• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

下唇を噛まないのにローマ字で「ふ」が「FU」なのは何故?

 英語の「F」は、下唇を噛んで発音します。ですが、日本語の「ふ」はヘボン式では「Fu」と綴ります。これは何故でしょうか?

noname#42497

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数1346
  • ありがとう数0

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.5

ハ行の子音は、三つの音があります。 「は、へ、ほ」の子音はのどの奥から出す音です。 冬に手を暖めようとして、「ハー」ってしませんか?その音です。英語の「h」もこの音です。 「ひ」は「し」の音に似ていて、「し」より舌をすこし後ろに動かしたときに出る音です。ですから、よく「しち」を「ひち」、「コーヒー」を「こーしー」と発音する人がいますが、音が近いためです。 私たちになじみのある言葉で、この音があるのはドイツ語、韓国語ぐらいという話です。 「ひゃ」「ひゅ」「ひょ」の子音もこの音です。 「ふ」の子音は上唇と下唇を使って出す音です。ろうそくを「ふーっ」と吹き消すときに出る音です。英語のfは上歯と下唇ですが、近い音なので、日本語の「ふ」を表す時もfで表記します。 「ファ」「フィ」「フェ」「フォ」もこの音です。 これらの子音の違いを感じとりたいと思ったら、 ささやき声でゆっくりと「は、ひ、ふ、へ、ほ」と言ってみて、息が当たる部分の違いを意識する方法、 息をはくときにではなく、吸うときに「は」「ひ」「ふ」「へ」「ほ」と言おうとしてみる方法などがあります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

返信ありがとうございます。 >「は、へ、ほ」の子音はのどの奥から出す音です。 「ひ」は「は、へ、ほ」とは違う音なのですか?ローマ字では「ha、hi、ho」と全部hから始まるのですが…。 >「ひ」は「し」の音に似ていて、「し」より舌をすこし後ろに動かしたときに出る音です。ですから、よく「しち」を「ひち」、「コーヒー」を「こーしー」と発音する人がいますが、音が近いためです。 余談かもしれませんが、中国語の音訳で「ヒ」の音にピンインが「xi」の漢字を当てるのもこれが理由なのでしょうか?

関連するQ&A

  • 「ふ」をローマ字で書くと

    ローマ字には 訓令式とヘボン式があり、表記が違うものもありますね。 それで、ヘボン式の方が、英語の発音にも近く、発音も性格に表わしていると言えるでしょう。 例えば、tiとtuは訓令式では「ち」と「つ」ですが、ヘボン式の法則から言ったら、「てぃ」と「てぅ」になるはずです。 さて、「ふ」は 訓令式では huですが、ヘボン式では fuです。 でも、fの音って 現代日本語では方言を除けば 使わない音ですよね。ですから、ヘボン式の法則から言ったら、「ふ」は fuよりもhuの方が 忠実と言うか正確だと思うんですが、どうして、ヘボン式では「ふ」はfuと表記されるのでしょうか?

  • ヘボン式ローマ字の「ふ」の表記について教えてください。

    ヘボン式ローマ字の「ふ」の表記について教えてください。 ヘボン式では「ふ」は "fu" ですが、なぜ "f" を使うことになったのでしょうか? ヘップバーンは "hu" だと human や humid のように「ヒュー」と発音するから短母音の「ウ」を出すためには "f" の方が良いと判断したのでしょうか? つまり、Huji、 Hukui、 Hirohumi などの表記を見せると「ヒュージ、ヒュークイ、ヒロヒューミ」のように発音すると思ったのでしょうか?

  • クゥやトゥなどの発音をローマ字にした場合

    ヘボン式は日本語の発音をアルファベットに変えたものっぽいですが、 クゥやトゥはどうなりますか? 答えについての正当性を書いてくれると助かります。

その他の回答 (4)

  • 回答No.4
  • runnext
  • ベストアンサー率38% (866/2245)

「HU」と言う文字を見せて発音させてみると「フュ」や「ヒュ」のような発音になってしまうそうです 「FU]の文字を見せて発音させるとと「フ」に近い発音になるそうです ですからこちらからすると外国人と言われる人は「HU]より「FU」の方が「フ」と言いやすいと言う事だそうです

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

返信ありがとうございます。 外国人の発音に日本のローマ字が関係するのですか? 音韻学的に、日本語の「フ」の音は「ハヒヘホ」と違うのでしょうか?私にはどうも違いが分からないのです。

  • 回答No.3
  • mide
  • ベストアンサー率44% (333/745)

