• 締切済み
  • すぐに回答を!

交通事故の示談金について

示談金としては、通院慰謝料も含まれるとありました また、弁護士保証基準(赤/青本)or任意保険基準or自賠責基準 の3つの基準のいずれかで慰謝料が決定するとも書かれてありました そこで 私の場合は、過失割合は判例から私1:加害者9 入院はなく比較的軽症であるが、ケガの部位が多い 整形外科を2ヶ月通院後は整骨院で施術してもらい 整骨院の施術師のみたて通り、通院期間は4ヶ月で考えています 4ヶ月として慰謝料の基準額を観ると、こちらは首都圏ではないので 弁護士基準は青本になり、67万円 自賠責では通院期間<実通院日数×2なので、121日×4200円=508,200円 任意保険基準では一例ではありますが、478,000円となっています 自賠責>任意保険なのですが、加害者は任意保険にも加入されており 私は、任意保険基準で慰謝料が支払われるのでしょうか? 自賠責を優先して自賠責基準で支払われるのでしょうか? (通院やその他の諸費用は、上限120万円の半分も費やされていないと思います) また 間接的ではありますが、事故をきっかけとした会社への報告で、それが元で再雇用されず失職しました 提出した眼科の診断書が原因だったのですが、今回の事故がなければそのような診断書は出さず、そのまま継続雇用されていた可能性が高かったのです 示談金=通院慰謝料ではないとどこかに書いてありましたが 自賠責保険金額よりも任意保険でいくらか上乗せして示談金として提示 してもらうこともあり得る?そのように持って行くべき? なぜ、自賠責保険適用のほうが多いのかが不思議です 最低でも自賠責保険金額は受け取りたいですが、前述のようなダメージも有り さらに上乗せした額を期待したいのですが、実情はどうなんでしょうか? ちなみに加害者加入の任意保険は、JA共済です 弁護士に頼むほどの大けがでもなく後遺障害もありません (頼めば100万円以上違ってくるという話もあるが、そこまでの事故ではない) それに、弁護士費用(共済で弁護士特約加入かどうかは未確認)や時間を掛けたくありませんので

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数352
  • ありがとう数5

みんなの回答

  • 回答No.3
noname#231223

死亡しておらず、後遺障害がないケガの場合、自賠責は上限120万円までしか出ません。 それを超えてしまうのに、自賠責基準で払えというのは無茶でしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

自賠責では休業補償や医療費など全て含めて120万円まで、通院治療6ヶ月までです よって、自賠責の範囲内では、上限まで 不足する分が任意保険でということになるのではないかと考えております 120万円を超えて支払いが行われないことくらい、解ってまんがな

関連するQ&A

  • 交通事故(10:0)示談について

    先日おかまを掘られました。 物損扱いで現状進んでいます。 物損については、大方納得済みで、車の修理が終わったら、示談かなと思っています。 残るは人身の方ですが、この仕組みが良くわかりません。 現在、加害者側の任意保険屋さんとやりとりしているのですが、 自賠責保険(慰謝料等)の請求は任意保険屋さんにするものでしょうか? 宜しくお願いします。

  • 交通事故による示談金について

    よろしくお願いいたします。 昨年12月に事故に遭い、症状固定で示談ということになりました。 相手の保険会社から示談書なるものが送られてきました。 症状があまり良くなかった3月くらいから、いい加減に示談にして欲しいと言われ続け、大変苦痛だったので、 やっと終われるかと思うと自分でもホッとしているところです。 しかし、示談書を友人に見せたところ、慰謝料が普通より少ないのでは?と言われました。 相場がよくわからないので、教えてください。 車の後部からの追突で10:0で当方0 通院日数  130日 総治療日数 201日 治療費  639,482円 通院費   7,440円 慰謝料  684,100円(任意保険の基準で計算していますとのこと) 計    1,403,985円 こちらでの示談は適正なのでしょうか? 任意保険の基準というのがよくわからないのですが、これは保険会社によって異なるものでしょうか? あまりにも保険会社の方が不親切で、言葉使いも悪く、治療に通っていることも私がいかにも嘘をついているかのように言われ、 大変苦痛だったのですが、こんなものなのでしょうか? 是非ご意見おきかせください。 よろしくお願いいたします。

