• 締切済み
  • すぐに回答を!

円筒研削加工のケレーに変わるものってありますか?

円筒研削盤にて研削加工をしていますが、ケレーに変わるものってあるのでしょうか? 現状、カブトクリッパーを使用していますが、研削加工した部分にケレーを取り付けざるを得ない状況もあり、その場合、お客様より研削面についたケレーの跡(キズ)のことでクレームがつく場合もあります。 量産ラインでは、オートグリッパーを使用していますが、多品種少量ラインでは、ケレーを使用しています。 ケレーに変わるスグレモノがありましたらご教示ください。 また、ケレーを使用してキズがつかない利用法があるようでしたらご教示ください。 よろしくご指導のほどお願い申し上げます。

noname#230358
noname#230358

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数1537
  • ありがとう数2

みんなの回答

  • 回答No.2
noname#230359
noname#230359

お役に立つかどうか、わかりませんが。。。 以前、私が担当した円筒溝入れ加工機のメカニズム設計者の方が、工夫していたことをアドバイスします。ワークはアルミニウムで、ケレーの先端を球形に加工したものを採用していました。ちょうど、棒付きのキャンデーみたいな 形状です。 コストは高く付きますが、熱処理を加えることで、耐久性を向上させていたので、ワークに傷も付かず、破損もほとんどなかったと思います。 tetsuyaさんの回答にそぐわないかもしれませんが、恒久的な対策をするには、ケレーの構造と、それに合う機構制御を含め、再考する必要があるかと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ばむちゃんさん、回答ありがとうございます。 確かに球形であれば傷もつきにくいですね。 製作できるのか、担当者と相談してみます。 ありがとうございました。

  • 回答No.1
noname#230359
noname#230359

ケレのキズですが、研削面に当るところに銅箔を巻いてケレキズを防ぐ方法を行なってました。あとは加工品別にマンドレルを製作して対応した経験もあります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

早々にご回答いただきありがとうございます。 銅箔ですか、それを参考にケレーのボルトの先端に真鍮をロウ付けして試してみたいと思います。

関連するQ&A

  • 円筒研削盤によるハードクロムメッキの研削

    円筒研削盤を使い、ハードクロムメッキの研削をしたいのですが、 加工実績が無く、砥石の選定について教えていただけませんでしょうか? 被削材の外径はφ230とφ410の2種類です。 普段はステライトNO.1を研削しています。 ステライト研削時に使用している砥石は、 形状 1A 寸法 610×75×304.8 砥粒 60 結合度 K 組織 8 結合剤 VSK-1 です。 この砥石を使って実際に研削できるかを試す時間があれば一番良いのですが、被削剤にメッキが乗って研削できる状態になるのは納期ギリギリなので、砥石の選定をしておく必要にせまられています。

  • 研削

    円筒研削盤の加工について  加工ワークはφ30のシャフトです  研削加工時 1ミクロン以下と思われるリードが 発生してしまいます 100%発生ではないのですが ついています 振動によるものなのか ドレスの跡が 転写されてしまうのか わかりません この件について 誰かわかる方がおりましたら  どうぞ ご教授ください 追加 らせん状の形状になってると思われます ドレススピードを上げてやると 肉眼でも確認できます 面粗度がRy1.7くらいです それよりも小さい形状と推測されるのですが 見えないところが わからないにつながっているかな???  砥石形状が転写することは確実ではないかと思われる

  • センタレス研削でのワークキズ

    センタレス・スルーフィード研削でФ33、L=80の円筒状の物を加工することになりましたが、出口側でワークが停滞した時に調整砥石が当たり擦りキズのようなものが入ってしまいます。なるべく停滞しないよう連続加工していますが、少しでも停滞すると擦りキズが入ってしまいます。スウィベルで角度調整をすると直る時もありますが、今度はワークが鼓型などになり円筒度が悪くなってしまいます。 会社で初めてスルーフィード研削を行なうため全くノウハウがなく困っています。頂角・修正角を変えて調整車の形状を変更すれば良くなるのではないかと思いますが、どうなのでしょうか?また、もし変更するならばどの程度変更すれば良いものなのでしょうか? 皆様のアドバイスをお願い致します。 因みに加工は仕上げ研(前加工で荒研有)で取り代が10μm程度です。 出口側のガイドは調整車とほぼ平行です。

