• ベストアンサー
  • 困ってます

無損失伝送線路を含む回路の消費電力

伝送線路の電力消費に関する質問です。添付した図では、ドライバのソース抵抗が10ohm, それにマッチングのための直列抵抗が40ohm挿入され、それが50ohmの無損失の伝送線路につながり、受信側には容量Cが付いています。 (1)この場合、伝送線路がどんなに長くて、そのキャパシタンスとインダクタンスの合計がどんなに大きくても、伝送線路自身で消費される電力はゼロなのでしょうか? (2) 結局のところ、本当の抵抗はドライバ側の10+40=50ohmで、ここにどれだけの電流が流れるかを見て、そのR*I^2のみが消費電力になるのでしょうか? (3) 容量をドライブするCMOS回路の消費電力はF*C*V^2で計算されますが、この回路の場合も、周波数Fでトグルするクロックが入力されているとすると、結局(2)は受信側についている容量Cをドライブするだけの電力で、やはりF*C*V^2になるのでしょうか? (4) (3)とも関係しますが、 無損失の伝送線路はどんなに長くても、それをドライブする電力はゼロなのでしょうか? よろしくお願いいたします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数599
  • ありがとう数9

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

(1)その通りです。無損失伝送線路である以上は、線路で損失されることはありません。 (2)後に続くのが線路、C、入力インピーダンス∞の回路である以上は、電力消費の大部分は40Ωです。ソース抵抗10ΩというのがFETの内部で実抵抗なのかわからないので、そこでの消費については何とも言いませんが。 (4)伝送線路は受動回路なのでドライブするという概念がありません。ただの線路です。 追記 マッチングのために40Ωとありますが、この回路では無用です。推測ですが、50Ω線路の入り口から左を見たインピーダンスを50Ωにするためと思いますが、その手法は右を見たインピーダンスが50Ωである場合に有効です。しかしこの回路ではスミスチャート上で外側に張り付いたインピーダンスになってます(反射係数1)。外側のどの位置かは線路の長さやCによりますが、40Ωは整合回路になってません。消費電力が気になるなら、外していいと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答どうもありがとうございました。大体分かってきました。

関連するQ&A

  • 伝送線路における反射波は本当に損失になるのか?

    よく通信などをやっている人の間ではインピーダンスの整合がとれず、反射が発生すると損失が発生するということをききますが、本当に反射波は損失になるのでしょうか? 電信方程式に基づいて無損失伝送線路に純抵抗をつないだ際の損失を計算しているのですが、でてきた結果は反射波が損失になるとは言い難い状態です。 本当に反射波は損失になるのでしょうか?教えてください。

  • 損失のある伝送線路ですが

    損失性伝送線路において、R<<ωL , G<<ωC のとき、減衰定数αが α≒R/2Z + GZ/2 (Z=√(L/C)) のように近似できるようなのですが、計算方法がわかりません。 β=ω√(L-jR/ω)(C-jG/ω) の虚数項をテーラー展開等でとりだせば出てきそうなのですが、取り出し方もわからないので、八方塞がりです。 どなたかご教授願います。

  • 3相3線式回路の全消費電力について

    お世話になります。 3相3線式回路の全消費電力の問題です。 図のような回路があり 答えとしては1相のインピーダンスが √64+36=10A 抵抗6Ωに流れる電流がI=V/Z=20A 抵抗6Ωで消費電力PはP=I×I×R=3200W まではわかるのですが、 自分の解いている問題の解説では ここから全消費電力P(抵抗8Ω3個の所の電力は)  P=3P=3×3200=9600W で9.6kW とあるのですが、コイルと抵抗の消費電力がどうなっていきなり P=3Pとなり9.6kWになるのかわかりません。 実際の消費状態の考え方が自分が理解できていないと思うのですが どういう状況なのでしょうか? 説明下手ですみません。 どうかよろしくお願いします。

  • 無損失線路ではなく損失を考慮する場合の伝送線路における電圧定在波比について

    電圧定在波比について質問があります。 一般の伝送線路理論に関する参考書に載っている説明ではほとんどが無損失線路と仮定した上で説明していますが、疑問に思うことがあります。 電圧定在波比は電圧波の節点の実効値と腹点の実効値の割合で表されますが、これは無損失線路上では入射波や反射波の減衰がないので、線路上全ての点で電圧定在波比はこのように表すことができると思います。 しかし実際の損失を考慮しなければならない場合の伝送線路では、この減衰も考慮しなければならないはずなので、線路上で発生する定在波の電圧定在波比は一定ではないのではないかと自分は疑問に思っています。 無損失線路の場合の電圧定在波比と損失を考慮した線路での電圧定在波比の値は、どちらの場合も一定の値となるのでしょうか? それとも損失を考慮すれば、線路に流れる入射波と反射波の減衰によって電圧定在波比も変化するのでしょうか?