  • 交通事故での慰謝料について

    交通事故での慰謝料について教えてください。 交通事故で被害に遭い、治療期間が10日でその間5回の通院をしたとすると4200円X10で42000円が自賠責基準の傷害慰謝料になりますよね。 加害者側の保険会社と交渉し特別な斟酌事由を認めてもらい、50000円で示談をしたとします。 治療費等の総額が120万円を超えないものと仮定すると、この場合自賠責基準との差額8000円は自賠責保険から支払われるのでしょうか、それとも任意保険から支払われるのでしょうか。 ご存知の方、お願いします。

  • 回答No.2
noname#227928

接骨院に通う場合は、1ヶ月に1回医者の診断を受けなければなりません、御注意を 慰謝料おりないかも、分かりませんよ

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご返答ありがとうございます その辺は私も承知しておりまして、ちゃんと保険会社の人身事故担当に 確認をして、整形外科は終了とし、対症療法として整骨院に継続して 通院すること、その間も終了まで支払い対象となること 確認しております JA共済はその辺は比較的ゆるいそうです 保険会社によっては(たぶん大抵だと思います) 整骨院に通院しても月に一回は整形外科に受診しなければ 医学的根拠がないままとなるので支払い多少とならない 場合もあること、解っておりました いま不安に思っているのは、自賠責保険で計算した金額以上は 受給できるよね?ということです 整骨院は事故対応の経験も豊富なところで有り、その先生にも聞いています さっき聞いたのですが、4ヶ月まで程度なら医療費を差し引いても120万円の範囲内で収まり、自賠責での慰謝料の金額は出ると言っておられました ただし 前の回答して頂いたとおり、通常の保険診療での10割とは異なり その2~3倍の金額が保険会社に請求されることは間違いないようです 一回5000円程度(保険10割では1500円程度)の請求をしているらしいです 7000円とみても、60回で42万円で、その他、休業補償や交通費、整形外科の通院6回分などを考慮しても 70万円までは到底行かないようですし、行ったとして自賠責で支払えないことになれば、そこは任意保険加入の強みで、任意でリカバリーしてくれます これも保険会社によって対応は異なるようですが 実際、交通費で通院は自賠責ですが通勤では給付されません しかし事情を考慮頂き、任意保険で通勤の交通費も出ました