  • チタン合金の円筒研削 最適トイシとクーラント

    いつもお世話になっています。 首題のチタン合金を円筒研削で加工するという引合いがあります。 チタンはステン以上に難しくトイシにチタンが溶着するなどと聞いていますが、どのようなトイシとクーラントを皆さんは使用されているのかアドバイスをお願い致します。 ネットで調べるとダイヤモンドの方がCBNより良いとかGCトイシが良いようにありました。 また、クーラントを圧力注水する等等 注意点などあればご教示をお願い致します。 チタンの割合は78~86%です。 寸法公差はφ55g6(-0.01~-0.029)x長さ120mmの中空の軸になります。 この軸の内径をコレットでクランプして外径を加工します。

  • SCM 430の内径研削に適した砥石を教えてくだ…

    SCM 430の内径研削に適した砥石を教えてください 旋削加工後に、研削を要する加工があります。 弊社には、研削盤がないので研削は外注に依頼しております。 加工品の材料は支給材で熱処理済みで、材質欄には、4130と 記入されていますのでSCM 430相当材と思って加工しております。 加工品の寸法は外径φ26、内径φ22、全長25.5です。 内径の公差が±0.01で従来は、旋削で仕上げておりましたが 規格外が発生するため研削仕上げに変更いたしました。 要求面粗度は6Sです。 研削仕上げなら問題なく仕上がると思っていたのですが 研削面には砥石の食い込んだ様な跡があったりして期待通りに 仕上がっておりません。 上記の材質、寸法に適した研削砥石を教えていただけないでしょうか? 現在は、砥粒=HV、粒度=80、結合度=J、組織=9、結合剤=Vの砥石を使用されて おりました。

  • 放電加工機用回転加工冶具

    ワイヤ放電加工機や形彫放電加工機似て、円筒モノの同心度や円筒度を必要とするものを加工するときに使用する回転冶具があるとの話を耳にしたことがあるのですが、そのような冶具はあり、また販売しているのでしょうか?知っている方おられましたら情報を頂けたらと思います。上記の公差を必要とする加工がなかなかうまくいかなくて困っています。なにとぞよろしくお願いします。

  • 仕上げボーリング加工

    マシニングセンタで加工の仕事をしています。 量産品の新規オーダーが入り何台か試作したのですが仕上げボーリング加工が上手くいかず困っています。 穴はφ20、深さ50の通し穴です。恐らく円筒部品を固定するためのM8ネジ穴が3箇所仕上げ穴に貫通しており、内径や粗さが不安定になります。チップ欠けも確認しました。何か改善策がありましたらご教授お願い致します。 材質 FC250 ワーク 90×90×95 精密バイスに固定 公差 φ20 0~+0.005 Ra1.6 3穴 バイス爪側の基準面からの穴位置相互差0.005 バイス底側の面と穴の直角度0.005 回転1800 送り90 水溶性切削油をかけっぱなし 下穴 φ19.9 ボーリング 内径検査方法 φ20.000ピンゲージ通し φ20.006ピンゲージ止め 3点マイクロメーター ジグ研削盤で加工すれば精度は安定して出るのですが、加工時間や金額の問題で出来ればマシニングセンタで仕上げたいと考えています。

  • 円筒研削加工

    ある円筒研削盤にて研削加工する際に、楕円になってしまう場合があります。 他の機械で加工すると真円になります。でもこの機械で加工したものすべてが楕円になるわけではなく、たまに楕円になります。 どうしてなんでしょうか。可能性のある要因を教えていただけませんか。

  • 表面粗さの精度

    円筒研削盤を使用してシャフト外径の研削をしています。表面粗さの規格は1.6Sです。#120のPA/WAの砥石を使用していますが、全数の保証ができません。ドレスインターバルは5個10個です。現状、工程能力調査中ですので全数確認しながら加工していますが、どこに問題があってバラツキが発生するのでしょうか?研削液は濾紙にて濾過はしていませんが、加工前に清掃しました。砥石バランスを確認していないのですが、そのせいでしょうか? 0.1の取り代を残して2回加工もしてみましたが、全数保証にはなりません。いまどきどうしてRmaxと思いますが、図面には逆らえないので、お助けください。

  • SCr420の機械加工後の微小切粉の磁性について

    SCr420の機械加工(ドリル、フライス)ラインにて、発生切粉を回収し切粉圧縮機にて減容処理しています。圧縮時に出てくるクーラント中には微小(数μm~50μm程度)な切粉が多量に含まれており、これを磁力で除去しようとしたのですが、磁石への吸着力が弱いように見受けられます(ほぼ同粒径の研削スラッジと比較して)。 機械加工時の切削熱、酸化?、せん断変形? 等により、SCr420の磁性(磁石に吸着される度合い)が変化することは有り得ますでしょうか? ご教示いただけると幸いです。 どうか宜しくお願い致します。