• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

電子書籍はなぜ少ない&遅い

表題の通りですが、一部の海外では紙媒体よりも電子媒体での販売の方が増えているといった記事も読んだことがあるのですが、なぜ日本では電子書籍の出版数も少なく、書籍化も遅いのでしょうか? 電子書籍が一般的になれば、中古本の市場もなくなり出版社は儲かる気がするのですが、印刷屋は厳しいと思いますが… 何が原因で電子書籍の伸びが悪いのか気になり質問致しております。 お暇な時にでもご回答ください。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数10954
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3

卵が先か、鶏が先か、という議論になってしまうのですが…… 日本の消費者の側からすると、電子書籍にするメリットがあまりない、と言う風にいえると思います。 というのは、電子書籍を読むには、そのための端末が必要になります。 アマゾンのキンドルでも、楽天のkoboでも、今調べたところ、大体8000円くらいです。それを買って、さらに、読みたい本のデータを購入しなければなりません。そうすると、初期投資として結構な金額が掛かります。 日本の書籍は安いので、文庫本なら、新刊で600円、700円くらいで買えます。 仮に新刊が600円だとして、電子書籍なら半額の300円だと仮定して、購入して行った場合27冊購入してやっと、端末を買わなかったときと同じ金額で、そこからようやく、電子書籍の方が得、ということになります。文庫本を27冊って結構、量がありますから、それなりの読書家でなければ元が取れません。 しかも、質問文でもありますが、日本の場合、古書店なども沢山あります。 先の計算はあくまでも全て新刊で買う場合、です。古書店に行けば、それこそ、600円の本が300円で撃っている、なんていうのはザラですし、ちょっと古い本なら100円で売っていたりもします。 逆に、600円で買った新刊本を古書店に売って、100円とか取り戻すことも出来ます。 電子書籍のデータを売ることは出来ませんから、そうすると、ますます、電子書籍を端末を買うメリットが減ります。 電子書籍端末が売れていないなら、出版社がその書籍データを置いておくメリットも減りますので、置いておきません。 そうすると、コンテンツがないので、ますます、電子書籍の端末を買う人が減ります。 その循環の中にあると思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 電子書籍について

    何故、本よりも売上が圧倒的に少ない電子書籍を出版社は販売するのですか? また、電子書籍を販売する事による制度のことや、電子書籍の問題点を出来るだけ詳しく教えて下さい。 よろしくお願いします。

  • 電子書籍は定価も決まってないのにいきなり契約書?

    紙媒体の書籍を出版して10年と少しが経ちます。 最近過去にお付き合いさせていただいた出版社から、 今までの紙媒体の書籍を電子書籍化しないか? という連絡が複数からありました。 中にはまだ「定価も決まっていないのに」印税率のみが6%とか8%と記入された 契約書が送られてきます。 出版社側がどこか焦っているように感じるのと、 印刷代や書店や卸に支払うマージンもないはずなのに印税率が変わらないとは 何とも不思議な気がします。 講談社が電子書籍の印税率を15%と設定したことで話題になっていましたが・・・ 法的に、あるいは、業界の外から見たらこれはどう見えるのでしょうか?

  • 電子書籍の未来

    こんにちは。私は出版社に興味を持つ大学生です。 すごい気になるのですが、これから電子書籍は流行るでしょうか? 今は無理でも専用のハードが登場したり、出版社が本腰入れて流行らせようとしたりしたら、電子書籍で何十万部、なんて時代になるのでしょうか? それと電子書籍を読むことに特化したハードはいつ頃でるでしょう? そしてそれはどんなものなんでしょうね? 画面がタッチパネルだったり、有機ELを使ったり? しかしそれよりどんな形になるのか気になります。

その他の回答 (2)

  • 回答No.2

印刷部数は減少傾向ですが他国に比べれば多いので電子化によるコストダウンが少ない。 流通機構の違いから入手が比較的容易。 委託販売なので売れるかどうか判らない本でも書店に置くことが低リスクで出来る。 >電子書籍が一般的になれば、中古本の市場もなくなり出版社は儲かる気がするのですが そのかわり出版社は(実体はないが理論上の)在庫を抱えることになります。また出版社が絶版とすれば消費者は永久に入手出来なくなるデメリットもあります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
  • IDii24
  • ベストアンサー率24% (1595/6502)

