• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

薄板材料打ち抜き加工

SUS304CSP-1/2H t0.3の材料を加工する総抜き型を作りましたが、バリで悩んでいます。刃先材料はDC53 Hrc60°クリアランス0.03です。製品形状は20X200mmほどで、ちょっと入り組んだ形状です。 100ショット位でバリが高くてダメになります。 今までもt0.2やt0.3などやってきているのですが、何が悪いんだか見当がつきません。 どなたか、解る方がいましたならよろしくアドバイスお願いいたします。

noname#230358

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数205
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
noname#230359

被加工材は、ばね用ステンレスで硬化しております。刃先の焼付現象が生じ易く、DC53 HRC 60では問題があります。焼入、焼もどし温度を高めて、硬さを HRC62程度とし、表面硬化処理として、PVD (TiCN)を施せば、かなり改善すると思います。理想としては、含コバルト粉末ハイス HAP40(日立金属) DEX40(大同特殊鋼) ASP30 (UDDEHOLM)などを基材として、表面硬化処理(PVD)を行うのがよいのですが、コスト的な問題もあるので検討が必要です。貴社の所在地をお知らせいただければ、実績のある業者を紹介します。   以上。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

nkgwさん、早速アドバイスありがとうございます。 そうですね、粉末ハイスを使えばかなり良いと思うのですが。 表面硬化処理で検討してみたいと思います。 業者のほうはいつも依頼しているところがありますので大丈夫です。 ありがとうございました。

関連するQ&A

  • SUS301-H材 打ち抜き時のバリ対策

    こんにちは。 SUS301-CSP-H材 0.7t の打ち抜きについて、 アドバイス頂けたら有り難く存じます。 上記材料の製品打ち抜きなのですがバリが頻繁に出て困っております。 型予算の都合上、発注元より単純な抜き落とし型で指定されており 型の構造について変更はできません。 パンチは粉末ハイス鋼にPVC処理、硬度は実測HRC62.2 ダイはSKD11、硬度は実測HRC60.3 クリアランスは0.06mm(破断面の状態テストで先方より指定) 先様の予算都合もあり、金型の材質変更や構造見直しは最終手段です。 SUS材の硬度をHから1/2Hや1/4Hに変更するのも不可。 現在出来ることというと打ち抜き油の変更ということになりますが、 このご時世ですので試供品もほとんどありませんので購入して使用、 ということになってしまいます。 洗浄工程がありますので速乾性などは問題になりません。 バリ対策として特に有用だった加工油の銘柄を教えていただけませんか? どうぞよろしくお願いいたします。

  • SUS304 薄板(t1.0mm) 抜き切り加工…

    SUS304 薄板(t1.0mm) 抜き切り加工の工具選定 材料 SUS304 薄板(t1.0mm)  機械 マシニング(ファナック30番テーパー) 製品寸法 Φ30.0程度(交差±0.05) 加工数 50個程度 抜き切り加工工具選定での質問です。 抜き切った際、材料裏に固いバリが発生し、 それが原因で材料を押し上げてしまい、 加工不良が多発してしまい困っております。 現在、日進工具のMSE230・Φ2を使用していますが、 刃物の持ちも悪く、他社メーカーを選定中です。 何かよい工具を探しております。 小径刃物(Φ2)で、コーティングなど SUS304に合うものを希望します。

  • 被加工材がSUS304の金型表面処理

    被加工材SUS304/t1.0の4面沈曲げ金型において、数十ショットでカジリが発生してしまいます。何か良い表面処理方法がありましたら教えてください。また、クリアランス的なものも影響すると思うのですが、何かアドバイスがありましたらよろしくお願いします。(現状:SKD11/HRC60 表面#3000ラップ後 硬質クロムメッキ)

その他の回答 (1)

