• ベストアンサー
  • 困ってます

トランプ大統領は馬鹿なのでしょうか?

それとも、バカのふりをしているしたたか者だと思いますか? 移民受け入れ拒否によって、批判されていますが、万一アメリカ国内でテロが起こった場合、トランプに有利に働きます。イスラエルのアメリカ大使館をエルサレムに置けば中東戦争が再燃、原油価格が上昇すれば、シェールオイルで産油国になったアメリカやロシアは経済的に有利になります。圧倒的な軍事力と資源に恵まれたアメリカは強国として復活し、トランプの名は永遠に歴史に刻まれることでしょう。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数7
  • 閲覧数321
  • ありがとう数7

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3

ビジネスマンというイメージより、三度の破産など、博打うち的なイメージがあります。 天性の厚顔に加えて、駆引きだけで成功してきた印象がありますね。 独自の読みを孕んだハッタリ外交は、まさに諸刃の剣。 政治手法としては、どうなのでしょうか? とくに、アメリカには都合がよくても、イスラエル、中東に手を突っ込むことによる悪影響の方が懸念されますね。 よって、トランプはアメリカさえ良ければ、世界など、どうなったって構わない。 地球温暖化という現実にしても、科学者連中の言う戯言扱いですから、まあ、それなりの実力は備えているとは思いますが、大局的にものを見ることが出来ずに、一方的な打算だけの人間ですから、やはり、馬鹿の部類に入るのでしょうね。 世界という視点が欠落している以上、アメリカの大統領としては、どうなのでしょうか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

彼のバッグに核ミサイルのボタンがあることに、底知れぬ恐怖を感じます。

関連するQ&A

  • 燃油サーチャージ、産油国の航空会社になぜ?

    ふと思い当たり、気になって気になってしょうがありません。 原油価格の高騰が航空運賃の「燃油サーチャージ(燃油特別付加運賃)」制度の導入となったと聞いています。 けれど、産油国にとっては、原油価格の上昇はおいしい話のはず。となると、中東など産油国の航空会社にとっては、そんな制度を導入する必要がない。いやむしろ原油高の利益を還元すべく「燃油特別還元運賃」キャンペーンを張ってもおかしくない、のではないでしょうか? 該当する航空会社のサイトをいくつか見ても、しっかりサーチャージつきの運賃が表示され、なんだかなあ、と思います。 どなたか納得させてください。

  • 石油の高騰で誰が暴利を得ているの

    原油価格が昨年の1月に比べて約3倍になりましたが、USドルの下落を割り引いても原油価格は異常だと思います。いったい誰が暴利をむさぼっているのでしょうか。原油の採掘コストは不変だとすると、利益を得ているのは、産油国?石油メジャー?投機筋、教えて下さい

  • 原油価格は下がる筈なのに、ガソリン代がなぜ上がる?

    エコノミストによりますと、この湾岸戦争で原油価格が下がるとあります。 少しでも多くの外貨を稼ぎたいために石油を多く輸出したい産油国々なのですが、OPEC石油輸出国機構の決まりにより輸出量が制限されています。しかし、今回のイラク戦争で周りの産油国は増産体制に入ったとあります。つまり、イラクの産油量ぐらいは簡単に増産出来るとのことです。イラクの儲けをイラクを除く産油国で儲け合おうと言う訳です。また、イラクは先般の湾岸戦争で厳しい経済制裁を受けているため産油という意味でも「石油消費国」からは期待されていないというのが実情であるとのことです。以上のことから、原油価格は下がるのですが、なぜか巷(ちまた)ではガソリン代が上昇するとのことです。どこで、誰が儲けているのでしょうか?

その他の回答 (6)

  • 回答No.7

バカじゃないけど賢いとは思えません。 ただ、独特の勘があって、メディアを攻撃して反トランプの記事一色にして、結果としてメディアはトランプがいないと商売にならない状況に落ち込み、メディアを見る人の中のトランプのマインドシェアを無茶苦茶高めることに成功しました。 プロレスです。悪役(ヒール)の方が人気があり、興行上の要です。伝統あるアメリカの主要メディアはスポーツ新聞の裏面のように、このヒールがどれだけ極悪で強いか書き続けています。自由、平等、人道を語る人たちは、良い子の皆さんのための善玉レスラーにされてしまいました。 トランプがやろうとしていることの一つ一つは客観的に考えればアメリカの民主主義の中でもあり得る方向性ばかり。しかしやり方は明らかにこれまでのルールに違反し、極端で人々の嫌悪を煽ります。しかも俯瞰して考えると矛盾が多くいっぺんに全部は成り立たない。まともな人達からは政治の素人で、危険人物。大統領になってはならない人物です。でもこれまでのところ、メディア戦略的には信じられないくらいうまくやっています。 多分、報道機関はその危険性に気がついていると思いますが、かと言ってトランプの悪口を書くのをもうやめられません。そんなことしたら売上が激減します。 私はトランプの言うことなす事嫌悪感を覚えます。そもそも、日本人に取って良いところはひとつもない。またアメリカの良識と移民が築き上げた自由な精神の破壊者で、アメリカが世界に嫌われる傲慢さの代表選手。ただ、トランプよりも先にヨーロッパのポピュリズム、右傾化、排他主義の流れは始まっていたので、トランプはその流れを見て取ってうまくトレンドを利用しようとしているようにも見えます。 トランプの名が歴史上の失敗大統領として刻まれることをせつに望みます。同時にヨーロッパのポピュリズムがトランプを反面教師として収まってくれることと、日本がもう少し国際的に開けた社会になることを期待しています。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

