• 締切済み
  • すぐに回答を!

冤罪被害者

迷惑防止条例違反(痴漢ではない違反)で、誤認逮捕され、22日間勾留されました。 事情により、罪を認めて、釈放されました。 略式起訴され、罰金刑が決定しましたが しかし、納得いかず、正式裁判をしています。 刑事事件のため、弁護士を頼んでいますが、弁護士は、あまり、乗り気では、無いようです。 このままでは、冤罪で、罰せられそうです。 どなたか、力になって、いただける方、組織などを、紹介ください。                  宮崎県○○市 冤罪被害者

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数539
  • ありがとう数0

みんなの回答

  • 回答No.4

弁護士でも冤罪による強制自白~のような裁判を得意としてる弁護士がいるはずです。 乗り気でないというのは、勝ち目が無いか、自分は得意じゃないと思ってるからでは? 弁護士会に相談し、得意な人を紹介してもらったら? しかし、一旦自白してからの無罪勝ち取りは難しいですよ。 無罪を証明することほど難しいものは無いのですから。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3

>事情により、罪を認めて、釈放されました。 公判で「捜査員に誘導され、虚偽の自白調書に署名させられた」または「捜査員に強制され、虚偽の自白調書に署名させられた」など「自白調書が無効であること(つまり、自白が虚偽であり、調書が証拠とならないこと)」を立証できない限り、99.9%、有罪になります。 検察は「99.9%、有罪に出来る」という確証がある時にしか、立件(起訴)しません。 そして「被疑者が署名した自白調書」は「99.9%有罪に出来る証拠」です。 >このままでは、冤罪で、罰せられそうです。 虚偽自白である事が立証できない場合は、諦めた方が良いでしょう。時間とお金の無駄です。 >刑事事件のため、弁護士を頼んでいますが、弁護士は、あまり、乗り気では、無いようです。 こういうケースの事件を無罪に出来るような有能な弁護士であれば「罰金刑よりも高額な弁護士費用」がかかるでしょう。 それで得られるのは、何もありません。 日本の社会は歪んでいるので「たとえ無罪になったとしても、ひとたび、刑事事件の被告にされてしまったら、社会的地位を失い、その社会的地位は、無罪判決を勝ち得ても回復しない」です。 日本の警察と司法と社会は「腐っている」ので「たとえ誤認でも、捕まった時点でオシマイ」なんです。無罪になっても、何の意味もありません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2

>事情により、罪を認めて、釈放されました。 ・失礼言っちゃいますけど「しかし」なんて言い訳はアホがすることですよ。 いったん罪を認めたら覆すことなどほぼ不可能。 質問者さんの述べる該当者さん…それを認めたこと自体罪だと思って観念してもらうがよいと存じます。 22日間勾留までされたのに、最後あたり?になぜ嘘の自白をした? さっぱりわけがわかりませんね。 ほんとうに悪いことしていないなら毒物カレー事件の林真須美や首都圏連続不審死事件の木嶋佳苗みたいに否認し続けます。 ま、あれは病気か何か本来意味するところの確信犯のようですが…。 ほんとうに悪いことをしていない、質問者さんが言うその該当者さんのような人は悪いことをするような人間でなく、これこれこうだから嘘の自白をして冤罪になるのは当たり前、といえるような道理があるのですかねえ。 こちらがホントまじに知りたいわあ。 こんなに情報があり余るくらいの世の中で、いったん認めたらなん十年も刑務所暮らしになるということがわかっていないなんて、憐れです。 いまから冤罪証明に関わる人が居るとすれば、よほど売名行為を目的とした弁護士か、金欲しさの弁護士くらいしかいないでしょうね。 あと巻き込まれた人は迷惑千万だと思いますよ。 議愁傷様という言葉が浮かびます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
noname#227408
noname#227408

