• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

ある本を探しています

作者が落合恵子さんで、タイトルの記憶ははっきりしないのですが、「ふりむいた天使たち」のような気がします。 かなり昔に読んだもので、落合恵子さんの写真も何ページか載っていたと思います。 記憶では、いくつかの小説?が収録されている短編集の様な本だったような気がします。 その中に、少年が登場する「黄色いバラ」というタイトルのお話があったように思うのです。 その本が欲しいのですが、何というタイトルかがわかりません。 インターネットで調べてみましたが、 落合恵子さんの本はたくさんヒットするのですが、内容の紹介がされているのは一部の本だけで結局わかりませんでした。 その少年が出てくるお話のタイトルも、収録されている本のタイトルも、確かなものでなく調べようがありません。 少年が出てくるお話はあったけれど、「黄色いバラ」は別のお話のタイトルだったかも知れません。 お心当たりの方がいたら教えて頂けますでしょうか? うろ覚えで説明が不十分で申し訳ないです。 若い頃のとっても綺麗な落合恵子さんの写真が載っていたと思います。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数131
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2
noname#204310
noname#204310

こんばんは。 落合恵子さんの「ふりむいた天使たち」は、講談社から1980年(1975年説もあり)に出版されたものです。現在は書籍版は廃盤で文庫版のみ流通しています。ですが、古書店などでは書籍版も入手可能なようです。 「黄色いバラ」のお話の正式なタイトルは、おそらく「溺死者には 黄色いバラを」ではないかと思います。同書に収録されているようです。 以下のURLのページの上から10段目をご参考になさってください。 http://www.tacto.jp/books/musician-and-actor-announcer.htm

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございました! URL見させて頂きました。 やはり探していたのは「ふりむいた天使たち」だったようでした(^^) 収録小説は、正しくは「溺死者には黄色いバラを」だったのですね 長年気になっていたので、スッキリしました。 購入したいと思います! ありがとうございました(^^)

その他の回答 (1)

  • 回答No.1
  • l4330
  • ベストアンサー率22% (4372/19593)

  内容は判りませんが、安いので買ってみても良いのでは? http://books.rakuten.co.jp/rb/185423/  

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます! 検索してみます(^^)

関連するQ&A

  • 本の名前が思い出せません

    以前、本屋で「性格の違いによって句読点をつける量も違う」みたいな内容が冒頭に書かれた小説を立ち読みして、またその本を読んでみたいと思うのですが、その書名も作者名も忘れてしまいました。 うろ覚えの記憶なのですが、短編集だったような気がします。 少ない手がかりですが、これに当てはまる本ってないでしょうか? 心当たりがあれば教えていただきたいです。

  • 昔読んだ本の題名が思い出せない

    最近になって、昔好きだった本の存在を思い出しました。 ですが覚えているのは内容だけで、どうしても題名が思い出せません。 内容は、 まだ海と空しかない場所に陸(丘?)を作るため、神様が一人の天使に「海に潜って砂を少しすくって来てほしい」と頼むお話です。 天使は神様のために海に潜りますが、手に握っていた砂は海上に上がってくるまでに全て波に流されて、無くなっているのです。何度潜っても結果は同じで、とうとう天使は諦めて神様にそのことを伝えに行きます。 「砂は持ってこられなかった」と期待に応えられなかったことを悔やむ天使に神様はそんなことはないと言います。 天使が神様の言う通りに体をふるわすと、羽や髪の間から挟まっていた砂の粒がたくさん出てきます。神様はその粒を集めて陸(丘)を作りました、という内容です。 短編集のような本で、覚えているこのお話はその本の中のお話の一つだった気がしますが、その点に関しては20年も前の記憶なのであやふやです。 こんなお話が載っている本をご存じないでしょうか。お願いします。

  • こういう内容の本を探しています

    小学生の頃に読んだので非常に薄い記憶なので具体的なことをほとんど覚えていないんですが、どうしてももう一度読みたいと8,9年ほど探しています。 その頃(1993年~)に売り出された本だと思うのですが(たしか外国の作者さんだったと思います)表紙は緑色で青々茂った木の写真だったと思います。 内容ですが、少年(少女?)が祖父と二人である道をある目的ということでずっと旅をしていき、最後の最後に「ここまで母さんは旅をして、母さんは死んだんだ」と衝撃のネタばらしで終るお話です。 とてもうろ覚えな内容ですいません;もしお知りの方がいましたら是非よろしくお願いいたします!

