• 締切済み
  • 暇なときにでも

電子書籍及び本の作り方を知っている方教えて下さい

1.自分で本を作るキットを探しています。 自分で本を作って販売することを考えています。自費出版という方法もありますがお金がありません。出版社が出版している本と同じ程度の完成度の高い本を自分で作って、友人知人などに販売したいと思っています。素人でも作れる製本のキットをご存じの方教えて下さい。 2.自分で電子書籍を作って販売する方法をご存じの方教えて下さい。 電子書籍を販売している例えば「パブー」などに投稿するのではなく、自分で電子書籍を作って自分で販売したいです。よろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数6
  • 閲覧数393
  • ありがとう数0

みんなの回答

  • 回答No.6

アマゾンのKINDLEでつくれます。原稿はワードでつくっておきましょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 電子書籍について

    何故、本よりも売上が圧倒的に少ない電子書籍を出版社は販売するのですか? また、電子書籍を販売する事による制度のことや、電子書籍の問題点を出来るだけ詳しく教えて下さい。 よろしくお願いします。

  • 電子書籍になる本とならない本の違い

    本を買うときにその本が電子書籍になっているかいないか調べるのですが、新しい本でも電子書籍になる本とならない本があると思います。 電子書籍になるかならないかの違いは著者の意向の違いや出版社の意向の違いでしょうか? 電子書籍にした方が読んでくれる人も多くなりいいと思うのですが、いまだに電子書籍になる本とならない本に分かれているので気になりました。 電子書籍にするにはコストがそんなにかかるのでしょうか?

  • 大昔の本を電子書籍自費出版したいが

    先日古書店でとても古い本を見つけました。いわゆる受験参考書で内容がとても良いので電子書籍による自費出版できないだろうかと考えました。著者死後50年以上たっており著作権は切れていると思うのですが何か法律上の問題があるでしょうか。よろしくお願いします。

  • 回答No.5

追加で。 ご質問者さんがコストで失敗するのは難しいです。 自費出版は、取次や出版社の力で宣伝や流通をさせたいという欲がある人が騙されたり、こんなはずじゃなかったと揉めたりします。 流通も宣伝も販売も自分でして、しかも、ご質問者さんの手が届く範囲に売るってことでしょう? 本の価格の3分の2が要らなくなります。 しかも一番高い固定費の部分の、編集やデザイン、版の作成も自力でやるわけです。 印刷と製本に書店で並んでいる本の2倍どころかそれ以上かけることができます。 うまくいくかは、中身次第かと。 電子書籍を売るのは、Amazonの取り分が大きく手数料はかかりますが、Amazonがいいかと。ゼロ円だと無名でも読み手が付きますし、中身が評価されれば表示の上位に来ます。 これがプロと同じ扱いで出来るのですから。 紙の本を出すまでに鍛えてもらうのにいいかと。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.4

編集者です。 電子書籍はいろんな作り方がありますが、面倒がないのは一太郎では? イキナリEPUBのデータを作れます。 今の時代、本を自作するのが一番高いかも。 昔と違って、いまは、オンデマンド印刷、製本が発達しているので、一冊数百円をかけていいなら、PDFファイルで電子書籍を作ったあと、オンデマンド印刷、製本をやってくれる出版社に頼むといいですよ。 ただ、他のかたが回答しているように、上製本を作りたいなら、ぐっと高くなります。上製本は趣味で製本している人もいるので、やり方はネットで調べられるかと。 本屋で見かける単行本やコミックは、仮製本もいう本の作り方です。オンデマンドでの製本は、ホッチキスどめかこの仮製本です。 この綴じ方を無線綴じといいます。個人向けの製本機はきちんとしたものは数万円から売っています。でも、本を作るとき、製本工場では高圧をかけて紙を均すんですね。手だとこれが出来ません。ページとページがちょっと緩んだようになります。この状態の無線綴じの本は、ページがバラバラになりやすいです。 高校生の部誌などによく見かけません? サービスビューローなどで作ると油圧機がありませんから。 正しく上製本を作るためには、無線綴じのではなく、糸カガリ綴じにします。事典や手帳で見かけるやり方です。この場合、製本用の糸と針で手縫いができます。 糸カガリ綴じの場合、接着剤を使わないので、高圧を一気にかける必要がなく、ぬか漬けのようにおもりを乗せて数日放置すれば紙を均せます。 ここまでの説明の中で、無線綴じ機以外は100円ショップの大きなとこなら、置いてます。無線綴じ機は大きめの画材店や文具店で売っています。Amazonでも売ってますが、実物と使い方は直接説明を受けたほうがいいです。 念のために書いておくと、大きな出版社の場合、仮製本の本だと、 本屋に並んでいる本の値段の、 3分の1は、もらった原稿を校正したり、印刷用の版を作ったり、レイアウトやデザインをするのにかかかったお金です。本を作る費用です。 3分の1は、広告や宣伝にかかるお金です。 3分の1は、取次と書店の取り分です。 すでに版がある本だと、増刷するだけなので、数十円で作れます。 自費出版が高いのは、編集と校正、そして半を作る部分です。ここを全部自分でやるなら、印刷や製本は、プロに任せたほうが安いはずですよ。技術と使う機械に差がありますから。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3

