-PR-
解決済み

病院で死ぬときは個室になりますか

  • 暇なときにでも
  • 質問No.9319994
  • 閲覧数180
  • ありがとう数4
  • 気になる数1
  • 回答数4
  • コメント数0

誰しも最後は治らない病気になり、病院に入院して亡くなることになると思います。そのとき最後は個室に移されるのでしょうか?
また人生の最後を迎える病院を選ぶにあたって、なにか気を付けたほうがよいポイントや注意があるでしょうか?
通報する
  • 回答数4
  • 気になる1
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.3
レベル13

ベストアンサー率 35% (450/1273)

 昔と違って今の病院とは病気だから入院するのではなく治療があるから入院するのですから治療方法がなくなると死ぬ間際でも退院させられます。私も母が肺がん第四ステージであと半年という時期に治療が終わったら退院してもらいますと言われたときは無知でしたからびっくりしました。また昔の看護婦は家政婦同然に患者の世話をしましたが現在は治療の補助をするので食事が摂れない患者の世話は家族がしなければなりません。ある県庁所在地の公立大病院はヘルパーや家政婦などプロが入って世話をすることも禁止だそうで家族が毎日通わなければ治療はできても生活できず死んでしまいます。母が骨癌に転移して背骨が動かない時に看護婦は「xitianさん、のどに詰まりますから起き上がって食事してください」と言うだけです。無知だった私は最初の頃夕食後に毎日病院に通っていましたが医師から上記の事情を教えられ「xitianさんはどうするのかと思っていました」と言われたときはホントにびっくりして毎食通うようになりました。特に公立病院、大病院は最新の治療を大勢に施すことが目的なので入院とは治療以外の何ものでもない。また入院中は介護保険のサービスが受けられないので治療は保険適用でも自宅で受けられた介護サービスは受けられません。ついでに言うと個室は危篤の人が入るのではなく差額ベッド代を払った人が入るのですが、普通は空くのを待たされたり、もっと多いのは相部屋が開かないのでしばらく個室で差額ベッド代を払いなさいと言われたりします。

 そこで最後の生活を営む場所は病院ではなく自分の家かホスピスかグループホームなどです。ホスピスはエイズか癌で本人に告知されており治療が無い人に限り入れます。生活の実態や費用は入院に近いですが治療が無くても入れてくれると言う点が違います。医師はいるので緩和治療はしてもらえます。個人病院に併設されているグループホームなどならば、介護保険を使って生活でき、病気になれば同じ建物内の病院で保険で治療できるという点で緊急事態でも文明人らしい最期を遂げることができると思います。
お礼コメント
noname#226128

ご回答くださいまして有難うございます。
病院→ホスピス、グループホームという流れですか。
参考になりました。
投稿日時 - 2017-04-21 10:04:52
-PR-
-PR-

その他の回答 (全3件)

  • 回答No.1
レベル13

ベストアンサー率 18% (194/1067)

勿論、家族や本人の希望そして病院の空きベッドの状況次第です。死期が迫った患者でも2人部屋、3人部屋で軽症の患者と同室と言う場合も普通にあると思います。私も親族が入院した時は同室の重症患者が亡くなりました。
お礼コメント
noname#226128

ご回答くださいまして有難うございます。
多死社会。もう少し「看取りの場」をよくしたいものですね。
投稿日時 - 2017-04-21 10:01:52
  • 回答No.2
レベル11

ベストアンサー率 13% (53/393)

後始末する人のために貯金を残しておきましょう。口座凍結されてしまうので、あらかじめカードと番号を教えておきましょう。
お礼コメント
noname#226128

ご回答くださいまして有難うございます。
口座凍結もあるんですね。
投稿日時 - 2017-04-21 10:05:49
  • 回答No.4
レベル12

ベストアンサー率 26% (184/704)

現在、病院で亡くなる方は約8割で、
2030年には6割弱に減少するで
あろうと言われています。
病院は増えないからです。
私の経験の場合、個室が多かったです。

ホスピスは癌が対象でベッド数も
少なく入るのは難しそうです。
末期癌の方の多くは一般病棟で亡く
なっています。

要介護の方の3割が施設、7割が
自宅にいます。
施設の代表は「特別養護老人ホーム」、
「介護付き有料老人ホーム」です。
前者は待たされます。
後者は月25万円位からになります。
最近「施設看取り」が行われ始めました。

在宅の場合、「在宅医」と言われる
医師に看取られる場合があります。
ただし「緩和ケア」出来る医師は
限られるようです。
特に「非がん疾患」の緩和ケアは十分
ではないようです。

死亡原因の9割が病死です。
が人生の最後は病院とは限らないと
思います。
終の棲家問題ですね。

癌で言えば理想は「ホスピス」でしょう。
または「かあさんの家」のようなところ。
そして「在宅ホスピス」ですが、
こちらは緩和ケアで述べたように
十分ではないと思います。

非がん疾患(心失患、肺炎、脳卒中等)の
緩和ケアの普及が望まれます。
お礼コメント
noname#226128

ご回答くださいまして有難うございます。
非正規労働者や離婚して年金が少ない人はどうするんでしょうか。
政府が税金で手当てするしか。
投稿日時 - 2017-04-21 12:17:37
このQ&Aのテーマ
このQ&Aで解決しましたか?
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


専門家があなたの悩みに回答!

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