私は失敗より、ソフトランディングを望みます。 お調子者に世界が握られていることが不安でなりません。

  • 回答No.6
noname#225917

あほ でしょう。 だって 日本でアメ車が売れない 日本のせいだ! 売ってないもの アメ車なんかかわないもの 娘のデザインした洋服を置かなくなったデパートを名指しで批判・・・知るかっ!  なんか話すにあたって ある程度の大人なら 調べるか 誰かに聞くかするでしょうに あほ が・・ 何ファーストかしらないけど アホとしか思えない

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

アホと分かって大統領にしたアメリカ人の良識を疑います。 同時にアホに媚びる日本の総理の情けないこと。

  • 回答No.5
  • mrst48
  • ベストアンサー率9% (303/3049)

政治の素人ですね。で、任期中に政治家となるかどうか・・・。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

政治の素人でも、博打の才能には長けている気がします。 世界がその危険なギャンブルに付き合わされるのは御免ですが。

  • 回答No.4
  • azuki-7
  • ベストアンサー率16% (1976/11756)

トランプはバカではありませんよ バカなフリをして正体を隠してるだけです ただ 周りの国は本当のバカだと思ってるようですがw うつけのフリをして敵を欺いた織田信長と一緒です

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

天下布武だか第六天魔王か知らないが、戦争だけは起こさないでもらいたい。

  • 回答No.2

馬鹿では無く、我ままだと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 ジジイのわがまま、最悪ですね・

  • 回答No.1
  • l4330
  • ベストアンサー率22% (4372/19584)

  今のところはバカに一票  

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ただの馬鹿で終わってくれればいいのですが。

関連するQ&A

  • シェールオイルの採掘コスト低下について

    最近WTI原油の価格が下落して久しいですが、これは産油国がシェールオイルつぶしを狙ったものだとうわさされています。それ以外にもロシアに打撃を与えるのでいろいろ都合のいい国があります。 それはそうと原油価格が下がってもシェールオイルは意外としぶとく生き残っているといわれ、その理由はシェールオイルの採掘コスト低下にあるといわれています。このあたりの中身はどういうことなのでしょうか? 1.まず技術革新で採掘コストが下がっているといわれています。最新の技術では採掘コストはどのくらいになるのでしょうか? 2.シェールオイルはすぐに枯渇するので新しい油井をどんどん掘っていくスタイルです。ということは既存の油井はすぐに枯れてなくなります。つまり採掘コストの低下は単にコストの高い油性を新規に掘るのをやめて平均コストが下がっただけで、おなじ油性を掘るコストは従前と同じだったりしないのでしょうか? 3.そもそももしも2.のとおりでコストの高い油井が減っているのならシェールオイルの産出量は減っていないのでしょうか?

  • アメリカ大使館の移転

    トランプ大統領はアメリカ大使館をエルサレムに移そうとしています。 もしそうなると中東戦争が勃発しそれの影響で石油高騰につながる恐れにならないでしょうか?そうなったら日本はどう対処するつもりでしょうか? 皆さんはどう思いますか?

  • イスラエルの石油調達方法

    イスラエルはどこから石油を調達しているのでしょうか。 アメリカを除くと、石油産油国はいずれもイスラエルに敵対している国々であるように思います。 一方、アメリカは自国で消費するので輸出は無理でしょう。 では、イスラエルはどこから石油を調達しているか、疑問です。 ご存知の方、ご教示ください。

  • アメリカは輸出するものがなくなってきたのでしょうか

    以前アメリカは自国内の原油を温存するために輸出を禁止していたそうですが、シェルオイルが出るようになってもほかの産油国の原油を使えば問題はないのではと思います。しかしこの頃この貴重な資源とされていたものを輸出するようになったのはほかに輸出できるものがなくなってきたということではないのでしょうか。

  • アメリカの産油量についてですが、アメリカは自国で何割位をまかなっていま

    アメリカの産油量についてですが、アメリカは自国で何割位をまかなっていますか?また原油を精製したりする分野(石油産業)は日本よりもかなり発展していますか?アメリカで石油に関わる産業といえば、どの都市が発展していますか? また、日本は原油の輸入国で、アメリカは産油国であるという点で、日本にはどういったデメリットがありますか? どなたか詳しい方いらっしゃいましたらご回答お願い致します。

  • イスラエルとパレスチナとエルサレムと米国トランプの

    イスラエルとパレスチナとエルサレムと米国トランプのやってることの騒ぎがよくわかりません。 公約通り米国のトランプがやっているエルサレムへの象徴的な大使館移転は、例えばパレスチナが日本として、イスラエルが中国として、北朝鮮の金正恩がトランプだとして、エルサレムが竹島だとすれば、北朝鮮が象徴的大使館を竹島に作るようなものですか? アメリカは何を目指しているのでしょうか?

