• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

「ふ」をローマ字で書くと

ローマ字には 訓令式とヘボン式があり、表記が違うものもありますね。 それで、ヘボン式の方が、英語の発音にも近く、発音も性格に表わしていると言えるでしょう。 例えば、tiとtuは訓令式では「ち」と「つ」ですが、ヘボン式の法則から言ったら、「てぃ」と「てぅ」になるはずです。 さて、「ふ」は 訓令式では huですが、ヘボン式では fuです。 でも、fの音って 現代日本語では方言を除けば 使わない音ですよね。ですから、ヘボン式の法則から言ったら、「ふ」は fuよりもhuの方が 忠実と言うか正確だと思うんですが、どうして、ヘボン式では「ふ」はfuと表記されるのでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数9
  • 閲覧数1000
  • ありがとう数9

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.7

西洋式の[ f ] の発音は下唇を上の前歯に当てて息を吹き出します。すると擦れたような音がでます。「摩擦音」言います。 日本で f の文字で表す音は、両唇を半開きにして、そこから息を吹き出しますので、歯による摩擦がありまんし、摩擦の度合いも弱くなります。 hu の発音は「ハヒ・ヘホ」の並びで「フ」の発音をすることになります。この場合は口を大きく開けたままで、喉の奥で息を摩擦させます。日本人には不自然な発音になります。 喩えて言えば、ガラスの汚れを拭き取る時に、「ハーァ」と声を出さずに息を吹きかけることがありますが、あの要領で「フーッ」を出します。このままでは無声音ですので、母音の「ウ」を乗せると hu の発音になります。 日本語の「ハ」は hu よりも fu の方が、いくらかは近いようです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 >日本で f の文字で表す音は、両唇を半開きにして、そこから息を吹き出しますので、歯による摩擦がありまんし、摩擦の度合いも弱くなります。 英語だと、下唇を上の歯で軽く触れて発音しますよね。 >この場合は口を大きく開けたままで、喉の奥で息を摩擦させます。日本人には不自然な発音になります。 これって、スペイン語のjの発音ではないでしょうかね。 >日本語の「ハ」は hu よりも fu の方が、いくらかは近いようです。 日本語の「ウ」自体、uと違いますからね。むしろ、フランス語のアクセントのないeに近い音ですよね。

質問者からの補足

#6さんの意見に princelilacさんのをプラスして、 解決に 一歩に近づいたようです。

関連するQ&A

  • ローマ字の種類

    ローマ字の種類がヘボン式とか訓令式とかがありますが、 違いがいまいちわかりません。 詳しく教えてくれるwebページを教えて欲しいです

  • ローマ字の表記について

    ローマ字の表記について ヘボン式とか訓令式とか、いろんな種類のローマ字表記があるようですが、結局のところ、現在では何式が公的に認められているのでしょうか。 文書にローマ字で記載したい人名があるのですが、「おおもり」「いいづか」「たかとお」「さいとう」「しまづ(島津)」(以上名字)「たろう」「りゅうへい」(以上名前)は、どのように表記するのが正しい(あるいはもっとも適切)でしょうか。

  • ヘボン式ローマ字の「ふ」の表記について教えてください。

    ヘボン式ローマ字の「ふ」の表記について教えてください。 ヘボン式では「ふ」は "fu" ですが、なぜ "f" を使うことになったのでしょうか? ヘップバーンは "hu" だと human や humid のように「ヒュー」と発音するから短母音の「ウ」を出すためには "f" の方が良いと判断したのでしょうか? つまり、Huji、 Hukui、 Hirohumi などの表記を見せると「ヒュージ、ヒュークイ、ヒロヒューミ」のように発音すると思ったのでしょうか?

