• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

もしもプリウスをレンジエクステンダーEV化したら

流星歯車の動力分割機構を持つTHSのHVカープリウスですが、電池を大きくしてエンジンと変速機を小さくすればそのままレンジエクステンダーEVになります。しかもパラレルHVですからモーターとエンジンの合計で走ればいいわけで、モーター単体でもエンジン単体でも走れるPHVに比べてモーターもエンジンも小型化できて安く済むのではないかと思います。 例えば現在のTHSは4.4kwhの電池と60kwのモーターと73kwのエンジンを積んでいます。エンジンもモーターも大きすぎて無駄なように思います。 それを10kwhくらいの電池と60kwのモーター、そして660cc2気筒で25馬力/3000rpmくらいのエンジンとそれに見合った小型の動力分割機構にしたら、さほどコストアップせずにそのままレンジエクステンダーEVになるのではないでしょうか。 エンジンとモーターを合わせた最大出力はリーフの80kwのモータと変わりません。 60kwって2000ccのエンジンをべた踏みで3000rpmまで引っ張ったときのパワーなので、街中ならEVモードで十分走れます。郊外や高速は航続距離に不安があるのでエンジンでアシストしてやればいいと思います。 25馬力あれば小型車を平地で100km/hくらいで走らせられるのでバッテリーの心配はありません。モーターは加速や登坂のアシストだけの役割になります。 レンジエクステンダーのエンジンは発電してからモーターを回しますが、それならエンジンの力を直接駆動力として利用すればいいことです。THSの動力分割機構はエンジンをいつも最高の効率で回させてくれます。 10kwhくらいのバッテリーなら家庭用100vでも気軽に充電できます。 街中60km/h、高速100km/hの日本やアメリカには理想的な仕様だと思います。ヨーロッパ向けにはもう一気筒増やすかターボでも積むかしとけばばっちりです。 === というようなのがピュアEVまでの過渡期のレンジエクステンダーEVとしては理想ではないかと思いますが、どこか欠点ありますか? プリウスやアクアをそちらの方向へ持っていく気は無いのでしょうか? また今のHVと比べてそんなに高くなりますでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数6
  • 閲覧数633
  • ありがとう数7

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.6
  • rx178z
  • ベストアンサー率12% (49/389)

ホンダの二輪車用エンジンは豊富にありますよ もともとFITのエンジンを半分に切った2気筒なんてのもありますし 定速回転にして効率を高めるのも容易いでしょう BMWも二輪車用エンジンをベースにしています 一から作るとなると、金型とか新規で起こさないとならないのでコスト高 その点は、二輪車用エンジンを豊富に持つメーカーは有利でしょう

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

再度のご回答ありがとうございます。 >もともとFITのエンジンを半分に切った2気筒なんてのもありますし そういうエンジンならいいかもしれませんね。一般にガソリンエンジンの最適なシリンダ容積は400~500ccと言われており、あまり小さいと冷却損失が大きくて効率は上がりません。1シリンダがこのサイズになるとバイクではビッグシングルかビッグツインになってしまいます。エンジンが発電やアシストの役割になると効率面からどうしても2気筒化は避けて通れないと思いますね。

関連するQ&A

  • レンジエクステンダーEV狙いのパラレルHV

    1600ccくらいのガソリンエンジンを置き換えるのに下記のようなシンプルなEVベースのパラレルHVを作ってほしいんだけれど、安く収まりませんか? いくらくらいになりますかね。 ・「50kw(70馬力)のモーター + 10kwhのバッテリー」のEV ・500cc単気筒の低回転型エンジン(21馬力/3000rpm=15kw) ・エンジンの役割は(1)走行中は50km/h以上で始動してモーター直結で走行をアシスト、(2)停止中は走行用モーターを用いてバッテリーを充電 つまり ・1モーターだからシリーズハイブリッドモードはなし ・50km/h未満はエンジンを使用しない代わりにミッション無し ・近距離(70kmくらい)ならEV走行 ・50km/h以上で走行中に必要なエネルギーの9割程度をエンジンでまかなえるので、長距離走行の航続距離はバッテリーが10倍あるのと同じ事。 ・電池が無くなれば停止してエンジンで充電できるので電池切れの心配はない。 航続距離のために電池を20kwh以上積む車があるけれど、電池は20kwhで300~400kgもある。減らせれば相当な軽量化になるし、シリーズHVにして走行用と発電用の2モーターにするのはもったいない。パワートレーンを安く収めて、かつEVモードが使えて、かつエンジンは常にフルスロットル近いから熱効率の最大の領域で使用することを狙ったもの。

