無いのですが、抜け際で変形していることも考慮するとやはり送りが大きいのでしょうか? 強引に攻めるのではなく0.2ぐらいまでの送りでじっくりと切削寸動も交えて(すいません しつこいですね、、、)もう一度作業してみたいと思います。 有難うございました。

  • 回答No.1
noname#230359
noname#230359

>孔径が24.4~24.48mm 何で測られました? ノギスなら正しく24.5の孔であっても、小さく測ることも有り得ます。ノギスのクチバシが曲がったりしてなくとも。 24.5の栓ゲージは贅沢なので、旋盤でその径の棒を作れば代わりになる。 ドリルの摩耗が無いことも確かめて 最後に加工現象。 ドリル芯が振れて出来る三角おむすび形。その内接円の直径を測るとドリル二辺形(表現オカシイ)の寸法より小さいことがある。ドリルが横着して加工量を減らしスリ抜ける現象。 >送り0.4~0.5 やや大きい気がする。それが上記現象を起きやすくしていることもあるような まったくの蛇足、 3枚刃のドリルならこの現象は殆ど起きない。 そのように3枚刃を宣伝してるメーカもある。厳密には5角おむすび形とかになって僅かにあるらしい。 それにドリルの捻れのため、深い穴になると刃立てが弱い側面でも削ってしまうので発生しにくいが、浅い穴、側面が摩耗してるドリルならその逆が重なっている。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

お世話になります。 早速の回答有難う御座います。 孔径の測定方法は旋盤で作った棒、もしくは仮組みの際に使う24.3mm~24.5mmのピンを差し込んで測定しています。 ドリルの磨耗に関しては新品のドリルをデジタルノギスにて異常がないことも確認していますが、ご指摘のとうり長く使っているドリルは痩せてしまっていることもあり、またドリルは厳密には逆テーパーにつくられているらしく、同じ径のドリルでも短くなるまで使い込んだものも孔径が小さくなることも先輩方に教わりました。 やはり送りが0.4~0.5は大きいのでしょうか? 確かにSM570とゆう材質はSS400に比べてかなり硬い材料なので本来は超硬ドリルを使うのですが、なかなか買ってもらえないのでハイスにこだわっています。 送りを0.2~0.3にすると大分いいのですが孔数が多いと作業時間がかなり長くなってしまうんですよねー、、、。長々とすみません、有難うございました。

関連するQ&A

  • ドリル穴明けについて

    初めまして、MC初心者の者です。 ドリル穴加工での不良が多発している為、何とかしたく投稿させて頂きました。 使用機械 森精機 NMV-5000 材質:SCR420H 使用ドリル NACHI AGPLSD φ4.5 全長126mm(ハイス) 穴深さ 80mm 主軸回転数 S500 送り F25 切り込み Q0.5 切削液 水溶性 です。 状況ですが、3×8センタードリルでもみつけ後、φ4.5(NACHI ハイス)のドリルでガイド穴を深さ30mmまであけた後に上記の穴加工を行うと50mm付近で折れることがあります。 製品1個に対してあける穴は1個の為、現状は5台で1本のペースで折れるドリル を交換しています。(8~10台付近で良く折れていた為) もちろん使用ツールは新品ですが、折れる原因が良くわかりません。 条件等も含めまして原因追求の為、ご教示願います。 宜しくお願い致します。

  • ハイマンガンの穴あけについて

    ハイマンガン鋼の穴あけ7mm13mm17mmをしないといけないのですが、回転数と送り速度の見当がつきません。教えていただけませんか?ドリルはOSGさんのハイスを使用する予定です。

  • A5052に小径ドリル(φ1~φ2.5)の穴あけ…

    A5052に小径ドリル(φ1~φ2.5)の穴あけ方法。 A5052に小径ドリルで穴あけをしますと(3Dから5Dくらいです。)、かなりの確立で折れてしまうのですが、何かよい方法はあるのでしょうか?当社は汎用機にて油性の切削液を使用しております。ドリルはハイス、超硬ともに試しましたが、両方折れました。マシニングでステップさせながらも試しましたが、駄目でした。何かよい方法がありましたら、ぜひお願いいたします。