本の流通制度です。再販制度など。 本を定価で販売しなければいけない。利潤は出版社にとっては固定であるというものです。これによって出版社の利潤は守らています。 又丸善、紀伊国屋などはお店も持ってますが、裏では取次業者もやってます。こういう業者は卸しになって価格を決めたりします。 そういった複雑なシステムが電子化によって崩されると、それぞれが倒産したり先行きが厳しくなりますね。 そういった意味で出版社自らが乗り気では無いのが現状。これはCDなどの音楽業界にも同じことが言えます。未だにCDが主流の国は日本だけです。 日本の消費者はそれで納得しているという事になります。身近に本屋がありブックオフなどが大人気です。でも海外では本屋なんて何十キロ先だとか、しかも品物も揃って無い。寒い国だと吹雪の中本屋に出かけるのは大変すぎる。天候が厳しいからこそ家で本でも読みたいのに。と言う事になります。 でも日本の消費者もその便利さに味を占めてしまえばいずれそういう環境にならざるを得ないでしょう。 今はまだ紙の方が好き。iPadなどは馴染めないという人たちが多い。遅れていると言えば遅れてますが、提供側が積極的でなければ手に入らないものも多く、不便と言う事になります。 自ら進んで海外から購入する人が増えたり、仲介するサイトでも出て利用者が増え出せばそうも言ってられなくなるでしょうけど。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 電子書籍の値段設定に関して

    欲しい雑誌が電子書籍として販売されていたので 購入しようとしたのですが、価格が数ページで100~400円と 紙媒体で購入した方が遥かに安く、驚きました。 販売元や書籍の種類・ジャンル、販売形態に限らず総じて電子書籍は高いようです。 そこで『何故、電子書籍は紙媒体より安くならないのか』について 少し調べてみました。 http://www.j-cast.com/2012/05/15131801.html?p=all http://techwave.jp/archives/51491017.html ところが、上記の記事を読んでもさっぱり理解が出来ませんでした。 ・紙媒体より安い値段設定にする必要性が無い ・紙媒体よりも費用がかかる ・電子化するにあたって機能を追加しなければならない ・海外の電子書籍が安いのは電子書籍端末を普及させる為 ・・・・等 どなたか『電子書籍が紙媒体より安く出来ない』点について、 より納得できる理由を教えて下さいませんか? (上記サイトに書かれてある事でも、追加事項があれば構いません)

  • なんで電子書籍より紙の媒体の方がコストが安いの?

    なんで電子書籍より紙の媒体の方がコストが安いの? 紙に印刷する印刷コストがそっくりそのまま無くなって、運送コストも無くなってるのになぜ電子書籍の方がコストが高くなる? 紙の媒体も電子書籍化して保管するのでこのブログの主張はおかしいうないですか? http://www.kotsulog.com/entry/2017/07/06/173000 電子書籍はコストが掛かるから高くなるって出版業界が印象付けを狙ってる?

  • 電子書籍及び本の作り方を知っている方教えて下さい

    1.自分で本を作るキットを探しています。 自分で本を作って販売することを考えています。自費出版という方法もありますがお金がありません。出版社が出版している本と同じ程度の完成度の高い本を自分で作って、友人知人などに販売したいと思っています。素人でも作れる製本のキットをご存じの方教えて下さい。 2.自分で電子書籍を作って販売する方法をご存じの方教えて下さい。 電子書籍を販売している例えば「パブー」などに投稿するのではなく、自分で電子書籍を作って自分で販売したいです。よろしくお願いします。

  • 電子書籍ってどういうモチベーションで使うのですか?

