• 締切済み
  • 困ってます

打ち抜き穴の内径せん断面について

こんにちは。 板厚2mmのSUS304CS材。 形状は♂のような形。○部の外形は4.5Φ ○部の中心に3.1Φ±0.05の穴があります。 この3.1Φ穴についてですが、可能な限りせん断面を 長く取りたい、理想を言うなら全部せん断面が欲しい。 との要求をされました。最低板厚の70%は維持したいと。 3Φ穴+リーマ処理はコストの都合上不可とのこと。 シンプルに打ち抜き加工でクリアランスを狭くして なんとかならないかと言われました。 弊社標準ではt=2.0のSUS304では片側0.2の クリアランスでせん断面長さ0.5程度です。 クリアランスを1/2にするとせん断面長さが倍になる、 と単純にはいかないですよね? クリアランスとせん断面長さの関係を有る程度推測できる。 そのような計算式やグラフというものをご存じないでしょうか?

noname#230358

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数133
  • ありがとう数0

みんなの回答

  • 回答No.1
noname#230359

日刊工業 発行の 実用プレス加工技術データ集の45ページに散見 されます

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 二次せん断について

    ブランク直径:φ80mm 材質:SK5 板厚:3.2mm のブランク材料の中心に直径40mmくらいの八角穴を 抜く金型を製作しております。 最初はクリアランスを7%の0.22mmで製作したのですが、 実際打ち抜いてみると二次せん断が大きく現れました。 ※ちなみに全周において均一なせん断面でしたので、  クリアランスは均一になっていると思います。 そこで、クリアランスを10%→12%→15%と次第に広げて 行ったのですが、若干二次せん断は減ったような気がしますが、 まだまだかなりの二次せん断です。 そこで、現在ダメモトで25%にしようという話になって いるのですが、識者の皆様はどう思われますか? 果たして25%なんていうとんでもないクリアランスって あり得る話なんでしょうか? クリアランスの他に何か致命的な見落としがあるような 気がしてなりません。 どなたかお心当たりのあるかた、アドバイスお願いします。

  • コンパウンド(スタンプ)抜き型の異常について

    いつも皆様のご意見参考にさせてもらってます。 さて、今回以下のような問題が発生し難儀しており、お知恵を拝借できればと思い、質問させていただきます。 コンパウンド(スタンプ)抜き型でバリが発生しております。 形状は単純ですが、ブランクから3mmのところに四角穴が一つあります。  ―――  三角穴と外形の間が3mm。   ▽ この外形の箇所にバリが発生するのですが、ダレが発生しているのにせん断面が大きく、部分的に二次せん断も発生しております。 相反する現象が発生しております。 クリアランスを広くすれば断面は良くなりそうですが、既にダレがありますし、 逆に狭くすれば、より一層せん断面がきつくなりそうです。 材質はSPC270C、厚さ1.2mm。クリアランスは片側0.07mm(約6%)です。 それほど緊急ではないのですが、発生原因、また修正の方法などご存知でしたら、よろしくお願いいたします。

  • 2次せん断面について

    プレスの資料で2次せん断面の発生はパンチとダイのクリアランスが小さいため発生すると記載してます。 又、バリとダレはクリアランスが大きいために発生すると記載があり、 適正クリアランスは鉄の材料でで5~10%と記載してます。クリアランスの差は倍です。 SPHC-P t=4.5及び6の場合、2次せん断面及びバリを発生させないクリアランスは何%ぐらいでしょうか。 差し支えない範囲で開示願えませんでしょうか。

  • 打ち抜き加工

    硬度ASKER C85、板厚:2mmのゴム材を、外形:Φ7、内径:Φ5のリング状部品に試作したいのですが、簡易なプレス型にて試作した結果、外形、内径ともにテーパーがついて形状が所定寸法になりません。加工方法のアドバイスなどありましたらお願いいたします。

  • タップやリーマ加工の下穴

    タップやリーマ穴の下穴は板厚とかで変えた方が良いのでしょうか? Φ20のリーマ穴のとかなら19.9の下穴とかで良いのでしょうか? タップについては規格上は3.3ですが、弊社では3.4を使用しています。 ご回答よろしくお願いします

  • 抜き加工

     プレスで抜いた穴の内周面(一部を板厚方向に)を見た時、破断面が大きく且つ2次せん断面が見られる場合、何が原因なのでしょうか?  クリアランスくらいしか知らないのですが、その観点で考えると破断面が大きくなることと2次せん断が生じることは相反する事象だと思うのですが・・・。材料の硬さ、形状(部分的に肉が逃げやすい)などが関係した結果なのでしょうか?