  • 回答No.1

私も、交通事故で被害にあって裁判で争ったことがあります。 私の場合弁護士が親切な方だったので、弁護士としての考え方、裁判官としての考え方、相手側保険会社の考え方など、色々と詳しく教えていただきながら、裁判を進めて行ったものです。 まず、金の亡者になっても無理ということです。 交通事故の損害賠償基準には、 自賠責保険基準 任意保険会社基準 地方裁判所基準 弁護士基準 とあります。 なんで別れて居るのかを理解しないと意味がありません。 それがわかってないと金の亡者になり、一番高い基準じゃなきゃ嫌だ!となるわけです。 なんで地方裁判所基準より弁護士基準の方が高いのか? あなたが弁護士基準の方が高いからそれをと行って居るわけですが、 裁判所は、原告が請求した額を超えての支払い命令は出しません。 なので、裁判所が命令すると思われる額より、若干高い金額を裁判所には訴えることになります。これが弁護士基準です。 つまり、弁護士基準は裁判を起こせば、まず認められない基準になるわけです。 つまり、加害者側の保険会社はバカではありませんので、そのことも当たり前の話で知っています。 ですので、単純に弁護士基準で請求したところで、そんなものは認められません。それで要求するのなら裁判を起こしてください。となるだけになります。 保険会社としては、弁護士は年間契約で契約していますので、使っても使わなくても大した金額の差はありません。 なので、裁判などは気にしませんし、何より保険の担当者は弁護士に任せた時点で自分の担当からはなれますので、その方が嬉しいのです。 これは、請求金額などを考える上で、一番基本的になる部分ですので、相手と戦う上で最低限知っていなければ勝ち目すらなくなるものになります。 また、かかる費用がの考え方の甘さもあります。 >通院やその他の諸費用は、上限120万円の半分も費やされていないと思います これは高いんですよ。 健康保険適用していないでしょう? 投薬なしで1回1万円から、1.5万円程度かかって居るんですよ。 整骨院は親切ですよね。自賠責保険が払ってくれる範囲まではです。 治療費や施術費というのは、健康保険が決めて居る点数というのがあります。 でも、これは健康保険を使った時であり、健康保険を使わないときには適用されません。 簡単に説明して、健康保険を使って1回に3000円かかったとします。 3割負担ですので、病院は、7000円を健康保険組合に請求して、治療費は合計で1万円となります。 ただ、これは健康保険の計算の仕方です。 健康保険を使わないときは、病院や整骨院などは、健康保険点数の2~3倍の請求を行います。(2~2.5倍程度が多いですが、中には3倍を超えるような請求をするところもあります。) これで考えて見てください。1通院で、2万円から3万円かかって居ることになります。 通院回数出かけて見てください。 そのぶんがすでに自賠責保険の枠からなくなって居る状態になります。 一般的に整骨院で3ヶ月以上通院となると、それ以降、整骨院はもう来なくていいよ。となります。 なんでか? 自賠責の枠がなくなって居るのがわかって居るからです。 なので、3ヶ月程度は親切なのですが、それを超えると保険会社も、施術の必要があるのか?と言い始めますので、もう来なくても変わらんから、来なくていいよ。となるんです。 また、整骨院では、診断書が発行できません。 この意味はお分かりになりますか? 裁判などでその治療の必要性が争われた際、その根拠は、診断書です。 整骨院はほとんどが医師免許を持った人ではありませんので、診断書をかけないのです。 なので、治療根拠を示すことができなくなるのです。 整形外科などの病院に通うのをやめていたら、最近通院もしていないのに、治療中なんて書けないでしょう?になるわけです。 >頼めば100万円以上違ってくるという話もあるが、そこまでの事故ではない それは、後遺障害に対する評価の違いでのものであって、通院慰謝料程度でそんな金額は変わりません。 後遺障害の認定が下りるというのは、体に治らない障害が残り、それが原因で、一般の人よりの仕事ができる幅が減ってしまう。 その幅が減ってしまうことに対しての、損害を賠償として受けるという内容ですので、後遺障害の認定がない人で、100万以上変わっていくることはまずありません。 そもそも、後遺障害の認定でも12級程度以上のものが残っていないと、弁護士に払う着手金で赤字になります。 (弁護士費用は交通事故の裁判では加害者へ請求可能ですが、それは裁判所が認める成功報酬に関わる部分であって、着手金の部分は裁判所は認めません。) 本当に実利で欲しかった場合は、治療費などを健康保険適用でやってもらうべきだったんですよね。 上に書いた通り、治療費がそれだけで、半分から1/3に圧縮できたからです。 病院や整骨院などで、交通事故であっても健康保険は使用ができます。 これは事実なのですが、上に書いた通り儲からないので嫌がって居るわけです。 私立の病院であれば、強く拒否をされますし、整骨院であれば、そんな患者は要らんから帰えれ!と追い返されることになるかもしれません。 つまり、そういう病院や、整骨院などの多くでは、患者の治療より金儲けが基本と考えて居るということなんですよ。 そういうのもトータルで考えると、最終的に得をしたりするわけです。 (すでにかかった分の治療費を健康保険適用にしてくれと言ってやってくれるところはまずありません。) 残念なのですが、自賠責保険は、範囲内であれば、支払い基準は良いのですが、あなたの場合、治療日数から考えて、まず枠を超えて居る状態と考えられます。 ですので、自賠責保険基準での慰謝料などの支払いは見込むことはできないと思われます。 交渉で大きく変わるようなレベルではありません。 半年くらいかけて、そのうち何日も交通費などもかけて紛争処理センターで争うという方法もありますが、これでもらえるのも、地裁基準程度です。 任意保険などの差額と比べてどうなるのか? 考えられて見てくださいね。 あと、一つ、大事な部分です。 過失割合です。 自賠責保険の範囲内で終わった場合には、過失割合は計算に入れられませんが、超えた場合、全てに対して過失割合が適用されます。 例えば、150万円がトータルでかかった(治療費、慰謝料、休業損害など)場合、120万円を超えた30万円に対して1割の減額ではなく、150万円に対して1割の減額となりますので、15万円が減額されることになります。 治療費も同じです。こういうことからも、健康保険で圧縮を図るという必要が本来はあったのですけどね。 治療を受ければ治療日数に加算されるからと、せっせと通っていた。 1回2万円自由診療でかかっててもどうせ相手が払うんだから、気にしない♪ と思っていても、実際に最後の計算時には1回2000円が自己負担! 通院慰謝料が4200円ですが、これも420円マイナス。 つまり1日あたりのもらえるお金が実質的に4200円もらえると思っていても、治療費の過失割合自己負担分と、慰謝料の過失割合を削ると、1780円にしかならなかった。なんて話にもなるわけです。 結構この手で、取らぬ狸の皮算用をして、最後の金額を聞いて予想より大きく下がっていて、がっかりを通り越して喧嘩腰になられる方もいるので、ご注意されてくださいね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