  • 本を探しています。

     ちらりと立ち読みしただけでタイトルを覚えていない本を探しています。  天使がモチーフになった短編集で、文庫本サイズだったと思います。  立ち読みなのにで思わず泣きそうになった切ない話があったのを覚えていて、購入したいのですが、どうしてもタイトルが思い出せません。  心当たりのある方、どうかお願いいたします。

  • 「ポールとヴィルジニ」という本

    昔、小学校の図書室で借りた「ポールとヴィルジニ」という 本についてご存知の方はいらっしゃいませんか。 読んでとても感動して、大泣きしたことは憶えているのですが、 タイトルだけ憶えていて内容や作者については、よく憶えて いないのです。少年少女文学全集みたいな中の一冊でした。 思い出そうとすると、「難破船」というお話でしょうか、 (遭難しそうな船から少年が、少女に救命ボートを譲って、 自分は船とともに沈んでいく話)とごっちゃになってしまいます。 タイトルどおりの少年と少女のお話です。

  • 佐藤真樹さんの・・・

    10年くらい前読んだのですが、りぼんコミックスで佐藤真樹さんの短編集だったと記憶しています。 居酒屋が舞台で、主人公は確かショートカットの女の子。 大きなおにぎりを食べるシーンが印象に残っています。 このお話のタイトルまたはこのお話が収録されている短編集のタイトルをご存じの方、居ませんでしょうか? 古本屋でこの短編集をずっと探していますが全然見つからないのです。 よろしくお願いします。

  • うろおぼえですが、本のタイトルと作者名を知りたいです。

    うろおぼえですが、本のタイトルと作者名を知りたいです。 主人公(男)が目を覚ますと、そこは病院(若しくは収容所みたいな物)で、 自分の記憶がないかあやふや。 (主人公は20代位だったと思います) 周りの人はみな犯罪者か狂っている(と思い込んでるだけだったかもしれません) 有名な方の小説だった気がしますが、タイトルと作者名が思い出せません…。 どなたか教えてください!!

  • 好きだった本を思い出したい

    以前読んだ本のタイトルも作者も思い出せないんですが、ヒントになるアドバイスをください。海外の作家で、短編集でした。街の中のたわいもない様子を、品よく書いていて、エッセイのような内容です。文章が軽くて、センスがよくて。新聞で紹介してあったのを見て、買って読んだら気に入ったのですが、作者の名前がどうしても思い出せません。どなたか思い当たることはありませんか。よろしくお願いします。

  • 本のタイトル

    十年ぐらい前の「ぱふ」という雑誌のおすすめの本の紹介に載っていた本を探しています。かなり記憶はうろ覚えなのですが。 近未来のSF物で、作者は外人でした。頭の良い子どもが主人公(だったと記憶しています)で、その主人公がグループを組んで何かするというような内容だったと思います。タイトルは「リング」とか「エッジ」とか、そんな短い三文字程度の言葉だったような記憶があります。 当時図書館でその本を手に入れようとしたら、書庫入りになってた記憶があるので、もしかしたら古い本だったのかもしれません。 もし記憶にある方は教えていただけると嬉しいです。

  • 昔、岩波少年文庫からでてい「もうない鳥」

    40年位前に岩波少年文庫からでていた短編集で「もうない鳥」というお話が入っていた本を知りませんか? 独特な神秘性をもっていたような記憶がある、 掌編集です。ご存じの方教えて下さい。