その他の回答 (8)

  • 回答No.9

>余談ですが、ポルトガル語だと、「ふ」に近いのは ruの音じゃないですか? そうです、そうです。よくご存じですね。 ブラジル語の場合はRuになります。 ブラジル語のRuは口を小さく丸くして「う」というつもりで「ふ」と言います。息が(風が)外に出ません。 オ―ドリーヘップバーンが主演したマイフェアレディ―で What,how,Why,When,Where などとFootball、Fight などのF音と区別するために蝋燭の前で発音させていましたが、 Fuはろうそくの火が消えます。 日本語のふはろうそくの火がゆらぎます。 ブラジル語のRUはろうそくの火がゆらぎません。 だから中間なんです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 関係ないけど、ヘボンもヘップバーンも時代による日本人の聞こえ方の違いらしいですね。

  • 回答No.8
  • SPS700
  • ベストアンサー率46% (14860/31641)

日本語の「ふ」は、両方の唇を使う[ɸ](両唇音)ですが、ローマ字では ɸ が無いので、唇と下の前歯で発音する f(唇歯音⟩の方が喉の奥から出す h よりも近いので代用しただけです。  ɸ > f > h の順で日本語の「ふ」から遠ざかって行きます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 多分、ヘボンさんが聞いた「ふ」の子音は ɸだったでしょう。 私の推測ですが、「ふ」の音は人によっても違うのではないかと思うんです。 人によって、ɸもあれば、hもあれば、fもあれば、スペイン語のjもあれば、ロシア語のxもあり、無意識に発音しているのではないかと思うんです。それと、日本語の「う」は 厳密には uではなく、ɯという音だけど、これは ɸとf以外の子音が先行すると 若干発音しにくいことが分かりました。その為、「ふ」の場合、母音も ɯ ではなく、uになって 口をすぼめて発音する人も多いのではないかという結論に至りました。 三人集まれば文殊の知恵と言われるように、wind-sky-windさん、nishikasaiさん、 princelilacさん、SPS700さんのご回答をもとに、私なりに推論して ようやく答えが見えてきました。 皆さんに感謝いたします。

  • 回答No.6

あと、英語では母音が続かない子音 h は wh- の音を除いて現れません。 wh- にしても h は発音しない人も多いので、子音のみの h というのはない、と言ってもいいのかもしれません。 フォニックスなどで h 音を発音するときには 「ハ、ハ」とドイツ語の x のように言ったりします。 英語の、特に、語末の子音を日本語では(無理やり)う段で表します、実際には母音はつかないのに。 だから、knife のような語を日本語として発音する場合、 「ナイフ」を hu とはしにくい。 英語でも母音で終わることがありますが、u という母音で終わることは少なく、 日本語で「ナイフ」は -u と母音が入るとは言え、 彼らとしては子音のみという感覚があり、h で終わる、というのはしっくりこない。 もちろん、hood, hook のようにはっきり hu と発音することもあるわけですが、 hu とはしにくかったのだと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

再度ありがとうございます。 >子音のみの h というのはない、と言ってもいいのかもしれません。 確かに、私も英語を習いたての頃、hは単独で発音するとどうなるのか とか疑問の思ったことはあります。 >英語の、特に、語末の子音を日本語では(無理やり)う段で表します、実際には母音はつかないのに。 これも、英語を習い始めて 誰でも気づくことですよね。 余談ですが、「あすか」という名前も多くの日本人は普通に発音するとu「す」のuの音が落ちて、無声化しますが、ローマ字で書くと、その落ちた音を外国人に読ませるのは 興味深いというか皮肉な現象ですね。 wind-sky-windさんのこの回答で疑問が解けたわけではありませんが、それでも、ヒントの糸口にはなりました。

  • 回答No.5

日本語の表記は難しいです。 ふの発音はほんとにFかHか迷います。 音はまさにFとHの中間点なんですよ。 便宜上Fにしてありますが、西洋のFの音と日本語のふは違います。 私はポルトガル語の通訳をしておりますが、友人にブラジルから来て20年になる二世の友人がいます。北大に留学した秀才で日本語はほぼ完璧ですが、なんか発音がおかしいと思ったら、ふをFuとで発音していることがわかりました。Fuと書くのでそのとおり発音していたんです。たとえば福島や深川と言えば英語のフットボールのフと同じ発音をします。 蛇足ですが、日本語のたちつてとはどう考えてもおかしいです。三つの音を一緒にしています。 たはた、てぃ、とぅ、て、と ちはちゃ、ち、ちゅ、ちぇ、ちょ つはつぁ、つぃ、つ、つぇ、つぉとなります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 >なんか発音がおかしいと思ったら、ふをFuとで発音していることがわかりました。Fuと書くのでそのとおり発音していたんです。 流石、通訳をされているだけあって、耳がいいですね。 私は「ふ」の子音は hだと思っております。 #4さんも仰っていたようにむしろ「ひ」の方が 子音がhの音でなくなりますね。 余談ですが、ポルトガル語だと、「ふ」に近いのは ruの音じゃないですか?

