• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

レンジエクステンダーに関しまして

私が持っているレンジエクステンダーというプラグインハイブリッドシステムの知識としては・・・ 1.エンジンはあくまで発電専用である。 2.エンジン(というか、エンジンで駆動された発電機)によって発電された電気は、モーターの電源として使用されるか、またはバッテリー(キャパシタ?)に蓄えられる。 3.モーターは、バッテリー、またはエンジンで駆動する発電機を電源とし、バッテリーが十分に充電されている場合はエンジンは停止してバッテリーの電気で走り、バッテリーの残量が少なくなるか、または急加速時、登坂走行時、高速走行時はエンジンで発電機を駆動して電源とする。 4.その他、運転席からの操作で、バッテリーでの走行か、エンジンで発電しての走行かを選択することも可能。 位しか持ち合わせていません。 で、質問なのですが・・・ ガソリンエンジンで2Lエンジンと同等の出力を発生させることができるモーターを搭載したプラグインハイブリッド車両があったとします。この場合、この車両に搭載される発電用エンジンとして最適なのは・・・ 1.やはり、2Lエンジンであることが望ましい。 2.少し小さいエンジンでOK(1.5~1.8L位) 3.もう少し小さいエンジンでいける(1.0~1.4L位) 4.軽自動車用エンジンで十分 5.むしろ、排気量は増やすか、同等の排気量で過給させるエンジンでなければダメ。 上記、1~5のうち、どれなんでしょうか? レンジエクステンダーに、ちょっとした興味があったので、こんな質問をしてみました。 お時間がございましたら、こちらの認識の誤り、上記1~5をわかりやすく解説していただく、もしくは、また違った説をご回答いただく等々、なんでもいいので、ご回答いただけたら幸いです。 よろしくお願いいたします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数740
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3

望ましい、という言い方であれば、1だと思います。バッテリー残量がなくなり発電用エンジンで回す発電機からの電力(kW)のみで走行する場合、やはり同出力(kW)の発電用エンジンがないと加速性能や登坂性能が落ちると思われます。(動力→電力→動力の変換ロスも考えれば2Lエンジンより多少大きくてもいいかも) が、バッテリーから十分な出力(kW)を得られるうちに計画的に発電開始すれば問題ないと思われ、4でも問題ないと思います。もちろん、もうすぐ家に着くからガソリン消費して発電して欲しくない場合には、手動でEVモードにしておきます。究極には、走行開始からすぐに発電し始めれば、もっと小さなエンジンでもいいかも。レンジエクステンドする距離はガソリンタンクの大きさによるでしょうね。 ご質問の、最適な、という回答にはなっていなかもれませんが、個人的には、4がレンジエクステンダーっぽくていいな、と思います。レンジエクステンダーは普段は電気自動車として使用する車だと思っています。 モーターの出力より大きなエンジンを搭載する場合は、元々の加速、登坂性能を維持しつつ、バッテリーを充電したい場合には必要かもしれませんが、そんな機能を持つレンジエクステンダーは意味があるのか疑問です。レンジエクステンダーと呼んでいいのか悩みますね。変なシステムの車(しかも高価になりそう)という印象です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 >同出力(kW)の発電用エンジンがないと加速 >性能や登坂性能が落ちると思われます。 多分、OKWaveの、他のレンジエクステンダーに関するQ&Aで、問題になっているのは、まさにこの部分ではないかと思われますね。 各々のQ&Aの質問者さんは、選択肢4を想定していて、この部分を指摘されていましたので。 >モーターの出力より大きなエンジンを搭載 >する場合は、...(中略)...変なシステムの >車(しかも高価になりそう)という印象で >す。 そもそも、「レンジエクステンダー」というシステムの目的が何であるか、って考えると(EVの航続距離延長のために、エンジンで発電、つまり、あくまで主動力はモーター)、なんか本末転倒である感が否めませんし、省燃費という観点からも好ましくないですね。 (純粋なレンジエクステンダーでは無いですが)三菱のアウトランダーPHEVは、2Lの145psのエンジンと、82psのモーターが2個ですね。

関連するQ&A

  • 燃費向上にはガソリンエンジンで発電機を回せば?

