• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

「ポールとヴィルジニ」という本

昔、小学校の図書室で借りた「ポールとヴィルジニ」という 本についてご存知の方はいらっしゃいませんか。 読んでとても感動して、大泣きしたことは憶えているのですが、 タイトルだけ憶えていて内容や作者については、よく憶えて いないのです。少年少女文学全集みたいな中の一冊でした。 思い出そうとすると、「難破船」というお話でしょうか、 (遭難しそうな船から少年が、少女に救命ボートを譲って、 自分は船とともに沈んでいく話)とごっちゃになってしまいます。 タイトルどおりの少年と少女のお話です。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数865
  • ありがとう数12

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

 こんにちは。  回答の前に一言。こういう質問は「いつ頃」かということも重要な手掛かりです。なるべく判る範囲でよいですから書くようにしてください。  さて先の方が挙げたサイトはSF読みには無くてはならない極めて重要なデータ・ベースです。が、そのジャンルの基本登録は疾うに終わっているため、近年ではミステリや、普通の小説にまで範囲を広げています。  さて、これを一覧すると、文庫版で読んだのならばこれらの中のどれか ということになるでしょう。ですが「少年少女文学全集みたいな中の一冊」とはとても思えません。唯一白水社版が文庫版ではなく、或いはこれなのではと感じましたが、これもやはり少年少女文学全集のようなシリーズではありません。  そこで更に国会図書館で検索し直したところ、可能性の高いものが二つ見つかりました。ただ、これを共に見つけるのは相当の回数、条件を変えて検索する必要があります。あまり詳しいことを言っても仕方がありませんが題名だけをとっても、ポールまたはポオル、ヴィルジニまたはヴィルジニイまたはビルジニと本によって少しずつ異なります。長音記号は無視されるので良いのですが、ヴィとビの判別はその館の方針次第ですし、「イ」は確実に別件となります。おまけに今回は著者がベルナルダンでは登録されていないものがあったりして・・・(以下省略)。  やっと回答の本文です。可能性があるのは以下の二つでしょう。 ・少女世界名作全集 6(フランス編) 東西五月社 1960   『夢』、『にんじん』、『フランス詩集』併録。 ・ポールとビルジニ 偕成社 1961 世界少女名作全集第39巻  武村志保編著とあるので原作を改変してある模様。  辰巳まさえ絵。併録作品はないらしい。  ところが平行して調べている都立館の検索結果によると、更に別のものが見つかりました。 ・少年少女世界の名作文学 23 フランス編5 小学館 1965  山主敏子文、とあるのでこれも一部改変か翻案だろう。  併録『十五少年漂流記』、ほか。もしかしたら質問文中の漂流場面はこ れの一部かもしれません。 ・実はもう1冊詠み聞かせを目的とした短いお話の集成本がありましたが、これは明らかに題意から外れると思うので省略します。  上記の簡略な内容では判断できなければ、あとは実物を見るしかありません。すべて絶版ですし、その後岩波から出ていた文庫版もかなり前に品切れになっています。図書館の力を借りる以外にはないと思います。東京ならば上記の3冊はすべて都立が所蔵しています。もし地元の公立館になければ、そちらを通じて借り出してください(直接の貸し出しは出来ません)。  また参考としてそれ以外の公立館の検索リンク集も挙げておきます。 http://www.library.metro.tokyo.jp/ http://www.jla.or.jp/link/public.html  最後に、「アリアと30の変奏曲」。楽譜は例えばここで無料で見られます。ダウンロードして印刷も出来ます。1日当たりの回数制限はありますが。今後の回答の参考にしてください。 http://www.sheetmusicarchive.net/index.cfm  このアリアはバッハのクラヴィア曲の傑作の一つですね (^o^)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

丁寧に調べてくださり、感謝しています。 1960年代生まれの私が小学生のときですので、 図書室にあった本はたぶん60年代に発刊されたものと思われます。 背表紙にこの題名が書いてあって、他のお話は収録されていず 1作だけの収録だったので、教えてくださった、偕成社の 「世界少女名作全集39巻」というのが、それらしいかなぁと 思っています。(偕成社の本はよく図書室に置いてあったような気が します。) 実際にズバリそのものでなくても、文庫のものでも良いので、 ぜひまた読み返して見たいので捜してみようとおもいます。 ありがとうございました。

