• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

基質反応速度式での疑問

(1)「ミカエリス・メンテンの式に出てくる   Vmax と Km が判っていても、   『素反応速度定数』を決定出来ない。」 と書いてある文があるのですが、何故ですか? 2つの変数が k_1,k_-1,k_2 に依存するからですか? 素過程には k_2 が無い(?)から・・・。 (2)基質阻害の所に載っているグラフで  S 対 1/V をプロットするものがあるのですが、  その傾きから 1/K2ke0 が得られるとあります。  (K2:解離平衡定数 e0:全酵素濃度)  前の式で   v=ke0/(1+K1/S+S/K2)  というのがあるので、  これを使っているのかと思いますが・・・。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数287
  • ありがとう数0

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • Kemi33
  • ベストアンサー率58% (243/417)

まず(2)について。 > 前の式で >   v=ke0/(1+K1/S+S/K2) >  というのがあるので、 >  これを使っているのかと思いますが・・・。  そう思うのなら,なぜ 1/v = ・・・の式を導いてみられないのでしょうか? やってみれば直ぐに解るかと思いますが・・・。  v=ke0/(1+K1/S+S/K2) の逆数をとって,   1/v = (1/ke0)(1+K1/S+S/K2)     = (1/ke0K2)S + (1/ke0)(1+K1/S)  (1)については,どんな所で出てきたのでしょうか? 教科書の類であれば説明がある筈ですが・・・。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

(1)は英語で書かれた参考書に書いてありました。 その前後も訳しましたが、 説明らしいものは書いてありません。 M-M式を説明した後の、 素反応速度式に入った冒頭の一文です。

関連するQ&A

  • 酵素の反応速度について

    生化学の実験で酵素の反応速度を測定し、 Km値とVmaxを求めました。 一番高い基質濃度が2,5mMで、Vmax=1,73になり、 Km値はVmax/2から、0,49になりました。 このときの課題で、 Q,ミカエリス・メンテンの式から計算すると、Km値の10倍の基質濃度での酵素反応速度は最大反応速度(Vmax)の何%か? というものが出たのですが、 式はv=(1,73×2,5)/(10+2,5)で合っているんでしょうか? どなたか教えていただけると助かります。

  • 酵素の反応速度論

    授業で「ミカエリス・メンテンの式」の事を勉強して疑問に思ったことです。 基質濃度と酵素反応の関係を表したグラフについて「このような双曲線はY=ax/(b+x)という式で表せる。これを書き換えるとV=Vmax[S]/(Km+[S])というミカエリス・メンテンの式となる。」という記述が教科書にありました。 「双曲線はY=ax/(b+x)という式で表せる」というのがどうしても理解できず、数学の教科書で双曲線の式を探しましたがY=ax/(b+x)という表記はありませんでした。 Y=ax/(b+x)について、解釈の仕方や式の導き方等、知っている方がいましたら御教授をお願います。

  • ミカエリスメンテンス機構

    ミカエリスメンテンスの式の示す所はどんなことなのでしょうか? Kmが決まることによって、酵素と基質の結合定数が分かる。 Vmaxが決まることによって、速度定数が分かる。 以上より、酵素と気質の相互理解ができる。 という事以外に何かありますか?

  • 素反応速度定数の決定

    酵素反応の『素過程』における ミカエリス・メンテン式に出てくる Vmax , Km が判っても、 『素反応速度定数』 を決定出来ないのは何故ですか? それぞれ Vmax=k2e0 Km=(k_-1+k2)/k1 で表され、この k2 が無いからでしょうか?

  • 酵素反応における基質阻害について

    ある薬物代謝酵素の酵素活性を測定しています。 いろいろと論文を調べて反応系を組み立てましたが、 基質濃度が50μM以上になると基質阻害が起きてしまいました。 論文のデータによると少なくとも基質が200μMまでは普通にミカエリス・メンテンに従うのですが・・。 基質はDMSOに溶かしており(論文でもDMSO使用とのこと)、酵素反応に用いた基質濃度はそれぞれDMSOで希釈しました。 DMSOの最終濃度は1%に抑えています。 研究が進まなく困っています。 どなたか回答をお願いします。

