• 締切済み
  • すぐに回答を!

書店に流通する本のカバーの必要性

書店で初めて本を流通させようと考えております。ブックカバーがある本と、カバーを使わず表紙にフィルム加工を施したものがありますが、当方の本は教育書で、書き込みタイプです。よって、カバーがあると使いにくく、カバーなしにしようと考えております。ただその場合流通の過程で問題がないかどうか心配です。やはりカバー付きのほうが無難でしょうか?よろしくお願いいたします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数323
  • ありがとう数10

みんなの回答

  • 回答No.4
  • hue2011
  • ベストアンサー率38% (2793/7224)

カバーみたいなものは、古書市場で力を発揮するものだと思います。 カバーがしっかりあって、腰巻も破けていない、というようなものが古書では高く値が付きます。 そういう壊れやすいものが壊れていないことがステータスになるのですね。 もっとも、ある有名作家の文章が腰巻についていて、それは全集にも掲載がない、なんていう付加価値もつくことがありますけど。 新刊でも、平積みで本があった場合、破けているものは論外としても、片方には腰巻があり、もう一つにはないというなら、まずは腰巻ありのほうをレジに持っていくのが普通の神経でしょう。 状態として、「あるもの」「ないもの」がありうるのであればあるものに価値を認めるのです。 もともとなければ、そんなものは気にしません。 教育書なのであれば、古書市場で珍重されるものとは思えませんから、質問者様のお考えでいいのではないでしょうか。 輸送中にカバーがあればないものよりも破損が目立ちますし。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 図書館で使用している本のカバー

    お気に入りの本に、図書館で使用している本のカバーをかけたいと思っています。 ニチバンのカバーフィルムは文具店で購入して試してみたのですが どうもツルツルしすぎています。 地元の図書館で使っているフィルムはもう少し表面がざらついているんです。 マットタイプと言うわけではなく 細かく、レザーの表面のようなシワ?が入っています。 どうしてもあの質感が好きなのですが…。 こういったタイプのブックカバーをご存知の方はいませんか? 埼玉福祉会さんのサンプルを請求したのですが、表面は理想に近い感じです。 ただ、図書館のものは確か裏の剥離紙は緑だったような気がするんです。 埼玉福祉会のフィルムの剥離紙は赤でした。 もうちょっと厚かったような気もするし…。 日本ブッカーさんの商品は実物を見たことが無い上に、 近所に販売店もなく、オンラインでしか手に入れることが出来ないため、 良くわかりません。 日本ブッカー フィルム各商品(4種類くらいあるんです…) フィルムルックス について、お使いになったことのある方、感想を教えてください。 また、それ以外のフィルムで、それらしきものやお勧めがありましたらお願い致します。 本を長く綺麗に楽しむため、ご協力をお願いします!

  • 書店で・・・。

    先程書店で本を手に取ろうと 背表紙の上の角に指をかけて取ると 表紙上部が数ミリ破けてしまいました。 マンガみたいに透明カバーが あるわけではなかったのでふにゃふにゃで、何もなかったように 書店を後にしました。 この位の破損でも正直に 言うべきだったでしょうか・・・。 それとも気にしすぎ・・・?

  • 本のカバーのラミネート加工

    大学図書館や公共の図書館などにある本は、カバーがラミネートフィルムで加工されていますが、この加工を代行している業者などがあるのでしょうか?ご存知の方いましたら教えてください。

  • 回答No.3

カバーがあると使いにくいと感じる人は、カバーを外して使うと思うの。だから参考書とか絵本とかカバーなしで使うことが多い本はカバーがなくても違和感がないような表紙デザインにしているものが多いと思うの。 「どっちが便利か」ってのはユーザーが決めることで、供給する側は「ユーザーがいろんな使い方ができるようにしておく」というのが正しいサービスだと思うの。 あとは予算の関係よね。気合を入れればその分無意味に値段は高くなるわよね。限られた予算の中で、何を優先して何を削るかは著者が決断すべき問題だと思うわ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2
  • trytobe
  • ベストアンサー率36% (3455/9588)