  • 回答No.2
noname#230359

このての材料をやられたのが初めてではないかと思います。nkgwさんがおっしゃる 様にDC53なら持ちません。どの位の生産数があるか解りませんが、この材料なら硬 さやバネ性が上がりますので摩擦抵抗が大きくなり焼き付きや摩耗が促進されます。 加工油をやられているのなら粘性の高いものに替えて油が枯渇しない様にするか、 やはり刃先材料を硬いものに替える(粉末ハイス・超硬等)、表面処理をして滑り性 を上げる、等が考えられます。参考になれば幸いです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 やはり、DC53では持たないですか。材料変更してみます。

関連するQ&A

  • SUS薄板バネの熱処理について

    SUS301-CSP 1/2Hの薄板バネの材料でバネ部品を製作します。この材料自体が調質材ですが、成型加工(プレス加工)後に再度熱処理の必要はあるのでしょうか。また、再度熱処理することで、バネ性を向上することは可能でしょうか。SUSの板バネ(調質材)の製作図面で加工後の熱処理を指示している図面を見たことがないのですが、指示するときは、どう記載すれば、いいのでしょうか。ご教示のほど、よろしくお願いいたします。 板バネの厚さは0.5?程度、製品の大きさは外形φ70ぐらいのドーナツ形状です。

  • 箱曲げの順送型

    SUS301CSP3/4H t0.2 鈴メッキ付きの材料で4辺箱曲げ(10*15*2ほど)の順送型を起こし、トライの最中です。対辺2ヵ所を曲げてから、最後の2ヶ所を切り曲げにて製品にしています(全て下曲げ)。問題は、曲げ部のコスレ、ヒゲバリです。曲げ部はDC53,切り曲げ部はSKH51を鏡面くらいに磨いてはいるのですが。 ライバル会社には、曲げコスレの無い、そして切り曲げをしないで加工していると聞いています。とても考えられません。 何かいい方法があれば教えていただきたいのですが、よろしくお願いいたします。

  • 打ち抜き穴の内径せん断面について

    こんにちは。 板厚2mmのSUS304CS材。 形状は♂のような形。○部の外形は4.5Φ ○部の中心に3.1Φ±0.05の穴があります。 この3.1Φ穴についてですが、可能な限りせん断面を 長く取りたい、理想を言うなら全部せん断面が欲しい。 との要求をされました。最低板厚の70%は維持したいと。 3Φ穴+リーマ処理はコストの都合上不可とのこと。 シンプルに打ち抜き加工でクリアランスを狭くして なんとかならないかと言われました。 弊社標準ではt=2.0のSUS304では片側0.2の クリアランスでせん断面長さ0.5程度です。 クリアランスを1/2にするとせん断面長さが倍になる、 と単純にはいかないですよね? クリアランスとせん断面長さの関係を有る程度推測できる。 そのような計算式やグラフというものをご存じないでしょうか?

  • 高張力鋼鈑の打ち抜き加工について

    高張力鋼鈑の打ち抜き加工(コンパウンド型)なのですが、パンチがチッピングを 起こしてしまい悩んでいます。(数千ショットで再研の状態) 現在はダイ、パンチともSKD11を使用しています。 欠け対策として、焼き戻しを1回多くして硬度を少し下げたりもしたのですが、今度は刃もちが悪く、良くありません。(ギア形状なので、特に歯山部分のツブレ) 型材の変更とか、TDやTicなどかけたらどうかとも考えているのですが、、 最適な上下型材の組み合わせや、表面処理、クリアランス設定など、どなたか教えて下さい。

  • ステンレスのバネ材の代替

    ステンレス材を使用したカバーの材料見直し(コストダウン)でSUS304 2B かSUS430 2Bのどちらが良いか迷っています。 <現行品> 材料:SUS301-CSP 3/4H t0.4 カバー形状:W80xH110xD6(箱の4方が6mmの曲げ加工) 代替としてSUS304 2B、それともSUS430 2Bが良いか宜しくお願いします。