    最近、ハイブリッドや改良版ディーゼルなどのクルマが注目されていますが、そもそも環境に配慮したり燃費を 追及したりするならば、小排気量エンジン(ガソリンエンジン)を一定回転数で運転して発電機を回し、その電 力でモーターを駆動してクルマを走らせる、という方法が色んな意味でメリットがあると思うのですが、そうい う製品の話を一向に聞きません。なぜでしょうか? ガソリンエンジンに限らず、内燃機関は一定負荷て定回転数で運転するのがもっとも燃費が良いとモノの本で読 んだことがあります。すなわち、発電機を一定回転数で駆動し、発電電力は一旦バッテリーに蓄電し、そこから モーターを駆動するという形態を取れば、走行状況に応じた負荷変動もバッテリー側がある程度吸収しますので、 発電機駆動の負荷変動は相当抑えられると思います。 結果、燃費は良くなるし、排気ガスの観点でも最良の運転条件で運転するように設計すれば環境にも良くなると 思います。 トヨタのハイブリッドのように、エンジン系の駆動とモーター系の駆動を切り替える必要も無いのでシステムは シンプルで軽く、また設計次第ですがバッテリーもそれほど大容量を求めなくてもいいような気がしますので、 この点でも軽くなる、と思うのですが、間違っているのでしょうか?

  • 発電機の自作について

    排気量22~35CC・ホンダ製ガソリンエンジン・GX25(またはGX31)と「モーター型発電機」の組み合わせで発電機を自作し、「12?・50A」のバッテリーを充電したい、と考えております。 しかし、 ?「モーター型発電機」に要求される性能(どの程度の発電能力が必要なのか)、 ?その「モーター型発電機」のメーカー名、および連絡方法・入手方法(サイトやメールアドレスなど)、 が分かりません。 どなたか、ご教授をお願い致します。

  • アウトランダーPHEV 非epower?

    三菱アウトランダーPHEVに試乗しました 三日間で約500km 街乗り、高速道路、郊外、未舗装路等 色々な道を走行しました メーターパネルには、エンジン・モーター(回生発電機)の状態が常時表していますが、 エンジンが直接 駆動をするシーンは極僅か 500km走行して、10%未満という印象 これじゃ、ほとんどepowerと同等でした だったら、いっそエンジンは発電機を回すだけに徹した方が、駆動輪に力学的エネルギーを伝達する機構が不要となり 重量やコストや故障のリスクも下がります アウトランダーPHEVは、なぜわざわざエンジンが駆動輪を回す機構を設けたのでしょうか? (epowerは日産ですが、この質問文では、エンジンは発電機を回すだけに徹し、駆動輪とは繋がっていない機構という意味で用いました)

その他の回答 (2)

  • 回答No.2
noname#225485
noname#225485

軽よりもっと小さいエンジンでも行けるでしょう。 補うだけの発電量があれば良いのですから大きなエンジンは不要です。 マツダは確か試作車で330ccのシングルローターのロータリーエンジンを使ってます。 ロータリーは一定回転でしか使わない発電用ならコンパクト化できて振動も少ないので有利らしいです。 ユニットになってるので市販EVへの後付や逆に取り外して単なるEVとして使う事も、災害時など非常発電機として使う事も出来るようです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 ひょっとしたら、ホンダ・スーパーカブの50ccのエンジンみたいなものでもいけるかも知れませんね。

  • 回答No.1

3でしょうね。BMWのレンジエクステンダー車では、同社の2輪車に用いられている排気量660ccの2気筒エンジンです。 でも、ジャガーのコンセプトカー『C-X75』では、2基の超小型ガスタービンエンジンを搭載して4輪のそれぞれのモーターに電気を供給する、と言う物もありました。この車は最高速330km/h、0-100km/h加速3.4秒と超高性能ですが、発電する原動機は何でもよく、発電機の性能が問題になるのでは、ないでしょうか。 東京丸の内ではレンジエクステンダーの「ガスタービン・バス」が運行しています。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 やはり、かなり小さいエンジンでいけるんですね。 しかし、主流はガスタービンエンジンのようですね。

関連するQ&A

  • ダウンサイジングハイブリッド

    最近ダウンサイジングターボの車種が増えていますね。ステップワゴンみたいな車重の車が1.5Lで走り、しかも燃費が良いのはすごいですね。 ところでダウンサイジングハイブリッドを謳う車はなぜないのでしょうか。 ハイブリッドカーは走行用のバッテリーからの出力(kW)があるので、モーターの最高出力(kW)にもよりますが、その分エンジンの最高出力(kW)を抑えられる(排気量を少なくできる)気がします。排気量が小さくなることで燃費はより良くなりそうです。が、そのような車はあまりありません。 ・レクサスGS450hやRX450hなどはハイブリッドシステムで排気量を増やす効果を出しているようなので、技術的には可能なのでしょうか。 ・ホンダのジェイドハイブリッド(1.5L)は先代ストリーム(1.8Lだったかな?)より排気量が小さくなっているようですが、フィットHVやヴィッツHVのような燃費が重視されるクラスでもガソリングレードと比較して排気量を下げるようなシステムとはしていません。 ・ホンダのオデッセイハイブリッド(2L)はガソリングレード(2.4L)より排気量を下げているようです。ホンダのハイブリッドシステムだと可能なのでしょうか。 なにかできない理由、売れない理由があるのでしょうか。それとも今後は増えていくのでしょうか。 お詳しい方いませんでしょうか、よろしくお願い致します。

  • ディーゼル車両

    鉄道会社が使っているディーゼル客車両はエンジンで直接駆動輪を回しているのですか?それとも発電機を回して発電して駆動輪をモーターを回して走っているのですか?

