• ベストアンサー

ハダカデバネズミは「戦闘民族サイヤ人」?

>老化しない唯一の哺乳類、ハダカデバネズミ「発見」の意味 生物学の常識を覆す生き物 バッフェンスタインら研究チームは、ハダカデバネズミの死亡率は、年齢と共に上昇はせず、繁殖可能な年齢に至るまでの期間の25倍の時間が過ぎても上がらなかったことを発見した。実際、ハダカデバネズミには老化の明らかな兆候がまったく見られないそうだ。 すごい生き物みたいです。皆さん見たことありますか?

  • 7964
  • お礼率77% (2403/3117)

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • fujic-1990
  • ベストアンサー率55% (4504/8059)
回答No.2

 凄い生物ではありますが、「戦闘民族サイヤ人」とは「真逆」な生活を営みます。  一切、戦いません。  「平和!」と口先だけで叫ぶのではなく、本当に戦いません。  でも、歴史を知らないで問題発言をしたお笑い芸人のように、「敵が来たら、すぐ降伏する!」という不様な行動もしません。  天敵の蛇などが居住や通路の穴に入ってくると、子供や女王様を助けるために、中の数匹が寄り集まって、自分の身を挺して穴を塞ぐのだそうです。自分のカラダで穴に栓をしてしまうわけです。  蛇が、それ以上入ってこれないようにするためです。  その数匹が噛まれて死んだり、食われるのは想定内、という自己犠牲に富んだ動物です。  残念ながら実物は見た事ありません。  寿命も知りませんが、長い、老化しないとすれば、交尾など種族保存にエネルギーを使わない(女王様は別)せいではないのかな、と、今思いました。出産する女王様は、そこそこ老化するんじゃないでしょうか。

その他の回答 (3)

回答No.4

上野動物園で展示がありますね。 小学生の頃、蟻の巣が観察できるキットがありましたが、あれの感じでプラスチックの薄い板の間に巣を作っていました。 哺乳類の中で唯一、真社会性を持っているだけでなくまた貴重な生態を持つ動物として記録されましたね。

  • hekiyu2
  • ベストアンサー率35% (271/774)
回答No.3

老化しないからといって不死だ、という訳では ないでしょう。 それにサイヤ人は死にますよ。 死ぬ都度、生き返ってより強くなっていますが 不老とは違います。 悟空やベジータは何度も死んでは、ドラゴンボールで 生き返っているのであって、老化していない のではありません。 老化を上回る修行で若さを保っているのです。

  • tzd78886
  • ベストアンサー率15% (2589/17100)
回答No.1

テレビでならあります。実物を見たことがある人はここの住民にはまずいないのでは。

関連するQ&A

  • サイヤ人が戦闘民族なら日本人は?

    サイヤ人が戦闘民族なら日本人は何民族ですか? 神道民族?農業民族?

  • 「永遠の命」は、存在するのでしょうか?

    生き物において、 「永遠の命」というのは、存在するのでしょうか…? 今後、科学が進歩して、全ての病気を治せて、 老化も食い止められる方法が発見されたりしたら、 それも可能になるような気もします…。 でもそうなってしまったら、 もう「生物」とは言えなくなるような気もします。 不老不死というのは昔から言われていますが、 生物である以上、永遠というのは無理なのかな…という気もします。 (⇒でも、数百年位なら可能でしょうか??) 皆さんの御意見を頂けると嬉しいです。 よろしくお願いします。

