• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

時代劇による、歴史監修

朝日放送と、松竹(京都映画、現在の松竹撮影所)が、昭和56年(1981年)前後に、制作して本放送した、連続テレビドラマとしての時代劇、「新必殺仕事人」。 このシリーズで、もうすぐ、最終回となる頃に、放送された、「主水金魚の世話する」と、言う題名の回で… 「この回は、世相反映重視型として、「個人が、飼育する高級の金魚を、金儲けの手段として、悪用した、悪の一味が、登場した」回で、ある。 必殺シリーズには、必ずある、クライマックスシーン。 藤田さん扮する、主水は、悪の一味である、永野辰弥さん扮する悪の旗本を、始末する事になった。 主水は、悪の旗本宅に行った。 そして、「居間に、明かりを付けてから、畳を2枚裏返したり、居間にあった屏風を、ひっくり返す、「探さ屏風」にした後、ひっくり返した畳に、紙を敷いた三宝を置いて、刃が出たままの脇差しを、1本置く」体制により、あらかじめ準備した。 その後、誰も居ないはずの居間が、明るくて、音がしたのに、不審に思った悪の旗本は、居間を見回したら、出て来た主水に対して、「お前は、何者だ…?」的な内容で、言った。 すると、主水は、「切腹の介錯しに、参りました」と、返事した為、悪の旗本は、逆ギレした。 そして、三宝にあった脇差しで、主水を襲った。 しかし、結局は、その脇差しを、主水に、取り上げられた挙げ句、刺し殺されて、切腹で死んだ姿に、見せかけられる事で、始末された」シーンが、登場してました。 そこで、「日本史に、詳しい」方に、質問したいのは… 「新必殺仕事人で、問題の回の問題のシーン。 「居間で、畳をひっくり返したり、逆さ屏風にする。 そして、紙を敷いた三宝に、脇差しと言った刃物を、載せて置く…」部分だが、歴史監修の点から見れば、本当の話なのか?」に、なります。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数281
  • ありがとう数6

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3
noname#224207
noname#224207

ご指摘の場面はドラマの時代考証としては概ね正しいと考えて差し支えはありません。 下記サイトをご参照ください 切腹 - Wikipedia ja.wikipedia.org/wiki/切腹 抜粋 4.切腹の場所は上輩であれば6間四方、中輩であれば2間四方にもがりを結い、南北に口を開いておく。南は「修行門」、北は「涅槃門」と呼ばれている。そこには逆さに返した畳二畳(土色の畳白縁の物)を撞木に敷き、縦の畳に浅黄色ないしは青色の布か布団尺4幅を敷き(場合によってはその上に白砂をまく場合もある)、その四隅に四天を付け、畳の前に白絹を巻いた女竹を高さ8尺、横6尺の鳥居形に立て、四方に4幅の布を張る。後方には逆さに返した(あるいは引き方を逆にした)屏風を立てる。 幕末に英国領事館書紀が目撃記録した抜粋が下記のサイトにあります 切腹 ikuji.g.ribbon.to/seppuku.htm 以下のようなサイトもありますので時節柄覗いてみて下さい 赤穂四十七義士切腹之図 www.library.pref.kagoshima.jp/honkan/files/2011/05/002_赤穂四十七... 図書館の珠玉:エメ・アンベール『幕末日本図絵』初版 - 雄松堂書店 www.yushodo.co.jp/pinus/59/library'santiq/contents2.html 本文中頃の図のうち「シルヴァーが用いている絵画とアンベールの挿絵 腹切り」と説明のある図をクリックして見て下さい。 切腹の作法というのは身分や状況に応じて色々ありました 畳も裏返したりそのままだったり、積み上げたりといろいろでした。 三宝も刀を取り上げた後で、正座した姿勢で腰を浮かせて尻のしたに挟み込む使い方もありました。 前傾姿勢になりますので介錯人が首を切り落としやすくなります。 作法がうるさい割には実際刀を突きさすようなことはしなかったようです。 激痛で動き回ると介錯しにくくなります 場合によっては木刀や扇子を使いました。 要は腹部を切っても即死できないということです。 作法通り刀の先を腹に当てたらその瞬間首を落としました。 相当に腕の立つ介錯人が必要でした。 じたばた見苦しくないようにこんなことを教えていたようです 歴史/武士の魂・切腹の作法 (吉村外喜雄のなんだかんだ) www.noevir-hk.co.jp/magazine/2014/09/post_1113.html 幕末以降このようなことを知らない連中が修羅場を演じていたようです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

