• 締切済み
  • 困ってます

穴加工-ドリルの選定について

ど素人の私に教えてください。 最近は穴加工の際、センター穴なしで一発で穴をあけることが多いと聞きますが、それは被削材やドリルの材質に限りがあるのでしょうか?? 超硬のドリルは高いし条件もいまいちつかめないのでハイスメインなんですが、そんな話を聞くと手間もはぶけて超硬も買いたいような・・・ただ精度的に問題ありそうですが・・・ ぜひ回答お願いします。

noname#230358
noname#230358

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 切削
  • 回答数6
  • 閲覧数1033
  • ありがとう数3

みんなの回答

  • 回答No.6
noname#230359
noname#230359

OSGのゴールドドリルのようなシンニングはRシンニングの一種です。Rシンニングは通常のXシンニングの変形版と見ても差し支えないのでは。 Rシンニングは高送りや寿命については、いろいろなメリットが考えられますが、位置決め等の精度面についてはあまり影響がないと思われます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.5
noname#230359
noname#230359

コーティングは各メーカーでいろいろあります。 TiNコート、#3番さんの言われるVコート等々。 加工穴径が分かりませんが小径で難削材なら、個人的にはNACHIのSGドリルがお薦めです。 φ10前後より大きいのであればコストを考えながらOSGのドリルが良いような気がします。(コティンーグ材種によって値段はかなり違うと記憶しています)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.4
noname#230359
noname#230359

センター穴の目的は、位置精度や、真円度、穴径、曲がりなどを精度よくするためです。 センター穴無で加工ができるドリルとは、精度(リップハイト、溝分割誤差がよく、剛性の高いドリルです。剛性をあげるには芯厚を厚くしなければならないため、シンニングが必要になります。 すなわち、ハイス、超硬に限らず、精度が高く、シンニングの入っているドリルなら、センター穴が必要なくなります。但し、それらのドリルは値段が高いですが。 センター穴があっても、精度が悪く、シンニングのないドリルでは、結局穴精度は上がりません。 要求精度との相談になります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます!!かなり参考になりました。問題はシンニング形状ですよね? やっぱりOSGのゴールドドリルのようなシンニングがいいのでしょうか?それとも通常のXシンニングでも可能なのでしょか・・・

  • 回答No.3
noname#230359
noname#230359

OSGに粉末ハイスにVコートした製品があります 条件、被削材によっては超硬と遜色ない送りが可能です。 穴深さが8D程度なら最近流行の先端交換式のソリッドドリルでも悪くないですよ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2
noname#230359
noname#230359

こんにちは。 寿命の判断が難しいのであればハイスにコーティングされたドリルはどうでしょうか。 これもセンター穴無しで加工できます。条件もかなり上げることが出来ます。 また精度や寿命も通常のハイスドリルより満足できると思います。 被作物の材質や穴深さには注意して選定してください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

コーティングはTiNコートのものでしょうか。

  • 回答No.1
noname#230359
noname#230359

精度という観点からいけば、 センター打って普通のハイスのツイストドリルでの加工より、むしろセンター無しで超硬ドリルの法が精度は高いくらいだと思いますよ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

そうなんすか そういう超硬のときはやっぱりMCでのエンドミルシャンクの超硬がベターなんですよね? けど、超硬は折れる予兆がわかりずらいらしいんですよね? ハイスは音やしなり具合でわかるけど、超硬はいつ寿命で研磨が必要なのかの判断が難しいじゃないですか??

関連するQ&A

  • 穴空け加工のドリル選定

    焼入れ材の追加工で深さ45φ2のトオシ穴を空けたいのですが、ドリルはどういったのもを選定すれば」よろしいのでしょうか。 焼入れ材なのでハイス鋼ではなく超硬ドリルで加工しなければいけないと思っています。 またφ2の穴ですが、深さが45ありますのでドリルの全長もつかむ部分含めてそれなりの長さがないと いけませんよね。 加工精度については、空気抜け穴ですので穴が開いていればOKです。 被加工材はS45Cで焼入済HRcで45~55あります。 できればホームセンターで売っているような簡単に手に入るものでありませんかね。 よろしくお願いいたします。

  • ドリル深穴加工

    Ф14のアルミA2017にФ6ミリのドリル加工で深さが80ミリまで加工するのですが、穴が曲がってしまうのか心配です。ハイスの深穴用のドリルをしようした方が良いのか、超硬のドリルを使用した方が良いのかお教え願います。またハイスのドリルを使用した場合、曲がらないようにするにはどうすれば良いのかお教え願います。

  • ドリル加工穴あけ

    マシニングセンタのドリル加工でワークはSS400で板厚が19ミリあります。 3.4のドリル加工を貫通穴でハイス ドリルで加工しているのですが、時間もかかるので超硬ドリルで19ミリは一発加工はできるのでしょうか? おすすめの3.4超硬ドリルはありますか?