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 迷惑防止条例違反(痴漢ではない違反)の冤罪被害

    私は、迷惑防止条例違反(痴漢ではない別の条例違反です)で、逮捕され、取調べを受けました。 留置場に23日間勾留されました。(2016年12月) 私からすれば、この迷惑防止条例違反(痴漢ではない別の条例違反です)は、実際は、軽微な違反(軽微な騒音防止条例違反程度の5万円以下の罰金)に過ぎないのにもかかわらず、 警察の取調べの刑事は、はじめから、私に手錠して重罪の犯罪者であるかのごとく扱い、私は、留置場に23日間勾留されました。 警察の取調べには、私は、当初から、軽微な違反(軽微な騒音防止条例違反程度の5万円以下の罰金)は認めていて、 迷惑防止条例違反(痴漢ではない別の条例違反です)は否定しつずけていましたが、 警察の取調べの刑事は、私の言うことはまったく聞かず、被害者(女性)の証言で何が何でも、私を犯罪者にしたいようでした。 警察が押収しているはずの私の所有の証拠品(録画装置)には、一部ですが 私が条例違反(痴漢ではない別の条例違反です)をしていない証拠の映像が残っていました。 (後で、釈放後、確認しました。) 警察の取調べの刑事によれば、証拠隠滅の恐れがあるため、私が釈放されてからでないと、警察が押収している私の所有の証拠品(録画装置) を、私は見せてもらえないとのことでした。 私を犯罪者にしたい警察は、もしかすると、私の所有の証拠品(録画装置)を、 改ざんするかもしれないと、私は、すごく恐れていました。 (うろ覚えですが、女性官僚の方のそういう事件が以前ありましたから) 留置場から早く釈放されたいという気持ちと、 警察が押収しているはずの私の所有の証拠品(録画装置)を確認したくて、 どうしても釈放されるために、条例違反(痴漢ではない別の条例違反です)を認めることにしました。 (余談ですが、自分が23日間勾留されてみて、あの女性官僚の方はすごい忍耐力のある方だと、改めて敬服しました。) 警察ではなく、検察庁で、迷惑防止条例違反(痴漢ではない別の条例違反です)を認め、 略式起訴の同意書に指印を押しました。 現在、私は、釈放されています。 しかし、これで納得していませんので、正式裁判を要求するつもりでいます。 私は、条例違反などで、逮捕され、取調べを受けたのは、初めてです。しかも、法律に明るくありません。 それで、質問します。 ▼ 私が釈放されて14日目に正式裁判を要求するつもりです。  正式裁判を要求すると、再度、勾留されるのでしょうか?   ▼ また、一度認めた条例違反(痴漢ではない別の条例違反です)をくつがえすのは、かなり難しいのでしょうか?  警察の取調べの刑事の話では、私が条例違反(痴漢ではない別の条例違反です)をしているのを見ていた証人がいるとのことです。  私の所有の証拠品(録画装置)には、一部ですが、私が条例違反(痴漢ではない別の条例違反です)をしていない証拠の映像が残っていました。 ▼ 私からすれば、これは完全な冤罪事件ですが、弁護してくれる弁護士はいるのでしょうか? 私は裁判の費用は持家を売ってでも、無罪になるように裁判で戦いたいと考えています。 現段階で、この事件のすべてを公表できないのが心苦しいのですが、法律に明るくないので私一人では裁判で無罪を勝ち取れないように思えます。 この件で、私に協力して下さる方は、ご連絡していただけませんか?