  • nature(論文)の和訳 添削のお願い

    natureに掲載された論文の訳です.自然な訳を心がけました.その分とんでもない誤訳をしていそうな気もしています.特に(5)は自信がありません.どなたか添削をお願いします.宜しくお願いします. (1)Genome sequencing reveals insights into physiology and longevity of the naked mole rat (1)ゲノム配列はハダカデバネズミの生理機能および寿命を明らかにする (2)Thenaked mole rat (Heterocephalus glaber) is a strictly subterranean, extraordinarily long-lived eusocial mammal. (2)メクラデバネズミ(ヘテロセファルス属)は地下に住む並外れた長寿の完全に社会性のある哺乳動物である. 自然な訳:メクラデバネズミ(ヘテロセファルス属)は地中で生活する社会性のある哺乳類で、並外れた寿命を有する. (3)Although it is the size of a mouse, its maximum lifespan exceeds 30 years, making this animal the longest-living rodent. (3)しかし,それはネズミの大きさで,その最大の寿命は30年を上回る.最も長寿の齧歯動物である. 自然な訳:しかし,それはネズミ寿命を考えた場合の話で,最長30年の最も長寿な齧歯動物である. (4)Naked mole rats show negligible senescence, no age-related increase in mortality, and high fecundity until death. (4)ハダカデバネズミはとるに足らない老化,加齢に関連した死亡率の増加がなく,また死にいたるまでの高い繁殖率を示す. 自然な訳:ハダカデバネズミは老化速度が極めて遅く,加齢による死亡率の増加がない.また,ハダカデバネズミは加齢による繁殖率の低下がない. (5)In addition to delayed ageing, they are resistant to both spontaneous cancer and experimentally induced tumorigenesis. (5)さらに,老化を遅延するために,彼らは 特発性癌および実験的に誘発された腫瘍形成の両者に抵抗(耐)性がある.← In addition to delayed ageing,の訳がしっくりしません. (6)Naked mole rats pose a challenge to the theories that link ageing, cancer and redox homeostasis. ハダカデバネズミは老化、癌およびレッドクスホメオスタシス(酸化還元恒常性?)と関連した学説に対する挑戦を引起す。 (6)自然な訳:(これらのハダカデバネズミの現象は)老化,癌およびレッドクスホメオスタシス関係の学説に対して,問題提起する. (7)Although characterized by significant oxidative stress, the naked mole rat proteome does not show agerelated susceptibility to oxidative damage or increased ubiquitination. (7)とはいうものの,重要な酸化ストレスにより特徴付けられ、ハダカデバネズミの蛋白質は(ある特定の)  年齢層に関わる酸化ダメージあるいはユビキチン(細胞中の融合体:異常蛋白質を除去する)の増加を示さない。 (8)Naked mole rats naturally reside in large colonies with a single breeding female, the ‘queen’, who suppresses the sexual maturity of her subordinates. (8)生来ハダカデバネズミは、一匹の雌の血統の大集団で暮す。そして、女王は下位の性的成熟を抑制する。 自然な訳:生来,ハダカデバネズミは一匹の雌とその大きな血統集団社会を形成し,女王は下位のネズミの性的成熟を抑制する. (9)They also live in full darkness, at low oxygen and high carbon dioxide concentrations, and are unable to sustain thermogenesis nor feel certain types of pain. (9)また、彼らは完全な暗闇の中、低酸素および高二酸化炭素条件下で生活する。また、彼らは新陳代謝の熱発生に耐えられないばかりでなく、ある種の痛みの影響を受けない。 自然な訳:彼らの生活環境(地中)は,完全な闇,低酸素,高二酸化炭素である.また,新陳代謝による発熱(こもった熱)に弱く,ある種の痛みを感じない.                                 

  • 全ての生物が子孫を残す意思はどこから・・・?

     哺乳類、昆虫をはじめ微生物など、生物として分類できる生き物(有機物なども)が、あらゆる形で子孫を残そうとしています。  星の衝突により、少量のタンパク質やら糖質から生物の原形が誕生したと、最近の研究で発表されたらしいですが、その生物の原形ですら細胞分裂を繰り返し、(ある意味)子孫を残そうとしています。  一体、宇宙のどこで子孫を残そうとする意思が働いているのでしょうか。  これを読んでいただいた方の意見でもかまいませんが、この命題が研究課題として存在し、それについてどのような考えや回答があるのか、ご存知の方がいらっしゃれば教えていただきたくお願いします。

  • 公衆衛生についての質問です。

    人口の増加によって起こる社会現象はどれか。 a. 出生率の低下 b. 悪性新生物の訂正死亡率の上昇 c. 医療費の増加 d. 社会保障費の増加 ] この問題をかんがえているのですが、問題は [b. 悪性新生物の訂正死亡率の上昇]が正しいかどうかです。 まず訂正死亡率とは、年齢や階級を調整した後で示されるものだ。 ですから、高齢だから死亡率があがるというのではなく、 つまりある集団(ここではわかりやすいので青森県とでもしておこう)の30歳と基準集団(平均的なモデルということで東京の30歳)を比べると 、東北では塩辛いものをよく食べるので(年齢に関係なく)癌ができやすい(例えばです)。 ということがいえるのでしょうか?