歴史的には、ヘボン式ローマ字を開発したヘップバーン博士が、日本語の「ふ」の子音は h より f に近いと思ったからでしょうね。 音声学的には、 英語の h は[h]:声門摩擦音(声門で出る音) 英語の f は[f]:歯唇摩擦音(上の歯と下唇の間で出る音) 日本語の「ふ」の子音は[Φ]:両唇摩擦音(上下の唇の間で出る音) ということになり(これは多くの場合のことで、違うこともあるのですが)、[Φ]の聞こえ方は[h]よりは[f]に近いので f が採用されたのでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2
  • runnext
  • ベストアンサー率38% (866/2245)

かなり昔に英語の教師から聞いた話しです ただ単純に「Hu」で発音させると「ふ」と聞えないだけだそうです 「Fu」の方が「ふ」と聞えやすいかと言う理由だそうです 形式より実際に聞える音を優先したのですね

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

返信ありがとうございます。 >ただ単純に「Hu」で発音させると「ふ」と聞えないだけだそうです 「Fu」の方が「ふ」と聞えやすいかと言う理由だそうです これがいまいち理解出来ないのですが…。

  • 回答No.1

こんにちは。 ローマ字表記には未だに論争がありますね。 訓令式だと「フ」も「hu」なのですが、ヘボンさんは ハ行では「フ」だけが、他の「ハヒヘホ」とは 発音が違うと認識したようです。(^^) 全くの独断ですが、hu は英語的な読みにすると human , huge, humour , など 「ヒュー」的な音の要素が入ってしまうからでしょうかね?? 詳しい方のコメントがあると思います。 ちなみに ヘボンも、英語的にはヘップバーン(Hepburn)ですよね。(^^)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 英語の子音について教えてください。

    英語の子音について教えてください。 日本人にとって、F音とP音を聞き分けるのは難しくありませんが、V音とB音を聞き分けるのは非常に難しいと思います。 音声学に関して私は素人ですが、 V音はF音の有声音で、B音はP音の有声音と思いますが、 日本人はF音とP音の違いがわかるのに、 V音とB音はなぜ聞き分けるのが難しいのでしょうか? また、韓国人にとっては、FとPについても聞き分けることが難しいようですが、この、日本人(日本語)と韓国人(韓国語)の違いは何でしょうか? 「ふ」はローマ字(ヘボン式)でfuと書きますが、実際は英語のf音とは異なるので、日本語にはf音はないですし、韓国語も同様にf音はありません。 どんな些細なことでもいいので、教えてください。お願いします。

  • ローマ字に関する、この理解は、正しいでしょうか?

    この理解は、正しいでしょうか? 間違っているところを御指摘ください。 アメリカなどの外国において、日本語などの外来語は、ローマ字で書きあわす。 これは、日本における外来語をカタカナで書き表わすのと同じことである。 で、そのローマ字であるが、良く使われるものがヘボン式、正確には、外務省式のローマ字である。 なぜ、外務省式が良く使われるかと言うと 外務省と言う公的機関が「日本と言う外来語の書き方はこうだ」と認め輸出(?)した書き方であり また、英語のスペルとも一致する面があり アメリカ人に理解(発音)しやすいからだと考えられる。 さらには、字上符なども要らないため通常のアルファベット(英字)だけで書き表せるので印刷上も都合がいいと考えられる。 なお、ローマ字は、多くの国で文章中に外来語を書き表わすさいに使われている。 諸先生の深き見識のある御回答をよろしくお願いします。m(_`_)m

  • ネイティブで[m]を唇を合わせずに発音する人っていますか?

    ネイティブで[m]を唇を合わせずに発音する人っていますか? 日本人で、近年、マミムメモの発音をするとき、上下の唇を合わせずに、上の前歯と下唇を合わせて、しまりのない発音する人が増えてきたように思います。 そこで気になったのですが、英語のネイティブでも同様の発音をする人は、相当数いらっしゃいますか。 あるいは、英語圏の有名人の中にそういう発音をする人はいますか。