詳しい回答、有難うございます…。 「求めた内容で、詳しく回答されたので、BAにしたい」と、思います。 又、質問した時は、よろしくお願い、致します…。

その他の回答 (2)

  • 回答No.2

そりゃあ兄さん、ミステリー小説やミステリードラマやコナン君に出てくる殺人トリックを実際にやるやつがどれだけいるかってことを考えりゃあ、時代劇に現実味を求めるのは野暮ってものです。 もし現実の江戸時代だったら、マスコミがあったわけではないので「切腹をした」ということにすれば済んじゃった話だと思います。 忠臣蔵ってありますでしょ?あれね、一般的には吉良上野介が討たれた時点で「目的達成」と思われていますが、本当は違うのです。実はあの後、泉岳寺で大石内蔵助が浅野内匠頭の墓前に吉良上野介の首と脇差を置いて、「いざ、無念をおはらしくださいませ」とやったんですね。で、しばらく何も起きないので、大石内蔵助が「では、代わりを勤めさせていただきます」といって脇差を抜いて吉良上野介の首をえい、えいっと斬る真似をしたのです。 実はこの「儀式」が赤穂浪士にとっては最も重要だったのです。だから彼らが最も恐れたのは、吉良上野介の息子が上杉藩の藩主になっていたので、精兵で知られる上杉軍がやってきて吉良上野介の首を奪回されてしまうことだったのです。 最近の研究では、彼らがあの槍の穂先に掲げていた首はダミーで、本物の首は密かに船で泉岳寺に送られたのではないかといわれています。 つまり、もしその旗本の名誉を傷つけたくなければ、遺体に脇差を握らせて腹に刺せば「彼は切腹した」ということになったと思います。北町(あるいは南町)奉行が「これは切腹である」といえば、それが幕府としての公式見解になります。 ただそれでは視聴者が納得しないので、そういう演出をしたわけですよ。 蛇足: あのライブドア事件で、懐刀ともいわれた副社長が沖縄で死にましたが、その様子は両手を切って腹を切って喉を包丁で刺したんじゃなかったかな。彼の死は「自殺」として処理され、司法解剖も行われなかったそうです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

「切腹の視点から、見た忠臣蔵」により、一口メモ的な回答、有難うございます…。 私も、確かに「切腹の視点から、見た忠臣蔵」により、日本史には、多少興味あります。

  • 回答No.1
  • trytobe
  • ベストアンサー率36% (3457/9591)

勝手に自害したようにみせるために、 ・あらかじめ血しぶきが飛ぶところを裏返しておく ・切腹用の三宝+脇差を懐紙なりの上に置いておくお決まりの準備をする ・介錯という名で斬りつけたあとの血しぶきなどは、畳も屏風も裏がえしにして、見た目は自害そのものに というだけではないのですか。 それ以上を、必殺仕事人や大江戸捜査網などに求めてはいけません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 時代劇による、歴史監修その2

    私は、先日、近くの本屋さんによる、DVDのレンタルコーナーで、ソフトとして、借りた、朝日放送・テレビ朝日・松竹(松竹撮影所)が、合同で制作した、連続ドラマとしての時代劇「必殺仕事人2009」を、自宅のテレビで、見た回に、なります。 私が見た、問題の回は… 「東山紀之さんが、扮する、主人公の渡辺小五郎から見れば、剣の師匠だった、勝野洋さん扮する、御家人。 幕府であった、ある出来事から、切腹せざるを、得なくなり、どこかの屋敷の庭に、作られた、場所で、切腹した。 この御家人の介錯を、東山さん扮する、小五郎が、行った。 だが、この切腹は、悪の一味が、仕向けた…」最終回より、1~2回、手前の回に、なります。 質問したいのは、問題の回で… 「勝野さん扮する、御家人が、切腹する、どこかの屋敷の庭に、白い布で、被せた畳が、敷いていて、同じ様に、白い布で、被せた屏風が、立てていた」シーンに、なります。 ただ、他にも、登場した、「敷いた紙に、切腹用の刀を、置いた三宝が、置いてたのと、勝野さんが、扮する御家人は、切腹する時の白い着物を、着てた」シーンは、時代劇の切腹シーンとしては、良く見るシーンなので、すぐに、分かります。 そこで、質問したいのは… 「必殺仕事人2009で、問題の回に、登場した、問題のシーン。 歴史監修の点から見れば、どうなのか?」に、なります。

  • この時代劇の切腹シーン、歴史監修の点では…?