  • EVの日産リーフの設計について

    (1)日産のサイトで回転数‐駆動力曲線を見てDCモーターかと思いきや、三相交流同期モーターと書いてあります。一般的にACモーターって出力当たりの電力で見て効率のいいスイートスポットがDCモーターよりもよっぽど狭いイメージがあるのですが、プラネタリギヤで無段変速できるプリウスはともかく、なんで変速機のない、ファイナル8.2固定のリーフにACモーターなのでしょうか。 (2)意外とリーフも2速くらい(5速ATの3速と5速とかぐらいのギヤ比)のギヤをつければかなり燃費(電費)が向上したりしないのでしょうか? (3)いっそのこと24kwhも電池を積まないで10kwhくらいにおさえれば200kg以上軽量化できるし相当安くなるので、その分で(2)のような2速くらいのミッションを積んで、効率重視低回転型の500cc単気筒のエンジンをモーターにクラッチを介して直結してアシストしてやれば、平地の20km/h以上の一定速走行はほぼエンジンだけでまかなえるので長距離走行も可能になるし、エンジンを直結するからレンジエクステンダーのような発電等のロスもないし、500ccならほぼフルスロットルでガソリンエンジンを常に最高の燃費効率で使いきれるし、ある種のベストミックスだと思うのですがどうなんでしょうか。 そもそも20kwhとか30kwhとか家庭で一晩で充電するようなEVが普及したら配電網だって見直し必要だろうから非現実的だと思うし、EVなんて10kwh程度の電池にとどめたほうが現実的だと思うのですが。

  • 自動車エンジンの熱効率

    4気筒のエンジンのうちの一つのシリンダを使って単気筒にした時に熱効率は下がりますか? エンジンには冷却損失や摩擦損失、吸排気損失などいろいろありますが、一般にエンジンが小さくなると排気量に対して表面積が大きくなるので冷却損失が大きくなって熱効率が落ちます。しかし4気筒2000ccのエンジンの一つのシリンダを使ってそのまま500ccのエンジンを作ったら熱効率は落ちますか? という事です。 === なぜこんなことを聞くのかというと、EVのレンジエクステンダー化ができないのかと思うからです。リーフのように24kwhもの電池を積むのも重たいし、高いしで実用的ではありません。普通乗用車で10kwhくらいの電池を積んだEVなら、レンジエクステンダー用の発電エンジンは20~30馬力くらいで十分です。そうなると500cc位で十分という事になります。せいぜい2気筒か単気筒です。これでは振動が問題になります。 考え方としては2気筒の水平対向にして振動を打ち消すか、熱効率優先で単気筒にするか。 2気筒の水平対向にして振動を打ち消せば、エンジンを駆動輪に直結するモードにしても大して振動は問題にならないだろうからシリーズハイブリッド/パラレルハイブリッドのどちらも可能だろう。 単気筒だとエンジンを駆動輪に直結するモードのときは振動対策が難しいので発電専用のシリーズハイブリッドオンリーになるだろう。 でも水平対向2気筒ではエンジンが長くなって収めにくいし、コストを考えるとそこまでして直結モードを作ってパラレルハイブリッドにする必要もない気がするので、シンプルに単気筒の発電専用エンジンを積んでレンジエクステンダーを作ってほしいと思うようになりました。

その他の回答 (5)

  • 回答No.5
  • rx178z
  • ベストアンサー率12% (49/389)

実際に、充電プリウスを運転したことがあります EVモードとHVモードは任意で選択できますが、とにかくEV走行のコンフォートな乗り味に感動しました HVモードもよくできてはいましたが、フィーリングはエンジン車には劣ります 充電プリウスのEVモードでの実走行距離は、25kmでした アウトランダーだと60km近く実走行したとのレポートもあります 日本車が培ったHV技術を活かして、実用的でBMWほどは高額ではないレンジエクステンダーEVの登場は大賛成です 案外、ホンダが出したりして BMW以上に、二輪車用エンジンが豊富なので、それをベースに発電用小型高性能エンジンも、短期間・低コストで作れそうな気がします

