• ベストアンサー
  • 困ってます

各熱力学の関係式とその全微分系

内部エネルギーU=TS-PV+μN エンタルピーH=U+PV=TS+μN ヘルムホルツ自由エネルギーF=U-TS=-PV+μN ギブス自由エネルギーG=U-TS+PV=μN その各全微分系 内部エネルギーdU=TdS-PdV+μdN エンタルピーdH=TdS+VdP+μdN ヘルムホルツ自由エネルギーdF=-SdT-PdV+μdN ギブス自由エネルギーdG=-SdT+VdP+μN となりますが、どうしてこのような形で表されるのですか。 まず内部エネルギーU=TS-PV+μNとなっているので熱力学の関係式というものは、孤立系で成り立つ式だと思います。先生が「これらを偏微分していけばこの全微分の式になる」と言って導出を飛ばしたためどういう計算過程なのか分かりません。 何よりも不明なのが偏微分する変数が各式で違っているのが分からないです。dFはPdVなのに対してdGはVdPとなり、dHなどではTdSなのに対しdFなどではSdTとなっていますが、どの場合は何を固定しどの文字を変数としているのでしょうか。上のU,H,F,Gそれぞれの式は圧力Pを変化させているのか体積Vを変化させているのか等どちらを変数とするかを判別する方法を教えて欲しいです。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

内部エネルギーからルジャンドル変換で独立変数を変えていったものた各種熱力学関数なので、 >何よりも不明なのが偏微分する変数が各式で違っているのが分からないです。 これは当たり前の話なのですが。 熱力学第一法則は dU = TdS - pdV + μdN ここから変数をSからTに変えるためにルジャンドル変換 F = U - TS で定義したものがヘルムホルツの自由エネルギーで dF = dU - SdT - T dS = (TdS - pdV + μdN) -SdT - TdS = -SdT -pdV + μdN となり、変数がSからTに変換されました。他も同様。 1成分系の場合、ケミカルポテンシャルは1粒子あたりのギブスの自由エネルギーなので G = μN これからルジャンドル変換して行けば、他の諸量が出ます。 たとえばギブスの自由エネルギーGとヘルムホルツの自由エネルギーFの間のルジャンドル変換は G = F + pV なので F = μN - pV 他も同様。 >先生が「これらを偏微分していけばこの全微分の式になる このためには、ギブス-デューエムの関係式 SdT - Vdp + Ndμ = 0 が必要です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ルジャンドル変換というのを初耳でしたが、概要は掴めました。

質問者からの補足

↓すみません、お礼を言い忘れました。回答有難うございました。

関連するQ&A

  • 熱力学

    熱力学が得意な方にお願いします。 以下のような問題なのですが、何をどうすればいいのかわかりません。解き方と答えを教えていただけないでしょうか?? 準静的状態変化に適応した熱力学第1法則の式は、du=Tds-Pdvで表される。この式を、比内部エネルギーuの代わりに比エンタルピh=u+Pv、比ヘルムフォルツの自由エネルギーf=u-Ts、比ギブスの自由エネルギーg=h-Tsを用いて書き改めよ。 よろしくお願いします。

  • 定圧変化のヘルムホルツエネルギー変化

    1atm、25℃の1molのCO2を定圧のもとで膨張させ、体積を2倍にした。このとき、ヘルムホルツの自由エネルギー変化を求めよ。ただし、CO2は理想気体としてよい。 という問題は、与えられた情報だけで解けるものですか? ヘルムホルツの自由エネルギーをAとすると A = U - TS U:自由エネルギー T:温度 S:エントロピー これを全微分し dA = dU - TdS - SdT に加え dU = dq - pdV dq = SdTを代入し dA = -pdV - SdT ΔA = -pΔV -∫S dT ……とここまで計算して、あとはSがTの関数として表せればいいのですが、SをTだけの関数として表す方法が分かりません。 S の絶対値って熱力学第3法則の「0 K(ケルビン)で完全結晶なら0」みたいなやつしか知らなくて…… そこから積分しようにもうまくいかなくて……。 どうやったら解けるものでしょうか? あるいは追加情報が必要としたら何が足りないでしょうか?

