• ベストアンサー
  • 困ってます

個人事業主について

アフィリエイトは「事業」ですか? 事業とは反復・継続・独立している仕事 ということらしいですが、自分のアフィリエイトが「反復・継続・独立」しているかどうかを判定するのは誰ですか? 自分自身がそう思うかどうか、でいいのですか? それとも、第三者の機関か何かが判断するのですか? では、「事業である」と判断した(あるいは、された)としたら、個人事業主になるのは義務ですか? それとも、権利ですか? つまり、自分の都合で個人事業主になるかどうかを自由に選べるのですか? 最後に。 事業をする上での様々な出費を「経費」という名目で申告するというような話を聞きますが、それは個人事業主にならないと利用できないシステムなのですか? たとえばレンタルサーバーの費用は、内容的には間違いなくアフィリエイトの「経費」のはずですが、やはり「個人」のままでは単なる「私的な出費」ということになってしまうのでしょうか?

noname#230460

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数145
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
noname#239838

※長文です。 >アフィリエイトは「事業」ですか? 「アフィリエイトによる儲けが税法上の事業所得に該当するか?それとも雑所得か?」は、「人それぞれの状況(や考え方)」によりケース・バイ・ケースです。 >……自分自身がそう思うかどうか、でいいのですか? それとも、第三者の機関か何かが判断するのですか? 「自分(≒納税者)自身」です。 そして、納税者から申告された内容が【税法上適切かどうか?】を判断するのは、「国(≒税務署の職員さん)」です。 --- ちなみに、「自分の判断」と「国の判断」が一致せず、なおかつ、【どちらも譲らない】場合は、最終的には「裁判所」に結論を出してもらうことになります。 (参考) 『パンフレット「暮らしの税情報」(平成29年度版)>申告と納税|国税庁』 http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/koho/kurashi/html/06_1.htm >【国の税金】は、納税者が【自ら】税務署へ所得等の申告を行うことにより税額が確定し、この確定した税額を【自ら】納付することになっています。 >これを「申告納税制度」といいます。 --- 『事業所得と雑所得の違い|丹羽総合会計事務所』 http://niwa-tax.com/596.html 『雑所得―分類>雑所得と事業所得とを区別するための判断基準―社会通念|[税金]所得税法・法人税法等』 http://shotokuzei.k-solution.info/2007/05/_1_109.html#a1 ※文中「供与所得」とあるのは「給与所得」の間違いと思われます。 --- 『申告納税制度|コトバンク』 http://kotobank.jp/word/%E7%94%B3%E5%91%8A%E7%B4%8D%E7%A8%8E%E5%88%B6%E5%BA%A6 >……申告納税制度を補完するものとして、一部の納税者を選定して税務調査を行なう制度や、脱税や申告の遅延に対して、追徴課税をできる「更生(正)決定」が国税庁には認められている。 --- 『確定申告後に税務署から来署案内?(2011/01/18)|さいたま市 税理士 小暮巌のブログ』 http://iwayan.cocolog-nifty.com/blog/2011/01/post-594e.html 『税務署はいくらから来る?(2010/12/06)|税理士もりりのひとりごと』 http://moriri12345.blog13.fc2.com/blog-entry-760.html --- 『課税に不服なとき>不服申立ての手続|国税庁』 http://www.nta.go.jp/taxanswer/fufuku/huhuku3.htm >……「事業である」と判断した(あるいは、された)としたら、個人事業主になるのは義務ですか? それとも、権利ですか?…… 【誰が判断したにせよ】「事業である」ならば、(その事業を行う個人に)【開業の届け出を行なう義務】が生じます。 一方で、【自分自身が】「事業である」と判断したならば、【開業の届け出を行う権利がある(≒事業主としての特典を使う権利がある)】とも言えます。 (参考) 『申告所得税関係>[手続名]個人事業の開業届出・廃業届出等手続|国税庁』 http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinsei/annai/shinkoku/annai/04.htm >[提出時期] >事業の開始等の事実があった日から【1月以内】に提出してください。 --- 『所得税……青色申告制度|国税庁』 http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2070.htm >……一定水準の記帳をし、その記帳に基づいて正しい申告をする人については、【所得金額の計算などについて有利な取扱いが受けられる】青色申告の制度があります。 >青色申告をすることができる人は、 不動産所得、【事業所得】、山林所得のある人です。 >事業をする上での様々な出費を「経費」という名目で申告するというような話を聞きますが、それは個人事業主にならないと利用できないシステムなのですか? いえ、「必要経費」は、「事業所得でなくても(≒雑所得でも)」収入金額から差し引くことができます。 (参考) 『所得税……雑所得|国税庁』 http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1500.htm >2 所得の計算方法 > 【雑所得】の金額は、次の(1)と(2)との合計額です。 > (2) 公的年金等以外のもの > 総収入金額 - 【必要経費】 = その他の雑所得 >たとえばレンタルサーバーの費用は、内容的には間違いなくアフィリエイトの「経費」のはずですが、やはり「個人」のままでは単なる「私的な出費」ということになってしまうのでしょうか? いえ、以下の国税庁の記事にある通り、「事業所得」も「雑所得」も「必要経費のルール」は同じです。 『所得税……やさしい必要経費の知識|国税庁』 http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2210.htm >1 必要経費に算入できる金額 > 【事業所得】、不動産所得及び【雑所得】の金額を計算する上で、必要経費に算入できる金額は、次の金額です。 --- 『必要経費になる?ならない?「必要経費」の考え方(更新日:2018年01月08日)|All About』 http://allabout.co.jp/gm/gc/14618/ --- なお、「損益通算」や「青色申告の特典」など【雑所得には適用にならない特別ルール】が色々とありますので、「事業所得」のほうが(所得の計算などについて)有利な取り扱いを受けられます。 その代わりと言ってはなんですが、「雑所得」には「事業所得」のように「記帳・帳簿等の保存」が義務付けられていません。 つまり、「どんぶり勘定で申告してもOK」ということです。 ただし、「根拠のない必要経費が認められない」のは事業所得と同じですし、あまりにもいい加減な申告は「更正(処分)」の対象になっても文句は言えません。 ですから、たとえ雑所得であっても「領収書の保存」くらいは自主的に行っておくべきです。 (参考) 『個人で事業を行っている方の記帳・帳簿等の保存について|国税庁』 http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/kojin_jigyo/index.htm 『更正決定|コトバンク』 https://kotobank.jp/word/%E6%9B%B4%E6%AD%A3%EF%BD%A5%E6%B1%BA%E5%AE%9A-1164829#E4.B8.96.E7.95.8C.E5.A4.A7.E7.99.BE.E7.A7.91.E4.BA.8B.E5.85.B8.20.E7.AC.AC.EF.BC.92.E7.89.88 *** ◯補足:「開業の届け出」と「個人事業主」について 一般的には、「開業の届け出をしている=個人事業主」「届け出をしていない=個人事業主ではない」という考え方の人が多いですが、税法上は、そういう考え方は【しません】。 税法上は、【開業の届け出をしていても、いなくても】「(法人ではなく)個人で事業を営んでいる人=個人事業主」と考えます。 もっと具体的に言えば、「事業の儲けを個人の確定申告(所得税の確定申告)で申告する人」が「個人事業主」で、「事業の儲けを法人の確定申告(法人税の確定申告)で申告する人」が「法人事業主」です。 ということで、世の中には「開業の届け出をしている個人事業主」と「開業の届け出をしていない個人事業主」、そして「法人事業主」と(ざっくり分けて)3種類の事業主がいることになります。 (参考) 『確定申告Q&A(2013.02.26)|Rhythmoon』 http://www.rhythmoon.com/contents/money2/column_866.html >1. 白色申告であれば開業届を出す必要はありませんか? >開業届を出さずに白色申告をされる(つまり事業所得として確定申告をする)方がいらっしゃいます。 >ですが、税務署としては、【事業所得で申告されたら】、その時に実質的に開業届は出されたもの(=【開業届の提出漏れ】)として扱われています。…… --- 『個人事業の開廃業等届出書は、出さないと怒られる?|個人事業の開業の届出 やり方』 http://kojinjigyou.columio.net/article/97.html --- 『確定申告における個人と法人の違い|知らなきゃ損する確定申告 』 http://kakuteisinkoku.jp/tax-return/individual-juristic/ >……小規模の会社や社長一人で事業を経営している場合でも【法人】の会社はありますし、事業規模が大きく従業員がたくさんいる会社でも【個人】のままで行っている場合もあります。……