  • 日本語の「ふ」の音

    日本語の「ふ」の音は ヘボン式ローマ字では fuと表わされます。でも、huの方が近いような気もします。そこで、疑問が起こりました。 さて、みなさん、「ふ」と発音してみてください。その時、子音の音はどうなっていましたか? (1) 他の は行の音の 「は」、「へ」、「ほ」と同じく、単なる有気音だった。つまり、hの音。 (2) 両唇を半開きにして、そこから息を吹き出す音、つまり、発音記号で表すと、ɸで表わさせる音。 (3) 喉の奥から 息を擦るように強く吐く音、つまり、スペイン語のjの音。 (4) 舌の後ろと喉とのあいだを摩擦させて出す音、つまり、ドイツ語の chやロシア語のхに近い音。 (5) 上の歯で下唇を軽く噛むように息を出す音、つまり、英語などの fの音。 次に、母音の音はどうなっていましたか? (1) 他の行の “う段”と同じように、唇を丸めないで「う」と言った時の音、つまり、発音記号では ɯで表わされる音。ちなみに、ハングルでは ㅡで表わされる音。 (2) 唇を丸めて 出す「う」の音。つまり、英語の bookのooや、 ドイツ語やスペイン語では uで表される音。 ちなみに、ハングルでは ㅜで表わされる音。 以上、 つまらない質問ですが、お付き合い頂ければ 幸いです。

  • 英文の中で使われているローマ字について

    あらためて質問させてください。 私は、「質問をする前にまずは過去の質問を探してみましょう。」と書いてありましたので ここのサイト、また、ここのサイトで紹介されている参考URLなどを一通り読んでみましたが、どうもふに落ちない感じがします。それは多分、私が、日本人の目からしか外国のことを見れない部分があるからだと想われます。 そこで、質問です。 1.ローマ字は、日本以外の国でも使われているのですか? 2.ローマ字は、日本以外の国でも学習されているのですか? 3.英文の中でローマ字は使われているのですか? 4.3のローマ字は、英文の中で、日本語を表現するために使われるのですか? 5.3のローマ字は、英文の中で中国語などを表現するときにも使われるのですか? 6.英文の中で日本語を表現するために使われるローマ字は、ヘボン式あるいは外務省式が多いのですか? 7.英文の中で外務省式ローマ字が良く用いられるのは、公的であること、共通部分のあること字上符などがいらずアルファベットだけで表現できることなどが原因でしょうか? 8.3のローマ字を英米人が、日本語の発音通りに発音できるとは限らないのでしょうか? 9.以上の問題の正否が確認できるサイトは、ありますでしょうか? 以上、質問を整理、修正してみました。 前回の質問は、なかったこととして御回答をお願いします。m(_`_)m

  • ローマ字について

    ローマ字とは何ですか? 英語とは違いますよね。 何のためにローマ字があるのですか? ローマ字には3種類あると聞きました。 「ヘボン式」「訓令式」「日本式」 これらはどのように使い分けるのですか。 学校教育ではどれを使うのですか。 教えてください。よろしくお願いいたします。

  • 発音記号 h と は行

    日本語のは行は発音記号ではどれも[h]に聞こえます。 フを[fu]で表したり三種類あると聞いたことがあるのですが、 [f]は下唇と上歯で隙間を作って息を吹き込むことで起こる摩擦の音ですが、 日本語のフはそんなことしませんよね? なぜでしょうか?

  • 名前の英語表記「は→ha」なのに「ふ→fu」はなぜ?

    名前を英語で書くときに、ローマ字で書くと思います。 しかし、「は行」の「ふ」だけ、なぜ子音に「f」が使われるのでしょう?例えば、「ふみお」さんであると、「fumio」とは書きますが、「Humio」とはあまりかかないですよね。 は行であれば、  は→ha  ひ→hi  ふ→hu  へ→he  ほ→ho というようにhが子音になるべきなのではないかなぁと思い立ったわけです。 英語圏の方が「Hu」を発音すると「ひゅ」(?)のような音になってしまい、日本語に近い発音に近づけるための工夫なのでしょうか? それとも、氏名を英語表記する際の決まりごとが存在しているのでしょうか? 以上、よろしくお願いいたします。

  • Mt.fuji.

    Mt.fuji. たとえば富士山を英語で書くと、Mt.fuji.となりますよね。 では、白山だと、Mt.haku.でいいのですか?

  • ※ローマ字について色々と※

    閲覧ありがとうございます。 ローマ字についてふと気になったので質問したいのですが、まずローマ字というのはアルファベットじゃない他国の言葉をアルファベットで表現する為に作られた言葉なのでしょうか? また、それはどこの国が作り、その国ではどの方式のローマ字を使っているのでしょうか? また、ローマ字の方式は一体何種類あるのか、一番国際的に基本として使われているのはどの方式かが知りたいです! 最後にもう一つ知りたいのですが、ヘボン式ではryuを『りゅ、りゅう』と読みますが、実際は『りゅう』の読みだと長音が無い様に聞こえます。そこで長音をあえて表現しなかったのは長音を表現しない発音が一番実際の発音に近かったからでしょうか? そもそもローマ字というのは何を基準に文字を決めたのか知りたいです! 長くなってしまい申し訳無いですが良かったら教えてください。