• 締切済み
  • 暇なときにでも

【放射能汚染】が続く 茨城県産水産物

茨城県北茨城市の大津漁港で、魚介類の放射能検査ができる「非破壊放射能検査施設」なるものが完成したそうです。ベルトコンベアに魚を載せて一気に放射能検査をする仕組みです。これによって風評被害に対抗するんだそうです。 逆に警戒しますよね。 http://www.tokyo-np.co.jp/article/ibaraki/20140605/CK2014060502000151.html いわゆる「安全だ!」と主張して魚の販売量を増やそうという目論見ですが、これは50Bq/Kgを検出下限値としていて、非常に甘い検査法です。 そこで、関係の魚介類の含有放射能について詳細に調べてみました。 茨城県の水産物の高精度の放射能検査結果はここで見れます。↓ http://www.pref.ibaraki.jp/nourin/gyosei/housyanou_jyouhou.html#2 これによると私が思っていた以上に未だ茨城県沖は放射能汚染が酷く、安全を確保するためには茨城県産の魚介類は全品排除して消費者生活をおくる方が良いと、ワタクシ的にですが再確認しました。 どう思いますか。 茨城県産の魚介類は、「ほぼ例外なく」、数Bq~20Bq/Kg程度の放射性セシウム汚染があり、中で「検出せず」とあるのも検出下限値が10~15Bq/Kg程度であるため参考にはならず。 更にかなり高頻度で30~60Bq/Kgの汚染魚も見受けられます。 「検査結果について上記内容のとおりであることを証明する。茨城県農林水産部漁政課長」とハンコ付きで出てますよ。 「安全だ!」とわめきたい人たちもいるんでしょうが、普通、こういう汚染食品は排除対象にしますが、どんなもんなんでしょう。 ちなみに、、、「食べて応援する」という人達も勿論いるんでしょうが、そういう人達の自由を束縛するつもりは全くありませんので、あしからず。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数1095
  • ありがとう数14

みんなの回答

  • 回答No.2

アンタが食べたくなかったら、韓国産輸入食品のみ食べてりゃ良い 日本産は一切食べなくて宜しい

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

あ、補足に書いておいた、「農産物」についてですが、山菜やキノコは農産物ではなく、「林産物」です。勘違いしやすい書き方をしてたので、念のため。 危険度の最も高いのが、「林産物」。山菜・キノコ・イノシシ・クマ・淡水魚、の類。 その次に危険なのが、「水産物」。というか「海産物」。 危険度が低いのが、「農産物」。野菜やコメ。豚や鶏。(酪農品は飼料が国内林産物の場合も有るので、どんなもんなんですかね)

質問者からの補足

茨城県だけでなく、宮城県の水産物も同等程度にかなり放射能汚染されてるんですよね。遠く離れた県では検出下限値3Bq/Kg前後でも不検出となるケースが多いが、茨城・宮城の両県では質問文に書いておいた通り。 岩手県や千葉県については調べてませんが、、ということは、私個人的には避けられるのならその県の水産物も避けてますがね。 茨城・宮城の両県の状況を見ると、海底の放射性物質が影響しているのか、それとも新たな汚染水が福1や河川から流出しているのか。どちらかか、両方。 福島県の水産物もボチボチ市場流通し始めるらしいので、ここは注意しておかないとダメですね。 それと、水産物だけではなく、「林産物」がもっと危ないケースが多い。林産物とは野山に自生しているか同様に栽培しているかする山菜とかキノコの類。場合によっては「淡水魚」もこの林産物に含めて考えてもいいかもしれない。淡水魚は海水魚よりも非常に危険。 それに対して「農産物」の危険度はかなり低い。

