• 締切済み

アンミン錯体の生成について

初めて質問させていただきます。 大学で少しだけ化学(錯体)を学習した者です。 私が高校生の時は主に銀、銅、亜鉛、ニッケルがアンミン錯体を形成すると学習しましたが、大学では白金やクロム、コバルトなども錯形成をすると教わりました。結局のところ、アンモニア水溶液中でアンミン錯体を形成する金属にはどのようなものがあるのでしょうか。また、金属イオンに求められるアンミン錯体形成の条件とはどのようなものでしょうか。 ご存じの方がいらしたらご教授願えますよう、よろしくお願い致します。

みんなの回答

回答No.1

水(アクア)やアンモニア錯体はイオンー双極子相互作用という形で考えられていた。 この考え方では、電荷の低い大きな陽イオン(Na+,K+のような弱いルイス酸)は、錯体を生成する傾向がほとんどない。 陽イオンの電荷密度(q/r)は、静電モデルで異なる電荷をもつイオンの錯形成能を比較するのに有用で、相互作用のエネルギーが電荷qで変わり、イオン半径rでは逆の変化を示す。 Be3+,Al3+や多くの遷移金属イオンのような高い電荷密度をもつイオンは、安定な錯体をつくると予想される。 簡単な静電的解釈では、電荷密度の大きいMg2+が安定な錯体をあまりつくらないのに、Hg2+などのような電荷密度の小さい陽イオンは、安定な錯体をつくるという説明ができない。 水分子の永久双極子モーメントはアンモニアよりも大きいから、アクア錯体のほうがアンモニア錯体よりも安定。 アルカリ土類金属のアンモニア錯体は水溶液中では不安定だが、Ni2+のような遷移金属イオンの多くのものについては、アンモニア錯体のほうがアクア錯体よりも安定。 Ni2+はMg2+より小さい電荷密度をもっているから、これらのイオンについてのアクア錯体とアンモニア錯体の相対的安定度の差を静電的な理論では説明できない。

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。

関連するQ&A

  • 錯体の構造とその影響について

    生化学で、炭酸脱水酵素の活性部位にある亜鉛をいろいろな遷移元素(コバルト、銅、マンガン、ニッケル、カドミウム)に置き換えて、その酵素がそれぞれ活性を示すかどうかを調べる実験をしました。置換された酵素が活性を示す要素として、活性部位での金属イオンが形成する錯体の構造が重要な要素みたいなのですが、それぞれの金属がどのような錯体構造を示し、またそれが一体どのように影響するかが今ひとつ分かりません。活性を示した亜鉛とコバルト置換の酵素はテトラヘドラルの形になることは書籍で分かったのですが…。今まで無機化学を学ぶ機会がなかったので錯体は無知で未熟な質問ですが、よろしくお願いします。

  • 二種類の配位子が存在する金属錯体における遊離金属濃度について

    こんにちわ。 標記の件、亜鉛とアンモニアのみを含む溶液(アンミン錯体ができており亜鉛が溶解している状態)中の遊離亜鉛濃度は初期の亜鉛濃度とアンモニア濃度およびアンミン錯体の錯生成定数によって自動的に決まると思いますが、この遊離亜鉛濃度をさらに低減させることを目的にこの溶液に別の配位子EDTAを添加した場合、「添加したEDTAの量と溶液中の遊離亜鉛濃度の関係」はどのように計算されるでしょうか?考え方、計算方法だけでもご教授いただけますと幸いです。

  • MnとNH4で錯イオンが出来ないのはなぜ?

    タイトルの通りです。 銅でも、ニッケルでも、コバルトでも、亜鉛でもテトラアンミン錯イオンになるのに 何故、マンガンは駄目なのでしょうか? どちら様か御教授ください

  • アルミニウム・亜鉛の形成する錯イオンについて

    アルミニウムイオンを含む水溶液にアンモニア水を過剰に加えても、アンミン錯体はできませんが、亜鉛イオンを含む水溶液にアンモニア水を過剰に加えるとアンミン錯体ができます。 この違いの理由を教えてください。

  • 金属錯体を形成する鋳型反応について勉強しています。

    金属錯体を形成する鋳型反応について勉強しています。 1,2-ジアミノベンゼンと1,3-ジケトン誘導体はニッケル(II)の存在下で大環状ニッケル錯体を形成するとあるのですが、反応機構がいまいちよく分かりません。 どなたか分かる方がいらっしゃいましたら教えてください。