  • サウジアラビアが仕掛けた原油安について

    100ドルを超えていた原油価格が2014年末で50ドル台まで下がっています。サウジアラビアが減産しない意思を表明したことによります。しかしこれは成功するのでしょうか? まずサウジアラビアは産油コストが安いから値段を下げて他の産油国をつぶそうということで、つまり中国のレアアース戦略と同じです。しかしそういった安い原油の埋蔵量はどれだけあるのでしょうか? 原油の可採年数は30年前に30年といわれ、それは減るどころか増えてきました。しかし新たに増えたのは海底や地中深くのものであり、サウジアラビアの安い在来型油田が増えたわけではないと思います。たとえサウジが原油を20ドルまで下げたとして、20ドルで掘れる原油はあっという間に底をつき、いずれ採掘費用に見合った価格まで上がるだけではないでしょうか? そもそもサウジの安い(地面から浅くにある)原油の埋蔵量はどれだけあるのでしょうか?

  • トランプはイランになぜ厳しい?

    オバマが主導したイランと主要6カ国の核合意をトランプは破棄するような発言をしています。もともとの合意時にも共和党からは、甘いとの批判が出ていたので、トランプが核合意に批判的なのは理解できますが、それにしてもトランプになってからの査察でも合意違反は見つからず、またアメリカ以外の国からの批判にも関わらず根拠の分からない独自制裁を決めそしてとうとう合意破棄を匂わせています。 なぜここまでの強硬策を取るのでしょう? イランは軍事的にはトランプが支援するイスラエルの仮想敵国だし、親米国のサウジアラビアの宿敵。また、原油安を解消して再びシェールオイルを立ち上げるためにイランに原油を輸出させたくないと言うこともあるかもしれません。ただ、IS後の中東でのパワーバランスと安定を考える時期に、サウジの動きはきな臭く、一方でイランがロシア、中国それに北朝鮮と関係強化するのは絶対に避けたいところのはず。また、サウジを始めとした4カ国のカタールの経済封鎖では、イラン、トルコのみがカタールを支援し、サウジと仲が良くイランと仲の悪いアメリカの仲介がうまく行きません。 こう言う状況ではいくらアメリカファーストで当初から主張してきたと言っても、今やイランとの関係を悪化させることはアメリカの国策にも中東でのパワーバランスの上でも割が合わないと思うのですがどうでしょう。 国際問題カテの皆さんは、トランプの狙うところをどう分析しますか?

  • 日経記事、中外時評より質問です。

    本日付の記事ですが、「急減速する産油国景気」 下の部分について解説願えないでしょうか? 以下引用 為替安定の思惑とは別に、財政上の要請もあるだろう。 A)ロシア財務省は9月の時点で、2009年の財政の前提となる原油価格を当初の1バレル95ドルから78ドルに引き下げたという。 B)だが、現在の原油価格はこれをはるかに下回る。 C)為替レートの低め誘導は、ルーブル建ての財政収入を多少でも膨らませ赤字幅を小さくする効果がある。 引用終わり。 ?わからないのは、ルーブル安を容認することで、どうしてロシア政府の財政に良い効果がもたらせるのか、また原油価格の引き下げが財政上どうかかわるのかというところです。 A→B→Cのつながりとも含めて解説お願いします。

  • 原油安でブログを書こうかと思うけど助言よろしく

    自分は特に経済の分野に詳しくないけど原油安の事をブログに書きたいかと思います。 こんな感じで書きました。 原油価格がリーマンショック時の安値に迫る勢いだ 原油の価格を見てください。 めちゃくちゃ安いですよこれは。 リーマンショック後の安値水準に迫る勢いだ。 ここ近年で高値の時は147ドルだと仮定します。 今の価格は40ドルと仮定します。 需要が約30%ぐらいになったからこれほどまでに下落したのでしょうか? 否です。 実は原油なども含めて金属くずなども含めて需要と相場は完璧には連動しておりません。 先物取引などの投資で価格が決められてるみたいなもんです。 今は原油が買いだと言えば原油価格が高くなるけど今は原油が売りだとなれば原油価格も安くなります。 それともう1つ。 原油の産出量の調整が可能なんです。 今は原油が安くなれば産出量を調整して抑え込めば相場の調整は可能です。 けど今は中東の国々とアメリカが潰しあいを行っております。 シェールガス革命で一時代を築いたアメリカを中東の国々が潰しに入ってます。 アメリカを潰すためだけに中東の国々はこれほどまでに原油安にも関わらず減産などの調整を拒絶しております。 ここまで来れば潰すか潰されるかの原油戦争ですよ。 これって合ってるのでしょうか? あるいは明らかに場違いな書き込みでしょうか? 助言よろしくお願いします