    時代劇の切腹シーンですが、朝日放送と松竹(京都映画、現在の松竹撮影所)が、昭和56年(1981年)前後に本放送してた、連続テレビドラマの時代劇番組、「新必殺仕事人」で、「主水金魚の世話する」と、言う題名の回。 「金魚を、悪用した金儲けで、被害者夫婦を、自殺に追い込んだ悪の一味のボスである、一人の旗本の男を、藤田まことさん(故人)扮する、主人公の中村主水は、仕事人として、始末する事になった。 ある日の夜、悪のボスである、旗本の自宅に乗り込んで、「居間で、逆さ屏風や、裏返した畳を、用意する」等、切腹を利用した手口で、その旗本が逆ギレした所を、始末した…」回に、ついて… 「切腹のシーン、歴史監修の点から、どうなのか?」的な内容で、私は以前質問しました。 すると、「問題のシーンですが、概ね歴史監修の点では、間違いありません」的な内容で、回答は頂きました。 (詳しい内容は、質問履歴を見て貰うと分かると、思います。) つい先日、同じ再放送番組として見た、テレビ朝日と東映制作による、連続ドラマとしての時代劇番組、「吉宗評判記暴れん坊将軍(暴れん坊将軍第1シリーズ)」で、題名が、「お七里飛脚は鬼より怖い」と言って、主なストーリーが… 「現在の島根県松江市方面を、主な領地とした、松江藩をモデルにした藩は、江戸と領地の間を、七里に分けた、お七里飛脚と言う役所を、置いてた。 担当者であり、悪のボスである、宮口二郎さん(故人)扮する一人の侍は、このお七里飛脚を利用して、準ボスである、天津敏さん扮する米問屋の主人と、手を組み、飛脚としての部下を利用して、大阪(大坂)の米相場を悪用する事で、金儲けしてたが、これを知った一人の町人の男から、脅された。 宮口さん扮する、悪のボスは、飛脚として時々動く事あるから、藩の江戸屋敷から、呼び出された場所に走って出向いて、問題の男が、別の女性とトラブルになってた事から、その女性を犯人にする為、あらかじめ盗み出した、女性のかんざしを使って、問題の男を刺し殺してから、再び走って、江戸屋敷に戻った。 つまり、「飛脚による、足の速さと、アリバイ工作を、悪用した」殺人事件を、起こした事になる。 その後は、犯人にされた女性の知合いだった、め組の面々から、新之助として相談を受けた、松平健さん扮する、主人公の徳川吉宗は、横内正さん扮する、南町奉行の大岡忠相と共に、裏付け捜査した上で、 悪の一味の関係箇所である、米問屋の主人の別荘に乗り込んで、集まってた悪の一味を、成敗した。 問題の犯人である、ボス含めて、悪の一味は全員、南町奉行所に捕まって、結局ボスと準ボスの米問屋の主人は、死罪になった…」と言う回が、放送されてました。 問題なのは、ほぼ最後に登場した… 「悪の一味のボスの上司だった、藩の江戸留守居役は、「部下への監督不行き届きによる、責任を取る為」として、藩邸内で切腹したが、首は切られてなかったので、 介錯人は無しで、 自分だけで切腹したかして、正座座りの状態で、前に倒れ込む事で、死んでた…」シーンに、なります。 そこで、質問したいのは… 「問題の切腹シーン、介錯人は無しの設定かして、切腹した人は、首を切られずに、正座座りのままで、前に倒れ込む様に、死んでた。 介錯人無しによる、この様な切腹シーンだが、歴史監修の点から見て、実際にはどうなのか…?」に、なります。

