• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

本の名前が思い出せません

以前、本屋で「性格の違いによって句読点をつける量も違う」みたいな内容が冒頭に書かれた小説を立ち読みして、またその本を読んでみたいと思うのですが、その書名も作者名も忘れてしまいました。 うろ覚えの記憶なのですが、短編集だったような気がします。 少ない手がかりですが、これに当てはまる本ってないでしょうか? 心当たりがあれば教えていただきたいです。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数92
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • uphome
  • ベストアンサー率63% (12/19)

乙一の『箱庭図書館』ではありませんか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

それです! 教えていただいて思い出しましたが乙一の小説でした! ありがとうございます!(*_ _)

関連するQ&A

  • うろおぼえですが、本のタイトルと作者名を知りたいです。

    うろおぼえですが、本のタイトルと作者名を知りたいです。 主人公(男)が目を覚ますと、そこは病院(若しくは収容所みたいな物)で、 自分の記憶がないかあやふや。 (主人公は20代位だったと思います) 周りの人はみな犯罪者か狂っている(と思い込んでるだけだったかもしれません) 有名な方の小説だった気がしますが、タイトルと作者名が思い出せません…。 どなたか教えてください!!

  • 本を探しています。

     ちらりと立ち読みしただけでタイトルを覚えていない本を探しています。  天使がモチーフになった短編集で、文庫本サイズだったと思います。  立ち読みなのにで思わず泣きそうになった切ない話があったのを覚えていて、購入したいのですが、どうしてもタイトルが思い出せません。  心当たりのある方、どうかお願いいたします。

  • 昔読んだ本のタイトルを教えて下さい

    昔読んだ本の内容しか思い出せなくて困っています。 中学生の頃、図書館で読んで印象に残っている本があります。当時はあまり好きになれなかったのですが、最近になって本の好みが変わり、読みなおしたいと思うようになりました。 しかし、作者名と本のタイトルを忘れてしまい、もう一度読もうにも探すことができません。 覚えていることを箇条書にすると、 ・短編集 ・女性作家 ・印象に残っている話は、夫がうつ病の妻に料理を作ってあげるが、エスカレートして、妻を肥満体にしてしまい、最後に家が倒壊するというものです。妻はパッチワークを生業にしていました。 情報が少なくて申し訳ありません。ご存知の方、本のタイトルか作者名を教えていただけませんか。 お力添え頂ければ幸いです。

  • 昔読んだ本を探しています。

    今から22年くらい前に読みました。 実は、読んだといっても本屋に平積みされていたその本の最初の2、3頁を読んだだけなのです。 翌日やっぱり気になって買おうとしたのですが、もうありませんでした。 ですから、全体のストーリーは不明です。 作者名も題名もまったく分かりません。 ただ翻訳ものではありません。 ルポとかノンフィクションでもありません。 小説です。 分かるのは、単行本だったということと、 冒頭、人気のあるバンドの男性ヴォーカルが登場します。 (プロではなく、ちょっと有名なアマチュアのような気が。もしかしたらギタリストだったかもしれません。あるいはバンドではなかったかも・・・すみません) この人がたぶん、主人公。 ※すみません、ちょっと以下こどもさんは読まないでください。 冒頭で、歌っていた(か、演奏していた)彼は、ステージを終えシャワーへ。 すると、そこに女性が登場し、シャワーを浴びる男性の・・へ。 (その女性は、男性が好きなようですが、男性はそれほど大切に思っていない雰囲気) 男性はステージ中から、・・していて、それは調子がいいとき、みたいなことを考えている。 本当申し訳ないのですが、分かるのはこれだけなのです。 これ以後の展開もわかりません。 ただ、気になって気になってしかたがありません。 どなかた、お助け下されば本当にありがたいです。 何卒よろしくおねがいいたします。

  • ある本を探しています

    作者が落合恵子さんで、タイトルの記憶ははっきりしないのですが、「ふりむいた天使たち」のような気がします。 かなり昔に読んだもので、落合恵子さんの写真も何ページか載っていたと思います。 記憶では、いくつかの小説?が収録されている短編集の様な本だったような気がします。 その中に、少年が登場する「黄色いバラ」というタイトルのお話があったように思うのです。 その本が欲しいのですが、何というタイトルかがわかりません。 インターネットで調べてみましたが、 落合恵子さんの本はたくさんヒットするのですが、内容の紹介がされているのは一部の本だけで結局わかりませんでした。 その少年が出てくるお話のタイトルも、収録されている本のタイトルも、確かなものでなく調べようがありません。 少年が出てくるお話はあったけれど、「黄色いバラ」は別のお話のタイトルだったかも知れません。 お心当たりの方がいたら教えて頂けますでしょうか? うろ覚えで説明が不十分で申し訳ないです。 若い頃のとっても綺麗な落合恵子さんの写真が載っていたと思います。

  • ドロップっていう本知ってますか?

    ドロップっていう本知ってますか? 友人に勧められたんですが、作者名が分からなくて探してもマンガの方しか出てきません。ご存じの方、心当たりのあるかたはお願いします。

  • とかげ(やもり?)が釘に貫かれている本

    宮本輝の「春の夢」を読んでいて、どこかで似たような本を読んだことがあるような気がしました。 「トカゲが釘に貫かれていたのをある日見つける。生きていた。妻のトカゲがえさを運んでやっていた」みたいな内容の本があった気がするのですが。 どなたかご存知の方がいらっしゃいましたら書名作者名をお教えください。

  • オススメの推理小説

    最近推理小説を読み始めたのですが、本屋にいったりすると膨大な量のミステリーや推理小説があってどれから手をつけていいかわかりません。 とりあえず、十角館の殺人とアガサクリスティの短編集、13階段を読んでみました、どれも面白かったです。 また推理小説じゃなくても頭脳戦みたいな小説も好きです(たとえば青い虚空など) こんな自分にオススメの本はありませんか?

  • ロボットの中に閉じ込められているシーンから始まる小説のタイトル

    10年近く前に読んだ小説なのですが、作者名も作品名も覚えておらず、ストーリーもおおまかにしか覚えていません。何という作品かご存じのかたがいましたら教えてください。 近未来のSF小説で、ロボット(?)の中に閉じ込められたか何かの理由でどうしようもない状況になってしまって死を待つのみ、というシーンから始まって、その後、どうしてそのような状況に陥ったかが語られていたと思います。 短編集の中の一作品だったと思います。書店で機動戦士ガンダムの小説と同じ棚に置いてあったので、同じ作者か同じシリーズかもしれませんが、自信がありません。

  • ある本のタイトルが思い出せません

    5,6年前、立ち読みした小説の題名を思い出せません。 どなたか可能性のある題名を教えて下さい。 立ち読みのため2,3ページしか読んでいないので手がかりが ほとんどありません。 主人公が自分の部屋で試験管のようなカプセルを見ていました。 その中にはフィギュアぐらいのサイズの女の子が入ってたと 思います。そこに幼馴染の女の子が入ってきて、主人公を変態 扱いします。で、「これはホログラム(?)なんだ」と説明します。 あとは、アニメの挿絵があったことしかわかりません。 内容というには乏しい手がかりですが、この場面しかわかりません。 このような内容の小説に心当たりのあるかた、よろしくお願いします。