詳しく説明頂き、ありがとうございました 診療費が診療報酬点数表を適用しないというのは初めて聞きました 過失割合も、5だったか7だったか、いずれにしても1であれば 減額はありませんと説明を受けています べつにたいしたケガではなく、最初は20万円で個人直接示談でもいいよと言っていたほどなので 任意保険基準での48万円でも別にいいと思っています 4ヶ月間、整骨院に無料で通わせてもらっていますので それだけでも4~5万円はあります(保険診療の場合) 診断書の件はもちろん承知しています 裁判などしないことが前提だったので、整骨院に切り替えました 示談金=慰謝料ではないと聞いたのですが、通院慰謝料以外に別途もらえるのかなと思ったのですが、あまり期待しないようにします

関連するQ&A

  • 交通事故 示談金について

    H20、4月に車とバイク(私)事故に遭いました。当方5、加害者95です。左鎖骨粉砕骨折です。 加害者は自賠責に加入していませんでした。任意保険だけ加入していたようです。 加害者は、自腹で治療費を払っていました。 現在は、任意保険会社が治療費を払っています。 随分、時間がたちましたが、いまだに腕が半分しか上がらなく、痛み、痺れも有ります。 症状固定し、後遺症認定された場合、どの位の日数で当方の口座に振り込まれるものなんですか? 又、弁護士にお願いした場合は、入金されるまで何日位かかるものなんですか? 宜しくお願い致します。

  • 示談金を支払うのは?

    こんにちは。 色々調べたつもりなのですが、どうも良く分からないので、初歩的な質問で恐縮ですが教えてください。 自転車で走行中に前方不注意の車に追突され打撲(病院で診断書を受け取りました)となりました。 先方が任意で契約している保険屋さんから連絡が来て、示談交渉が始まったのですが… 慰謝料は、通院した日数に自賠責で定められている金額をかけたもの というのは理解したんですが、示談金(加害者さんが人身事故にはしたくないので物損にして欲しいと申し出があった)は、誰が支払うことになるのでしょう? 示談金というのは、加害者と被害者が双方で相談して納得のいく落としどころの金額 ということだと思うのですが、その際、決定した金額は、保険会社が支払うもの なのか 加害者が支払うものなのか が 良くわかりません。 ここのところを、教えて頂きたく思います。 よろしくお願いいたします。