  • 観測史上最大の星を発見 太陽の265倍

    観測史上最大の星を発見 太陽の265倍  質量が太陽の265倍もある巨大な星が発見された。  今回発見されたのは、太陽系から16万5000光年離れたタランチュラ星雲の奥深くにある「R136a1」という星。ヨーロッパの研究機関が、チリの砂漠に設置した望遠鏡を使って調べたところ、質量が太陽の265倍もあることがわかった。これまでに発見された最も重い星の約2倍にあたる。この星は生まれてから100万年と若く、太陽の何百万倍もの光を放っているという。  専門家は「質量が太陽の150倍を超える星はできないとの常識を覆した大きな発見だ」と話している。 http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn/20100722/20100722-00000020-nnn-int.html 「質量が太陽の150倍を超える星はできないとの常識」とはどういうものでしょうか? 現在の科学では説明できないという意味でしょうか?

  • 労働民族サイヤ人

    ドラゴンボールに出てくるサイヤ人が戦闘民族ではなくて労働民族だったらどんな物語や設定になると思いますか? 例 ラディッツ「職務遂行力たったの5か。ゴミめ」

  • 1年前のお茶…

    生物系の研究生をやっています。 最近、整理していない棚から、ペットボトルのお茶が発見されました。 去年のゼミ生が飲んだと思われ、カビが生えて気持ち悪い色に変色しています。 危険な嫌気性菌が繁殖してないとも限らないので、安易に蓋を開けて捨てない方が良いかと思っています。 自分は、研究室から離れた外で、キッチンハイター等の強力な塩素を用いてカビを殺してから、下水に捨てるのが良いかと思いますが、処理方法その他をご存知の方がいらっしゃれば、ご意見をいただけないでしょうか?よろしくお願いしますm(__)m

  • ヒアリやマダニを遺伝子操作など、徹底した駆除を

    アメリカがジカ熱を媒介する蚊の今後の感染拡大を防ぐため、研究室で育てて特殊な細菌に感染させた蚊2000万匹をカリフォルニア州に放ち、ジカ熱を保菌する蚊を一掃する予定なのだそうです。 この種類の蚊は2013年に初めてその地域に入ってきたため既存生態系の一部ではなく弊害はないとしています。 日本でもヒアリやマダニな問題になっており、ヒアリは現在対策検討中の段階、マダニでは媒介するSFTSにより266人の発症例と内57人が死亡する事態となっており、場合によっては様々な哺乳類を介して人に感染し死亡に至る可能性もあり問題になっています。 日本でも、既存生態系などとは関係のない危険な外来生物の侵入と繁殖に対しては、遺伝子操作や特殊な駆除方法などを用い対応を行っても良いのではないでしょうか?

  • マンガのタイトル(古め、SF)教えてください。

    マンガのタイトルを教えてください。  ・15年くらい前に読んだのですが、もっと古い作品だと思います  ・ジャンルはSF、基本的に1話や前後篇などで完結  ・主人公は宇宙生物学者?のような男で、一人で宇宙を旅している  ・いろいろな惑星で いろいろな不思議な生き物と遭遇していく話  ・そこでの環境や生物の設定が科学的でリアル かなりうろ覚えですが、以下のようなストーリーがあったと思います。  ・海にすんでいるばかでかいひし形のクジラのような生き物を探していたら、それは子供で親はさらに巨大だった(かわいい顔してる)。海面から飛び上がるシーンがすごい迫力でした。  ・まったく生き物のいない惑星だと思ったら、雨季の大雨のあと 一斉に生き物が出てきて命の讃歌のような感動的な光景。  ・人がいないはずの惑星で裸の女性に出会って求愛された。不気味に思って拒絶したが、それはその星の生き物のメスが繁殖するための唯一の手段だった。 などです。 大胆ながらも科学的に理論づけされた設定と、スペースオペラ的なスケール感のあるストーリーが印象的でした。 (連載されていた雑誌名も分かれば教えてください。)