  • ドラマや時代劇で、登場する、病気のシーン

    朝日放送と、松竹(京都映画、現在の松竹撮影所)が、共同制作した、連続テレビドラマとしての時代劇、「新必殺仕事人」(昭和54年~56年(1979年~81年)に、本放送)ですが、以前再放送してた、比較的初期の回を、自宅のテレビで見た時… 「南町奉行所にある、同心部屋。 須賀不二男さん(故人)扮した、直属の上司たる、筆頭同心。 藤田まことさん(故人)扮した、主人公の中村主水が、余り手柄を立てない等、仕事しない事に対して、「中村、お前 いつも俺に、イライラさせる事、ヤってる、じゃないか…!? お前のおかげで、胃薬が、手離せないんだぞう…!?」的な内容で、少しカッと等、イライラしながら、直属の上司として注意する為、体調的に悪くなる。 そして、粉薬だが、胃薬を飲んで、何とか体調的に、落ち着こうとする…」シーンが、入った回が、割と多く、放送してたのを、私は見ました。 しかし、結局は… 「須賀さん扮した、直属の上司は、奉行所での自分の上司から、「部下への監督、届いてない」と、判断されたかして、八王子の代官所へ、左遷させられてしまった。 その後任者が、山内としお(敏男)さん扮して、後に好評になる、田中様となる…」回に、発展してます。 そこで、質問したいのは… 「新必殺仕事人で、登場した、問題のシーンを、見た時。 私は、「勤務先で、直属の上司として、部下へ監督したり、自分の上司から、指導受けたりして、胃腸の具合が、悪くなる。 そして、かかりつけ医院等、医療機関で受診して、錠剤か、粉薬かは別だが、処方して貰った、胃薬を飲む上司が、大変多い…」的な内容で、新聞により、以前見た事あるのを、思い出した。 病名としてなら、多数あると思うので、世の中で有名な病名で、1ツだけで、構わない。 新必殺仕事人で、登場してた、須賀さん扮した、主水の直属の上司。 セリフの内容から、どう言う、胃腸の病気を患ってたと、思われるか?」に、なります。

  • 時代劇で登場する、剣道のシーン、歴史的には…?