    読書される方に質問です。 僕は、新しい本だけでなく、古本などもたくさん購入し読んでいます。 もちろん、紙の書籍は電子書籍にはかないませんし、本の装丁など文字以外でも楽しめるところがたくさんあります。 しかし、最近では楽天やAmazonなどが電子ブックリーダーを発売するようになり、電子書籍もかなり充実しています。 たしかに書籍は部屋に溜まる一方で、置き場にもこまります。中には「ちょっと読んでみたい」程度の本もあり、そういう思い入れの少ない書籍は、ブックリーダーでも十分だなと感じています。 しかし、、、、電子書籍ってたしかに新品の紙の書籍よりも安いけど、半額になるくらい安いわけではありません。たとえば三谷幸喜の「清須会議」は紙の書籍で1,420円ですが電子書籍だと1,120円です。 それほど安くはありません。 値段を安くしたいとなると、少し待って古本屋にいけば800円くらいで買えると思います。 つまり、、エコのためには電子書籍。値段を安くしたいなら古本屋。となります。 僕は両方の気持ちがあり、こまっています。 電子書籍を利用したいのですが、数百円安いくらいなら、紙の書籍がいいかなとも思いますし、 でもあまり安いと、本の出版社や本屋さんがつぶれてしまうとか、いろいろと考えてしまいます。 電子書籍ってどういうモチベーションで使えばいいのでしょうか? 「紙の書籍みたいに邪魔にならない。新品の紙の書籍より安いから問題なし!」 という感じなのでしょうか? 貧乏人の僕は、少しでも「古本屋の方がもっと安いから。・。」などと考えてしまい、煮えきれません。 こういう考えの人は電子書籍は向かないのでしょうか?

  • 電子書籍になる本とならない本の違い

    本を買うときにその本が電子書籍になっているかいないか調べるのですが、新しい本でも電子書籍になる本とならない本があると思います。 電子書籍になるかならないかの違いは著者の意向の違いや出版社の意向の違いでしょうか? 電子書籍にした方が読んでくれる人も多くなりいいと思うのですが、いまだに電子書籍になる本とならない本に分かれているので気になりました。 電子書籍にするにはコストがそんなにかかるのでしょうか?

  • こんな風にならないでしょうか? 電子書籍

    こんにちは。 こんな風にならないでしょうか? 自分で自分が所有する本を電子書籍にする使いやすい道具や機材(ソフトやスキャナ等)が普及し、 作業手順も考案され確立する。 電子書籍化したものは自分で楽しむほか、出版会社に売ることもできる。(その出版会社が現存している場合) 出版社はデータを査定し個人から買い取る。(希少本は高額となることもあるがコミック1冊ではお小遣い程度) 出版社は買い取ったデータをさらに処理して、再販(ネット通販)という形で販売する。 (データを売った個人への売り上げに応じたロイヤリティは無い) 出版社は、同じ書籍でもさらに良質の読み取りデータの売込みがあった場合、買い取ることもある。

  • 電子書籍で古本業は衰退していくのか?

    電子書籍の登場で専用リーダーも販売されている昨今、 古本業はこれから衰退していくのでしょうか? また、読み終えて必要なくなった古電子書籍データの買取をしてくれる所はあるのでしょうか? 古電子書籍販売業のようなショップはあるのでしょうか? ネット上のショップでも構いません。

  • 電子書籍

    電子書籍は同時販売のものも多いですか?それともやはりしばらくたってから電子書籍化するほうがおおいのでしょうか。今後電子書籍の産業はもっと伸びていくとおもいますか?なんか個人的には、いまいち伸び悩んでいるような印象を受けます。

  • 電子書籍で世の中不便になりませんか

    電子書籍というのは1人1ライセンスを完全なものとする専用の端末と、 数十年単位の購入履歴、しおりの位置、メモから時期にあわせてお勧め商品を売りたい業者と、 DRMで端末買い替えのたび課金したい金儲けの道具ですよね? 紙の本では一般的だった貸し借りや古本売買は電子書籍後の世界ではライセンス違反?それとも犯罪? 模写→活版印刷→インターネット。 電子書籍は人が平等に容易に安く情報を得られるようになった歴史を逆行させませんか? 電子書籍のどこが便利なんでしょうか?

  • 電子書籍について

    こんにちは。 今日、あるテレビで電子書籍が出てきていました。 見た目が電子辞書の様で、講義中にコッソリ読めちゃったりするかも・・・。 電車の中でも堂々と読める・・・。 いつも鞄の中に4冊の本が入っているのが解消される・・・。 と、とても魅力的に感じました。 疑問がいくつかあります。 「電子書籍」で検索すると、パソコン自体に落としてくるみたいな感じでした。 私が欲しいのは、電子辞書みたいなもので読めるやつなのですが、パソコンにダウンロードする形のものは、電子辞書みたいな形の物では読めないのでしょうか? ソフトを購入して読むものですか? 出版社によってハードは代わってきますか? 幾ら位のものですか。 以上の疑問の答えを教えてください。