  • 熱力学 ボイルシャルル・全微分

    熱力学を教えてください。この答えと合っているか見てください。あと、この問題をレポートとして提出するのですが、模範解答をお願いします。 (問題1)S(T,V)の全微分と dQ=dU+P dV の関係を比較することにより、 式1が成り立つことを示せ。 (問題2)ボイル・シャルルの法則が成り立つと仮定すると上式から式2になることを示せ。 dQ=TdS=dU+P dV TdS=dU+PdV=(∂U/∂T)dT+(∂U/∂V)dV)+PdV =(∂U/∂T)dT+((∂U/∂V)+P)dV T∂S/∂T=(∂U/∂T) T∂S/∂V=∂U/∂V)+P ∂U/∂V=T∂S/∂V-P F=U-TS dF=dU-TdS-SdT=-pdV-SdT [-∂2F/∂V∂T=]∂p/∂T=∂S/∂V [Maxwellの関係式] ∂U/∂V=T∂P/∂T-P PV=RT ∂P/∂T=R/V=P/T T∂P/∂T=P ∂U/∂V=P-P=0 お願いします

  • Eulerの公式を導きたいのですが…。

    Eulerの公式:U=TS-pV+μNを求めようと思っています。 (1) dU=TdS-pdV+μdNから、内部エネルギーUはS、V、Nを独立変数とする関数である。 (2) U、S、V、Nは示量変数であるから、系のスケールをλ倍に変化させた時λU=U(λS,λV,λN)が成立する。  上の(1)・(2)を用いるとするのですが…。誠に恐縮ですが、どなたか御回答を御願い致します。

  • Eulerの公式を導きたいのですが…。

     Eulerの公式:U=TS-pV+μNを求めようと思っています。 (1) dU=TdS-pdV+μdNから、内部エネルギーUはS、V、Nを独立変数とする関数である。 (2) U、S、V、Nは示量変数であるから、系のスケールをλ倍に変化させた時λU=U(λS,λV,λN)が成立する。  上の(1)・(2)を用いるのは分かるのですが…。誠に恐縮ですが、どなたか御回答を御願い致します。

  • エネルギーの全微分

    以下の問題があります。 【問題】 エネルギーU[S,V,N] の全微分は dU = TdS - PdV + μdN で与えられる。 ∂T / ∂P = - ∂V / ∂S は正しいか。 【解答】 解答を読むと誤りであって、その理由は H = U + PV を利用してルジャンドル変換を行った後の dH = TdS + VdP + μdN から ∂T / ∂P を得ると ∂V / ∂S になり、問題の右辺の負号が不要だからとなります。 【質問】 教えていただきたいのは次のことです。 dH の形に変換した後の式を利用すると解答の通りになることはわかるのですが、なぜ変換をしなければならないのかがわかりません。 もとの dU の形から変形すれば、∂T = ∂U / ∂S, ∂P = - ∂U / ∂V から ∂T / ∂P = - ∂V / ∂S となり、問題の式と一致します。 なにを判断材料として いったん dH の形に変換するのでしょうか。 なにかを忘れているか見落としているのだと思うのですが、わからなくて。 お願いします。

  • 微分の仕方?

    熱力学の式で  H=U+PV の関係がありますが、この微分が次のようになることが分かりません。  dH=dU+PdV+VdP 分かりきった人には当たり前過ぎるかも知れませんが…. おそらく全微分や積の微分が関係していそうな…?

  • 熱力学

    大学生です。演習問題が解けなくて… 熱力学変数が、温度、容積、ならびに化学ポテンシャルであるような系の熱力学ポテンシャルを示せ。また、その全微分の式を算出せよ。 解答は持っていて、 pV、 d(pV)=SdT+pdv+Σndμ です。 この解答までの過程が知りたいのですが、どなたか簡潔でいいので解き方を教えてください!

  • 自由エネルギー

    0℃における氷の融解熱は1436cal/mol、融解のエントロピーは、5.257cal/mol・K である。融解に伴う自由エネルギーの変化を求めよ という問題がわかりません。 dG=VdP-SdTやdF=-PdV-SdTの式を使えばできるようなきがするのですが、 この問題文から察すると、温度は0℃のままで、 おそらく大気圧下での現象だと思うので、dP=0となり、dG=0となってしまいます。 これだと、何か変な気がしてなりません。 G=U+PV-TSの変化を実際に計算してみようとも試みましたが、挫折しました。 どうか教えてください。よろしくお願いします。

  • 多種粒子系の場合のGibbsの自由エネルギーの変化

     Gibbsの自由エネルギーG=U-TS+pVに対して  (dG)_〔p,T〕=Σ_〔i〕μ_〔i〕dN_〔i〕 を導く方法を教えて下さい。但し左辺は、Gibbsの自由エネルギーの変化がP,共に一定の時、ということを表しています。  多種粒子系の場合、内部エネルギーの変化がdU=TdS-pdV+Σ_〔i〕μ_〔i〕dN_〔i〕と書けます。  誠に恐縮なのですが、どなたか御回答を宜しく御願い致します。