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

詳しくありがとうございました。 僕の話が正確に伝わったようで助かりました。

関連するQ&A

  • 個人事業主について

    個人事業主になるために必要な手続きについて教えてください。 1.費用はどのぐらいかかるのか? 2.申請先は?申請してからどのぐらいかかるのか? 3.課税について所得税の申告などや経費として落とせる範囲は? 質問が本当に個人事業主についてすべてとなりますがお時間ありましたら教えてください。

  • 個人事業主のローン

    はじめまして。 私は28歳の会社員です。 今の勤め先に2年前に転職をしました。 年収280万円で、妻の収入を合わせると 360万円くらいです。 1400万円の物件(土地+建物)を購入しようと考えていますが、また近い将来に個人事業主としての独立も考えています。 その物件は勤務先から遠いため、住宅購入と勤務継続はできません。 1.退職して個人事業主として収入を得るケース 個人事業主の場合、3年程度の実績が審査の判断にされると聞きましたが、3年待たずに実績の無い個人事業主がローンを組む方法はありませんか? 2.退職して購入物件の近くに転職した場合 転職した場合、どれくらいの期間の実績があれば審査判断になりますか? よろしくお願いします。

  • 個人事業主の事業廃止って?

    法人ではなく、屋号があるわけでもなく、仕事場は自宅で、お店ではない、しかし個人として契約で仕事をとるために確定申告(白色)が必要。そんな意味での個人事業主にとって事業廃止とは何をもっていうのでしょうか? 年の途中までしか仕事がなかった場合はどう考えたらいいでしょうか?収入のない月でも仕事を得るために経費をかけ事業は継続していたとしていいのでしょうか? 途中、源泉徴収のある給与収入を得た場合でも個人事業は継続中としていいでしょうか? 事業主控除は年290万円ですが、年の中途において事業を開始した場合や廃止した場合は月割計算となっています。つまり、事業が継続中であったかによって事業主控除も必要経費をみれる月数も変わってきます。 そもそも事業廃止とは、届け出をしている法人や青色の人だけのことと考えていいのでしょうか? もともと、白色確定申告者が個人事業主なんて気持ちの問題でしかないようですが。

  • 個人事業主について教えてください

    個人事業主について教えてください。 今自分がしている仕事と同じ内容の仕事をたまにアルバイトで会社を通さずしています。まだアルバイト程度なので法人に出来ません。この場合、個人事業主にするかただの個人の方がいいのかわかりません。 個人事業主になる場合は妻を個人事業主にすればいいのでしょうか? そのときのメリットを教えてください。 条件:会社にばれない前提でお願いします。 1.個人事業主のメリットデメリット 2.妻は自分の扶養ですが個人事業主になった場合は? 3.このアルバイトで人を使った場合の給与の払い方 4.給与を払った場合の税務署の申請の仕方 5.ただの個人の場合は? などです。 宜しくご教示お願いいたします。

  • 個人事業主で仕事をしています。

    個人事業主で仕事をしています。 個人事業主税というものを収めていますが、これは固定資産税のように経費(?)として計上しても良いのでしょうか? 計上していいのならば、どのように計上したらいいのか教えてください。

  • 個人事業主で個人の私物を売る場合

    個人事業主で個人の私物を売る場合について教えてください。 現在、個人で私物を売ってお小遣い稼ぎをしていますが、 軌道に乗ってきたので個人事業主になろうと思います。 そこで、これから個人事業主になる場合、今個人で所有している物(商品)は、 引き継ぎ売ることができるのでしょうか? また売ることができるとしたら、それは私個人から個人事業主が買取る(仕入れる) という形になり経費(仕入れ)になるのでしょうか? 今ある商品在庫(現在個人の私物)、来月私が個人事業主になったら、その商品の扱い 勘定科目はどうなるのでしょうか?

  • 個人事業主の経費について

    お世話になります。 個人事業主が住居と店舗を別々に借りている場合、住居の家賃は必要経費にならないのですか? 個人事業主の仕事中の飲食(昼食やおやつなど)は必要経費になりますか? そもそも、個人事業主の『収入』と『給与』、『経費』と個人的な『支出』、あるいは経費と個人的な支出との区別がよくわかりません。 まったくのド素人です。簡単に教えていただけないでしょうか。 そしてもし、そういった事柄がわかりやすい書籍などありましたら、教えていただけないでしょうか。

  • 個人事業主の事業主貸について

    個人事業主の帳簿付けの質問です。 事業用の預金通帳に、個人のもの(経費にならないもの)で 自動引き落としにしているものがあります。 その場合 「事業主貸」で記帳しればいいですか? 預金口座/事業主貸  であっていますか?

  • 在職のままの個人事業主

    知人の例を今後の参考にしたいと思い質問します。 A氏は第一線を退いたサラリーマンで在職中とはいえ、一旦、退職金を貰い 現在は契約社員として、何がしかの肩書きで勤務を継続されているようです。 A氏は完全退職後も独立して仕事ができるように、某分野の勉強をされて おられるとのこと。 退職後は個人事業主として、また、軌道に乗れば会社設立を考えているそうです。 そういうA氏ですが、先日、別件で税務署に行く機会があり、「個人事業主」に なる為の手続きについて質問したところ、必要な書類を1枚と参考資料のパンフ [青色申告の説明書)を渡されたとのことです。 「個人事業主」になるには書類1枚の提出のみで可能とのことでした。 また、この質問の主旨になるのですが、在職中のサラリーマンが「個人事業主」 としての届け出をしても、確定申告をすれば何も問題ないとのことでした。 A氏はそれを知り、数か月の内に退職を待たずに個人事業主としての登録を されるそうです。事業内容が何かは分かりません。 私も、定年後は悠々自適といきたいところですが、まだまだ仕事をする意欲は ありますし、カネも必要ですし、できれば個人事業主で分相応にでもコンサル業他が 務まらないものか思案中です。 A氏のように在職のまま、個人事業主の登録をしても、税務署員が言うように、特に問題ない という認識で間違いないのでしょうか。 むしろ、本件は在職中に無断でそういう手続きをして、別途収入を得ることが、勤務先の 企業が知ることになった場合、企業によっては懲戒免職の対象になるかならないかといった 問題を含むのではないでしょうか。 常識的な判断はどのようなものでしょうか。 どなたかご意見をいただければ幸甚です。

  • 個人事業主の経費について

    個人事業主の経費についてですが、事業主本人が仕事に関係のある資格を取るために 通う学校の学費は経費にあげられるのでしょうか?