  • 穴あけ加工について

    調質した材料に穴あけを行う際にキリが直ぐ悪くなり困ってます。 ・材料(S45C厚み35mm) ・調質(HRC22~27℃) ・キリ穴(Φ10~Φ14) ・ドリル(ハイス) 加工手順 素材荒加工(穴は荒加工しません)→調質→穴含め仕上げ加工 ※穴は当然、センターもみ→ドリル ハイスドリル以外に良い物を教えて下さい。 又、ハイスコーティングドリルは先端を研ぎ直すとコーティングの効果が激減しそうな気がするのですが、どうなんでしょう?(ドリルは先で削っていくので・・・)

  • 0.3Φの穴あけ

    S50C(研磨材)に0.3Φの穴を深さ1mm(止まり)で3500穴明けたいのですが、100穴前後でドリルが折れてしまい大変悩んでいす・・・。 条件は、ナチアクアマイクロ0.3Φ,回転数14000min,送り30~40mm/min,ステップは0.02mmで 、コレットチャック使用、切削油はエマルジョンを使用しています。 メーカーに問い合わせたところこの条件でも1000穴近くは開くとのこと  原因が分からず困っています、ヒント、アドバイス宜しくお願い致します。 ドリルの振れを測ったところ0.003mmでした。 送りが遅い可能性もあるので試してみます。

  • φ6.5ドリルでの穴空け

    お世話になります。材質がSS400で厚さが60mmあるのですが、これを6.5(OSG,EX-SUS-GDR)のドリルで貫通させると0.3mmぐらい出口のところで曲がってしまっています。仕方ないので、超硬ドリルを使用しましたがさすがにまっすぐに空くものの、40カ所ぐらいで、先端がかなりチッピングしてしまいます。曲がらずに空けるよい方法もしくはドリルをご存じの方、よろしくお願いします。

  • 銅材の穴あけ加工

    材料は30角、長さ300ほどで10mmの穴が長手方向に貫通しています。 この10mmの穴を12.2mmで深さ250mmに拡げたいのですが何か良い加工方法を教えてください。 銅は縮みが激しいためドリルを送っていくと食いついてドリルが止まってしまい困っています。 加工機械はラジアルボール盤でナチのハイスロングドリルを使います。 切削条件やキリ先の加工形状、切削油の選定などできれば具体的にお願いします。 それではよろしくお願いします。

  • チタンの穴明けΦ27.0、テーパーシャンクドリル

    ラジアルボール盤で、チタンに穴明け、条件は、テーパーシャンクドリルΦ27でチタン素材厚み120mmに貫通穴を明ける。現在は三菱マテリアル製コバルトハイスを使用しています。水溶性クーラント使用です。 現在、1時間/1個です、改善したいです。 替えられない条件は ①ラジアルボール盤 ②素材チタン、Φ27深さ120mmの貫通穴明け ③水溶性クーラント 最適なテーパーシャンクドリルをご存じの方はおられるでしょうか? お知恵を拝借願いたいです。

  • SS400の切削条件

    SS400で材料径φ15.0、裏挽きで素材径からφ6.0(切り込み深さ4.5mm)を90mm切削、ドリルはφ12.0、深さは18.0mmで加工する予定です。切削速度、送り速度はどのくらいがいいのでしょうか? 弊社はSS400を加工したことがないのですが、かなりねばい材料で、切粉がつながり自動機についてないと難しいと聞きました。切粉がうまく掃けるような条件があったら教えて下さい。よろしくお願いします。

  • 誰にでも出来るドリル研磨機ありますか?

    もうすぐハイスドリルの研磨を担当していた人が定年で居なくなります。 ハイスドリルの研磨の技術伝承が時間がなく進みません。 誰にでも出来る簡単なドリル研磨機があれば教えてください。 できるだけカンコツの部分を取り除きたいと思っています。 メーカー名、機種等わかれば近々ある機械要素展で確認したいと思いますのでご協力お願いします。使用ドリル径は3mm~50mmぐらいです。基本的には12~25mm前後が主流となります。