質問者からの補足

御礼の後になってしまいましたが、もうひとつ。 記憶を辿ってみますと、タイトルの少女の名前は、 「ー」と伸びてはいなくて、「ヴィルジニ」という 切れの良い名前だったような気がどうしてもするのです。 さらに、小学生の読む本なので「ヴィ」という表記は 使わないのでは、というところから考えて、タイトル表記は 「ポールとビルジニ」だったのではないかという気が しています。 そうするとやはり、お教えくださった、偕成社の39巻が そのものズバリの本だったのではないかという思いを 強くいたしました。 図書館で現物を手にすることができれば、さぞかし感慨深いと 思います。 本当にありがとうございます。

その他の回答 (4)

  • 回答No.5

はるか昔なので、もううろ覚えなんですが・・・。 たしか南の島で二人はまるで兄弟のようにして育つ。 でも成長したヴィルジニーはパリに行ってしまい、ポールが島に残る。 しばらくしてヴィジニーが戻ってくるが、嵐にあって船といっしょにヴィルジニーも沈み、ポールもその後を追う・・・。 というような話だったと思います。 が、なにぶんウン十年も昔なので、正確かどうかはちょっと・・・自信ないですが、船とともに沈んだのはヴィルジニーだけだったと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

無理を言って、思い出すお手間をとらせてしまい、 恐縮です。 船とともに沈んだのはヴィルジニだったんですね。 それを聞いただけでも、涙ナミダです。 きっと本を見つけて、読んでみます。 どうもありがとうございました。

  • 回答No.4
noname#89529
noname#89529

皆様の回答だけで、不要な書き込みかもしれませんが、、、 あなたが、思い出そうとして難破船・・・というのは、「クオレ愛の学校」に入っているものではないでしょうか? 他にも「母を訪ねて三千里」も入っているものです。 http://www.amazon.co.jp/%E3%82%AF%E3%82%AA%E3%83%AC-%E7%9F%A2%E5%B4%8E-%E6%BA%90%E4%B9%9D%E9%83%8E/dp/4061943227 お探しの表題のものではないですが、気になりましたので書き込ませていただきました。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

そうだったんですね、「クオレ」も小学生のとき、 読みました。それでごっちゃになってしまっているのです。 「ポールと・・」のほうは、シクシクどころではなく 声を上げて泣いたような記憶があります。そんなに 泣けたのに、ストーリーが忘却の彼方に行っちゃって、 もどかしくてたまりません。 子供の頃に戻って、「少年少女名作全集」みたいな シリーズをまた読んでみたくなりました。 ありがとうございました。

  • 回答No.3

懐かしいですね。子供の頃名作全集で読みました。 アマ○ゾンで「ポールとヴィルジニー」みましたよ。 ただ新品ではなく、ユーズドでしたが・・・。 検索されてみては?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

お読みになった内容は憶えていらっしゃいますか。 少し検索してみたら、難破船で救命ボートを譲った 少年のお話(こちらの主人公は、マリオとジュリエッタ だった模様)と似たところがありました。 お話を思い出そうとすると、どうしてもかぶるところがあるなぁ、 という思いはまんざら思い違いではなかったようです。

  • 回答No.1

ちょっとした図書館ならまだおいてあるのではないでしょうか。 http://homepage1.nifty.com/ta/sfs/saintpie.htm

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

タイトルは間違いなかったですね。作者もわかりました。 捜してみたら見つかるかもしれません。 子供の頃に読んでずいぶんと泣いた思い出があるので、 今、読み返したらどんな感想を持つだろうかと思うと、 ぜひ読んでみたいです。 ありがとうございました。

