• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

ラダーフレームとモノコック

こんにちは。 車の構造にラダーフレームとモノコックとあります。 SUVで悪路を走るにはラダーフレームのほうが強いと言われていますが アメリカのフルサイズSUVなどでもモノコック化が進んでいます。 しかしトウバーも大きな荷重を受けられるようです(スペックシートによると)。 最近のモノコックの設計はラダーフレームを凌駕するものでしょうか。 それとも悪路をガンガンレベルでは走らないという想定でしょうか。 素人なので表現があっているか分かりませんが悪路走行や牽引時に どちらが2017年10月の技術レベルで「頑丈」なのでしょうか。 ご存じの方、いらっしゃいましたらお教え頂きたいです。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数300
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

モノコックと言っても、トゥバーなどをつけるタイプは、フロアパン部分が強化されています。 考えればわかるのですが、トウバーなどを取り付ける位置は、ボディのアンダーパネル部分と、足回りの保持をしているあたりまでであって、ボディやルーフには関係ありません。 なので、アンダーパネルの部分が強化されていれば良いわけです。 モノコックの利点は、材料の削減によるコストダウンです。 ラダーフレームは、簡単に強化することが可能ですが、モノコックは簡単にはできません。 んおで、簡単にラダーブレームの上にモノコックを乗せるという方法もありますし、モノコックのアンダーパネルのあたりにラダーフレームのような構造を取り入れている車種もあります、 本格的な悪路走行を考えるのなら、ラダーフレームの方が強いです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。 モノコックでも部分的に強化すれば牽引対応可能なんですね! 納得です。 構造自身の問題と牽引とは分けて考えるべき、と示してくださった kisinaitui様をベストアンサーにさせていただきます。

関連するQ&A

  • 重量2t超のSUV車にモノコックボディ?

    重量2t超のSUV車にモノコックボディは、ありでしょうか? 安全性など問題はないのでしょうか? 例えばフォードの新型エクスプローラー。 旧型は強靭なトラックベースのラダーフレームでしたが、新型はシャーシとボディが一体化したモノコックとなっています。 重量2t超えの大きな車体を、モノコックで支えきれるのか疑問です。 私は車の構造にあまり詳しくありませんが、車とは重量をある程度シャーシで支えるというイメージがあります。 まずシャーシがあって、その上にボディ・・・というのが基本的な構造のような気がします。 現に重量物を積載する貨物トラックにモノコックボディなんて聞いた事がありません。 メーカー側は安全衝突テストをクリアしていると言いますが、それはあくまでも“理想的な状態で衝突した場合”を想定して行ったテストだと思うのです。 実際の事故は、大抵は想定外の角度から突っ込んだり、想像もつかないようなぶつかり方が多いと思うのですが、そんな時に自らの重量もある大型SUVがモノコックで耐えうる事が出来、乗員を守る事が出来るのでしょうか? 車の構造に詳しい方がいらっしゃいましたら、是非ご意見をお願いいたします。

  • 許容応力の選択

    地震対策用の金具(SS材)の設計をしていますが、震度6位(400gal)を想定した場合金具に掛かる力はF=maで、金具に掛かる相当応力を算出した場合、 材料の許容応力の安全率は、衝撃の場合をとるのでしょうか?加速度を掛けているので死荷重レベルでよいのではと思っているのですが。ご教授よろしく御願い致します。