    今回の質問は、「スポーツとして、武道の剣道を、段位取得にせよヤっていて、歴史的にも分かる人なら、多少は分かる」と、思います。 再放送番組ですが、日本テレビ系列による、「桃太郎侍」や、テレビ朝日系列による、「暴れん坊将軍・吉宗評判記暴れん坊将軍」シリーズと、朝日放送制作による、「必殺仕事人」シリーズ等、民放テレビ局と、東映か松竹(京都映画、現在の松竹撮影所)が、共同制作してる、連続ドラマとしての時代劇番組で、剣道の流派が、関係する回が、放送される場合。 関係するシーンとして、「被害者側か、悪の一味側かや、クライマックスシーンで等、どの辺りで登場かは別でだが、剣道の流派の道場が、登場する」シーンが、入った 回が、大抵は放送されてます。 大阪で、私が住む地域含めて、兵庫県がメインのサンテレビで、 毎週金曜日、午前5時50分から、「朝の時代劇」として、「桃太郎侍」が、再放送されてます。 一番最近となる、4月8日再放送分では、第53話「じゃじゃ馬剣法」と言う回が、再放送されました。 この「じゃじゃ馬剣法」と言う回、主なストーリーは… 「高橋英樹さん扮する、主人公の桃太郎の知合い、有川博さん(故人)扮する、師範代が所属する、ある被害者側の剣道の流派で、有川さん扮する、門下生でもある師範代の師匠である師範が、 幕府内での剣道の師範つまり、先生になる事が、幕府からの任命により、決まった。 これに対して、「自分達の流派から、師範を出す事で、小遣い稼ぎする」等の悪事を、企んでた、江見俊太郎さん(故人)扮する、対立してる流派の師範や、西山嘉孝さん扮する、「剣道の師範を、誰にするか決める立場の役所に、勤務してる」幕府での知合い等、悪の一味達は、反感を持った。 この為、被害者側の流派で、小遣いに困ってた、宮城幸生さん扮する門下生を、裏切らせて、流派の極意、つまり決まりを書いた巻物を、盗み出させた。 これを知った、問題の被害者側の流派の師範が、自分達のアジトである、悪の流派の道場兼師範の自宅に乗り込んだ所を、悪の一味達は、門下生等の手下達に、斬り殺させる事で、「被害者が、自分達の流派を、道場破りする為、乗り込む不法侵入された事により、無礼射ち的に斬り殺したが、不法侵入による刑罰として、被害者の遺体を獄門にする様に仕向ける」等により、道場破りを悪用した。 クライマックスシーンとして、「江見さん扮する、悪の流派の師範が、候補者が死んだ事による、後任の師範になるのが、ほぼ決まった」等、ほぼ悪事が達成と言う事で、悪の一味達は喜んでから、今後の方針について、江見さん扮する師範の自宅でもある、悪の流派の道場の練習場的な場所で、会議してた。 これを、三つ葉葵の門が入った、着流しに翁の面姿による、お決まりの姿に扮した、高橋さん扮する桃太郎に、乗り込まれて、鬼退治として、全員が斬り殺される事で、成敗された…」的な内容に、なります。 この問題の回では、被害者側の流派と、悪の一味の流派の道場共に… 「師範か、師範代の自宅でもある道場にある、練習場的な場所の真正面に、「香取大明神」と、「鹿島大明神(鹿嶋大明神)」と、書いた2枚の掛け軸を、真後ろにした神棚が、設置してる」シーンが、登場してました。 同じ様なシーンは、他の時代劇番組でも、先に出した様に、剣道の流派が関係する回であれば、結構多く登場してる様に、思います。 この為、「歴史的に見れば、時代劇番組で、剣道の流派の道場が、関係するシーンが登場すれば、半分は架空だが、もう半分は、歴史的にも一応、実在してる」と、思います。 そこで、「段位取得済にせよ、スポーツとしての剣道と、歴史面から見た剣道、両方が分かる」人に、質問したいのは… 「時代劇番組で、剣道が関係する回あれば、被害者側か悪の一味側は別にせよ、1つの流派の道場にある練習場的な場所で、真正面に向かって、「香取大明神」と、「鹿島大明神(鹿嶋大明神)」を、書いた2枚の掛け軸が、神棚の真後ろに、飾られてるが、時代劇番組の歴史監修の点から見たら、どうなのか? 又、現在実在する剣道の流派の道場でも、時代劇番組で登場した、問題のシーンの様に、飾ってるのか?」に、なります。 そこで、「時代劇の歴史監修と、スポーツとしての剣道」

  • 時代劇で、お金に、関係する、シーン

    「以前、テレビ朝日系列による、時代劇「暴れん坊将軍III」を、サンテレビ(兵庫県が、メイン)による、お昼の再放送番組として、ある平日の午後零時から、放送してた回。 これを、大阪府だが、放送エリアにある、自宅のテレビで、私が見た、あるシーン」に、なります。 問題の回は… 「ニセ検校が、「盲人に対する、福祉の募金」を、江戸市中の住民へ、呼びかけて、手下達を使い、最初は、借金の取り立て同然に、募金を、集めさせた。 しかし、その募金は、「ボスである、若年寄に対する、ワイロにする為、庶民へ貸し付けて、利息込みで、取り立てる、借金の元金」として、ニセ検校は、使う計画だった…」のが、主なストーリーに、なります。 質問したいのは、この騒ぎに対して、め組の居間で… 「山本真由美さん、扮する、おはる(め組の頭、辰五郎の姪)は、浅芽陽子さん、扮する、おさい(辰五郎の奥さん)から、「寄付金として、1人1朱を、取り上げられてる」旨、聞いた。 すると、おはるは、「女将さん、それなら、10日分の給金(給料)、じゃないですか…?」等、無茶である旨、おさいへ、指摘した」シーンに、なります。 そこで、質問したいのは… 「浅芽さん、扮する、おさいが、山本さん、扮する、おはるに対して、「1朱」と、知らせてる部分。 現在の価値で、言えば、幾ら位か?」に、なります。

