• ベストアンサー
  • 困ってます

穴あけ加工について

調質した材料に穴あけを行う際にキリが直ぐ悪くなり困ってます。 ・材料(S45C厚み35mm) ・調質(HRC22~27℃) ・キリ穴(Φ10~Φ14) ・ドリル(ハイス) 加工手順 素材荒加工(穴は荒加工しません)→調質→穴含め仕上げ加工 ※穴は当然、センターもみ→ドリル ハイスドリル以外に良い物を教えて下さい。 又、ハイスコーティングドリルは先端を研ぎ直すとコーティングの効果が激減しそうな気がするのですが、どうなんでしょう?(ドリルは先で削っていくので・・・)

noname#230358
noname#230358

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 切削
  • 回答数5
  • 閲覧数246
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
noname#230359
noname#230359

超硬ドリルが有りますが。 研ぎ直すとコーティングが剥がれますね。 効果が激減するほどではないと思いますが? 再コーティングしてみては?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

頻繁に研いでるので、毎回再コーティングはちょっと・・・。 超硬ドリルは検討してみます。 有難うございました。

その他の回答 (4)

  • 回答No.5
noname#230359
noname#230359

超硬ラジアスエンドミルでのヘリカル穴加工はどうでしょうか? 穴径が小さいと厳しいですが…。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.4
noname#230359
noname#230359

比較的安価にいくなら コバルトドリルや粉末ハイス系がよいかと。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3
noname#230359
noname#230359

ちょっと古いですが、コーティングの有力メーカーの一覧がありますので、参考までに。。。

参考URL:
http://www.yano.co.jp/mrnew/mr0404/C45301900.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2
noname#230359
noname#230359

MCで使うとの前提ですが ヘッドのみ交換する例えばイスカルのカムドリルのような物がお勧めです これは加工速度速いし刃先を交換すればすぐに加工できます 次はソリッドの超硬コーティングでなく粉末ハイスのコーティングですね 例えばOSGのVPドリル 再研磨すれば逃げ面のコートが無くなります 外周のコートがありますので加工条件、寿命はかなり下がりますが効果無しとは言えません 再コートは2週間程度で出来るので複数本持ち交換しながらやれば良いかと

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

自社ではカムドリルのようなヘッド交換タイプは今まで使った事がないのでじっくり検討してみようと思います。 有難うございました。

関連するQ&A

  • 銅材の穴あけ加工

    材料は30角、長さ300ほどで10mmの穴が長手方向に貫通しています。 この10mmの穴を12.2mmで深さ250mmに拡げたいのですが何か良い加工方法を教えてください。 銅は縮みが激しいためドリルを送っていくと食いついてドリルが止まってしまい困っています。 加工機械はラジアルボール盤でナチのハイスロングドリルを使います。 切削条件やキリ先の加工形状、切削油の選定などできれば具体的にお願いします。 それではよろしくお願いします。

  • SKD-11の加工

    おせわになります。 外径90、厚み20、外周R10形状のスピニングローラーにおいて、材質はSKD-11(調質材)に硬質クロムメッキを施すことを検討しています(先月にも関係する質問をし、おせわになりました)。 しかしながら、SKD-11調質材は硬度HRC60で硬くて削れないようです。 たしかに一般的にHRC60以上は削りにくいとは聞いています。 調質していない材料にすると、加工後に焼き入れできると思いますが、最終的に表面を研磨仕上げになるかと思います。しかし先端のR10形状を研磨仕上げするのが難しいと言われています。 となると、調質していないSKD-11でもHRC50~55くらいあるので、これに硬質クロムメッキを施してしまえばよいか?と考えています。 HRC50~55もあれば、硬質クロムメッキ(HRC60~64)が加圧時に負けてしまうこともないのではないかと。 コーティングなどで表面硬度を上げている工具などがたくさんあると思いますが、コーティングの硬度に対して、下地の硬度がどれくらいあれば良いのかといった知見がないので本当に上記のような考えてよいか判断がつきません。 調質材でなくとも問題ないとみてよいでしょうか? それともその他案があればご教授お願い致します。