  • 厚さ6mmのSPHC材にプレスでφ2mmの穴をあ…

    厚さ6mmのSPHC材にプレスでφ2mmの穴をあける手段はありますか? プレスで穴あけを行う場合、一般には穴径は板厚の50%程度を限界としていると理解しています。 しかし、マレに板厚の30%程度のもっと細い穴をあけた製品を見かけます。 穴側面の状態よりプレスで打ち抜いたモノである事は間違いないと考えています。(せん断面幅60~70%程度、せん断面径約1.8mm、破断面径約2.2mm) 何らかの手段により一般論を超えた加工が可能になると思うのですがどの様な方法が可能でしょうか?

  • 破断強度について(せん断ではなく引張?)

    設備屋なのですが、既設設備が破損したため改造すべく既設が なぜ壊れたのか検討中です。 形状は添付の様なクレビス形状となっています。 構造は溶接ではなくCAC704の一体ものの削り出しです。 横荷重がかかるので、単純に考えるとせん断で破断するとなるのでしょうが、 添付の様に引きちぎられて破断してしまいました。 このような破断面となった場合、破断強度はせん断ではなく引張で考えれば いいのでしょうか? 穴位置を回転中心として、力のつり合いを考え破断面に引張荷重がかかったと 考える? それとも、せん断部の板厚が非常に厚いのに対し根元の板が薄いのと CAC701という粘っこい材料のため引きちぎられた? その際の計算の方法は? どなたか知見のある方?このような破断強度を示したホームページ等ご存知でしたら お教えください。 よろしくお願いします。

  • 超硬ボタンダイを使用するとパンチが破断した

    ハイス(SKH51)のφ4.5パンチ(ジェクタ穴があいています)とダイス鋼ボタンダイ(市販標準形状)でSUS304-t0.5を打ち抜いています。 摩耗対策としてボタンダイを超硬に変えたところ、パンチ刃先がリング状(ジェクタ穴があるため)に引きちぎられるように破断するトラブルが連発しました。そこでボタンダイを再びダイス鋼に戻すとそういうトラブルはありません。また設定クリアランス(片側)はダイス鋼でC=0.04mmで、超硬ではC=0.05に拡げて再トライしたのですが再び同じ事が起こっております。 ボタンダイの断面(ランドや逃げ)は全く同じです。破断形状もよく経験する斜めに裂けるようなものではないため、何が原因なのかわからず悩んでおります。 どなたかご経験のある方、ヒントになるような情報お願いします。

  • SUS304 レーザー切断した穴をリーマ仕上げ

    皆様お教え下さい 当方、板金加工を主にやっている物ですが、 SUS304 t3.0mmの板をレー切断にて外形を切断し、その中にφ8h7 φ11.98±0.01の穴加工をしなければなりません 板金を主にやっているので、少量の物では穴も ?レーザー切断にて仕上げ穴径より0.2mmくらい小さい穴を明ける ?入口出口の面取りをする ?その後リーマ加工をする と言う手順でやっておりました しかしながら、今回数量が多く(1,000穴~2,000穴)不安な点があります。 不安な点は ?レーザー切断での下穴で、リーマ仕上げ径が安定するのか? ?ハイスのリ-マーで加工しようと思っているのですが、どれくらいもつのか?(硬化している面に穴を開ける場合) ?超硬の方がいいのか? ?そもそも当方がやっている上記の手順は、リーマ加工として問題ないのか? です。 皆様からの助言頂けます様お願いいたします