• 締切済み
  • 困ってます

SUS301-H材 打ち抜き時のバリ対策

こんにちは。 SUS301-CSP-H材 0.7t の打ち抜きについて、 アドバイス頂けたら有り難く存じます。 上記材料の製品打ち抜きなのですがバリが頻繁に出て困っております。 型予算の都合上、発注元より単純な抜き落とし型で指定されており 型の構造について変更はできません。 パンチは粉末ハイス鋼にPVC処理、硬度は実測HRC62.2 ダイはSKD11、硬度は実測HRC60.3 クリアランスは0.06mm(破断面の状態テストで先方より指定) 先様の予算都合もあり、金型の材質変更や構造見直しは最終手段です。 SUS材の硬度をHから1/2Hや1/4Hに変更するのも不可。 現在出来ることというと打ち抜き油の変更ということになりますが、 このご時世ですので試供品もほとんどありませんので購入して使用、 ということになってしまいます。 洗浄工程がありますので速乾性などは問題になりません。 バリ対策として特に有用だった加工油の銘柄を教えていただけませんか? どうぞよろしくお願いいたします。

noname#230358
noname#230358

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数557
  • ありがとう数1

みんなの回答

  • 回答No.2
noname#230359
noname#230359

質問等です。 1、バリの高さの許容値はありますか。それに対し現状はどんなレベルですか。 2、単純な抜き落としということはコンパウンドではなく、材料の押さえが少ないということですね。コンパウンド型に改造できますか。 3、クリアランス0.06mmは実測してますか。客先要求であればクリアランスの許容差はいくつですか。 4、SUS専用の打ち抜き油というものはあります。例えば、日本工作油製。但し塩素系ですので、鉄には使用できません。すぐ錆びます。バリの効果はわかりません。 5、プレスでの抜き荷重の計算値と実際の使用プレスは? プレスの回転数はどのくらいですか。スピードが遅いと所定の荷重が発生しません。又、回答1の方が記載してるようにバリはスピードにも関係すると思います。 6、現状、バリの処理はどのようにしてますか。不良品ですか。それとも手直しですか。 7、バリは型製作当初より発生してますか。 これだという回答でなく申し訳ありませんね。 どうしても駄目な場合は客先と相談しては如何でしょうか。聞きにくいと思いますが。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 高張力鋼鈑の打ち抜き加工について

    高張力鋼鈑の打ち抜き加工(コンパウンド型)なのですが、パンチがチッピングを 起こしてしまい悩んでいます。(数千ショットで再研の状態) 現在はダイ、パンチともSKD11を使用しています。 欠け対策として、焼き戻しを1回多くして硬度を少し下げたりもしたのですが、今度は刃もちが悪く、良くありません。(ギア形状なので、特に歯山部分のツブレ) 型材の変更とか、TDやTicなどかけたらどうかとも考えているのですが、、 最適な上下型材の組み合わせや、表面処理、クリアランス設定など、どなたか教えて下さい。

  • SUS304と焼き付かない、SUS420J2の焼…

    SUS304と焼き付かない、SUS420J2の焼き入れ硬度について SUS304同士のボルト・ナットの焼き付きが発生したため http://www.silicolloy.co.jp/silicolloya2Tribo.html を根拠に、ボルトの材質をSUS420J2に変更しようと考えています 調べてみたところ、SUS420J2に焼き入れ焼き戻しを行った場合 HRC20~55まで様々な硬度が出せることが分かりました SUS420J2のボルト(M8x70)をSUS304のタップに焼き付かせない為には 焼き入れ硬度がどのくらい必要なのかお教えいただきたいのです と言いますのも、根拠とした上記リンクでは SUS420J2の硬度を約HRC53~54の条件化で試験されている為 その程度の硬度を想定していたのですが SUS420J2を旋削加工後に熱処理を加えると、変形する可能性があるとのことで 熱処理済のHPM38を加工することが加工先様より提案されて参りました しかし、熱処理済HPM38はHRC50~55もあり 加工費用が大変高価になってしまいます 経済性を加味した上で ?SUS420J2の旋削加工後に焼き入れ(HRC50~55) 問題点:曲がり等の変形が大きい場合には使えない ?HPM38焼き入れ後に(HRC50~55)旋削加工 問題点:加工費用が高価になる ?プリハードンHPM38(HRC29~33)に旋削加工のみ 問題点:この程度の硬度でSUS304のナットと焼き付きを起こさないのか不明 ?~?のうちどれかに決めたいと思っております 決定に際しての要について、ご教示いただけますと大変有難いのですが よろしくお願い申し上げます 変更材質をSUS420J2に決めた根拠 http://www.silicolloy.co.jp/silicolloya2Tribo.html

