• ベストアンサー
  • 困ってます

グラフィックデザイナーは定年まで出来る仕事ですか

  • 質問No.8818122
  • 閲覧数830
  • ありがとう数2
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0

お礼率 100% (2/2)

20代男です。広告制作の仕事(紙中心)に興味があり就活中です。大手とかでなく10人未満位の会社を考えています。
最近デザイナーの将来について、知り合いにこの仕事はある程度の年齢やスキルが身についたら、アートディレクター的な立場や営業の仕事をして
やがて独立するか別の仕事に転職する人も多いと言われました。(40代50代になって平の?デザイナーはあまりいない)

僕は独立は考えておらず会社で定年まで働きたいのですが、その会社のディレクターや営業の仕事をこなすポジション
になれないと40代50代になってその会社にいられなくなるのでしょうか?
また40、50代になって会社が倒産などした場合デザイナーとして再就職は難しいのでしょうか?

よろしくお願いします。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.2
  • ベストアンサー

ベストアンサー率 24% (1290/5172)

 小さな会社に長くいると、みんな独立していきますから、気が付けば「ナンバー2」というのは良くある話で。それで社長が倒れれば、「社長」として会社を引っ張るしかないですよね。

 デザイン業って、スキルを磨いて、より良い環境に転職していく「出世魚」みたいな仕事ですから、定年まで大人しく働きたい人には向かない仕事です(そもそも定年までもたない会社が多い)。

 --------
 仕事をしていれば、自信がつきますし、それなりにコネも出来ますから、独立したい欲というのは自然と出てきますよ。

 あと、数人くらいのデザイン事務所って、人を育てる余裕がないので、意外とレベルが高いです。
 20人前後の事務所の方が、ちょっと余分に人を雇う余裕があったりして、入りやすかったりしますね。
お礼コメント
mattsun_601

お礼率 100% (2/2)

独立ですか。とてもやりたい仕事なのですがいろいろ不安に思ってしまって考えてなかったです。でもそういうどん欲さがないとダメですね。
会社は少し大きいところを目標にしていきます。ありがとうございました。
投稿日時:2014/11/11 22:07

その他の回答 (全1件)

  • 回答No.1

ベストアンサー率 28% (1507/5200)

平のデザイナー

という言葉なんですが、これはカメラマンに当てはめるとすごくわかりやすいんです。
たとえば、チラシとか通販カタログ用にスリッパの写真を1枚撮るとしますね。
これ、撮影料1枚1000円だとするでしょう。
25歳ぐらいのカメラマンが撮って1000円。
50歳のカメラマンが撮ったらいくらですか?
どう考えても1000円でしょう。
つまり、じゃあ、この50歳の給料って25歳より高い理由がどこにもありませんね。

同じことしてて給料が毎年上がっていく理由がないんです。
歳を重ねて部下のカメラマンに仕事を割り振るマネージャー的な仕事をするとか、
さもなきゃ、自分が巨匠になって富士山のカレンダーでも出せるようになるしか無いってことです。
お礼コメント
mattsun_601

お礼率 100% (2/2)

回答ありがとうございます。
なるほどー、すごくわかりやすいです。

年相応にデザインとは別のスキルを身につけていかないと会社にとって必要がなくなってしまうのですね。
投稿日時:2014/11/09 20:23
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,600万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A

ピックアップ

ページ先頭へ