  • 将来に迫る電気自動車時代への不安

    HVシステム(エンジン・電池併用)・iストップ機能搭載車・電気モータのみ搭載クルマ等々... いま、時代はエコカーブーム突入ですよね。 それも将来はどうも電気自動車(モーター駆動のみ)に集約されていく流れにあるように感じられます。でも僕としては、この電気自動車に一抹の不安を抱えています。 エンジン搭載車はエンジンの駆動を利用し電気を発生させバッテリに蓄電し、車内のさまざまな電気用品に電気を使用してますよね。つまりエンジンは発電機のような役割も担っているわけですが、その発電機が電気自動車には無い! 真夏の炎天下でも涼しく快適な車内、真冬の凍てつく極寒地でも暖かく快適な車内。そんな当たり前となった快適空間が電気自動車でも実現できるのだろうか、と。だって考えてみてくださいよ。家庭用のエアコンだって真夏・真冬にフル回転させたら、どれだけの電気を必要とするか。これをでっかい電池を積んで走行しながら併用したら、いったいどのくらい走れるのか。 僕はイヤですよ。電池の節約のために、昔のクルマみたいに夏は窓を開けて走行、冬は防寒具を着ながら走行なんて。 電気自動車の不安、誰か技術的見地で解消してください。お願いします。

  • 自動車エンジンの熱効率

    4気筒のエンジンのうちの一つのシリンダを使って単気筒にした時に熱効率は下がりますか? エンジンには冷却損失や摩擦損失、吸排気損失などいろいろありますが、一般にエンジンが小さくなると排気量に対して表面積が大きくなるので冷却損失が大きくなって熱効率が落ちます。しかし4気筒2000ccのエンジンの一つのシリンダを使ってそのまま500ccのエンジンを作ったら熱効率は落ちますか? という事です。 === なぜこんなことを聞くのかというと、EVのレンジエクステンダー化ができないのかと思うからです。リーフのように24kwhもの電池を積むのも重たいし、高いしで実用的ではありません。普通乗用車で10kwhくらいの電池を積んだEVなら、レンジエクステンダー用の発電エンジンは20~30馬力くらいで十分です。そうなると500cc位で十分という事になります。せいぜい2気筒か単気筒です。これでは振動が問題になります。 考え方としては2気筒の水平対向にして振動を打ち消すか、熱効率優先で単気筒にするか。 2気筒の水平対向にして振動を打ち消せば、エンジンを駆動輪に直結するモードにしても大して振動は問題にならないだろうからシリーズハイブリッド/パラレルハイブリッドのどちらも可能だろう。 単気筒だとエンジンを駆動輪に直結するモードのときは振動対策が難しいので発電専用のシリーズハイブリッドオンリーになるだろう。 でも水平対向2気筒ではエンジンが長くなって収めにくいし、コストを考えるとそこまでして直結モードを作ってパラレルハイブリッドにする必要もない気がするので、シンプルに単気筒の発電専用エンジンを積んでレンジエクステンダーを作ってほしいと思うようになりました。

  • エンジン駆動発電機からの動力取り出し方法について

    こんばんは 艦長です。よろしくおねがいします 今回は、エンジン駆動発電機から動力を取り出すためスプロケットを取り付けなければいけないのですが、どこに取り付けたらよいのでしょうか。また、どこから動力を取り出せばいいのでしょうか。あまり大きい負荷を取り出すわけではないのでベルトでも良いのですが、部品の入手先(東急ハンズ)を考えて、チェーン駆動にしました。 どなたか知恵をお貸しください。ちなみに、発電機の形式はオープンフレーム型で、出力は2500W・エンジン形式は三菱GM182です。 よろしくお願いします。 追記します。 取り出したい動力は、エンジンの回転数と同じでないといけないため、発電してできた電力でモーターを回すなどのことはできません。 発電機 http://www.monotaro.com/p/0725/3434/