  • 福本清三さん、必殺シリーズで出演した時。

    時代劇の斬られ役としては、有名である福本清三さん。 「約8年前には、個人として長年夢だった、「朝日放送と、テレビ朝日に松竹が、合同で制作した、連続ドラマとしての時代劇番組「必殺仕事人2009」で、津田寛治さん扮する、悪の米問屋に雇われて、津田さん扮する主人に歯向かった、渡辺いっけいさん扮する地方の藩の侍を斬り殺したが、藤田まことさん(故人)扮する中村主水に、仕事人として始末される、凄腕の用心棒の浪人役でのゲスト出演」が、 達成出来た」と言うのは、ご存じと、思います。 ただ、「必殺仕事人シリーズで、藤田さん扮する中村主水に、仕事人として始末される、悪の一味役でのゲスト出演」自体は、昭和時代に検討されてたそうで、実際昭和60年(1985年)前後に、本放送された、「必殺仕事人V」で、ある回では…。 「撮影前、朝日放送と松竹並びに、松竹の制作子会社京都映画(当時)、それぞれの担当スタッフは、福本さんの所属事務所としての東映に、「ゲスト出演の許可」を、求めた。 すると、東映側の担当スタッフからは、「自分達が、制作してる時代劇番組も、必殺シリーズのスタッフで、フリーで仕事してる人も、担当スタッフとして加入してる番組ある のと、福本さんは殺陣師的な経験や知識も豊富で、松竹(京都映画)さんや朝日放送さん、両社の担当スタッフや出演者にも、指導や助言が出来るので、ゲスト出演させるのは認めます」的な内容で、快諾されたので、必要な台本を仕上げて、撮影をスタートしようとした。 すると、松竹側の担当スタッフ中心に、「福本さんは、斬られ役だから、藤田さん扮する中村主水に、始末される悪の一味役でのゲスト出演は、未だ早いわ」と、言い出すスタッフが出て来たと言う…。 その上、福本さんと藤田さん、それぞれの撮影期間の予定を、松竹と朝日放送が調べたら、「予定が合わない」と、判明した。 この為、台本を急遽訂正して、福本さんについては、藤田さん以外に、レギュラー出演してる仕事人役の俳優さんの予定を、改めて撮影期間の予定で、松竹と朝日放送が調べたら、花屋の政役の村上弘明さんとなら、予定が合うのが判明した。 この為、福本さんについては、「浪人である、悪の一味のまま、村上さん扮する、花屋の政に、バラか椿の花付きの枝で始末される」設定で、台本を訂正する事により、何とか撮影は出来た。 なお、藤田さん自身は、福本さんと同じ東映所属の白井滋郎さんとなら、撮影期間の予定と合ったので、こちらも松竹と朝日放送は、東映から許可を貰ってだが、白井さんには、「福本さん扮する、悪の一味の浪人と常に行動したチンピラで、藤田さん扮する中村主水に、仕事人として始末される、悪の一味役」で、ゲスト出演 して貰った事で、こちらも撮影自体は、予定通り済ませる事が、出来たと言う…」逸話が、あるそうです。 問題の逸話ある回、題名としては、「加代ゴリムリンを売る」で、担当の監督さんは、田中徳三さん(故人)。 大阪住まいだが、私が住む市は放送エリアであるKBS京都テレビ で、「毎週火曜日、午後8時からの再放送番組」として、8月30日午後8時から、再放送されてました。 そこで、プロフィールの視点から、質問したいのは…。 「昭和時代に、本放送された必殺仕事人シリーズ(必殺シリーズ)では、問題の逸話ある回以外では、福本さんは更に1回。 「仕事人に始末される、悪の一味」 役で、 ゲスト出演した回が、ある模様である。 被害者役は誰かは、今回は回答を求めない。 その回、本放送日と担当の監督さんは、分かればで構わないが、どの必殺仕事人シリーズの何回目として本放送された、何と言う題名の回か? 又、「浪人」的な言い方で言えば、福本さんは、どう言う悪の一味役で、ゲスト出演してたか? そして、他にゲスト出演した俳優さん扮する、他の悪の一味も含めてだが、どの仕事人が、どの悪の一味を始末してたか? 」に、なります。

  • ドラマ(時代劇)で見た、お葬式関係のシーンから…?