>出版社が出版している本と同じ程度の完成度の高い本を自分で作って、友人知人などに販売したいと思っています。 比較的安いのはこのあたりでしょうか、 http://www.geocities.jp/bunakobo/tyuumon.html 上製本の作成を見れば、ハードカバー本の製本方法が書いてあります。 >2.自分で電子書籍を作って販売する方法をご存じの方教えて下さい。 電子書籍を販売している例えば「パブー」などに投稿するのではなく、自分で電子書籍を作って自分で販売したいです。よろしくお願いします。 PCで原稿作成してPDF、EPUB、.book、AZW/MOBI、Topaz、XMDFなどのフォーマットに変換すればいいだけです。 こちらご参考に http://ascii.jp/elem/000/000/543/543785/ 販売は、サイトを自作するか(そこそこの知識が必要です、また無料で利用できるweb用サイトは商用利用ができないことが多いです)、アマゾンのような電子書籍販売委託ができるサイトを利用する。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2

 書籍販売の会社で働いた経験があれば別ですが、事業を試みた経験も無いのに斜陽産業に参入して無謀な経営を試みるのは危険ですよ。  以前は優良企業だった中堅大手の出版社が、今はバタバタと倒産している時代です。本棚の蔵書を調べてみればわかりますが、半分以上の雑誌が休刊か、廃刊に追い込まれているはずですし、倒産した出版社も多いはずです。インターネットで調べられますから、確認してみてください。  出版不況:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%87%BA%E7%89%88%E4%B8%8D%E6%B3%81 1.自費出版ですが、数冊ぐらいの製本が出来る自動製本マシンがあり、ホッチキスで留めただけの週刊誌並みの本で良ければ、数万円程度の安価な出版費用で製本出来るそうです。接着剤で製本された書籍はまとまった数の製本が必要で、製本費用が高額(100万円以上)なので無理です。 2.電子書籍はイメージスキャナーでパソコンに読み込む「自炊」と呼ばれる方法で大量に作れますが、販売は出来ません。自炊は製造も販売も個人事業としては認可されていません。著作権団体が自己利益を守る法律ばかりを作ったのが原因です。  自費出版も電子書籍販売もインターネットでホームページやブログで公開すれば良いわけで、わざわざ赤字覚悟で出版物を作らなければならない理由がわかりません。プロバイダーによってはブログの内容を製本して送ってくれる有料サービスをしているところもありますから、そちらに相談してはいかがでしょうか。  疑うわけではないですが、世の中には色々な人がいます。インターネットに公開出来ない違法な写真集や過激な漫画雑誌を製本したいとか、そういう考えを持つ人が春先になると増える傾向があります。まさかとは思いますが、御注意ください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1

まずは、アマゾンなどの販売先を決めて登録するのと 電子書籍を製作するソフトが必要でしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 電子書籍はなぜ少ない&遅い

    表題の通りですが、一部の海外では紙媒体よりも電子媒体での販売の方が増えているといった記事も読んだことがあるのですが、なぜ日本では電子書籍の出版数も少なく、書籍化も遅いのでしょうか? 電子書籍が一般的になれば、中古本の市場もなくなり出版社は儲かる気がするのですが、印刷屋は厳しいと思いますが… 何が原因で電子書籍の伸びが悪いのか気になり質問致しております。 お暇な時にでもご回答ください。

  • こんな風にならないでしょうか? 電子書籍

    こんにちは。 こんな風にならないでしょうか? 自分で自分が所有する本を電子書籍にする使いやすい道具や機材(ソフトやスキャナ等)が普及し、 作業手順も考案され確立する。 電子書籍化したものは自分で楽しむほか、出版会社に売ることもできる。(その出版会社が現存している場合) 出版社はデータを査定し個人から買い取る。(希少本は高額となることもあるがコミック1冊ではお小遣い程度) 出版社は買い取ったデータをさらに処理して、再販(ネット通販)という形で販売する。 (データを売った個人への売り上げに応じたロイヤリティは無い) 出版社は、同じ書籍でもさらに良質の読み取りデータの売込みがあった場合、買い取ることもある。

  • 電子書籍の未来

    こんにちは。私は出版社に興味を持つ大学生です。 すごい気になるのですが、これから電子書籍は流行るでしょうか? 今は無理でも専用のハードが登場したり、出版社が本腰入れて流行らせようとしたりしたら、電子書籍で何十万部、なんて時代になるのでしょうか? それと電子書籍を読むことに特化したハードはいつ頃でるでしょう? そしてそれはどんなものなんでしょうね? 画面がタッチパネルだったり、有機ELを使ったり? しかしそれよりどんな形になるのか気になります。