関連するQ&A

  • 北茨城市の漁港に 【放射能】 検査器設置

    茨城県北茨城市の大津漁港で、魚介類の放射能検査ができる「非破壊放射能検査施設」なるものが完成したそうです。 --------------------- ■ 魚つぶさず放射能測定 北茨城に新装置 http://www.tokyo-np.co.jp/article/ibaraki/20140605/CK2014060502000151.html 放射性物質が一キログラム当たり五〇ベクレルの基準値を超えるもの、超えないもの、疑わしいものの三つに自動で分類する。疑わしいものは、もう一つの箱型検査機器にかけ、より精密に測定する。 --------------------- 北茨城の魚介類の安全性をPRするそうなんですが、北茨城市には大津漁港の他にも平潟漁港があり、茨城県には北茨城市以外にも漁港があるわけですから、大津漁港の放射能検査だけで「茨城県産」の魚介類の安全性は主張できないのでは?(魚介類の産地表示は大抵は県単位) また、最も問題となるのが、1Kg当たり50Bq(ベクレル)を境界値としており、50Bq/Kg以下は安全品扱いしている点です。 今、放射能食品に気を配っている人達というのは、数Bqから10Bq/Kg程度以上の放射性セシウム含有の「可能性」のある食品を排除しているという状況なので、50Bq/Kgを境界値としている時点で大津漁港であがった魚介類は全て排除対象になります。「含有可能性」を「確実」に排除することが不可能だからです。 また、商店では「大津漁港産」とは表示されずに「茨城県産」と表示されるのが普通ですから、「大津漁港産」に確実性が無い関係上、茨城県であがった全ての魚介類が排除対象化されるのでは? 今まで安全だと思って食べてた人達も、50Bq/Kgの境界値設定を知らされて、「じゃ、食べるのやめましたわ、おっほっほっほっ!」っていうケースは案外と多くなるんじゃないでしょうか。 非破壊放射能検査なんてしていることは黙っている方が逆にいいかも?って、消費者としては思ってしまいます。 50Bq/Kgは食品規制値100Bq/Kgよりは低いですが、今どきそんな規制値で食品選別しているわけじゃ全然ありませんよね。 紫外線に当たらないのが女性美の基本中の基本であるならば、できうる限り紫外線を避けるのが常道であり、1日ナントカシーベルトまでの紫外線はOK♪なんて言う美白女性も少ないかと。 以上、そういう質問です。 茨城県では全部の魚を放射能検査のコンベアに載せないとダメなほど、危ないんですか? なら、食べるのやめます… というのが普通の反応なのでは?

  • 放射能汚染食品について

    本日、報道で福島県産と茨城県産の食品が放射能汚染されているとありました。 茨城では、すでに出荷を停止しているとの事ですが。 そこで質問です。 放射能汚染された福島県産と茨城県産の食品は絶対に食べたくないのですが、どうやったら産地とかわかりますか? 野菜とかなら産地が書いていますが、加工食品は原料の産地までは書いていませんよね。 あと魚介類は大丈夫でしょうか? 福島原発から放射能汚染された海水が海に流されていると聞いたのですが。 よろしくお願いします。

  • 放射能汚染された土壌はどこへ捨てればいいのですか?

    静岡県浜松市の家の庭の土壌が、放射性物質によって汚染されてしまいました。その土壌を捨てたいのですが、どこへ捨てればいいのでしょうか? 岩手県の震災がれき(放射能がれき)を受け入れた浜松市が、2012/10/18以降、震災がれきを燃やしているため、放射性物質が降ってきています。 それまで不検出だった土壌が、現在では378Bq/kgです。放射線量も、0.05uSv/h未満だったのが、今では0.3を越えたり越えなかったり。 勝手にどこかへ捨てていいのか、市役所に聞いても答えてくれません。 法律がどうなっていて、どこへ捨てればいいのか、教えて下さい。

  • 回答No.1
  • dogday
  • ベストアンサー率29% (2314/7952)

>ちなみに、、、「食べて応援する」という人達も勿論いるんでしょうが、そういう人達の自由を束縛するつもりは全くありませんので、あしからず。 「食べないで排除する」という選択をしやすくなったでしょ? 批判の声をあげなくても自分で実践すればいいのです。疑いを晴らす真実はないから。 私は「食べて応援する」気はさらさらないですが、米なんかはあえて福島産だけを選ぶようになりました。 あえて福島産を名乗る米のほうが、得体のしれない西の米より、実名保証が聞いているから。 どちらも信用できず、どっちに賭けるかってハナシなので、私は逆張りします。 少数派のほうが、利鞘は大きく、詐欺師も少ない。 自分の敵であるからこそ、相手の背中を押すことで、自分に有利に働くこともある。 「信用出来ない」なんて声を上げる必要はないのです。信用できるほど知識が足りないのは自分なのだから。粛々と自分を信じればいい。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答どうも有り難う御座いました。 福島米の混入を警戒して「逆張り」で福島米を選択するのもアレかと。 「複数原料米」と米袋に表記された米は、当初から混ざりもの前提で販売されてますから福島米の混入の可能性がありますが、「単一原料米」と表記されてる米なら原則として混ざってない建前になってます。しかし食品関係者というのはワルが沢山いるので、不法な混ぜ合わせもありますね。 しかし米の銘柄を選ぶことによりその可能性はかなり減ります。高い米でなくとも混入可能性の低い物を手に入れられますよ。

