解決済み

日本人力士の弱さについて

  • 暇なときにでも
  • 質問No.9400523
  • 閲覧数187
  • ありがとう数8
  • 気になる数0
  • 回答数8
  • コメント数0

お礼率 70% (322/459)

大相撲について質問です。

ここ最近の本場所を見てると、上位力士(特に日本人)が下位相手にポロポロ星を落とす場面が目立っているように思います。

そのため、モンゴル勢に苦汁を舐める展開が多いような気がします。

一番の要因は何だと思いますか?

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.8

ベストアンサー率 29% (5195/17702)

他カテゴリのカテゴリマスター
ゆとり世代ですからね。今の20代の彼らは優しい反面、人を押しのけたり潰してものし上がっていこうという野心はありません。
更に加えて、基本的にプレッシャーにド弱く、プレッシャーがかかる場面だとそのプレッシャーに自分自身が負けてしまって実力の半分も出せなくなる、というケースがとても多いですね。

稀勢の里と豪栄道なんて、右代表みたいなものですね。フツーにやってりゃ勝てる相手にプレッシャーで簡単に自滅しています。私なんてもう稀勢ちゃんは見てて分かりますもん。目をパチパチさせて目線が泳いでるんですよ。「あ。これはあかんときの稀勢ちゃんや」と思ったら案の定ドタバタした相撲をやって勝手に自滅しています。
9月場所の豪栄道の酷さといったら、もう。横綱と大関が日馬富士を除いていないという状況で、1敗が自分だけであとは平幕が4敗。対戦相手は負け越している松鳳山になぜ負けるのか訳が分かりません。もうその松鳳山戦も見ててすぐに分かるほどのガチガチぷりで「え?そこまでプレッシャーかかるん?てか、そのくらいのプレッシャーで自滅するってどんだけ豆腐メンタルなん?」と思ったほどです。

サッカーの香川選手もプレッシャーがかかればかかるほどダメになるタイプで、本田選手も実はプレッシャーに弱いタイプです。ただ本田選手はそれを自分でも分かっていて自分を鼓舞するために退路を断つようなビッグマウスを口にしていますけどね。自ら退路を断つ勇気はすごいと思いますが、でもその割にはプレッシャーには負け越すタイプです・笑。

25歳からアラサーくらいにかけての世代で、「プレッシャーがかかればかかるほど神がかった活躍をするスポーツ選手」というのがジャンルを問わずなかなか思い出せないですね。柔道も七戸龍選手を筆頭にプレッシャーがかかる場面で力を発揮できない選手ばかりです。ああ、卓球の水谷選手はプレッシャーには強いタイプか。他にいるのかなー。
お礼コメント
yk616

お礼率 70% (322/459)

回答ありがとうございます。

その世代だと、プレッシャーに強いアスリートといえば、ドジャースのマエケンや、ヤンキースの田中マー君など野球界では多い気がしますね。(ダルビッシュはその逆ですが...)

確かに、稀勢の里と豪栄道はプレッシャーが弱いというのは同意ですね。

怪我やプレッシャーに強い、そんな力士が早く出てきてほしいものです。
投稿日時 - 2017-11-23 23:35:23

その他の回答 (全7件)

  • 回答No.7

ベストアンサー率 35% (270/770)

そりゃ、方や、その国のトップみたいのが来日して
相撲取りになっているわけです。
しかも、遠路はるばる遠い日本まで来ているのです。
意気込みが違います。
成功すれば、物価が違いますから、故郷に帰れば
贅沢三昧です。
以前来日したモンゴル人の相撲取りなどは、モンゴルで
二番目の金持ちになったと言われています。

方や、トップとは言えない、どちらかといえば
他のスポーツに行けなかった人間が相撲取りになって
います。

しかも、仕事はいくらでもありますから、辞めようと
思えば何時でも辞められます。



一番の要因は何だと思いますか?
  ↑
ハングリーもあるでしょうが、ワタシは一国の
トップクラスが来日していることが、一番の要因だと
考えます。

日本だって、トップクラスが相撲界に入るようになれば
変わってくると思います。
お礼コメント
yk616

お礼率 70% (322/459)

