• 締切済み
  • すぐに回答を!

反応速度定数

s+q=x これからの反応速度は[s][q]について一次であり、速度定数をk1、k2とする。 s+q=y s+r=z のとき、x.yの生成速度は、それぞれ、k1[s][q],k2[s][q]であり、その比は常にk1:k2となる。 上記内容にてなぜ、[s]と[q]はかけるのか?モル濃度同士をかける意味がいまいち把握できません。kに関しては、速度定数なので温度、圧力に依存するためかけるのは理解できます。 かけるという概念をしっかり把握出来てないのかも知れません。上記の場合、%×%という意味あいになるのでしょうか?粒子が衝突することで速度があがるので[s][q]をかけると濃度が濃くなるような気はしますがしっくりきません。 わかりやすくご説明頂ける方、よろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数219
  • ありがとう数10

みんなの回答

  • 回答No.3

>粒子が衝突することで速度があがるので[s][q]をかけると濃度が濃くなるような気はしますがしっくりきません。 これが分かっているのならそれで良いのですが、何やら変に考えておかしなことになっているように思います。 なお、粒子が衝突することで速度があがる、というのはおかしいですが。 衝突の頻度が上がる>反応速度が上がる、です。 濃度が上がれば衝突の頻度は上がるはずなので、結果として基質の濃度が反応速度に効いてきます。 フラスコの中の狭い空間を観察したときに、反応基質(分子A)を見出す確率は濃度に比例します。それはわかりますよね? 反応速度が分子Aの濃度の一次に比例するなら、この段階で反応速度∝[A]とできます。分子Bについても同じです。両者をくみあわせれば、反応速度∝[A][B]となります。 どうやって次数を決めたのか?というところは、擬一次反応、などの言葉で調べてください。 大変わかりやすい方法です。 アレニウス理論的に考えると、まず反応器質同士が衝突する必要がある。この段階の確率は、両者の濃度に比例するだろう。 しかし、衝突した分子が、ちゃんと100%生成物に行くかはわからない。一般にはそうならないだろう。ぶつかったあと、生成物に行く確率を速度定数kとしておこう。これは反応の種類・基質分子・温度・溶媒といった様々な要因で変化するパラメータ。反応速度式完成。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 反応速度定数

    書籍でみたのですが、重合反応の二次速度定数(Kp)が0.1(L/mol sec)という記述がありました。 一次、二次はどう違うのでしょうか? また、上記の値から一次反応速度定数(mol/L・sec)にはどういう計算でなおせばよいですか。初期濃度はわかるので、一次反応速度定数がわかれば、系に加えた物質が全て反応しきる時間など計算可能でしょうか? この手の話は理解不足なため、乱文ですいません

  • 反応速度係数を求める問題

    反応速度係数を求める問題 以下の問題がわかりません! ご回答よろしくお願い致します! (1)一次反応の加水分解において、反応物質の濃度が最初の濃度の半分になるのに4時間かかる。速度定数を求めよ。 (2)ある一次反応において、反応物質の半分が分解するのに90秒要した。反応速度定数と、90%反応するのに要する時間を求めよ。 (2)の半分、というのはモル濃度が半分になったということでいいのでしょうか・・・

  • 逐次一次反応-反応速度定数を変化させる要因-

    逐次一次反応-反応速度定数を変化させる要因- 反応速度論につき、勉強を始めたばかりです。 以下の2点について、教えて頂けると嬉しいです。 どちらか1点でも構いませんので、どうぞよろしくお願いします。 =================================================== (1)反応速度と圧力依存性 一般的に、反応速度定数の温度依存性については 「アレニウスの式」で定義されています。 圧力依存性はないのでしょうか? (平衡では圧力依存性は出てきますが、反応速度では  まだ見かけていません) (2)逐次一時反応の速度定数を変える条件 今、A→B→Cという逐次一時反応を考えています。 よくあるモデルですが、A→B(速度定数k1), B→C(速度定数k2)です。 k1,k2の大きさが同程度なのですが、 これをk1>>k2とするための方法として どのようなものが考えられるでしょうか? 温度、圧力、濃度条件の変化etc…考えられるものが 教えて頂けると幸いです。 ================================================== 質問に対する解答、詳しい情報が記載されている 書籍等何でも構いませんので、色々教えて下さい。 よろしくお願い致します。

  • 回答No.2
  • hg3
  • ベストアンサー率42% (382/896)

難しく考えすぎ。 生成速度がsの濃度に比例し、また、qの濃度にも比例するからです。 そしてその比例定数がkということ。 要は、sの濃度が2倍になれば、生成速度が2倍になる。同様にqの濃度が2倍になっても生成速度が2倍になる。 そういう意味です。 つまり、濃度を掛け合わせるという発想が混乱のもとです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1

東大出理博、専門は電気化学、分子状酸素の化学、典型属元素の有機化学。 >モル濃度同士をかける意味がいまいち把握できません。 ごもっともです、私は早熟で中学に「教育研修に来た」化学専攻の学生さんを 平衡定数の単位でいじめていました。 自分でもよく分からない。十五年程前物理化学の専門家に笑われた 「抵抗があるのはよく分かる、東大教授でも分かって居ないのがいる、それはモル分率を使うのさ」 あーそうだった、駆け出しの時、先輩の変な論文をモル分率表記に直し曲がったグラフを直線にして 論文を稼いだことがある。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 反応速度

    反応速度 A→B+C で速度定数kのとき、Aの濃度は時間とともにどのように変化しますか?