  • 生化学-酵素反応速度論の問題について

    生化学-酵素反応速度論の問題について 以下の問題がわかりません。 〈問1〉 全反応(総括反応) X+Y→2Pにおいて、反応機構は中間体 I を含む下記の三つ素反応で示されるものとする。物質X、Y、I、Pの濃度をそれぞれ[X]、[Y]、[I]、[P]として、下記の(1)~(3)に答えよ。 X→k1→I I→k-1→X I+Y→k2→2P (1)生成物Pの微分型速度式(d[P]/dt)を示せ。 (2)中間体Iの微分型速度式(d[I]/dt)を示せ。 (3)上記の中間体Iの濃度は時間変化しないものと仮定してPの微分型速度式(d[P]/dt)を示せ。 〈問2〉 以下の式(1)に従う酵素反応がある。その反応の定常状態において、ES'の濃度は一定である。 E+S←Ks→ES→k1→ES'→k2→E+P …(1) 律速段階はES'から反応産物Pが生成する段階であり、Xは基質から遊離される部分、ES'は基質の残りの部分が 酵素に結合した複合体を表している。なお、基質Sは大過剰であり、酵素反応中において一定であるものとする。 以下の(1)~(4)に答えよ。 (1)d[ES']/dtを記述し、定常状態におけるES'複合体の濃度を、速度定数と[ES]で表せ。 (2)全酵素濃度Etは、Et=[E]+[ES]+[ES']で表される。Etを[ES]、速度定数、解離定数Ks、基質濃度[S]で表せ。 (3)式(1)の反応速度は、v=k1[ES]で表される。反応速度vを、Et、[S]、Ksと速度定数で表せ。また、実験的に求められるKmを速度定数とKsで、Vmaxを速度定数とEtで表せ。 (4)キモトリプシンの加水分解反応は式(1)に従う。エステルであるp-nitrophenyl acetateをキモトリプシンの基質にしたとき、式(1)のXに該当する物質の構造式を示せ。また、ES'に相当する複合体では基質の残りの部分がどのように酵素に結合しているのかを述べよ。 上記2問がわかりません。 解に導く順序やヒントを示していただければ幸いです。全解答を示していただけたらさらに幸いです。 ちなみに、問1のk1、k-1、k2は右辺から左辺に反応が移項する際の速度定数です。 また、問2の式(1)のKsは可逆反応における解離定数を表しています。 よろしく御願いします。

  • 酵素の反応速度について教えて下さい

    いつもお世話になっております。 ミカエリス・メンテンの式を使って、Vmaxや、Km値を求める、またグラフを書いてみるといった、基本問題を解いていて疑問に思ったことを質問させて下さい。 私の本では、基質濃度(μM)と反応速度(μM/min)の値がすでに書いてあって、そこからVmaxやKmを算出するような問題となっています。その反応速度(μM/min)はどのようにして求めたものなのでしょうか? 「基質濃度[S]の異なる試験区を用意して、酵素添加後のそれぞれの生成物(あるいは反応物)の時間的(1分当たり)濃度変化(吸光度変化など)を観察する」 という実験でよいでしょうか?ご存知の方、ご確認お願いします。間違っておりましたら、ご指摘下さい。

  • ミカエリス定数と最大反応速度の求め方についての質問

    初めまして。 生化学を自習しているものです。 ミカエリス・メンテンの式に関連して下記の問題がわかりません。 「基質の広い濃度範囲で反応速度の測定が容易でないとき、ミカエリス定数と最大反応速度を計算する方法を述べよ。」 どなたかわかる方がいらっしゃったらお教え下さい。 (化学の方で質問したところ生物の人に聞いてくださいというお話をいただきました) よろしくお願いします。 m(_ _)m

  • ミカエリス・メンテンの速度式

    ミカエリス定数は反応速度が1/2Vmaxとなる基質濃度だと書いていました。 これを、ミカエリス・メンテンの速度式を導きだす解説の大半が「当然」だと書いていますが、なぜなのか全くわかりません。 どなたかご解説よろしくお願いします。

  • ミカエリス・メンテンの式でVmaxが基質濃度によらないことを言葉で解説

    タイトル通りです。 ミカエリス・メンテンの式でVmaxが基質濃度によらないことを,数式ではなく,何か例を挙げて言葉で平易に解説するには,どのように説明したらよいのでしょう。ご教授下さい。 生物カテで同様な質問がありましたが,高校や大学の教養課程で,酵素のVSグラフを扱うこと自体にやや無理があるような気もしています。これをどのように理解させたら良いのかという問題です。