  • ハイスドリルを超硬ドリルに変更したい

     当社は穴加工がメインで、小径で穴数が1000箇所を越える加工もあります。被削材はS50CとSK3が中心です。それをハイスドリルで加工しています。穴径は2.5~25?位まで、板厚は20?~30?です。穴あけ後リーマ加工をします。  穴の曲がりを少なくするため、直径0.3~0.5?小さい穴→目的の径のエンドミル→目的の径のドリルで貫通させるといった加工をしています。この加工方法ですと、加工時間も工具の本数も多く、納期が短いときなどは休日も仕事しなければ間に合わないような状況です。  そこで加工時間を短縮したいため、超硬ドリルに変更しようかと考えています。しかし超硬は(特に小径)はハイスに比べて折れやすいという話を聞いたことがあります。もちろん加工条件によるところもあると思いますが、お勧めのメーカーやドリルがあったら教えてください。ちなみに切削油は油性です。

  • 深穴ドリル加工について

    みなさん、はじめまして。 深穴ドリル加工について、どなたか教えてください。 この度、やったことのないドリル加工をすることになりました。 加工条件は以下の通りです。 ドリル径 6mm 加工深さ 約300mm 材質   鋳物(FC250) 使用するドリルは一般的なハイスの刃長400で、 ラジアルで加工する予定です。(フライス等では高さが足りないためです) 当社では深穴加工の経験がなく、誰に聞いても「無理だ、折れる」と 言われます。 やはり、ガンドリル等じゃないと厳しいのでしょうか? このような加工の経験のある方がおられましたら、 アドバイスしていただけませんでしょうか?よろしくお願いいたします。 「やっぱりものづくり」さんお勧めの日立のドリル良かったです。 客先支給の某メーカーのドリルに比べ、 切粉の排出が良いように感じました。 みなさんから頂いたアドバイスのおかげで無事に加工が済みました。 これからも、頼らせていただくことがあると思いますが よろしくお願いいたします。 ありがとうございました。

  • インコネル601ドリル加工方法

    インコネル601の2.0・2.5ドリル深さ20mm貫通加工 現在ハイスドリルS1330F27(2.0)S1500F30(2.5)ステップQ0.6で加工しているのですが穴数2030ぐらいで折れてしまいます。最低6070ぐらい明けたいのですが良いドリル材質、切削条件等ありましたら教えてください。ちなみに超硬ドリルで加工したところ抜け際で刃が欠けてしてしまいました。

  • ドリル加工でうねってしまいます。

    お世話になります。 素材C5191にφ2.02(公差0.05)、深さ13ほどの穴を超硬ドリルで開けていますが、数百個ほどでドリルが磨耗してくると、穴がスパイラル状にうねってきてしまいます。 ハイスリーマを通してみましたらうねりがひどくなると、リーマがそれに習って折れてしまいます。 バニシングドリルも試してみましたが、これは100個も加工しないうちに折れてしまいました。 NC自動盤で芯は問題なく出ています。 現状では数百個で高価な超硬ドリルの交換で対応しています。 工具寿命が長くなる方法はないでしょうか?

  • 超硬ドリルの加工条件について

    超硬ドリルでの穴あけについてアドバイスをいただきたいです ワーク素材はアルミ合金・銅合金です 今まではハイスのチタンコートでステップをかけながら加工していましたが今回から超硬のドリルを使おうと思います 使用するドリルは三菱の超硬ソリッドドリル(内部給油)を使おうと思います 使用機械のセンタースルーは3Mpです 三菱のカタログ・サイトで条件を調べたところ、「φ2mm以下はステップ加工を推奨」と書かれていました ということは例えばφ4mmなら40mmをノンステップでいけるものなのですか? ステップ加工をするかしないかの基準はどう考えればいいのでしょうか また、超硬ドリルを扱うにあたり気をつけることがあれば教えていただきたいです

  • アルミ加工のドリル選定で悩んでいます

    私の職場ではアルミの鋳物、削りだし加工をメインで行っています。 これまでドリルはノンコーティングハイスを使用していました。 多品種少量生産のため寿命は問題ありませんが、そのつどセットするのと頻繁に再研磨するのが面倒なためよく使うドリル(M5,M6,M8ネジ下穴、バカ穴用など)のみ機械ごとにセットしたままにしておくことを検討しています。 その際のドリルとしては長寿命かつ高速で加工できるようなものがよいのですがなかなかこれだと思えるものがなく悩んでいます。 条件としては 横型マシニングセンタ(最高回転数6000) 切削油は油性もしくはミストでセンタースルーも可 ワークはA2017,A7075,AC4Bがメイン、稀にADC12 加工穴深さは4D程度 加工穴数は年間2000~3000 最低でも1年間は交換なしで使用したい メーカーは問いませんができれば大手メーカー できればノンステップで加工したい 切削油が水溶性でないのがドリル加工の際のネックですが、以上の条件に合うドリルをご存知の方いらっしゃいましたら教えていただけると助かります。 よろしくお願いします。

  • ドリル材質について

    ハイスとコバルトハイス、バナジウムハイスがあって、粉末ハイスがあって・・・・とハイスドリルにもいろいろあるのですが、材質でかなりドリルの持ちや精度もかなりの差がでますか? いろんなメーカーのカタログみても情報が多くてなにからみていいのやら・・・ SUSとかSCM加工に適したドリルとかってあるのですか?