    私が以前早朝に、再放送していたのを、自宅のテレビで録画して、後日から度々見てる、日本テレビ系列の時代劇番組、「桃太郎侍」で、登場してた回に、なります。 問題の回、主なストーリーは… 「現在で言えば、伝染病と思うが、「コロリ」と言う、流行り病の患者の治療で、必要となる薬を、今福正雄さん(故人)扮する、小石川養生所(病院)の筆頭の医師は、幕府経由で仕入れた。 これを、幕府で担当した、田中浩さん(故人)扮する北町奉行は、藤岡重慶さん(故人)扮する、知合いの薬種問屋を使って横流ししたが、今福さん扮する、養生所の筆頭の医師が、不審に思ったのに気づいた、田中さん扮する北町奉行は、藤岡さん扮する、薬種問屋の手下達を使って、コロリの急患の往診しに行く途中だった、今福さん扮する、養生所の筆頭の医師を、その同行者2人も含めて、殺害させた…。 言う迄も無いが、北町奉行の私邸で、田中さんと藤岡さんが、それぞれ扮する人物含めて、悪の一味は、高橋英樹さん扮する主人公の桃太郎に、 乗り込まれて成敗された…」と、言う内容と、なります。 問題なのは、この回で登場した… 「今福さん扮する、養生所の筆頭の医師は、殺害された後。 遺体は、自宅に戻されて、敷かれた布団に寝かされて、掛け布団を掛けられて、顔を隠す布も掛け、胸元付近には、守り刀が置かれた。 一報を聞いた、高橋さん扮する桃太郎は、自宅に行って焼香してから、遺体の顔を隠してた布を、外して見て戻してから、三浦リカさん扮する、被害者の実の娘である女医から、事情聴取した …」シーンに、なります。 そこで、お葬式のマナー面から、確認したいので、質問したいのは… 「自宅か、お葬式屋さんの会館(メモリアルホール)的な施設の和室で、敷いた布団に寝かされた、故人の遺体の顔を、隠してる布を、外して見たり、逆に見終わったら、その布を掛けて隠したりするのは、本来なら、参列者自身では無く、喪主又は、その家族か直接の親戚等、同席してる、故人の直接の関係者が行うのが、普通なのか?」に、なります。

  • どの特撮番組に、出演してたか?

    「連続テレビドラマ方式による、時代劇としては、悪のボス役か、準ボス役が、比較的強い」俳優の石橋雅史さんについて… 「朝日放送と、松竹(京都映画、現在の松竹撮影所)が、1981年(昭和56年)前後に、共同制作して本放送した、連続テレビドラマとしての時代劇、「新必殺仕事人」で、拳法が出来る破戒僧で、中条きよしさん扮する、三味線屋の勇次と、その拳法を使って、対決した。 しかし、結局は、勇次に始末された、悪の一味の1人役として、ゲスト出演した。 石橋さんは、テレビ朝日が、東映と共同制作した、子供向きのミニドラマとなる、「スーパー戦隊」シリーズで、悪の一味の幹部役として、レギュラー出演したシリーズがあって、戦隊のメンバーと、直接対決する回も、度々あった…。 この為、石橋さんは、個人的には、元々格闘技が好きなので、休みの時は、スポーツジムで、格闘技を、練習してると言う…」的な内容による、プロフィールとしての逸話が、自宅で購読してる、スポーツ新聞の芸能面で、載ってたのを、以前に見た記憶、あります。 参考迄に、新必殺仕事人で、石橋さんが、ゲスト出演した、問題の回では、他の悪の一味役としては… 「藤木孝さんが、被害者の商家の親戚だが、乗っ取りを図る悪の一味の1人役として…。 西沢利明さん(故人)は、石橋さんと、藤木さん扮する、悪の一味の話に乗って、加担した、被害者側の商家の番頭か手代役」として、それぞれ、ゲスト出演してます。 そこで、「プロフィールの視点から見た、石橋雅史さん」について、質問したいのは… 「分かる範囲内で、構わない。 石橋さんが、テレビ朝日系列のスーパー戦隊シリーズで、「悪の一味の幹部」役により、個人としての趣味である、格闘技を活用して、レギュラー出演してたのは、昭和何年(西暦何年)に、本放送してた、何と言うシリーズか…?」に、なります。

  • 必殺仕事人シリーズ、このストーリーの回は?