  • 痴漢冤罪

    痴漢をしたと誤認逮捕されました。罪状は迷惑防止条例違反です。 身に覚えのないことなので否認していましたが、女性が勘違いしているため話が進みません。いち早い釈放をするため認める供述をしました。翌々日に大事な仕事があったためです。もちろんやってはいません。 これは痴漢事件の特徴で、男が何を言っても信じてもらえません。否認し続ければ何日も勾留され、裁判になったとしても99%勝てません。冤罪でも。 私は少しこういった事件に詳しく、起訴猶予になるべくそういった行動を起こしました。ただ起訴猶予か罰金かは検察が決めることです。 どうなるかまでは分かりません。 ある意味賭けにでたのです。 1日勾留され、2日目に検察にいき、その日に釈放されました。警察、検察ともに女性の供述どおりだと話しています。これには理由があります。 弁護士にそうすすめられたからです。どうしても早くでたいなら認めるしかない。闘っても難しいのでと・・ ただあなたのケースの場合は起訴猶予になるんじゃないかと。うのみししました。 こういった経緯から一転認める供述に転じました。 しかしどう考えても略式で罰金になるようなきがしてなりません。 初犯という扱いですがどう思いますか? 私の決断が合っているか間違っているかは賛否両論あると思うのでなんともいえませんがどうなりそうかだけ知りたいのです。 やっぱり略式でしょうか? 弁護士は信用できません。示談(慰謝料)交渉もまだしてない。 私の処分はどうなるのかお答えいただきたいと思っています。 検察の判断によって罰金か起訴、起訴猶予がきまるとおもいます。 弁護士は早い釈放だから起訴猶予の可能性が高いといいます。自分なりに調べた結果は罰金になり前科者になった人も多いように感じます。 悔しくてなりません。私はどうなる可能性が高いですか? 誰か教えてください。お願いします。 わかる範囲だけでもお答えいただければと思います。

  • 痴漢にあいました

    一ヶ月ほど前から同じ人から何度も電車の中で痴漢をされ、先日、やっと警察の方に現行犯で逮捕していただきました。 下着の中に手を入れられ、肌を直接触られたのですが、強制わいせつ罪ではなく迷惑防止条例で逮捕されました。 犯人は痴漢で捕まるのは2度目で、10日間勾留されるそうです。 質問なのですが、 ・迷惑防止条例で逮捕された痴漢はすぐに釈放されてしまうと聞いていたのですが、10日間も勾留されるのには何か理由があるのでしょうか? ・勾留のあと犯人はどうなるのでしょうか? ・罰金刑になると警察の方が言っていたのですが、それはいつ決まるのでしょうか? 回答宜しくお願いいたします。

  • 誤認逮捕とわかった後の警察の対応は?

    <誤認逮捕>ひき逃げ、10カ月後釈放 容疑者は新たに逮捕 という記事を目にしました。 警察は誤認逮捕してしまった人に謝罪をしたとのことです。 そこで質問なのですが、誤認逮捕され、冤罪とわかり釈放された人に対して警察は何かしらの保障(?)のようなことをするのでしょうか?

  • 過去2度、都迷惑防止条例違反があります。イギリスに10ヶ月位の語学留学するためのビザは取得できますか。

    過去に2度、99年と06年の10月に都迷惑防止条例違反で略式裁判で罰金刑です。 イギリスに10ヶ月位の語学留学したいのですが、ビザは取得できるのでしょうか。どなたか、ご存知の方教えてください。 よろしくお願いします。

  • 「迷惑防止条例」とは

    宮崎県で女子高生と「握手」した男性が迷惑防止条例違反で逮捕されるというニュースをみました。 えっ、「握手」しただけと思ったのですが、その行為で逮捕とはちょっと理解出来ません。 「迷惑防止条例」とはどういったことで適応されるのでしょうか。 また、ニュースの詳細がわかる方いらしたら教えてください。

  • 先日、恥ずかしながら迷惑防止条例(盗撮)で逮捕されてしまいました…

    先日、恥ずかしながら迷惑防止条例(盗撮)で逮捕されてしまいました… 初犯で、略式裁判にて罰金刑となりました。 釈放されてから、被害者の方には辱め、不安を与え本当に申し訳ないことをしたと、心から反省の日々を過ごしています。 被害者の方には本当に申し訳ないのですが、こんな私にも応援してくれる人たちがおり、時間はかかるかもしれませんが、社会復帰して更生したところをみせたいと思うようになってきました。 迷惑防止条例などで逮捕され、社会復帰し、結婚まで至ったかたおられますでしょうか? その時の体験など聞かせていただけたら幸いです。 本当に、反省しています二度とこのような事はしないと心に誓って日々を過ごしています… どうぞよろしくおねがいします