  • 太陽光発電・・構造検討について

    続けての質問で恐縮です。 太陽光発電を検討していますが、総予算が厳しいため、中止も含め構造的な検討について、悩んでいます。 木造2階建て(軸組工法) 自邸です・・。 設置もしくは将来設置を想定しておく場合と、そうでない場合。 同じ建物でも、構造要素のコストUPが想定され、その分建築コストUPにつながるかと思われます。 つまり、太陽光パネルコストのみでなく、建築コストがUP。 構造計算をお願いする予定でしたが、予算削減のため自分で、仕様規定+屋根・水平構面の検討・・・のみで対処す事も考えています。 一応チェック済みです。(パネル考慮せず) 上記太陽光パネル設置について、どのような検討をすべきでしょうか? ネットでざっと調べましたが、集中荷重でないから、問題ないような事も書いてあったり・・。 集中荷重は、柱が負担しますが、柱的には計算するまでもなく問題ないはずで、水平荷重の方が問題なのではと思うのですが、いかがでしょうか? ある推奨サイトでは・・・ 「「太陽光を載せると屋根に負担がかかって地震の被害が大きくなる」と思われる方も多いと思いますが、この重さは1箇所に集中してかかるのではなく、設置面全体に分散してかかるため、1m2あたりにかかる重量は20kg前後になり、強度的問題は少ないといえるのではないでしょうか。分かりやすく言うと、子供が屋根の上に寝転がっている程度です。」 「NPO法人で「太陽光発電所ネットワーク」という所があるのですがあの東日本大震災の後被災された現地における太陽光発電の実態調調査を行ったところ、家の倒壊率が高い地域でも太陽光パネルを搭載した家がより多く倒壊すると言うことはなくむしろ逆に太陽光パネルを載せている家の方が倒壊を免れているケースが多かったそなんです」 既存木造住宅はまだまだ耐震上問題ありのようですが、 太陽光パネル設置にあたり、耐震診断・補強をされ、耐震性能が上がっているから、上記結果につながっているのかもしれません・・・ 既存住宅に後付けで設置されているくらいですから、それほど大げさに考えなくてもよさそうな反面、屋根に300キロ以上のパネルが乗るわけですから、、単純に想像しただけても、 耐震上影響はあると思います。(鉛直荷重は大したことない) 水平力の負担は、耐力壁で、倍率をより高める必要があると思いますし、 耐力壁を強く(倍率UP)する場合、接合金物、基礎耐力にも影響するかと思います。 あとは、より適切な耐力壁の配置等の検討や、母屋材料の寸法を大きくする事くらいでしょうか? また、基礎は標準配筋でも問題ないでしょうか? こんなあいまいな検討しかできません。 独学よのうなものですので、素人も同然ですが、始めて設計する立場では、あるいはこんな質問をしているようでは、、やはり構造計算すべきでしょうか?

その他の回答 (2)

  • 回答No.3
  • FEX2053
  • ベストアンサー率37% (7920/21122)

#1さんの言われるように、ラダーフレームが好まれるのは 「コケたりブツけたりした時でも、何とか動ける」場合が ある・・・からです。モノコックだと、車体が歪むと動け なくなることがありますからね。 もっとも、ラダーフレームでもダメなときはダメですし、 モノコックでも、何とか走れるように設計しているのが 普通ですから、あまり気にしないでもいいのかも知れ ません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。 コケても動ける・・・ようなシチュエーションはよほどの山林でないと ありませんので普通は構造で車を選ぶ必要はないんですね。

  • 回答No.1
  • t_ohta
  • ベストアンサー率38% (3533/9226)

クルマ全体としての強度と言う意味では、現在ではモノコックの方が優秀かもしれません。 また、モノコックの方が軽量に作れるので、昨今の燃費や排ガスの規制の事を考えたらモノコックが選択される事になるでしょう。 ラダーフレームの強みが生きるとしたら、道なき道を行くようなオフロード走行をするような時でしょう。 ぶつけたり横転したりしてもフレーム自体が壊れなければボディーシェルが多少歪もうが問題なく走れますが、モノコックの場合ボディーの歪みがシャーシの歪みに繋がり走行に大きく影響する事になります。 最近のSUVの多くはシティーユースを想定しており、オフロードをガンガン走るようなクルマは極一致部の車種だけです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。 モノコック構造も優秀なんですね。 命をかけて走るような極悪な道(?)でなければモノコックでも 全然問題く日常+α程度では差はないという感じですか。