関連するQ&A

  • この本の著者

    題名が『お母さんを売る店』で、昔少年少女日本文学全集(講談社)の中にありました。まだ販売していますでしょうか?また、作者も教えて下さい。

  • 「彼女を見ると森を思い出し、森を見ると彼女を思い出す」というセリフのある本

    20年くらい前に読んだ本を探しています。 ある森の管理人のところに、片方の手の手首から先がない少年が、ここで働かせて欲しいとやってきます。 (もしかしたら、森ではなくて庭とか花園だったかもしれません) その森の中で、悪人との諍いやら何やらがありまして、その過程で本人も知らなかった少年の生い立ちが明らかになっていきます。 ラスト、少年はある女の子と婚約するのですが、その女の子について語る次のようなセリフがあります。 「僕は、彼女と森を別々に考えることができないんです。彼女を見ていると森を思い出すし、森を見ていると彼女を思い出すんです」 このセリフをもう一度読みたくて探しているのですが、タイトルも作者も覚えていないので探しようがありません。 作者はたしか外国人で、わりと子供向けの平坦な文章で書かれていたと思います(少年少女文学全集のような本だったかもしれません)。 どなたか、この本のタイトルをご存知ないでしょうか?

  • 本を探しています。

    もう20年くらい前に読んだ本を探しています。 少年少女全集みたいなシリーズの中の一冊で、記憶が正しければ「魔法のつえ」というタイトルでした。 外国の作品で、主人公は男の子。 不思議なおじいさんからなにも知らずに杖を買ったところ、念じただけで行きたい場所に行けるようになります。 いくつかの冒険をして、幽閉された王子様を助けたりします。 その杖はいつも持ち歩いていたのに、サーカスを見に行ったときに入り口で預けるように言われ、しぶしぶ預けたきりなくなってしまった……。 タイトルが間違っているのか、検索しても分かりませんでした。 もし、ご存じのかたがいましたら、タイトル・出版社・著者名など、教えていただきたいと思います。 よろしくお願いします。

  • 子供向けの文学全集を買うとすれば?

    子供が小学1年生になりました。 私は子供のころ、小学館版「少年少女世界の名作文学」をよく読んでいました。 けっこう面白い話が多くて、「ほら男爵の冒険」とか「でぶの国、のっぽの国」など、今でも忘れられないです。 いわゆる名作ばかりでなく、ちょっと面白いセレクションの全集を探しているのですが、現在手に入るものではどんなものがお勧めでしょうか。

  • 30年前ほど発刊の本を探してます

    1980年代に小学校図書室で耽読してた愛書のタイトルを二冊探してます。 いずれの物語梗概を拙劣ながら説明申し上げます。 ・のどかな田舎(九州?)の小学校同士によるフクロウ争奪戦  (山間における論戦や投石)物語。 ・とある小学校六年生のクラス(6-4か6-2?)における、  ユニークでユーモラスな少年少女達を紹介する物語 もし思い当たる節がございましたら、ご一報頂ければ在り難いです。

  • 少年少女が成長していくような内容の作品を教えてください。

    少年少女が成長していくような内容の作品を教えてください。 映画「スタンドバイミー」のように少年少女が旅をしたり、何気ない日常から離れた場所で成長する話を見るのが好きで そのような内容の映画、小説、児童文学、アニメなんでも構いませんので教えていただけると嬉しいです。

  • この内容の漫画の作者の別作品は?

    もう20年以上前の少女漫画誌の読み切り作品です。雑誌名・作者名は失念しました。 お話は、少年二人と少女ひとりが大人たちから勝ち取ったシェアルーム。三人の夢は宇宙にロケットを飛ばすことです。少年少女は劇中進学しますが、女の子が「制服がかわいいという理由で選んだ」高校合格を勝利報告するシーンがあったのをよく覚えてます。 その後、どんな落ちで物語が終わったか憶えていません。 非情に読後感のよい作品で、(当時は覚えていた)作者の名前で本屋巡りをして作品が無いか探していましたが、出会えませんでした。 私が読んだのは、なんという作者さんのなんという作品だったのでしょう。また作者さんは単行本を出しているのでしょうか? あの才能にもう一度出会いたいです。