  • M1x0.25のタップバリ

    現在、SUS304-CP 1/2H、板厚0.5の材料にプレス加工でφ0.78の穴を あけたブランクをタップ自動機でM1x0.25のタップ加工をしていますが バリに悩まされています。 タップ加工後、D/G>バレル研磨>化研の工程がありますが、それでもバリが 無くなりません。 タップは切削タップでコーティングをしてあります。 ロールタップはまだ試しておりませんが、客先からタップを指定されていまして変更が難しい状況です。 タップ穴のバリをブラシで除去してみましたが、コスト的な問題でブラシは NGとなり只今、別の方法を模索中です。 皆様、何か良い方法がありましたらアドバイスお願い致します。 なるべくバリを出さない様、加工していのですがそれでもバリは 出てしまいます。 なので、出てしまったバリはどのように皆様は処理されているのでしょうか?

  • 回答No.1
noname#230359
noname#230359

金型の構造を変えずに、 今貴社使用している加工油に対して、他の市販加工油に変えるだけで劇的にバリを小さくするのは難しいと思います。 参考までに、 案1、 プレスのせん断加工はスピ-ドに比例して型と製品へのダメ-ジが小さく成ります。 従ってバリとダレは小さく成ります。貴社の設備で可能ならば速度の速いプレス機に載せかえて加工する。 案2、 製品形状は不明ですが、形状に合わせて、 型の再研磨時にダイにR形砥石で板厚分0.7mm程度のシャ-加工を入れる。 宜しくお願い致します。

参考URL:
http://fac9999.web.fc2.com/

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • sus316の打ち抜きについて

    はじめまして、sus材の加工でこまっています。 特に、sus316(t=2.5)の加工の場合、打ち抜きで 上下共、切刃が持たずこまってます。 金型はSKD材を使っていますが、熱処理に問題があるのか、 型材に問題があるのか教えてください。

  • sus304の打ち抜きについて

    t=1.5、sus304、巾40ミリのコイル材を形状C型で打ち抜いていますが 平坦にならず、そりが生じて困っています、加工油はジョンソンのJ-1を溶剤で薄めて用い金型は、前後2個取りになっています。2番が当たっている様子は無いのですが、、、。 良きアドバイスをお願いします。(C形状は3ミリ一定です)

  • 小片ステンレス薄板のバリ取り

    材質:SUS304CSP(ステンレスバネ鋼、プレス打ち抜き品) 板厚:0.2~0.3mm サイズ:30mmx40mm(長方形) 必要処理量:500~1000枚/日 上記の品物のバリ、カエリ取りで困っています。 作業上のキズは問題ないので、今のところ手作業でペーパー掛けを行って いますが、物が小さく薄い上に、数が多いので、どうしたものかと困りは てています。 過去の質問を拝見しましたが、バレル研磨や電解研磨等、興味のある単語 は数多く出てきますが、今ひとつぴったりくる方法が探せないでいます。 経験がないもので、例えばバレル研磨だと、板どうしが密着してしまい うまくいかないのではないか。 また電解研磨だと、板厚が薄くなって しまうのではないか。 等々悩みが尽きません。 上記の方法に限らず、何か良い方法がないものでしょうか。

  • 打ち抜き不良について何か対策ありますか

    プレス金型でアルミ多層コーティングフィルムを打ち抜いています。その際に、ラミネート層(PE)が糸引きして打ち抜き不良を多々起こし性能稼働率の低下を招いています。 打ち抜き不良が起き始めるとパンチ側面にラミネート層を接着するための接着剤(ウレタン系)が付着している事までわかりました。 現在対策として、パンチにシャー角をつけた(0.5°) DLCコーティングをした ちなみに、ダイ、ストリッパーとも超硬、パンチは粉末ハイスです。切れなくなるから付着物がつくのか、付着物が付くから切れなくなるのかがわかりません。 何か良いアドバイスがあったらお願いします。