  • SUS630焼入れ材の穴加工TOOL&条件お教え…

    SUS630焼入れ材の穴加工TOOL&条件お教え下さい。 SUS630析出硬化材(HRC40強)の穴明け&穴仕上げ加工で困っています。何か良いTOOL及び条件をお教え下さい。 現在加工TOOLはコバルトドリルで穴あけ後エンドミルで下穴加工後ボウリング加工で仕上げていますが,刃先磨耗がヒドク寸法に入りません! 加工径1216ぐらいで深さ55前後の貫通です。 穴精度H7程度の▽です。 どうぞ 宜しくお▽▽▽願いします。

  • SUS304のシボリの上型の割れ

    SUS304のt=0.6を絞り型でカメラの筐体を作製しています。上型のポンチの大きさは、50*60*90位で90のヘリの中央に高さ1.5厚み1.0巾10.0の突起があります。これにより2万ショット位で突起の根元から割れが生じとれてしまいます。破面は貝殻状で疲労破壊のようです。コーナーRを付けたりしましたが旨くいきません。形状はいじれなくなったので材質を変えてみました。 最初はDC53(Hrc60)でこれは初期に割れが発生しました。SKD61(Hrc54)で2万S持ちました。寿命延長の方針を教えてください。自分では 1.SKH51(Hrc60) 2.DC53(Hrc56) 位しか思いうかびません。また材質以外の方法があれば教えて下さい。

  • 加工可否と材料について教えてください

    現在検討しているのは、丸い隙間をチェックする治具(ゲージ)のようなものを検討しています。形状を説明いたします。握る部分はΦ12の一般公差、先端はΦ3まで削り込みその公差が-0.003~-0.008及び△△△△仕上げなのです。Φ3の長さは先端から15mmくらいで、上記公差範囲は先端から5~8mmにしようと思っています。使用時の温度は20度なのでその雰囲気の中では上記公差に入らなければなりません。小生、加工はしたことはないので分からないのですが、使用時以外は、夏などは気温が高くなるのでμ単位で外形公差に変化が現れるのではないかと思っています。また、材料はSUS304で考えていますが、応力が高そうな材料なので上手く加工できるかどうか心配です。上記温度内であれば公差は大丈夫なのでしょうか?また、夏などで高温のところに間違って置いてしまった場合、膨張すると思いますが20度の部屋に戻れば収縮するのか?また、材料についても304以外で適切なのがございましたらご教示お願い致します。最後に上記公差で仕上げる場合、△△△△仕上は必要ですか?

  • 放電加工との境界は?

    フライス用の ペンシルネックボールエンドミルや 首の長い ボールエンドミルを見て 「本当に鋼材が 削れるのかよぉー?」って 思って 各社のカタログ中の 長さを10段階で表現するなら 3段階くらいまで 味見をしてます。 なんとか削れるのですが、放電加工するのと比べて 凄く時間がかかっているように感じています。 フライス加工機も 放電加工機も 御持ちの皆様 HRC40まで程度の鋼材の 複雑形状加工時に どこを 直彫りと放電の境界にしておられますか? ストレート品なら 刃先直径*首長=? 刃先直径*突出長=? ペンシルネック品なら テーパ0.5度は 刃先直径*首長=? テーパ1.0度は 刃先直径*首長=? テーパ1.5度は 刃先直径*首長=? テーパ3.0度は 刃先直径*首長=? こんな値で線引きできないのかも知れないですが 放電より直彫りでと考えれば良いのは どのあたりでしょう? 宜しく御願い致します。

  • SUSのタップ加工を教えてください

    タップは、M14(P=2)で深さ17mm止まり穴です 材料は、SUSの630で、HRC37℃で 縦型マシニングセンターでの加工です OSG SUS用タップを使用しています 56個ぐらいで欠けがおこり、タップが、ぜんぜん入っていきません 周速は.35m/minで、変えてみたり 油も変えたりしてますが、一つもよくならず困ってます すみませんが、アドバイスお願いします