  • 反応速度定数を求める問題

    こんにちは!! 薬剤師国家試験の問題です。 解き方、考え方を教えていただければと思い、こちらに投稿させていただくことにしました。 解説がなく考えても分からず、困っています。 『反応開始時には化合物Aのみが存在しており、可逆反応によって化合物Bを生じる。 この正逆両反応とも一次反応で進行している。  k1 A→B  ←  k2 このAとBの濃度の時間変化を下図に示している。 この反応の速度定数k1とk2を求めよ。 ただし、ln2=0.693とする。』 ちなみに答えはk1=0.024、k2=0.006となります。 k1=4k2の関係までは導けたのですが、 その先どう考えていったらいいのかがどうしても分からないのです>< どうかよろしくお願いします。

  • 反応速度について

    A+B→C+Dという反応が一次反応で表わされるとき、反応物Aと生成物Cの濃度と時間変化の関係式はどのようになるのでしょうか? Aのみに注目した場合に、反応速度をr、反応速度定数をk、Aの濃度をCとした時に-r=kCとなるのはわかりますが、Cにも注目した場合はどう表すのかよくわかりません。

  • 二次反応の反応速度定数kについて

    大学の課題として、水酸化ナトリウム中の酢酸エチルの 加水分解反応において、各時間における酢酸エチルの減少、 酢酸エチルと水酸化ナトリウムの初濃度が分かっている(与えられている)時に反応速度定数kと半減期を求める問題をやっているのですが、自分なりに精一杯調べた結果、半減期については kと初濃度の積の逆数であると思われることがわかったのですが反応速度定数の求め方が分かりません。理解するのに時間がかかるのでご迷惑おかけすると思うのですが教えて下さい、お願いします。

  • 化学 反応速度

    粒子A,Bが同じ空間にあるとき、一方もしくは両方の濃度を高くすると粒子同士の衝突回数が増えて反応速度が大きくなりますよね? でもこれって濃度を高くした分たくさん反応を起こすことになりますから、反応時間は長くなるということですか?

  • 反応速度定数の求め方

    次の問題がわかりません。 表から反応速度定数を求める問題です。 わかる方、教えてください。 問題: 分解を一次反応で表すことが可能な物質Mの反応について、回分操作によって物質Mの時間変化を観察したところ表-1の結果を得た。反応速度定数を有効数字2桁で求め、単位とともに答えろ。

  • 反応速度論

    反応速度論について聞きたいんですが。 『A+B⇔C→D という化学反応でk1 , k1' , k2 をそれぞれA+B⇔Cの正反応の速度定数、A+B⇄Cの逆反応の速度定数、C→Dの速度定数とします。 このとき各A、C、D、について濃度が時間とともにどのように変化するかしきで表しなさい。A、Bの最初の濃度は0でなく、C、Dの最初の濃度は0とする。またA+B⇄Cは平衡であると仮定してよい。』 1. d[A]/dt = -k1[A][B] + k1'[C] 2. d[C]/dt = k1[A][B] - k1'[C] - k2[C] 3. d[D/dt] = k2[C] 4. [C]/([A][B]) = k1/k1' (平衡であると仮定したため) この4個の式が成り立ちますよね。 で、平衡状態の元ではC→Dは一次の反応なので [C] = [C]o e^(-k2t) となります。それで4の式より [C] = k1/k1' [A]o[B]o e^(-k2t) となりますよね。 Cの濃度変化は求められたのですがA、Dについてがよくわかりません。 1の式はどのように解いたらいいのでしょうか? Aの濃度変化がわかれば質量保存から [D] = [A]o - ([A]+[C]) で出せますよね? どなたかわかる方ヒントなどください。よろしくお願いします。

  • 反応速度論について

    平衡で、A→Bの時の速度定数をK1、B→Aの時の速度定数をk2、Aの初濃度をr、時間tにおけるBの濃度をxとした時の 速度式の積分型の求め方が分かりません。 t=∞のとき、AとBの濃度はr/2とすれば良いのですか?? xeqを使わないで(今出ている文字だけで)解きたいのですがどうすれば良いでしょうか。

  • 反応速度について

    高校2年です。 化学反応の速度で、 1温度を高くすると反応が速くなる訳を、粒子の熱運動に着目して答えよ 2濃度が高くなると反応が速くなる訳を、粒子の衝突に着目して答えよ の2問について教えて下さい…… 私の答えは、 1.分子の熱運動が大きくなり、衝突回数が増える。また、活性化エネルギー以上のエネルギーを持つ分子が増え、分子が衝突したとき反応の進む割合が大きくなり、反応速度も大きくなる。 2.粒子の衝突する頻度が高くなるため。 です。 1の後半の文は蛇足でしょうか……?あと、2のもう少し詳しい答えを頂ければ嬉しいです。お願いします

  • 反応速度定数

    反応速度定数は温度とともに変化するが、反応物の濃度にはよらない。 これは正しい記述だそうです。 解説には反応の種類や温度によって変化するが、反応物の濃度には無関係である。 完全に無関係であるといえるんですか? それはなぜですか。 イメージ出来ません。 教えて下さい。