  • 回答No.4

日本語はもともといろは順であったように、英語のように、 子音列、母音列で正確に分類できません。 というか、母音のみとか子音+母音でカナとなるように、 50音順と言っても、50音ばらばらくらいのところがあります。 は行でいくと、厳密には3種類あります。 は、へ、ほ ひ ふ の子音はすべて違います。 そして、「ふ」は fu でも hu でもないのですが、 Hepburn さんは hu としなかっただけのことです。 「ひ」は hi としましたが、「ふ」はより hu と違う、と感じたのでしょう。 「し」にしても、si ではないのですが、英語の wash の「し」とはまた別のものです。 それでも si よりは shi が近い。 ら行にしても r でも l でもないわけですが、 r にしました。 これは訓令式でも同じですが。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 >「ひ」は hi としましたが、「ふ」はより hu と違う、と感じたのでしょう。 日本語の「ひ」はドイツ語の「chi」に近いですよね。私はむしろ、日本語の“は行”は「ひ」の時だけ、hの音価が変わる感じがします。 >「し」にしても、si ではないのですが、英語の wash の「し」とはまた別のものです。 それでも si よりは shi が近い。 でも、舌の位置は siの方が近いと思います。「し」の場合、sの音が軟音化しますが、shだと別の音になってしまいます。でも、耳で聞いては 確かに si よりは shi が近いですね。

  • 回答No.3
  • uen_sap
  • ベストアンサー率16% (67/407)

Hepburnさんが日本語の「ふ」を聞いて「fu」が近いな、と感じたからです。 理屈で積み上げたわけではありません。 そうしてこんな質問を出すんでしょうかね。 ヘボン式と訓令式を混用すれば済む話でしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 >Hepburnさんが日本語の「ふ」を聞いて「fu」が近いな、と感じたからです。 私も どうして、Hepburnさんがそう感じたのか疑問を感じました。 >そうしてこんな質問を出すんでしょうかね。 いや、素朴な疑問です。意地悪は勘弁してね。(笑) でも、みんなが当たり前に思っていることを疑問に思うことで何でも発見が生まれると思うんです。 >ヘボン式と訓令式を混用すれば済む話でしょう。 これは、学校の先生に好ましくない と言われました。

  • 回答No.2

日本の平仮名には母音がありますよね 「あ い う え お」これを伸ばした音が基本になって「行くくり」になっています あ行 か行 さ行・・・・・ ローマ字も同じ 母音があり 子音がある訳だから「ふ」はfuなのです

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 仰っていることが分かりません。どうして、huではいけないのでしょうか?

  • 回答No.1

英米人に読ませたときに違和感がないように考えられたのが ヘボン式だと思ってください。 英米人にHuとみせると「ヒュー」って読んじゃうのです。 それならまだFuの方がマシかなってところです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 >それならまだFuの方がマシかなってところです。 Fuなら[フュー」と読まれてしまいますよね。でも、これは 英語では uがユーと読まれるということで、 母音の問題だと思いますが。

関連するQ&A

  • 訓令式ローマ字でフィンランドは?

    小学校で教えている(かな?)ローマ字は訓令式だと思うのですが、 訓令式でフィンランドとかファンとかどう書くのでしょうか? キーボードならF+I+Nでフィンと打てますが小学校では 教えないのであればどうしているのでしょうか? それも含めて、世間の標識・看板類がほとんどヘボン式 だというのに小学生に訓令式を教える意味があるのでしょうか? よろしくお教えください。

  • ローマ字とは3 ?