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。 >EV走行のコンフォートな乗り味 おっしゃるとおり。実はプリウスって結構贅沢な車なんですよね。エコカーに徹するなら削れるところは結構あるという意味です。 >案外、ホンダが出したりして モーターが主でエンジンがアシストのHVには、やはりTHSの動力分割機構が肝になります。レンジエクステンダーEVがはやらない理由はエンジン部分の燃費が悪いからだと思います。 >二輪車用エンジンが豊富なので、それをベースに発電用小型高性能エンジン これは無理だと思います。バイクは小さなシリンダで高回転ぶん回すエンジンばかりなので、エコカーの高効率エンジンとは対極にあります。高回転まわすのも摩擦が多いし、シリンダが小さいと冷却損失が大きいです。原付なんかそうですが、高々60kg程度の車体でリッター50km程度しか走らせられない事からも分かると思います。

  • 回答No.4
  • Kon1701
  • ベストアンサー率24% (1445/5854)

一部分だけ切り取って申し訳ありませんが、 ”ピュアEVまでの過渡期のレンジエクステンダーEVとしては理想ではないか” ここだけは納得できるように思います。 ただ、プリウスのシステムとレンジエクステンダーEVは全く別のシステムを考えた方が良いとおもいます。プリウスはエンジン走行を前提にしたシステムで、モーターがメインというわけではありません。プリウスのプラグインハイブリッドは電気のみでも走れますが、電池での走行距離は非常に短いですから、用途が限定されてしまいます。 LEAFをレンジエクステンダーEV化するのであれば比較的簡単で合理性もあると思いますけど。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。自分で言ってておかしいというか、単にモーターが主でエンジンがアシストのHVなのは百も承知ですが、そもそもレンジエクステンダーEVがなぜなかなか出てこないのか考えてみると、 ・走行用モーター以外に発電用モーターとエンジンを積むので装備が過大になりすぎる。 ・エンジンで発電して走行モーターで使ったり、一度充電してから放電するのでは、損失が大きくて燃費が悪い。 ということだろうと思います。 ならば、レンジエクステンダーよりはモーターが主でエンジンがアシストのHVのほうが合理的です。大体からしてプリウスはエンジンだけでほとんど走れるのでモーターはほとんど加減速しか使わないのですが、それで60kwものモーターを積んでいるのはもったいないと思いませんか。普通乗用車なんて常用回転域で100馬力もあれば実用的には十分なんですが、60kwって80馬力くらいですよ。で、エンジンで99馬力。エンジン2機積んでいるようなものです。 ちなみに私が以前乗っていたエスティマルシーダですが、ディーゼルで105馬力。1.6トンありましたが動力性能にはなんの不満もありませんでした。

  • 回答No.3
  • rx178z
  • ベストアンサー率12% (49/389)

質問者さんの主張はもっともだと思います ただ、現行のプリウスやアクアなど元にするよりは、最初からそのような仕様で造った方が良いでしょう その車にプリウスという車名をつけるかどうかは、メーカーの色々な思惑によるでしょう

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。商売的には名前は重要ですね。

  • 回答No.2
  • evian32
  • ベストアンサー率26% (171/642)

>それを10kwhくらいの電池と60kwのモーター、そして660cc2気筒で25馬力/3000rpmくらいのエンジンと >それに見合った小型の動力分割機構にしたら、さほどコストアップせずにそのまま >レンジエクステンダーEVになるのではないでしょうか。 そもそも、レンジエクステンダー機構とは、エンジンは発電機としてのみ使うシステムの事で、駆動には使いません。 そうすることで複雑なミッションやクラッチ機構と大きなエンジンが不要になり大幅に軽量化出来る訳です。 あなたのおっしゃっているのは、普通のHV車の事で、しかも小出力なので、高速道路で加速できなくて不評だった初代プリウス(後に対策としてエンジンを大きくした)より酷いでしょう。 車重が800kg程度に収まるならまだ見込みはありますが・・・。プリウスじゃ無理!