    朝日放送と、松竹(京都映画、現在の松竹撮影所)が、共同制作して、放送した、連続テレビドラマとしての時代劇、「必殺仕事人」シリーズで… 「仕事人の一部が、京本政樹さん、扮する、組紐屋の竜。 これと、村上政明さんが、扮する、花屋の政か、鍛冶屋の政へ、変わった」シリーズなのは、確かです。 以前、制作局でもある、朝日放送で、地元大阪方面のローカル単位による、深夜の再放送番組として、ある日曜日(翌月曜日)の深夜、急遽放送してたのを、私は、自宅のテレビで、見たのを、先日思い出しました。 問題の回ですが、主なストーリーは… 「ある雪国にある、ある藁葺き屋根の住宅で、立てこもり事件が、発生した。 そこへ、その雪国に、藤田まことさん(故人)扮する、中村主水が、表の仕事で、山内としおさん扮する、上司の田中様と一緒に、出張してたら、巻き込まれた。 所が、現場の住宅には、住宅の住人や、近所の人だけで無く、用事あって、出かけてた、他の仕事人も、人質になってた。 この為、主水等、仕事人達は、3人程の犯人達に、バレない様に、打合せて、急遽その犯人達を、始末する事になり、住人達や、田中様に、バレない様に、仕事人達は、犯人達を、始末した。 これにより、まんまと、「犯人達は、仲間割れで、死んだ」様に、仕向けた…」内容に、なります。 この回で、「悪の一味である、3人組の犯人役の2人」として、石橋雅史さんか、野口貴史さん辺りが、ゲスト出演してた様に、記憶あります。 そこで、質問したいのは… 「問題の回だが、必殺仕事人シリーズでは、どのシリーズで、何と言う、題名の回か? 又、担当の監督さんは、誰か? それと、肝心な話だが、悪の一味である、犯人役として、ゲスト出演してたのは、石橋さんと、野口さん辺りと、記憶あるが、間違い無いか? 又、ここから先は、分かる範囲内で、構わない。 被害者役として、ゲスト出演した、主な俳優(女優)さんは、誰か? それと、本放送したのは、昭和何年の何月何日頃で、DVDソフトで言えば、何巻目の何番目として、収録されてると、思われるか?」に、なります。

  • 必殺仕事人、どのシリーズで、ゲスト出演したか?

    「朝日放送が、松竹(京都映画、現在の松竹撮影所)と、共同制作した、連続テレビドラマ方式による、時代劇番組。 「必殺仕事人」シリーズで言えば、ひかる一平さんが、医師の卵である、仕事人西順之助役で、レギュラー出演し始めた、「必殺仕事人III(パート3)」以降のシリーズで、登場した回なのは、確かなので、質問したい」と、思います。 問題の回ですが… 「日本テレビ系列で、テレビアニメ番組化される等、大ヒットした、マンガ「キン肉マン」。 作者である、二人の漫画家による、「ゆでたまご」さんの内、一人の漫画家が、被害者的な立場の人間役で、ゲスト出演してた。 その漫画家が、扮する人物は、正義感、あふれる人間だった。 これを見た、悪の一味は、悪用した」のが、主なストーリーに、なります。 そこで、質問したいのは… 「まず一ツは、「ひかるさんが、仕事人西順之助役で、レギュラー出演し始めた、「必殺仕事人III」。 そのひかるさん扮する、西順之助を、「順ちゃん」と、追いかけ回す、ギョロ目の玉助役で、梅津栄さんが、レギュラー出演し始めた、「必殺仕事人IV(パート4)」又は、次のシリーズ」。 これら、何れかで、何と言うシリーズの何回目として、制作して、本放送された、何と言う題名の回で、担当の監督さんは誰か? 一番肝心である、「正義感あふれる人間」役で、問題の回に、ゲスト出演したのは、ゆでたまごさんでは、何と言う漫画家になるか? 又、仕事人達に、始末された、悪の一味役で、ゲスト出演した、俳優さんの名前と役名は、それぞれ何と言うか? それと、それぞれの俳優さんが、演じた悪の一味は、どの仕事人に、始末されたか? それと、ここから先は、分かる範囲内で、構わない。 本放送されたのは、昭和何年の何月何日頃か? それと、DVDソフトで言えば、何巻目の何番目として、収録してると、思われるか?」に、なります。