「書店で初めて本を流通させよう」として、「カバーがあると使いにくく、」と思いつつ、一般論としてこれまで数ある書籍の「カバーなし」をご提案したのに対し、 「返品で取次の倉庫に戻ったときに、汚れ、色あせによってカバーの交換がよくされる」と、返品されるもののカバーを交換してまで、再度どこに出荷されるアテがあるとお思いならば、 カバーも、その中の表紙も全く同じ柄で、カバーしてもしなくても同じ、にして、「ご自身はじめての流通本」を発刊されてはいかがですか。 そこも含めて、印刷所と出版元(流通経路)に話をつけてから、ご自身が許容できるメリット・デメリットを確認なさって、ご自身にあった選択肢をご自身で選択ください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
  • trytobe
  • ベストアンサー率36% (3455/9588)

問題ありません。 表紙はCDのジャケット買いのような題名とデザインのインパクトで「販売促進」するためにあるだけですので、それを恥ずかしがる人は、ブックカバーをするか、カバーを裏返しにして読むだけですので。 また、さらにキャッチコピーを帯でつけて販促することもありますが、これはカバーがあろうがなかろうが、帯は挟めるので支障ありません。 単純に、カバーになっているところの目を引くデザインを直に印刷するとともに、バーコードも裏面に直に印刷してあれば、カバーになっておらずとも、流通に問題ありません。 まれに、カバーの裏側に購買者サービスのイラストがあったり、表紙が2種類楽しめる、というサービスがある本もありますが、教育書だと、「付録用にコピーしてつかえるメモ帳・勉強シートがカバーの裏にあると面白い」という程度ですね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。返品で取次の倉庫に戻ったときに、汚れ、色あせによってカバーの交換がよくされるそうですが、カバーなしはそれができません。この点はあまり気にしなくても大丈夫でしょうか。

関連するQ&A

  • 本のカバーの傷。。。

    本を買うときに、最近は近所の本屋さんではなく、 探すのが簡単ですぐに届けてくれる便利なオンラインショップを利用することが多いのですが、 発行からしばらく経った本などはカバーに傷がたくさん付いていたり、 ひどいものは「これが新品!?」というような状態だったりすることがよくあります。 そういう時、フィルムに包まれて「未開封」の状態で売られているCDやDVDのように、 本も出荷される時点でビニールなどに包まれて売られるようになれば 時間が経っても傷や汚れを防げていいのにって思うのですが、 この考えは神経質すぎるでしょうか。。。? 本来カバーは名前の通り本をカバーするためのものかもしれないけど、 カバーをとった本の表紙は味気なかったりするし やっぱりカバーも商品の一部として大切にしたいと思うのですが、 みなさんはどう思われますか? また、本のカバーの傷はどのくらいまで妥協されますか? お暇なときにご回答いただけるとうれしいです。

  • 本のカバーと帯について

    書店で売っている多くの本にはカバーと帯がついていますが、 本を読んでいる最中、それらがずれてきたり、外れてくるため、 とても邪魔で、読むことに対して集中力がそがれます。 帯は特に邪魔で、すぐにずれてしまい、ずれると元に直しにくいです。 単行本のような小さく柔らかい本にまで、わざわざ細い帯がついています。 自分が買った本ならば、それらを外して捨ててしまえば良さそうですが、 外してみると、一見とても地味な装飾です。 カバーと帯がついている状態と大きな落差があります。 たいていの本の本体の表紙は、淡く地味な一色のみしか使われていません。 活字や模様や写真は、全く無いか、ごくわずかしか入っていません。 ツヤのない紙質だったりして、ほとんど高級感がありません。 鮮やかで印象的なデザインのカバーが付いた状態とは似ても似つかず、 そのままで、読んだり保管しようという気には、なかなかなりません。 こうしてみると、カバーや帯とは、本を守るための「包装」ではなく、 本の、本来の「外見」なのだと言えるような気がします。 本に限らず、身の周りのあらゆるモノについて、 その外見が人の心理に与える影響は大きいと思います。 外見の良いものなら、長く身近に置いておき、眺めたくなるはずです。 逆に悪ければ、遠ざけたくなるかもしれません。 日本の書店の多くの本は、何故あのように、本体の装飾が不細工で、 ずれやすくて不便なカバーと帯が被せられているのか、理解できません。

  • 単行本などの透明カバー

    単行本の保護用に使う透明ブックカバーシートのことなのですが、検索しても一向に出てきません。 袋状のようなではなく、材質はビニールかポリで、ブックカバーになったものです。 (1)商標名がたくさんあると思いますが、一般的に何と探せばよいのでしょう? (コミックカバー、透明ブックカバー、ビニールシート、等では目的のものは出てきませんでした) (2)なるべく丈夫な素材で、安くで買えるものを探しております。(皮製や厚手のものは探しておりません) (3)サイズに関しては単行本の場合、B2という形探せばでよいのでしょうか? 以上なのですが、ご存知の方がいらっしゃいましたら、宜しくお願いいたします。

  • 表紙を隠せるカバーは何処に?