  • 電子書籍について

    電子書籍で読みたい本を探しているんだけど、見つからないこと甚だしくまだ何も購入していない・・。今度Kindleが日本に上陸してくると聞きましたが、Kindleが上陸したら電子書籍の数も拡大すると思いますか? 読みたい本を自炊しようかとまで考えているのだけれど、なんだかいろいろ揃えないといけないものがあって金がかかりそうだし、元の本が裁断されて使えなくなるので嫌です。 Kindleを待つべきなのか、自炊するべきなのか・・迷っています。

  • 電子書籍について

    こんにちは。 今日、あるテレビで電子書籍が出てきていました。 見た目が電子辞書の様で、講義中にコッソリ読めちゃったりするかも・・・。 電車の中でも堂々と読める・・・。 いつも鞄の中に4冊の本が入っているのが解消される・・・。 と、とても魅力的に感じました。 疑問がいくつかあります。 「電子書籍」で検索すると、パソコン自体に落としてくるみたいな感じでした。 私が欲しいのは、電子辞書みたいなもので読めるやつなのですが、パソコンにダウンロードする形のものは、電子辞書みたいな形の物では読めないのでしょうか? ソフトを購入して読むものですか? 出版社によってハードは代わってきますか? 幾ら位のものですか。 以上の疑問の答えを教えてください。

  • 電子書籍はなぜそこまで浸透しないのでしょうか?

    読みたい本が電子書籍化されてないからでしょうか? 電子書籍にすれば 持ち歩く手間が省けメリットしかないと思うのですが。 カフェや電車にいる人を見ると紙媒体で本を読んでる人がまだまだ居ます。

  • 電子書籍ってどういうモチベーションで使うのですか?

    読書される方に質問です。 僕は、新しい本だけでなく、古本などもたくさん購入し読んでいます。 もちろん、紙の書籍は電子書籍にはかないませんし、本の装丁など文字以外でも楽しめるところがたくさんあります。 しかし、最近では楽天やAmazonなどが電子ブックリーダーを発売するようになり、電子書籍もかなり充実しています。 たしかに書籍は部屋に溜まる一方で、置き場にもこまります。中には「ちょっと読んでみたい」程度の本もあり、そういう思い入れの少ない書籍は、ブックリーダーでも十分だなと感じています。 しかし、、、、電子書籍ってたしかに新品の紙の書籍よりも安いけど、半額になるくらい安いわけではありません。たとえば三谷幸喜の「清須会議」は紙の書籍で1,420円ですが電子書籍だと1,120円です。 それほど安くはありません。 値段を安くしたいとなると、少し待って古本屋にいけば800円くらいで買えると思います。 つまり、、エコのためには電子書籍。値段を安くしたいなら古本屋。となります。 僕は両方の気持ちがあり、こまっています。 電子書籍を利用したいのですが、数百円安いくらいなら、紙の書籍がいいかなとも思いますし、 でもあまり安いと、本の出版社や本屋さんがつぶれてしまうとか、いろいろと考えてしまいます。 電子書籍ってどういうモチベーションで使えばいいのでしょうか? 「紙の書籍みたいに邪魔にならない。新品の紙の書籍より安いから問題なし!」 という感じなのでしょうか? 貧乏人の僕は、少しでも「古本屋の方がもっと安いから。・。」などと考えてしまい、煮えきれません。 こういう考えの人は電子書籍は向かないのでしょうか?

  • 電子書籍の執筆で生計は立てられますか?

    電子書籍のパブーというサイトを知りました。 このサイトを利用して電子書籍を執筆することにより生計を立てることは可能でしょうか? よろしくお願いします。

  • 自分の本を電子書籍に

    ipadを購入したので電子書籍を読みたいのですがあまり面白いものがなく、 自分の本を電子書籍にできるのでしょうか? 高い機材とか必要だったり難しい技術が必要な場合はほかの方法を教えてください。

  • 電子書籍・オンライン出版について

    お世話になります。 私はある実用書の類を書いてオークションで販売(ダウンロードでWORDもしくはPDFファイルを入手)していたのですが「情報販売」と見なされ、出品削除されてしまいました。削除されるまで大好評だったので、別の媒体を通じての販売を考えています。出来れば電子媒体がいいのですが、場合によっては書籍出版も考えています。そこで 1 このような「電子書籍」を一般から募集して販売してくれる会社やサイトと一般的な経費(中間マージン等)。 2 紙媒体で出版する場合に新人の実用書を公募しているところ 3 その他アドバイス をお願いしたいのです。よろしくお願いします。 なお今回は紙媒体での「自費出版」は考えていません。自分のサイトを使っての電子販売(ダウンロード)は考えていますが、まず人目につきやすい媒体をと思っています(自分でやると、入金処理などの事務が大変そうなので・・・)。