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。高速で遅かったのは電池が切れてエンジン単体のときの事です。電池が10kwhもあればそう簡単には切れません。

質問者からの補足

それに初代プリウスはエンジンが58馬力くらいしかなかったと思います。それで電池が切れれば遅いのは当然です。モーターが主でエンジンがアシストのHVでモーターが60kw(80馬力)あればぜんぜん違います。さらに25馬力のエンジンでアシストするのです。 初代プリウスはHVで160km/h、電池が切れてからエンジン単体で140km/h出たそうですが、つまり58馬力で140km/h出たということです。60kw(80馬力)+25馬力あればまったく話は違ってきます。

  • 回答No.1

>モーターもエンジンも小型化できて安く済むのではないかと思います。 そんなことはありませんよ。 >エンジンもモーターも大きすぎて無駄なように思います。 そんなことありませんよ。 >それを10kwhくらいの電池と60kwのモーター、 >そして660cc2気筒で25馬力/3000rpmくらいのエンジンとそれに見合った小型の動力分割機構にしたら >さほどコストアップせずにそのままレンジエクステンダーEVになるのではないでしょうか。 非現実的で無駄ですよ。 >60kwって2000ccのエンジンをべた踏みで3000rpmまで引っ張ったときのパワーなので 間違ってますよ、大丈夫ですか? >街中ならEVモードで十分走れます。郊外や高速は航続距離に不安があるのでエンジンでアシストしてやればいいと思います。 >25馬力あれば小型車を平地で100km/hくらいで走らせられるのでバッテリーの心配はありません。モーターは加速や登坂のアシストだけの役割になります。 ごちゃごちゃ書かれてますが、それはつまり、今のまま何も変わりないと言うことですよ。大丈夫ですか? >それならエンジンの力を直接駆動力として利用すればいいことです。 ですから、今はそうなっています。大丈夫ですか? >THSの動力分割機構はエンジンをいつも最高の効率で回させてくれます。 現実は、そんなにおいしいシステムではありません。 >10kwhくらいのバッテリーなら家庭用100vでも気軽に充電できます。 当たり前ですが・・・・ >ヨーロッパ向けにはもう一気筒増やすかターボでも積むかしとけばばっちりです。 これはちょっと、、もう、、、本当に大丈夫ですか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。

関連するQ&A

  • プリウスの加速が悪いような気がする。

    プリウス(NHW20)にのっていますが、他の1.5L車(トヨタ・ルミオン、ホンダフィット非HV)とのりくらべてみてなんか遅い感じがします。 言葉で表現できないのですが初速は、モーターでアシストしている分トルクはエンジンのみより大きいはずなのですが、音の割に走っている気がしません。 PIVOTのスロットルコントローラーで最大のスポーツモードにしてもなんか遅い感じがします。 ただ20kmほど走ったあとは、エンジンがあったまったからかして調子よく加速してくれます。 まわりで走っている同じNHW20のプリウスと比べてもスロットルコントローラーをつけている分 初速で早くなっても良いもんだと思うのですが・・・。 ちなみに、法定速度内でのことです。 バッテリーが弱っているかもチェックしましたが特に問題がないそうです。 他に考えられる原因はありますでしょうか?

  • トヨタTS050Hybridのシステム

    先日、ル・マン24時間耐久レースにて優勝したトヨタのTS050Hybridですが、搭載されているTHS-Rというハイブリッドシステムの構成図を見ると、プリウスを始めとした市販車用のシステムであるTHS-IIやレクサスのマルチステージハイブリッドとはまた違い、まるっきりパラレル方式であるかのような感が否めません。 少なくとも、インホイールで4基、トランスミッション内に1基のモーターがあるようですが、THS-IIのようにプラネタリーギアを使った動力分割機構は無いようです。 で、質問ですが・・・ 1.ずばり、THS-Rは市販のハイブリッドシステムとは、どう違うのでしょうか? 2.今後、THS-Rが市販車に(ホモロゲーションでは無く)搭載される可能性はあるのでしょうか? 3.むしろ逆に、TS050の後継マシンが、THS-IIやマルチステージハイブリッドに近いシステム、またはそれらの改良型を搭載する可能性はあるでしょうか? ご回答頂けたら幸いです。よろしくお願い致します。

  • 2気筒エンジンの乗用車って?!