  • 樹脂(硬質塩化ビニール)の打ち抜きバリについて

    硬質塩化ビニールのプレス打ち抜きの際に発生するバリ(抜いた穴に薄皮が残る)で大変困っています。 材料は硬質塩化ビニール2mm厚で幅30mm程のコの字形をした材料(片側5°勾配がついた台形の材料)に、カムをつかって8mmx30mmの穴を横(両側)からプレスしています。 切刃クリアランスは0.03mmです。 ダイは材料と同じ形をした片側5°の勾配がついた台形で、パンチは単純なブロックです。 つまりはシャー角がついた形で打抜いています。 可動式のストリッパープレートもついています。 また、打ち抜きと同時に穴の内側に面取りを施したい為 ダイ切り刃周辺を0.5mm程高くして幅0.2mmの突起をつけています。 これまで何度も製作した実績はあるのですが、今までお願いしていた金型屋さんが廃業され 現在は自社で全く同じ形で金型を製作していますが、どうしてもバリが発生してしまいます。 (自社金型の加工精度には問題ないと思います) 同じような内容の書き込みも拝見しましたが、この内容にマッチするかどうか分からない為、投稿させていただきました。 対策方法等、ご教示いただければ幸いです。

  • 打ち抜き力について教えてください。

    初歩的な質問で申し訳ありませんが、打ち抜き力について教えてください。 通常主に切削機の設計をしていますが、今回設計するラインに打ち抜きの専用機がありま設計することになってしまいました。 打ち抜き穴径Φ8(板厚2mm材質SS)を油圧プレス(新規設計)で穴あけすることに なりました、せん断力から計算もしてみたのですが(約4t)経験がないもので、いまいち自信がありません。 油圧の推力はどれくらい見たらよろしいでしょうか、御経験の方宜しく御願い致します。

  • 目隠しフィルムの効果や使用感について

    家を新築中なのですが、二階の引き違い窓(透明ガラス)がお隣とバッチリ合ってしまいました。 工務店の方に相談しましたが、構造上窓位置の変更は出来ず、サッシも発注済みで、どうにも出来ませんでした。 2m離れていることもあり、ブラインドを付ければ…と思っていたのですが、いろんな記事を読んでいるうちにそれでは不足のように思えてきました。 後から来たくせに配慮の無い、と腹立たしく思っておられるだろうと、申し訳なく、不安でたまりません。 過去記事を参考に目隠しフィルムを貼ろうと思うのですが、実際にフィルムを貼られた方、いらっしゃいましたら使用感をお聞かせ下さい。 すり硝子風に乳白フィルムを採用したい気がしているのですが、型ガラス風の方が良いでしょうか?北側の部屋につきなるべく採光はしたいのですが、どうでしょうか。 予算の都合上フィルムとブラインドの併用がせいいっぱいなのですが、お隣の方にせめてもの誠意と汲んで頂きたいのです。 どうか、アドバイスをお願いいたします。

  • ネジバリの対策

    鍛造ブランク(SUS-304系)の加工で内径ネジM25*P0.5のネジ加工をしていますがネジの入口にヒゲバリ(イトバリ)が発生し、ボール盤にナイロンブラシを取り付けヒゲバリ駆除を行っておりますが、中にとりきれないものが有り全数顕微鏡検査を行っており工数が掛過ぎ非常に困っております。加工上がり状態で完全にバリ無しの状態に仕上る方法は無いものでしょうか? 現在の加工条件はねじ切りチップ サンドビックR166.0L-16MM01-050 回転数1200rpm パス7回 工程はネジ下径加工後 ネジ切りパス7回 ネジ下径をもう一度サライ、ネジ入口を奥から手前にテーパでサライ、再度ネジ切りパス2回です。加工条件が悪いのでしょうか?お願いします。

  • タップバリの対策について

    SUS304-1/2Hに2~3Mのタップを加工しています。材厚は1~1.5?です。 その際タップ溝内にひげバリが発生します。程度の差はあれほぼ全数出ます。 切粉も出ますが、次工程で洗浄しますので気にしません。 何かいい方法がありましたらご教授ください。 全自動タッピングマシーンを使用しています。

  • SUS316Lシームレスパイプの切断をバリ無で

    SUS316L φ4.8×0.5tのパイプを切断して加工する製品があるのですが、バリが出る為、後工程で面取りしています。 このバリ取りの工程をなくしたいのですが、バリを無くす切断方法もしくは、いい工具はありませんでしょうか? 現在は、切断砥石の1mm厚の物で工具研削盤(?テーブルがスライドしてそこに両頭グラインダーが高さ調整できるような物)でカットしております。 切断する時には500本程度流します。 どうかいいアドバイス頂けます様お願い致します。

専門家に質問してみよう