• ベストアンサー
  • 困ってます

タップの深さと、タップ下穴の深さの関係

  • 質問No.9450234
  • 閲覧数52582
  • ありがとう数9
  • 回答数5
深さ8mmのタップを立てたいと思いました。
この場合、下穴の深さは最低何mm必要なのでしょうか?

下穴の深さが何mmでも良いと言う場合なら15mmとか適当にあけて
タップを立てればいいのですが、それが出来ない場合(要は下穴貫通不可の場合)、最低何mm必要でしょうか?

またそういった、タップの深さ○mmに対して、下穴は○mm必要という、
一覧や公式などなるのでしょうか?
もしあれば、教えていただきたく思います。宜しくお願いします。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.3
  • ベストアンサー
使用するタップの種類によっても違ってきますが、私の場合は下の計算で下穴深さを決めています。

ネジ有効長+タップの不完全ネジ部+(ネジピッチ*3)

タップの不完全ネジ部長さはタップ種類によって違ってきます。
ピッチの3倍だったり1.5倍だったりです。

M8でタップの不完全ネジ部が3ピッチとした場合は

1.25×3+1.25×3=7.5mm

これにネジ有効長を加えたものが下穴深さとなります。

どうしても下穴を深くできない場合は、タップの不完全ネジ部を短くして使うこともあります。
お礼コメント
noname#230358
ありがとうございました。
投稿日時:2007/01/03 18:49

その他の回答 (全4件)

  • 回答No.5
加工するタップによります
通常なにも言わなければスパイラルタップを使用します
これは通常食いつきが2.5山~3.0山あり不完全ネジが2.5ピッチ~3.0ピッチ出来ます
まれにハンドタップの#2を使う所もありますので食いつきを5山 不完全ネジを5.0ピッチとみれば十分です
ただし設計の内容によってはそんなに不完全ネジは取れない事もありますよね
手間(工数)は掛かりますがハンドの上げタップを使用すれば1.0山まで不完全ネジは減すことが可能です
他にもMCでヘリカルネジ加工をすればほぼ同じくらいの不完全ネジ長さで済ませることは可能です

まとめますと特に問題がなければ不完全ネジは5.0ピッチ
(この指示ですと一番多く使われている3.5ピッチ可能なタップは勿論ok!)
不完全ネジ長さをどうしても最短にしたければ1.0ピッチでも加工可能
ただしコストは上がる
お礼コメント
noname#230358
ありがとうございました。

ありがとうございました。
投稿日時:2007/01/03 18:50
  • 回答No.4
曖昧な返答でよければ、下穴+タップの径でいいんではないでしょうか?

タップの先端の不完全部を削り落として使えば、下穴は短くても大丈夫です。
お礼コメント
noname#230358
ありがとうございました。
投稿日時:2007/01/03 18:51
  • 回答No.2
使用するドリルやタップにも依ると思うのですが、下穴の深さ60%が有効ねじ深さになると思っても良いと思います。

計算するのであれば:下穴深さ - ドリルのテーパーの部分 - タップの食い付き部の長さ = 有効ねじ深さで良いのではないでしょうか。

ぎりぎりまでねじを切る必要があるのであればエンドミルで穴の底を平らにすればさらにねじの有効深さが稼げます。その場合:下穴深さ - ねじ2山 = ねじ有効深さです。
お礼コメント
noname#230358
ありがとうございました。
投稿日時:2007/01/03 18:46
  • 回答No.1
経験的に、深さ+タップサイズ前後って感じです。
M6ならタップ深さ8に対し、下穴深さ13ぐらいでしょうか。
お礼コメント
noname#230358
ありがとうございました。
投稿日時:2007/01/03 18:46
関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