回答ありがとうございます。

現役力士にこそ学生横綱やらアマチュア横綱やらいますが、角界入りも遅く昔の輪島みたく大成するケースが減っていますよね。

稀勢の里みたく、たたき上げの力士の成長にも期待したいです。
投稿日時 - 2017-11-23 23:31:23
  • 回答No.6

ベストアンサー率 39% (577/1446)

他カテゴリのカテゴリマスター
身体、運動能力の優れた少年が進む選択肢が日本には数多くありますね。
さて、yk616 さんが身体、運動能力の優れた少年だったらどの種目を選んだでしょう。
サッカー、野球、水泳、バスケットボール、バレーボール、テニス、ゴルフ、ラグビー・・・・・。
格闘技なら
柔道、レスリング、空手、プロレス、K1・・・・・。

私の周りには趣味レベルでも相撲をしている人、した人の記憶がありません。
相撲界は人材を集めるのに苦労しているのでしょう。

ところで
野球はアメリカ発祥のスポーツですが大リーグ選手の出身国は様々ですね。
サッカー、ラグビー、ゴルフ、テニス、ホッケーなどイギリス発祥のスポーツは
数多くありますが
イギリスがトップの競技は・・・・。
オリンピックで柔道の上位に海外選手が増えるのは自然な現象ですね。
Youtubeなどで海外の相撲ファンが増えるとさらに海外力士が増えるかもしれませんね。
日本相撲協会が日本人力士にこだわるなら相撲の普及にもっと人・物・金を使い優秀な人材を確保すべきでしょう。

ともかくも
稀勢の里には早く復活して欲しいですね。
お礼コメント
yk616

お礼率 70% (322/459)

回答ありがとうございます。

優秀な人材を確保するのももちろんですが、そういった逸材を大事に育てることも大事ですよね。

稀勢の里の復活、私も期待しています。
投稿日時 - 2017-11-23 23:29:49
  • 回答No.5

ベストアンサー率 14% (227/1579)

島国の遺伝子と、大陸の遺伝子では、大陸のほうが多種多様な遺伝子が入るこんできて優れた性質を持つことが出来ると思います。つまり、本質的は肉体の能力の部分でモンゴル人のほうが優れているのだと思います。
また、成長の過程で体を酷使する経験が多いのは日本人よりもモンゴル人だと思います。

恐らくですが、相撲部屋に入門を希望する少年たちの平均的な基礎体力を比較したら、日本人よりもモンゴル人のほうが優れているように思います。その差が埋まらないってことではないでしょうか。
お礼コメント
yk616

お礼率 70% (322/459)

回答ありがとうございます。

基礎体力で劣るところを別の部分で補えれば...といったところですが、格闘技はなかなか難しいですよね。
投稿日時 - 2017-11-23 23:24:57
  • 回答No.4

ベストアンサー率 26% (1802/6728)

他カテゴリのカテゴリマスター
ハングリー精神でしょう。
日本人の若者は、汚いのイヤ!辛いのイヤ!我慢したくない!週休2日じゃないと・・・
こう言う事を言っていても楽に食って行けるから・・・
お礼コメント
yk616

お礼率 70% (322/459)

回答ありがとうございます。
投稿日時 - 2017-11-23 23:23:34
  • 回答No.3

ベストアンサー率 20% (950/4547)

Q、一番の要因は何だと思いますか?
A、《進路選択の多様化》と《親と少年の意識の変化》による逸材の獲得困難。
お礼コメント
yk616

お礼率 70% (322/459)

回答ありがとうございます。
投稿日時 - 2017-11-23 23:26:03
  • 回答No.2

ベストアンサー率 21% (1454/6629)

こんにちは。

過信、でしょうか。
それとも、諦め?

いずれにせよ、モンゴル勢に締められるのは時間の問題かもしれません。
お礼コメント
yk616

お礼率 70% (322/459)

回答ありがとうございます。
投稿日時 - 2017-11-23 23:25:52
  • 回答No.1

ベストアンサー率 21% (91/430)

ハングリー、
これが、根本。
お礼コメント
yk616

お礼率 70% (322/459)

回答ありがとうございます。
投稿日時 - 2017-11-23 23:23:13
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
関連するQ&A
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

ピックアップ

ページ先頭へ