  • 回路の消費電力とは何ですか?

    コロナ社の電気工学基礎の問題がわかりません. 「内部抵抗r[Ω]の電池から,R[Ω]の抵抗をn個並列に接続した回路に電力を供給する場合に,nがある限度以上になると,回路での消費電力がn=1のときよりも減少する.nの限度はいくらか?」 という問題です. 解説には(1)Pn=R/n*{E/(r+R/n)}^2 と書いてありましたが,これでは 「電流を計算するときには電池の内部抵抗を考慮しているが,電圧を求めるとき(抵抗×電流)には,電池の内部抵抗が考えられていない気がします.(なぜならR/nはR[Ω]の抵抗を並列に接続した場合の抵抗)」 こういう場合,「回路での消費電力」とは「並列に接続された抵抗の消費電力(電池の内部抵抗は無視する)」,「(電池の内部抵抗も含めて)回路全体の消費電力」のどちらを指すのですか? また,(1)が正しいなら,どうすれば答えが求められますか? 不等式を解いても答えにたどり着けません.

  • LTSPICEの伝送線路モデル

    LTSPICEの損失伝送線路モデルはRLGCすべて の値を反映させることはできないようなことがマニュアルに 書いてありましたが、(実際読んだのは本家SPICEの日本語訳です) そいうものなのでしょうか? なんか残念な気がします。

  • 伝送線路の入力インピーダンス

    添付画像の無損失伝送線路において、a-a'から負荷側を見た 入力インピーダンスZinはどのようになりますか? 途中に負荷Ypが入っているため、これの処理でつまづいています a-a'からYpまでを見た入力インピーダンスと b-b'からZlまでを見た入力インピーダンスをそれぞれ求め 両者の和をとるのかな?と思いましたが・・・説明をお願いします_ _

  • 交流回路での消費電力

    交流回路での消費電力のことで質問したいんですが、 物理のエッセンスという本には消費電力について 抵抗のないコイルとコンデンサーは(時間平均してみると)電力を消費しない。よって消費電力はRI^2である。 と書いてあるのですが、電磁気学演習という本には 交流回路で消費される電力の平均値は P = 1/T ∫vidt = vi/2*cosφ = VIcosφ とあって、書いてあることが違うんですがどう考えればいいんでしょうか?

  • 消費電力の求め方

    電子回路の勉強をしています。 消費電力の求め方で疑問点があります。 一般に交流信号の消費電力Pを求めるには、一周期分の瞬時電力pの平均で求めます。 例えば、P=(1/T)∫[0, T] pdt のように求めます。 一方で、抵抗Rで消費される瞬時電力pが下記の式で表せる場合、消費電力はどのように求めるのでしょうか? p={e^(-t/τ)}^2/R 先ほどの例でいくと、P=(1/∞)∫[0, ∞] pdt=0となってしまう気がするのですが。 ご回答よろしくお願いいたします。

  • 交流回路で消費される電力

    交流回路に抵抗とコンデンサ(キャパシタ)が直列でつながれている回路について、抵抗とキャパシタで消費されるそれぞれの電力について求めよという問題がわかりません。与えられている値は、Em、w、R、Cです。 私は、 (1)回路の合成インピーダンスを求める。 (2)回路を流れる電流を求める。 (3)皮相電力を求める。 (4)力率を求める。 (5)回路の消費電力を求める。 の順番で解くと考えました。 質問は、 1,私は抵抗でのみ電力が消費されると考えたが、そうなるとキャパシタで消費される平均電力は0となるが、その考えは正しいか。 2,1が正しい場合、抵抗で消費される平均電力とは皮相電力と回路の消費電力のどちらであるか。 3,2に関連して、皮相電力と回路の消費電力の違いは何なのか。 の3つです。電気回路について詳しい人がいれば教えてください。よろしくお願いします。