関連するQ&A

  • 再掲載No.43896「2つのボルトにかかる荷重…

    再掲載No.43896「2つのボルトにかかる荷重計算」投稿者: gasbagjp さん 下記の質問を回答しようと思っている内に出張となってしまいました。 コレは質問ではなく回答かも知れません。。。まぁ正解か?という質問かも。 FEMを使って解析したが、手計算でも面倒だが可能だということを言いたい。 どうもAYさんが御茶を濁して閉じてしまった感があるので掘り起こしてみた > 2点のボルトにかかる荷重に関して、どう計算したらいいか教えてください。 1軸上に均等に並んだ2つのボルトと遠方の荷重点 (たとえば、X=0、X=20に部品を締結しているボルトがあり、  X=100にそのボルトに垂直方向の荷重がかかっている場合) この場合のそれぞれのボルトに対する荷重の計算は、対象のボルト以外の ボルト、を支点にしたモーメント計算、であっているのでしょうか? X=20のボルトの荷重はX=0を支点として、X=100の荷重の5倍の荷重がかかる、 ということ? 初心者な質問で申し訳ありません。 ご教示いただければありがたいです。 よろしくお願い致します。 2016-03-07 09:52:49 部材は梁材はt9x100、ボルトはM12程度で設定してみたが□100、M20でも反力に 変わりはありません。つまり、剛比とかではなく手計算でも厳密に解けると いうことであろうかと思います。。。が皆さんは、どう考えますか? 面倒な撓み計算を省いて5倍と見込んでも5/3.3≒1.66倍しか変わりませんから 実務的にはボルトを支点と考えれば安全側になるから質問者の解法で十分だと 私は思います。FEMとかCAEなど使えもしない解法を示し逃げるようでは遺憾。 ↓が余りに本モデルに似すぎていて驚いたというよりも笑えたので思わず投稿 https://www.facebook.com/mechanical.designers.for.good/photos/a.1420204751551487.1073741827.1420194341552528/1681167745455185/?type=3&theater なんやアポみたいだがw中国高層MSの画像をモデル化して解いてみた↓ http://www.fastpic.jp/images.php?file=5980476638.jpg 回答(2)氏が「剛体」と期待したような解析結果にはならないのである。 画像を観察してみると、真ん中の人間は窓枠にしがみついているように見える これは恐らく反力に負け浮き上がることに耐えているのであろうと予想できる ↓は日本建築学会の資料であるが,P155「引張とせん断を同時に受けるボルト」 が記載されている。このように国家資格を必要とするような建築設計の場合は 細かく規準や通則、法規などで規定があります。 http://www.aij.or.jp/da1/shiyoukijyun/pdf/J7013368_02.pdf 然しながら、機械設計士には資格が必要ではないから国家資格のある料理人と 比較されることもある。会社毎に当然ながら社内での細かく規準や通則、など の規定があるだろうが、一般には公開されることはない。 ↓は出処は分からんが三菱とある。ここの計算には先の計算式が使われている https://dl.mitsubishielectric.co.jp/dl/ldg/wink/ssl/wink_doc/m_contents/wink/W_TEC/wyn482021.pdf 簡易計算も結構だが、それが本当に何処まで安全なのか危険なのかを明示して 公開の場に示さなければ、それは「御隠居が言ってみただけ」になるだろう。 我々ベテラン設計士や技術者は初心者の模範にならなければならないのである 果たしてYOU達はどうか? 自身を含め、改めて襟を正す必要があるだろうなぁ 「ひらめき、思いつきからも、斬新で革新的な技術が創造される。」↓ https://books.google.co.jp/books?id=Cm4NGAOePGoC&pg=PA160&lpg=PA160&dq=%E3%81%AD%E3%81%98%E3%81%AB%E3%82%88%E3%82%8B%E4%BA%8B%E6%95%85&source=bl&ots=Fmi8UHNSl6&sig=hE7kEiCmnQ1j8Z3c8PRS6zo7bKw&hl=ja&sa=X&ved=0ahUKEwiovM_81r7LAhWBs5QKHc_TDqIQ6AEIHTAB#v=onepage&q=%E3%81%AD%E3%81%98%E3%81%AB%E3%82%88%E3%82%8B%E4%BA%8B%E6%95%85&f=false いかに学び、いかに生きるか・・・それが問題だ。 http://www.syuku.com/new_mori2/mori-ikani8-mokkeino.htm この子は、「まだ、いけません。ちょうど空元氣の最中です」 闘鶏にグランドマスターなんてあげたら勘違いして空を飛ぼうとするぞぉ~ タンクの設計も昔は震度法だったが今日では修正震度法に変わっています↓ http://www.psds.co.jp/seisdesign/e02.pdf 構造物の柔軟性といいますか剛性によって動的な特性を考慮した設計法がある 更に複雑化した構造物ではPCに頼ったFEMを利用しなければ、とてもじゃないが 身が持ちません。人工知能の出現から我々設計士の役割も少し変化するかもん そうそう福島第一の排気筒も煙突とトラス構造物が合体したような構造だが↓ このような構造計算にしても今日では手計算でやっているところは先ずない。 3DCADにしても構造解析ソフトにしても、極論すれば道具の一つに過ぎない。 一流プロフェッショナルであればある程、どんな世界も良い道具を使いこなす http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/handouts/2015/images/handouts_151026_04-j.pdf ↓は練習問題である。初心者用の問題であるが解けない人は一生解けないyou http://www.fastpic.jp/images.php?file=6902367362.jpg せん断力を無視するような人間を果たして設計士と呼べるのだろうか? まぁ技術の森のグランドマスターには成れるのだから、分ろうというものだ。 本日から、またまた出張なので週末に時間がとれたら練習問題の模範回答でも してみようと思います。それまでに元GMが回答してくれるのを少しだけ期待。 ねじというのは簡単そうに見え計算も大雑把になりがち。だから事故も多い。 +++++ 練習問題の回答・・・やっぱり、止めました。誰もみない気もするしw・・・ っということで、この森の技術レベルが幾らかでも垣間見ることができたかと 思われます。間違っても工業力学的な質問はしない方がよいだろうと思われる 今日では、その殆どが明確な"答え"が出るような加工の質問ばかりに思える。 面白身のない腐海の森にしてしまったのは・・・誰のせい?管理人の責任重大 +++++ こんなモデルだと思うんだが http://www.fastpic.jp/images.php?file=8544692616.jpg

  • 職人のハンマーでモノコックフレームは作れますか?