  • 交通事故の示談交渉において

    教えてください。 自分は交通事故にあったものですが、怪我の治療も済み、保険屋との示談交渉に入るのですが、 保険屋は任意基準で出すといったのですが、自賠責も任意保険もあまりかわらないということで、自分はそんな最低基準にとらわれたくはなく、弁護士基準によりたいんですけど、個人での示談交渉で弁護士基準で請求するのはどうなんでしょうか? 保険屋さんは認めないのでしょうか。 自賠責も任意保険基準も法的拘束力はないはずです。 自分は1:9の割合で、被害者になり、首の捻挫で通院一ヶ月と半月しましたが、自分は60万請求するつもりですが、可能性はありますか。 無理でも、この金額に近い慰謝料を払ってもらうにはどんな持ってきかたが最善でしょうか。 教えてください。お願いします。

  • 交通事故

    相手(加害者)が自賠責保険と任意保険が同じ会社Aに入っています。 1.頚椎捻挫で2ヶ月通院していますが、2ヶ月で治療を完了して欲しかったみたいで、3ヶ月目も治療を要すると医者から診察された状況ですが、3ヶ月目は保険会社が払うかどうか分からないと保険会社が言いました。2ヶ月目まで払うが3ヶ月目は払わないとか保険会社が自由に決めれるのですか? 2.自賠責保険120万円以内は最終的にどこがお金のでどこなのでしょうか?A会社は120万のうち少しでも多くお金が出ると懐が痛むのでしょうか?3ヶ月目の治療費は被害者の自腹になる事も有りますか?どうしてそこまで治療を打ち切らせたいのでしょうか? 3.2ヶ月通った整形外科では、理学療法のホットパックをするだけなので他の病院の先生にも診てもらいたいのが本音なのですが、転医したいことを保険会社に言ったら、駄目とも言わず、良いとも言わず8月の下旬ごろ判断させてくれと言われました。それまでの3週間、今の医者に行くべきか他の医者に行くべきか困っています。 2件目の病院の治療費は自分で毎回払っておいて、あとから相手の保険会社Aに領収書を出せばお金は戻ってきますか?また2件目の通院回数は休業損害や慰謝料の算定の日数になりますか? 4.1件目の医者には私に限らず他の患者にも治癒の診断書は書かないで、症状固定の診断書を書く主義?のような事を言ってました。症状固定にすると医者・被害者・保険会社・加害者の4者のそれぞれのメリットデメリットを教えてください。 5.相手の任意保険には弁護士特約がある様ですが、弁護士特約の弁護士報酬はどういう仕組みになっているのでしょうか?つまり示談金を安くすると弁護士は多くお金がもらえるのか、示談金に関係なく一律 いくらとなっているのか、裁判にした方が弁護士は多く報酬がもらえるのか等詳しく教えてください。

  • 交通事故の示談金について

    交通事故の示談金についての質問です。(私は被害者です) 加害者から謝罪がないことで、慰謝料の増額はできますか? もしできるのであれば、相場を教えてほしいです。 1月に事故にあい、7月に治療が終了しました。 事故当日に謝罪をしただけで、治療の6ヶ月間、加害者から謝罪の電話が一切ありませんでした。 よろしくお願いします。

  • 交通事故の示談金

    先日、似た内容で慰謝料等のことで質問して納得、理解できましたが 示談金はどういったものなのか気になったのでどなたかご教授願います 事故内容 片側1車線で交差点に右折レーンが設けてある道路で 2輪車で右折しようとレーンにはいていたら、左折車をよけようと 止まっていた車が出てきて跳ね飛ばされ転倒 私が相手の車の運転席の横に着たくらいで動いてきてフロントフェンダー部分 に接触、警察呼んで事故処理してもらい、ケガもたいしたこと無いので 物損扱いにしてあります。 相手の方も過失を認め、バイクに対する割合は10:0 尚且つ、自賠責で休業補償、治療費、慰謝料は支払われるようです。 加害者業務中と言うこともあり、事故の次の日に上司の方と菓子折り持って 挨拶に来ただけで、それから約3週間音沙汰なし 現在週2・3で通院をしており相手も知っているのに 「そのごどうですか?」などの気遣いもなく不愉快になってきています。 気遣い等あれば、バイクの修理と自賠責の支払いだけで、示談を終わらせようと思っていたのですが 態度が許せず、加害者に示談金(お見舞金)などを請求しようと思うのですが できるのでしょうか?あくまでも物損事故です。 請求できる場合、いくら位が相場なのでしょうか? 請求する理由として 妻子もちで、心配している 趣味であるバイクに2ヶ月ほど乗れない 保険屋・加害者とも連絡してこない、遅い おまえ馬鹿か?と思われるかもしれませんが、上記内容で経験したことがある方 実際支払ったなどある方よろしくお願いします。