  • 痴漢の被害者が、かなり大げさな供述をした場合。。。

    例えば、痴漢(迷惑防止条例として) 被害者、加害者の供述が合わず、二十日間の勾留期間が過ぎ、結局、検察は被害者の供述を参考に、起訴したとします。加害者はそこまでは、してないと言っても、被害者優先で仕方なく認める他無かったとします。(加害者は略式で罰金刑だが、まだ支払い期日まで時間がある) しかし、起訴後、被害者の供述に嘘の供述があると検察が気付いたり、加害者の供述を裏返すような新証拠が上がった場合… 1.起訴の取り消しは可能でしょうか?もしくは、起訴猶予になるのでしょうか? 2.二十日間の拘留後に、起訴猶予はありうりますか? 3.また被害者、加害者が検察、警察に呼び出されるとしたら、検察、警察のどちらでしょうか?そこから調書の取り直しなんでしょうか?

  • 刑事事件で逮捕、勾留で起訴猶予処分に不服な場合?

    例えば 刑事事件で警察により「逮捕」→「勾留裁判にて勾留決定」→「勾留7日目に釈放」 → (1) 処分は「起訴猶予」のような事案で「起訴猶予」に不服で「不起訴(嫌疑不十分)」の処分を 受けたい、という場合? (2) 処分は「不起訴(嫌疑不十分)」で処分を「不起訴(嫌疑なし、または、罪なし)を 受けたい、という場合? 上記(1)、(2)ともどういう方法があるのでしょうか? 普通は「起訴されないで釈放で良かった」という方が多数だと思うのですが・・・ 1. 「起訴」されて「第一審判決」が出て、それに不服ならば「控訴」が当然ありますけど。 日本は三審制ですので。 2. 「逮捕歴」がつきます、 「起訴猶予」、「不起訴(嫌疑不十分)」という履歴がつきます、 これは、一度逮捕されたら、もうアウト、消せない 最善の履歴でも「逮捕歴1」、「不起訴(罪なし)」ということでしょうか? 当然、最近、話題になっている「誤認逮捕」(8月3日の報道でも3件誤認逮捕がありました)は別としてです。 宜しくお願い致します。

  • 起訴前に依頼された弁護士は私選弁護士が必要な事件かどうか見極めて受任断ったりしないのですか??

    刑事事件で弁護士依頼しましたが、弁護士は事件の内容を聞いた時点で起訴前の弁護が特に必要もなさそう(罰金で終わりそう)な案件だとか自分でわからないのですか??分かったら受任すべきではないのでは??わかっていて受任しては着手金目当てと思われるのですが。 公務執行妨害→勾留10日間→略式起訴→罰金 となりました。 どうなるのか何も分からず弁護士を頼みました。実は執行猶予中(残り数か月)でした。 勾留8日目に被害者に謝罪文を送りたい、と言ったら「今は何もしなくていいよ、やらなくていい」と言う弁護士。 9日目には、「あと10日の勾留延長決定ね、それから起訴かどうかが決まったら2か月は出られないから」という弁護士。 しかしその日の夜に刑事から家族に電話で、「明日罰金で出られそうですからお金持ってきてください」と。 刑事はこの弁護士と一度も会ったことがないそうです(それは通常そうなのですか?) (1)受任の必要がないのに着手金目当てに引き受ける人いるんでしょうか? (2)この弁護士のしていることは普通のことですか??謝罪はしなくていい(起訴前だから?でもこちらはとにかく謝りたいと言っているのに)、罰金刑になって釈放されて数日して電話してきて「あのさ・・・示談(謝罪)の件どうする??」ですって。釈放されたし何も自分が動いて示談交渉しなくていいか、てことですか? (3)罰金→釈放のときに弁護士は居ないのは普通ですか?その後も釈放されたら事務員に電話しといて、ボク居ないから、と言っていただけ。 (4)契約書には刑事事件弁護;起訴前、一審、とあり、執行猶予なら報酬30万、罰金なら報酬21万などど書かれていますが、結局略式で、罰金 これは成功報酬払う必要あるんでしょうか?彼の手柄とは思えません。 刑事も弁護士を頼んでしまってからですが、「要らないのに、」と言っていました。