  • この物語の題名を教えてください(小人、姿を消せる頭巾)

    昭和56~59(1981~1984)年頃、小学校の図書館で借りて読んだものです。 “少年少女世界の文学集”のようなものに収録されていました(出版社は覚えていません。一冊に一作品ずつでなく、何作品ずつか収録されていました。 背表紙の巾が4~5cmくらいあり、表紙の大きさはA4くらいだったと思います)。 題名は「○○と△△」。 ○○と△△は外国人のファーストネームで、恋人同士の女性と男性だったと思います。 あらすじは、題名の恋人同士がいましたが、女性のほうがさらわれてしまいます。 館かお城の、自分にあてがわれた部屋にいると、 主の小人が、召使たちに抱えられてやってきます。 (小人といっても、大人の背丈の半分くらいはある感じです。悪人っぽい描きかたでした。) 娘は、好奇心から、思わず小人が頭にかぶっていたものを持ち上げ、 頭をこつんと叩いてしまいます(長いあごひげをひっぱるのだったかもしれません)。 そして自分でもびっくりして、大声をあげます。 すると、小人や召使い達は驚いて、あたふたと部屋から出て行きます。 あとに残った落ちている頭巾(頭巾だったかと思います)は、実はかぶると姿を消すことのできる頭巾でした。 娘はそれをかぶって姿を消します。 話の筋は、ここまでしか覚えていません。 ただ、「館の庭(か近くの森)に、涙で濡れたハンカチが落ちているので、娘が近くにいることが分かりました」というような記述があったのを覚えています。 小人や姿が見えなくなる頭巾といっても、わくわくするようなお話ではなく、 不運な娘が嘆くお話、でも何となく耽美的なムードであるのを、子どもながらに感じていました。 挿絵は白黒で、銅版画ほどではありませんが、細い線で描かれていた記憶があります。 その文学集には、確か「君よ知るや南の国」「即興詩人」「アルプスの少女」「失われた世界」は収録されていたという記憶がありますので、 それらが入っているという点で 小学館の「少年少女世界の名作文学」ではないかと思い、 その中でそれらしい題名「ポールとビルジニイ」を 近くの図書館で借りてみましたが、全く別のお話でした。 借りてみると、小学館のものは、 本の大きさ(縦22cm)も記憶と近いですし、 各ページの行が上下二段に分かれていること、 挿し絵の感じも、何となく覚えがありますので、 昔借りていたシリーズは、小学館のものだったのかもしれません。 この小学館「少年少女世界の名作文学」の、 各巻に何が収録されているかの一覧を見ると、 「何々 何々・ほか」という巻もありますので、 ひょっとすると、その「ほか」の中に入っているのかもしれません。 ただ、今回お尋ねするお話が、 “少年少女世界の名作文学”のようなものに収録されていたということや、 「○○と△△」という題名だということは、 記憶違いなのかもしれません。 どなたか、ご存知の方がいらっしゃいましたら、 是非お教えください。 よろしくお願いいたします。

  • 子供の頃読んだ本を探してます

    34、5年前(小学4年)の時に読んだ本で 「赤いバラと死刑執行人」というタイトルの本を ずっと捜してます。筋は全部は覚えてないのですが、 ギロチン処刑の決まっている囚人が、自分の刑の 執行人に毒入りビスケットを食べさせ・・・という ものでした。少年少女向けのミステリーものだと 思います。 よろしくお願い致します。

  • タイトルが知りたいです。

    『少年少女世界の文学』の中の、短編集か、民話の一つではないかと、ぼんやり記憶しているのですが。 家に帰る途中の男が、星空の下におくるみに包まれた女の子を見つけて家に連れて帰ります。 その女の子は、なんでも見通す目をもっていて、最初はその力で良いこともあるのだけれど、 目隠しをしても見えてしまうほど強い力で、だんだん気味悪く思うようになって、仕方なくまた見つけた場所に置いてきてしまう。 というようなお話なのですが、最近思い出してまた読んでみたくなりました。 お分かりになる方いらっしゃいましたら教えてください。