  • 交通事故慰謝料基準について

    交通事故の慰謝料の基準について 御存知の方、いらっしゃいましたらアドバイス頂ければありがたいです。 慰謝料の基準において ・自賠責保険 ・任意保険 ・裁判所 と三種類の基準がありますが、この慰謝料の適用基準は あるのでしょうか。 それとも加害者・被害者が自由に主張して納得のいく基準を 決めていく物なのでしょうか。 また任意保険基準の金額は各保険会社に依存するのでしょうか。 御存知の方いらっしゃいましたらアドバイス宜しくお願いいたします。

  • 交通事故の示談金について教えて下さい

    相手が信号無視(過失:自分0.加害者100)で8月に事故にあいました。医者の診断が6カ月となっており相手の保険会社もそれまで連絡を しないつもりで一切来ていません。 現在鞭打ちと鞭打ちからの手の痛みにて整形外科に通院中です。 最終通院は、90日程度になる予定です。 みなさんの回答を見ていると示談金は、医療費(保険屋から医者に払うもの)慰謝料(今回自分は、62.4万円かな)休業補償(自分失業中の為ゼロ)で貰えるのが62.4万円だけの様がしますが前回5年前事故にあった時の示談金は、通院1日で1万円だったような気がします。(内訳がわかりませんが)前回も過失ゼロでした。 今回貰えるお金は、62.4万円だけでしょうか?

  • 交通事故の示談が長引いて困っています。

    事故にあったのは平成19年3月で、過失割合は相手10:私0です。 相手方の任意保険会社が弁護士対応になったため、私も弁護士に委任しました。 平成20年10月に症状固定となったのですが、半年以上たっても相手方弁護士からは示談金の提示も何の連絡もないままでした。 私が委任した弁護士も痺れを切らし、こちらから慰謝料の計算書を作成して、相手方弁護士に送ったのですが、それに対しても何の返事もないそうです。 このような場合、どうしたらいいでしょうか。 私側の弁護士は、もう少し様子を見ましょうと言いますが、何らかの理由があって返事が遅れているのなら、その旨を知らせて欲しいのです。 どちら側も弁護士が代理人になっているため、私が保険会社や相手方弁護士に聞くわけにもいかず、困っています。 加害者側の弁護士は、時効になるのをまっているのでしょうか。

  • 交通事故の慰謝料についての疑問

    いつも参考にさせていただいています。 交通事故の慰謝料について教えてください。 私は被害者で、症状固定を終えて示談交渉に入っています。 相手は任意保険に加入されており、自賠責も任意保険会社に一括請求する形になっています。 病院へは14ヶ月程通院しました。入院はしていません。(毎月15日以上は通っています) そこで質問なのですが、例えば治療費や休業損害や物損など慰謝料以外の損害が80万円だったとして、 自賠責の支払限度が120万円なので、慰謝料が40万円と考えています。 さらに現在は廃止されていますが、平成9年度以前の任意保険基準を参考に、任意保険での慰謝料が仮に90万円程度だとすると 40+90=130 ということで130万円程度の慰謝料と考えていたのですが、これは間違いでしょうか? 任意保険基準や、書籍等でよく見る日弁連基準(地裁基準?)に書かれている金額は自賠責の慰謝料を含んだ額なのでしょうか? 今回示談をするにあたり、保険会社が呈示してきた額は70万円程度です。 自賠責と、それに足りない分を任意保険が支払うという考えに基づくと少なすぎると思います。 もちろん慰謝料はケースバイケースであり、幅が広いとは認識していますが、納得できません。 詳しい方、経験された方、お知恵をお借りできますでしょうか。