  • 穴空け加工のドリル選定

    焼入れ材の追加工で深さ45φ2のトオシ穴を空けたいのですが、ドリルはどういったのもを選定すれば」よろしいのでしょうか。 焼入れ材なのでハイス鋼ではなく超硬ドリルで加工しなければいけないと思っています。 またφ2の穴ですが、深さが45ありますのでドリルの全長もつかむ部分含めてそれなりの長さがないと いけませんよね。 加工精度については、空気抜け穴ですので穴が開いていればOKです。 被加工材はS45Cで焼入済HRcで45~55あります。 できればホームセンターで売っているような簡単に手に入るものでありませんかね。 よろしくお願いいたします。

  • カーボン穴あけ加工

    マシニングにてカーボンにφ3.4のキリで深さ35?の穴あけ加工を行っています。しかし、キリの寿命が短く直ぐに穴が曲がりカーボンが割れてしまいます。 加工条件は 回転数S1600 送りF100 G83 ステップ加工です。 キリの種類はVコーティングで通常ねじれタイプです。 カーボンに対して有効な工具が有れば紹介して下さい。 よろしくお願いします。

  • 穴明け加工の真円度が出ない

    材料SCM435、穴径φ20mm、穴明け長さ150mmの穴明け加工において、下穴をドリル加工で19.90mm、仕上をマシンリーマで20mm(工具径φ20K5)、主軸回転速度500rpmで加工を行っています。 穴形状の真円度が出ない(ダルマ穴に加工される)、穴径が拡大する事象があり困っています。 寸法的には、真円度が0.1mm以上ずれてしまう場合があり、ピンを打ち込んだ際に隙間を感じます。 考えられる要因をご存知でしたら、教えてください。

  • 旋盤穴あけ加工

    材質SUP10なのですが、センタ穴を入れようとすると、すぐにセンタードリル(ハイス)が折れてしまいます。 回転はミル主軸2500min 旋削主軸500min 1000min  送りが0.02mm/minと試しましたが、 すべて折れてしまいます。 SUP10の穴あけ加工をどなたかご教示して頂けないでしょうか?

  • フライスやマシニングでの止まりの長穴加工について

    フライスやマシニングで深さが5とかの止まりの長穴を加工する手順が分からなくて質問させていただきます。 このような場合ドリルでキリ穴を開けてから加工するのが一般的だと思うのですが、とまりの場合ドリルの先端が邪魔なのでそこまで穴を開けられないですし、エンドミルで穴あけしてもエンドミルが折れそうではないですか? ましてや、ステンレスとかだとこの加工のやり方がすごく気になります。 よろしくお願い致します! (最先端の技術は置いといて欲しいです。ヘリカル加工や底面が平らなドリルなど)

  • ドリル加工穴あけ

    マシニングセンタのドリル加工でワークはSS400で板厚が19ミリあります。 3.4のドリル加工を貫通穴でハイス ドリルで加工しているのですが、時間もかかるので超硬ドリルで19ミリは一発加工はできるのでしょうか? おすすめの3.4超硬ドリルはありますか?

  • 穴あけ加工が、思うようにいきません。皆さんのお考…

    穴あけ加工が、思うようにいきません。皆さんのお考えをお聞かせください。 駒の材質 s-star hrc33 736穴 交差 Φ0.61からΦ0.62 深さ3.05貫通 ピン摺動部 736穴 交差 Φ1.0からΦ1.01 深さ10.0貫通 ピン摺動部 上記 加工において皆さんでしたら度の様な加工方法をお考えになられますでしょうか?アドバイスをお願いいたします。 私としては、リーマ加工は、省略しドリルだけの加工で試加工しましたが、 思うような結果になりませんでした。

  • Ф5ドリルにて斜め穴加工時のドリル折れ

    はじめて投稿します。 Ф5ドリルで斜め穴加工時、抜けきる所あたりでドリルが折れてしまいます。 ゆっくり慎重にやれば加工できるのですが、ほんのちょっとの力加減の違いで ボキボキに折れてしまいます。抜ける場所が内径の角にあたる所なので変に負荷がかかるようです。 穴加工は1個につき4か所の斜め穴で、500個をボール盤で地道に作業していますが、穴あけをしているよりドリル交換をしている時間のほうが長く感じます・・・。 何か良い方法はないでしょうか? 材質は45Cの調質、ドリルはハイスとコバルト両方使いましたが同じ頻度で折れるのでハイスを使っています。 よろしくお願いします。