    レシプロエンジンでは、ひとつのシリンダー容積は500ccくらいが最適と言われています ならば、2気筒1リットルというエンジンがあっても良さそうですが、聞いたことがありません 昨今のダウンサイジング技術なら小型車なら1リットルの排気量でも十分でしょう 実際に、2トン級のフルサイズミニバンでも1.4リットルで不満ない動力性能を有していますし また、気筒数が少ない方がコスト削減にもなるし、フリクションロスも減って燃費も向上すると思うのですが 4気筒でもバランサーやマウントで振動も気にならないので、2気筒でも4気筒と同等の振動レベルは達成出来る気がします エンジンで直接駆動するタイプの乗用車で、2気筒エンジンが最近は無いのはナゼなのでしょうか? (近年で もしあれば、その車種も教えてください)

  • 子供が乗れる程度の動力

    夏に、小学生が乗って走行できる程度の乗り物を 自作しようと考えています。 現在の所、動力源として最も有力なのが、 「ドライバー以外のもう一人の子供」 なのですが、これでは、夢がないので、もう少し 動力らしい物を捜して居ます。 電動アシスト自転車程度の動力で良いと思うのですが、何か安価に調達できる物はないでしょうか? 太陽電池+モーター バッテリー+充電器+モーター エンジン ゴム動力 圧縮空気 何でも良いです。 アイデアお待ちします。

  • プリウスを家庭用発電蓄電池に

    ふと思ったことなのですが、プリウスに乗って普通にエンジンがかかってると結構短時間に 駆動用電池が充電されます。 これをEVモードで消費すると短時間で減るのですが、停車中にエアコンとTV見てるくらいだと なかなか減りません。 つまり駆動用モーターは大量に電気を消費するが、エアコンやTVくらいならプリウスのバッテリー 容量でもけっこうもつのかなと。 仮にプリウスと家庭の電源を接続できたとして、満充電のプリウスのバッテリーならどのくらい もつのかなぁと思ったもので。 ネットでプリウスは17kwhの発電能力があるとか、3日間を4.5リットルのガソリンで冷蔵庫・ TV・照明が使えたなどとあります。 なので、プリウスを家につなげて、バッテリーが無くなったらエンジンがかかって充電して、充電 できたらエンジンが止まってバッテリーで家に給電するを繰り返すとして、充電(エンジンがかかっ てる時間)と放電(バッテリーからの供給)の割合がどうなのかなぁと。 もしエンジンが5分かかって満充電できて、30分の放電ができれば結構燃費はいいのかなと。 もちろん深夜は消費電力が落ちるので、5分の充電で1時間くらいもてば、うるさくもなくていいの かなと。 昼間は太陽光からの消費と充電によりプリウスのエンジンはかからなくてもよくって、エンジンは 基本的に太陽光から給電できない時に使用するみたいな感じですかね。 頻繁にエンジンがかかるとうるさいですけど、ガソリン満タンでアイドリング時間が60時間できた として、1日2時間くらいのアイドリングでできれば電気代がガソリン5,000円/月なのかなとか。 昼間の太陽光をリチウムイオン電池に充電できれば、エンジンの稼働率も下がって燃費は もっと良くなるのかなとか。 プリウスα(7人乗り)が300万円。 タイヤやハンドルやボディがいらない家庭用発電機付蓄電池なら150万円くらいでできないの でしょうか? 仮にもう少し高くなったとしても、家庭用発電機付蓄電池が可能であれば、脱原発も可能なん じゃないかとか、壮大な事も思ったりして。 まだまだ技術的に無理なのでしょうか? それとも電力会社と政治屋との見えざる力によって、抑え込まれてるのでしょうか? 皆さんのご意見等ありましたら、お聞かせ下さい。