  • ハイブリット原付は法的に登録(製作)可能ですか。

     車輌法では、原付1種登録の動力は排気量50CC以下(定格出力0.6kW以下)となっているようです。ハイブリット原付の場合、基本的にはエンジンとモータの二つの動力が搭載されることになると思いますが、このときの排気量は何CCまで許されるのでしょうか。また、モータは定格出力何kWまで許されるのでしょうか。または、もっと複雑な取り決めがあるのでしょうか。それとも現行ではハイブリット原付は法的に認められないのでしょうか。  ネットでハイブリットバイクが販売されておりました。エンジンは41.5CC(2.2PS)、モータは0.45kWで、動力の併用走行が可能なようです。画像上は玩具に見えました。なお、公道走行するには原付登録必要との注釈がありました。もしかしたら原付2種登録かもしれません。業者に対して上記のような質問をしましたが、回答が返ってきません。  どなたか詳しい方がいらっしゃいましたら教えて下さい。

  • 軽自動車がハイブリッドになったら

    近未来に軽自動車もハイブリッド化されると思うのですが軽自動車の排気量は660CCですが、それに補助動力が付いた場合法的に軽自動車と言えなくなるなんてことは有るのでしょうか無いのでしょうか。 もし、強力な補助動力モーターが付いて動力性能が1500CCクラスと同等になるようなことが有ってもエンジンの排気量が660CCならそれは法的には軽自動車なのですか。

  • もしもプリウスをレンジエクステンダーEV化したら

    流星歯車の動力分割機構を持つTHSのHVカープリウスですが、電池を大きくしてエンジンと変速機を小さくすればそのままレンジエクステンダーEVになります。しかもパラレルHVですからモーターとエンジンの合計で走ればいいわけで、モーター単体でもエンジン単体でも走れるPHVに比べてモーターもエンジンも小型化できて安く済むのではないかと思います。 例えば現在のTHSは4.4kwhの電池と60kwのモーターと73kwのエンジンを積んでいます。エンジンもモーターも大きすぎて無駄なように思います。 それを10kwhくらいの電池と60kwのモーター、そして660cc2気筒で25馬力/3000rpmくらいのエンジンとそれに見合った小型の動力分割機構にしたら、さほどコストアップせずにそのままレンジエクステンダーEVになるのではないでしょうか。 エンジンとモーターを合わせた最大出力はリーフの80kwのモータと変わりません。 60kwって2000ccのエンジンをべた踏みで3000rpmまで引っ張ったときのパワーなので、街中ならEVモードで十分走れます。郊外や高速は航続距離に不安があるのでエンジンでアシストしてやればいいと思います。 25馬力あれば小型車を平地で100km/hくらいで走らせられるのでバッテリーの心配はありません。モーターは加速や登坂のアシストだけの役割になります。 レンジエクステンダーのエンジンは発電してからモーターを回しますが、それならエンジンの力を直接駆動力として利用すればいいことです。THSの動力分割機構はエンジンをいつも最高の効率で回させてくれます。 10kwhくらいのバッテリーなら家庭用100vでも気軽に充電できます。 街中60km/h、高速100km/hの日本やアメリカには理想的な仕様だと思います。ヨーロッパ向けにはもう一気筒増やすかターボでも積むかしとけばばっちりです。 === というようなのがピュアEVまでの過渡期のレンジエクステンダーEVとしては理想ではないかと思いますが、どこか欠点ありますか? プリウスやアクアをそちらの方向へ持っていく気は無いのでしょうか? また今のHVと比べてそんなに高くなりますでしょうか?

  • 発電機を200V動力で回すと?

    家にあるエンジン式発電機のエンジンが調子よくありません。治すなら新しいのを買おうと思うのですが、残った発電機の再利用で知恵をお貸し下さい。 発電ユニットだけエンジンから外して、200V動力のモーターを取り付けてモーターで回した時、どの位の発電が出来るでしょうか? 発電ユニットは2KWです。モーターは1KWと呼ばれている物です。実電流は10A位流れる農機具用のモーターです。 単相と三相の違いがあり、200Vと100Vがあるので発電ユニットをフルで稼働させられればと思うのですが、無理でしょうか?

  • バイクのバッテリー上がり

    w650に乗っています。先日バイクで走っていて、一度とまりエンジンを切って、再度エンジンをかけようとしたら、嫌な音がしてセルがまったくまわらなくなりました。キックでやってみたらエンジンがかかりました。しかし走行中に突然エンジンが止まるということが何回も起こりました。最後は、キックでもエンジンがかからなくなってしまいました。バッテリーが駄目なのはわかるのですが、走行中にエンジンが止まるとは、発電機が駄目なのでしょうか?分かる方いらっしゃいましたら、教えてください。よろしくお願いいたします。