    フレームとボディが別々になっている車のボディを職人がハンマーだけで作ることができると聞いたことがあるのですが、モノコックフレームはハンマーでは作れないのでしょうか?

  • 【自動車】モノコックフレームではなくラダーフレーム

    【自動車】モノコックフレームではなくラダーフレームの車ってトヨタのランドクルーザー以外に何がありますか? ※カテゴリーは国産車ですが、外国車でも良いです。ラダーフレームの車を教えてください。

  • カーボンモノコックの成型方法

    こんにちわ。高専でエコランしています。 カーボンモノコック構造による車体を作りたいと考えていますが、どのように成型したらよいかわかりません。どなたか教えてください。 書籍などの紹介でもかまいません。よろしくお願いします。

  • 自作FRPモノコック構造の平屋建ては可能ですか

    別荘用として自作でかまぼこ状の平屋を考えております。建坪15坪ほどで平屋、構造としては 基礎は業者さんにお願いして周囲を1mほど立ち上げ、その上に仮の半円状の木製骨組みをし、 その上からポリカの波板を渡した上からFRPで6PRYほど積層し、必要ならば外側にリブを渡した後断熱と景観から15cmほど土を盛りたいと考えています。作業は自分で行いますが、このような構造で建築士さんに設計と申請を行っていただけるでしょうか?平屋なので構造計算は不要らしいですが建築設計士さんでボートのリブ構造などを理解して設計してくださる方はいらしゃるでしょうか?

  • 輸入SUV系中古車を検討してます!

    各地で大雪が降りました。みなさん大事な車はご無事でしたか? この度、初めて質問いたします。 外国SUV系の中古車を近日購入で検討中です。 今現在の考えと候補は書き留めておきますが、それに縛られずにアドバイスを頂きたいと思っています。 「こういうやつなら、こんな車もアリじゃないか?」という気軽なご返答も歓迎いたします。 どうぞよろしくお願いいたします。 まず、外国車は初めてなので、車の程度、整備状態やアフターなどの点で、出来る限り認定中古車で購入したいと考えてます。 みなさまご存じの通り、認定中古車だと一般中古車市場よりかなり割高にはなってしまいます。 当然予算の縛りがあり、本体価格で400万円を切りたいという条件です。 そうなると、いろいろ絞られ現状では下記の車種と年式が候補となっています。 ・BMW X3:大体2004年式の3.OL(2.5Lだとパワー不足というか感覚的にもったいない気がしています) ・BMW X5:手が出るのは3.OLです。このシリーズだと2003年のマイナーチェンジ前のモデルになります(x-DRIVEというシステムがついてないのがひっかかりますが・・・)。当初ボディサイズ条件からX5のみが候補車種だたのですが、3.OLしか手が出ないので、同じ排気量で上位グレードとなるX3という候補が派生しました。 ・VW トゥアレグ:V6モデル。トータルバランスが良いとの評判で候補に挙げていますが、なんか物足りなくなる気もしてます。 以上3車種です。 えーーーそれだけ!! と、思われる方もいらっしゃると思われますが自分の知識と得られた情報で絞り込んだ結果です。 もちろんこの3車種は現車を見ています(試乗はまだです)。 そもそもの条件ですが、4輪駆動・車の剛性が高いこと・出来る限り高い運動性・おとな5人ゆとり乗車・カーゴスペースの容量大・主にオンロード使用ですが万一の悪路に対しての適応能力を有していること・とにかく長く乗りたい志向なので基本部分が頑丈で信頼に足ること・運転席がある程度高いこと、基本は以上の条件です。 この条件で上記の候補車種を並べたら、僕がいかに外国車素人ということはおわかり頂けるかと思います。 予算が1000万円オーバーなら間違いなくカイエンを買っています。 要するにかなりミーハーチックな車好きなんですが、車そのものは大好きで、長く乗る車が欲しいというのが長年の夢でした。 ここ数年はカイエンカイエンとうなされる状態でした・・・ しかし、いつまでも宝くじの幸運を待ち望んでいても何も進展しませんし、現実にようやくこのレベルなら購入が許される状況になりましたので、今回の候補車種となったわけです。 もちろん、レンジローバーやディスカバリー、オールロードクワトロなども候補の一つだったのですが、英国産に信頼を持てないとかアウディだと運転席が低いなーとかの理由で積極的になれていません。 国産はどうなの?といわれたら、素直にブランドプレミアムが無いから、デザインやディテールが気に入らないからと答えます。あと、根本的に車の剛性が不足してますし。 じゃあ、アメ車は?・・あの大ざっぱさを僕には面倒見切れないと思います。 以上が今の車選びの状況です。 様々なアドバイスをお待ちしております。