    ローマ字とは、 ラテン文字(いわゆるアルファベット)を使わない国で、 その国の、人名や地名などをラテン文字(いわゆるアルファベット)で 表すときに使う文字のこと。 と、子供には説明すればよいでしょうか? また、 ローマ字の表記の仕方は、ヘボン式や訓令式など何種類かありますが、 なぜ統一されていないのでしょうか?  それは、日本国が決めていないから。 でしょうか?

  • 小学生のローマ字の学習

    お世話になります。小学生の習うローマ字ですが、ヘボン式とか訓令式とかあったと思いますが、現在はどのような形式を習うものなのでしょうか。お教え下さい。

  • ローマ字とは2 ?

    早速のご回答ありがとうございました。 引き続きご質問します。よろしくお願いいたします。 「漢字やひらがな・かたかなにローマ字のふりがなをふって、   外国人(英語を話す人)に見せれば、   その人は、ちゃんと読むことができるの?」 「訓令式・ヘボン式などなどローマ字には何種類かあるけど、   どの書き方を覚えればいいの?」 「中学で、英語を習うときに   ローマ字を覚えておくと絶対に役に立つの?」 「外国人の人に、   「おう」は、[o][oh][o^]のどれを使って教えればいいの?」 「「ゆう」という名前の人は、ローマ字でなんて書くの?   英語のときは、ローマ字で同じでいいの?」

  • ローマ字の訓令式

    ローマ字の訓令式のきまりを勉強したいと思っているのですが、いまいちわかりません。 のばす音(おかあさん・おにいさんなど・・)が特にあいまいです。 なにかサイトをご存知でしたら教えてください。

  • 訓令式とヘボン式

    ローマ字表記において、「訓令式」と「ヘボン式」では訓令式のほうが音素レベルの表記に近いですよね? ずばりその理由はなぜでしょうか?

  • 日本式ローマ字は誰のために作ったのか

    このカテの質問、回答 http://okwave.jp/qa3841314.html を見させていただいて思ったのですが、日本式(訓令式)のローマ字は、誰のために作ったのでしょうか。 「si」はこのローマ字方式の読み方を知らない外国人は「し」と読むことができません。どんな人でも「すぃ」と読んでしまいます。 「ti」も「ち」とは読めず「てぃ」と発音してしまいます。ほかにも読みにくいのはあります。 ただ、五十音をアルファベットに置き換えるのに、この方式はやりやすいように思います。 ということは日本人のために? 日本式ローマ字は誰のため、何のために制定されたのでしょうか?

  • 「新聞」のローマ字表記

    多くの新聞社で、「○○新聞」のローマ字表記を「○○Shimbun」としているようですが、なぜ「しむぶん」なのでしょうか。これは訓令式でもヘボン式でもありませんよね。同じ「ん」なのに、どうして「Shim」「bun」のようにmとnで書き分けるのでしょう? この表記はどういう方式に基づいているのですか?

  • 氏名のローマ字表記について

    ローマ字でネームプレートを制作するのに、困っています。検索したのですが、いまいちわからないので、改めて質問させていただきます。 イトウやサトウは、「Ito」「Sato」だったと記憶しています(英語の教科書にそうあったような・・・)。 アノウ・ホンゴウという姓の場合も「Ano」「Hongo」となるのでしょうか? 訓令式・ヘボン式・日本式など、いろいろあるようですが、最も一般的なのはどの表記ですか? 友人に聞いたところ、アノウは「Anou」ホンゴウは「Hongoh」だと言われ、混乱しています。

  • ローマ字表記のときに tu→tsu、 si→shi、 hu→fu、とす

    ローマ字表記のときに tu→tsu、 si→shi、 hu→fu、とするのはなぜですか? キーボードで打つ時はtuでもsiでも出るのに、これは特別なのでしょうか? またnの代わりにmを使うときもありますよね。shimbun 、tempraなどです。これはなぜでしょうか?なにか規則性はあるのですか?更に伸ばす音の代わりにhを使うときもありますよね。人名でkanohという表記もみたことがあります。これはなぜでしょうか。