  • 錯体の定義

    とある化合物Xが与えられた時、それを錯体と呼べるか否かの判断基準が分かりません。 「金属と非金属が結合したもの」という区分に該当する化合物はいろいろと考えられますが、 [Cr(NH3)6](NO3)3 、K2[PtCl6]等は、大体の人が錯体と呼ぶ一方、 FeCl3やNaClあたりは一般的に錯体とは呼ばれません。 単に塩だとか、それより大きな区分の化合物と呼ばれるケースが大半です。 今まで、「錯体」と単なる「化合物」の呼び分けの条件は、 「水に溶けた際、錯イオンを形成するものは錯体と呼べる」であると思い込んでいました。(なぜか) 例えば[Cr(NH3)6](NO3)3→[Cr(NH3)6]3+  K2[PtCl6]→[PtCl6]2- と錯イオン化し、 水中でも金属-配位子の関係性は保たれている一方で、 FeCl3→Fe3+ NaCl→Na+ と金属-配位子の関係は崩れます。 しかし、あくまでこれは私の作った勝手な定義です。 科学的、権威的な根拠はありませんし、他所で聞いたこともありません。 さらにNi(CO)4が錯体と呼ばれることを最近知り、私の分類が的外れなことに気づきました。 化合物Xを錯体と呼ぶために必要な条件は何なのでしょうか? 教えていただけると幸いです。

  • 硫酸銅の合成、コバルト錯体の生成、プルプレオ塩の合成実験での問題につい

    硫酸銅の合成、コバルト錯体の生成、プルプレオ塩の合成実験での問題について 硫酸銅に水和する塩類の全ての名前を挙げてください どんな特性や材料の性質が、再結晶の影響に貢献していますか? 天然銅の(II)硫酸塩の結晶に含まれるかもしれない不純物の名前をリストしてください。 商業的な濃縮塩酸は35.0-37.0%の塩化水素を含んで、1.18g/mlの密度を持ちます。 3つのモル酸性溶液を準備するためにそれを水で薄める方法を説明してください。 どのように、人はほぼ29%のアンモニアを含んで、0.90g/mlの密度を持つ商業的な濃縮したアンモニア水から、10molarアンモニア水のまさに22.5mlを準備することができますか? プルプレオ塩は、Co(NH3)5Cl3として決して明確に述べられません。なぜ? 水の方の塩化銀のとても小さな可溶性のため、硝酸かけらは、塩化物イオンに対して最高の沈殿剤として有名です。もしそうならば、プルプレオ塩の錯イオンで調整される塩化物を見つける方法を考慮してください。 コバルト(III)イオン、塩化物イオンとアンモニアから成っている錯イオンのリストを解いてください 無機の先生に問題を出されたのですが英文だったために少し日本語が変になっていますが どうかおしえてもらえませんか?

  • 水酸化銅

    水酸化銅を作るとき、最初、硫酸銅にアンモニア水を過剰に加えて 銅アンミン錯体を作り、次に水酸化ナトリウムを加えて水酸化銅を作るメリットって何ですか? 直に、水酸化ナトリウムを加えて水酸化銅を作ってもいいと思うんですが

  • 銅の性質

    銅とアンモニアが錯体を形成したら深い青色になると思うのですが、例えば他の配因子(シュウ酸、酒石酸)と銅が錯体を形成したら、同じように深い青色になるのでしょうか??

  • 錯体の安定度定数

    錯体の安定度定数に関する問題です。 Ag^+ + NH3⇔AgNH3^+ K1(安定度定数)=2.3×10^3 AgNH3^+ + NH3⇔Ag(NH3)^+ K2=6.0×10^3 のとき、AgCl 1.0mmolがアンモニア水500mlに溶けている。水溶液中のNH3濃度は0.1Mである。この水溶液中におけるAg^+の濃度を求めよ。 という問題が溶けません。 2つの式の反応の進行で、Ag(NH3)+イオンが出来る反応を考えるとAg(NH3)^+イオンの安定度定数Bは  B=k1・k2  B=(Ag(NH3)2^+)/(Ag^+)(NH3)^+ であっていますか? あとはこれに代入して答えを求めればいいのでしょうか? そのときの錯イオンの濃度とアンモニアの濃度はどうやったらもとめれますか? よろしくおねがいします

このQ&Aのポイント
  • Movie Studio 2022 Platinumでは、横書きのタイトル編集が可能ですが、縦書きはサポートされていません。
  • ソースネクスト株式会社の製品・サービスについての質問です。Movie Studio 2022 Platinumでのタイトル編集についてお知りになりたいようです。このソフトウェアでは、横書きのタイトル編集は可能ですが、縦書きは現在のバージョンではサポートされていません。
  • Movie Studio 2022 Platinumのタイトル編集についてお答えします。このソフトウェアでは、横書きのタイトル編集が可能ですが、縦書きには対応していません。縦書きのタイトルを編集したい場合は、他のソフトウェアを利用する必要があります。
回答を見る