    私は読書は毎日コツコツ読むのが似合っているので、 私にとって読書時間というのは通勤電車のラッシュアワーです。 でも、表紙から本人のあらゆる情報が知られる気がして、書店で本を購入する時は必ずカバーを掛けてもらいます。 先日アマゾンで本を購入しました。本当は書店で購入するのがベストなのでしょうが、予算と時間の都合で通信販売にしました。 でも、アマゾンは通販専門なのでカバーなど掛けてもらえませんし、古本となればなおさらです。 そのために、本を読むことが出来ず困っています。 表紙を隠せるカバーは販売されているのでしょうか? 教えてください。

  • ブックカバーがほしいのですが・・・

    本に被せるブックカバーがほしいのですが 書店で本を買う時は言えば紙のカバーを付けてくれますが 流石にそれだけ貰う事はできませんよね? ブックカバー自体はどこに行けば売っているのでしょうか? 回答お願いします

  • 本のカバーの加工について

    今度本を自分で作るのですが。 本のカバーの加工は一般ではPP加工でおこなわれているようですが、自分で、マット加工などはできないですよね? なにかいい方法はないでしょうか? よろしくお願いいたします。

  • 漫画本を綺麗に保存したい!

    最近、「ドラゴンボール」が好きになり、思い切って完全版をネットで購入しました。中古だったにも関わらず、状態が良好でとても気に入っています。 この状態を保つために、透明のブックカバーをつけて保存したいと思っているのですが、ちょっと気になることがあります。 完全版は通常版と違って紙も上質なようですし、表紙の絵の部分が少し盛り上がっているような感じになっています。 これにビニールのカバーをつけて保存した場合、時間が経つと絵とビニールがくっついてカバーを外したら表紙の部分がはがれてしまうのでは・・・と心配です。 あと、自分の部屋が陽があたりやすく、冬でも暑く感じることがあるのでそれも影響しないかなあと・・・。 そういった心配は無用ですか?ちなみに今はブックカバーをつけないで段ボールの中に入れて保管しています。 ブックカバーはまだ購入していませんが、「ミエミエ A5」を購入しようかと検討中です。 時間が経てば少なからず痛む物とはわかっていますが、せっかくきれいな状態なので、状態を保ちたいです。 他に保存方法があれば教えていただきたいと思います。

  • 本のカバーの交換はお願い出来ますか?

    本のカバーだけ取り替えてもらう事は可能でしょうか? 購入した本が大きく凹んでいたので、購入した書店で取り替えて貰いました。 しかし、今度は本体は綺麗なもののカバーが破れていました。 もう一度行くのはちょっと行きにくいですし、調べたところそこの店舗は在庫無しにになっていました。 (全巻予約購入だったのでレシートはありません) 出版社に直接交換をお願いしても大丈夫でしょうか? また、カバーだけの交換などは頼む事ができるのでしょうか?

  • レザーのブックカバー

    オーダーメイドのレザー加工でブックカバーを作ってくれる業者さんを探しています。 そこそこ厚い本なのでサイズが既製品では合わないだろうと思うのと、表紙に型押し(カービング?)でタイトルを入れて欲しいからです。イタリアの古書風のカバーにしたいと思っています。 なかなか、文字入れまでやってくれるところが見つからなかったので、ご存知の方教えて頂けませんか。

  • 本の修繕 ソフト塩ビカバーの裂け

    辞書(表紙カバーがソフト塩ビ)の背が裂けてしまいました。 現状、背のカドになる部分がタテに裂けているだけで、見返しに傷みはなく、 カバーと中身が分離してしまう状況ではありません。 使用に不都合はないのですが、今後を考えて修繕したいと考えています。 ためしに「ブッカー(フィルムコート)をかける」という方法をやってみましたが、 カバー素材が、表面に布(皮?)調の加工が施されたソフト塩ビなので密着せず失敗でした。 このような状態の場合、どのような修繕方法が効果的でしょうか。 ご存じの方、どうぞご教示ください。