  • マツダのHCCI(SPCCI)エンジンについて

    ニュースリリースを見ているとスーチャとかモーターとかいろいろゴテゴテついたものになってしまったようですが、シンプルにHCCIのエンジン単体で仕上げられなかったものでしょうか。あるいはそういう仕様でないと今後もエンジンとしては成立しないのでしょうか? HCCIのエンジン単体では負荷2-3割くらいのところでしか自己着火で回らないのでそれだけでパワートレーンとしての利用が限られるのはわかりますが、現行のノートE-powerみたいなシリーズHVやレンジエクステンダーEVの発電エンジンは置き換えられます。あるいはプリウスのようなストロングHVのエンジンとしても行けると思います。初代プリウスなんて1500ccアトキンソンで58馬力くらいしかありませんでした。 あるいはスーチャだけにとどめてアウトランダーPHEVのエンジンと置き換えてみたり、非HVのコンパクトカーに利用するとか。非HVだと多少応答性は落ちるでしょうが、低価格の大衆車ならそれで十分な気もします。 例えばワゴンRのHVみたいなアイドリングストップやらハイブリッドやらエコクールみたいなものやら一切やめて、スーチャのみのモータ抜きのSKY-Xで勝負すれば軽くなるしコンパクトで済むしコストも安いしトータルの性能も負けないのではないかと思います。 HCCIは超リーンバーンなのでアイドリングの燃料消費も1/3とかになるだろうし、燃焼温度低下でアイドリングではNOXなんか出ないだろうから、アイドリングストップやめればいい。停止中もエンジン回してエアコンかければ良いのでワゴンRのエコクールみたいなものもいりません。HVやめれば走行用バッテリーもモーターも要りません。アイドリングストップ辞めればディープサイクルバッテリーも要らないし、相当コストは下がります。 いろいろゴテゴテついた仕様だと実際の用途が限られてしまって、あるいは中途半端な価格になって台数があまり出ないのではないかとかえって心配になります。

  • 燃料電池車の動力源について

    水素燃料自動車は水素エンジン、電気自動車はモーターですよね。 燃料電池車は水素と酸素からエネルギーを得て、何をつかって動力を生み出しているのですか?

  • エンジンを汎用モーターで回すときのトルク

    エンジンを汎用モーターを使って回す模型を作ろうとしています。 エンジンは実機で3,000ccの4気筒ディーゼルですが、バルブ機構などをすべて殺してあります。 クランク軸を30rpm程度で回すとするとどれくらいのトルク(Nm)が必要になるでしょうか? 取り外したスタータモータは2.7kWと書いてありました。 フライホイールとスタータのピニオンの減速比は12でした。 これらから考えて、ピニオンギアの回転数は360rpmになると思います。 この360rpmをどれだけのトルクで回せばよいか?というのが質問の内容です。 どなたかアドバイスを頂けないでしょうか?

  • 電気自動車でリチウムイオン電池ばかりが重要視され、連日報道されています

    電気自動車でリチウムイオン電池ばかりが重要視され、連日報道されていますが、エンジンの代わりとなるメインモーターについてはあまり報道されていない傾向があるのはなぜですか??難しい電池をやるより超電導をつかった半永久機関モーターを開発して、電気自動車の走行距離を超大幅に伸ばしたほうがええと思うんですが、電池メーカーよりも実はモーターメーカーの方が電気自動車市場の中でにかなり優位な位置にあると思うんですが、やはりメディアによって目隠しされ、何がEV市場のポイントとなるのか皆だまされている気がします。学会でたまに見かけますが、低コスト半永久機関モーターはどこの会社が極秘に進めているのか教えてください!!旧財閥連合みたいなんが大儲けする為に水面下でやっているとか耳にしたことがあります。

  • ハイブリッドカー失速?

    今更なのですが・・・ ハイブリッド、レスサスとかエンジン排気量が大きい車は、よく加速が凄いと耳にします。 インサイトとかは、排気量の割りに加速がいいとも耳にします。 でも、それってモータアシストしてるときだからですよね? 加速中とかに電池がなくなるといきなり、ふんづまるものなのか、 電池が減り始めると段々に加速が悪くなるのでしょうか? 排気量の少ない車を買った人に聞きたいのですが、 その辺、気にしながら買ったのでしょうか? また、購入後にそのことで怖い思い(たとえば首都高に入り口とか)された人いるのでしょうか?

専門家に質問してみよう