質問者からの補足

私は昔から、自主的に放射能を食べてくれる人達を有り難く思ってましたよ。また、放射性食品の危険性を無視するようにと薦めるデマゴギーも、弊害は有ってもそれなりに日本の庶民には役に立ってきました。 何故かと言えば、皆が皆、放射性食品を排除しだすと庶民の財布が追いついて行かなくなってしまうのです。安全食品の価格が高くなりすぎて、手に入らなくなる。パニクる。 それを防いでくれたのがデマゴギー。それに騙される人々。 役に立ってくれました。強制されるのではなく自主的に食べてるんですから。人々は「それは危ないぞ!」と彼らに警告を発してましたしね。しかし彼らは喧嘩を売ってまで食べてくれた。 先進国にはそういう 「騙される」 人々ってのがある程度の割合、必要らしいです。 その辺、どう思われますか?

関連するQ&A

  • 果物の放射能汚染

    果物の放射能汚染 他の質問への回答で気になるものがあります。 >原発から40kmの位置に在る果物からセシウム265万ベクレル ヨウ素>254万ベクレルが >検出されたりしましたが、どの辺りの物なんですかね、その桃は。 この情報の真偽について知りたいものです。 この表現からすると同じ「果物からセシウム265万ベクレル ヨウ素254万ベクレルが>検出された」と受け取りました。 セシウムとヨウ素の半減期は大きな差があります。セシウム137の半減期は30年、セシウム134の半減期は2年、ヨウ素131の半減期は8日です。大量放出時のセシウム134と137の放射能強度比はほぼ1です。放射能が大量に放出された3月ならばこの2つ(セシウムとヨウ素)が大量にあるのは理解できますが、7月や8月にヨウ素がセシウム同様大量に検出されたとなると、原因を説明するのが難しいです。難しくても事実であれば受け止めなければなりませんのでお教えください。 このはいつどこでどの果物から検出されたのでしょうか。 「セシウム265万ベクレル ヨウ素254万ベクレル」とはどのような基準で言われているのでしょうか。 果物からの検出で言われているのですから常識的には1Kg当りでの量を言われると思います。しかし、1Kgあたり200万ベクレル以上となるとそのソースをお教えください。確か、7月に肉牛の餌である稲わらの汚染で騒がれたのが数万ベクレルでした。 福島県浪江町から出荷されたのでも1Kgあたり600~800ベクレルなどです。もちろんこれ以下もあります。 http://www.kahoku.co.jp/news/2011/08/20110821t63015.htm ともかく200万ベクレル以上とは桁違いの数値です。 過小評価した情報も誇大評価した情報も必要ありません。あくまでも正確な情報が欲しいのです。

  • 汚染されてるが規制値以下の放射能オニギリを熊本に

    少し前に以下の質問をしました。 ------------ ● 汚染されてるが規制値以下の放射能オニギリを五輪に http://bekkoame.okwave.jp/qa9151001.html または http://okwave.jp/qa/q9151001.html ------------ その後、熊本に変な大地震が発生してから1週間ほどが経過しましたが、現地が落ち着きつつある今、熊本入りしてこの種の「放射能オニギリ」を配布したら、問題ありますかね。 福島では瞬時に放射性物質を検知する不思議な測定器を用いて出荷米の全袋検査してますが、そこでの検出下限は50Bq/Kg前後という話で、、入念な検査によれば100Bq/Kgの規制値近くの米も出てくるかもしれず、少なくとも50Bq/Kg以下ではあるがCs137含有の米は見つかるはずです。 また、栽培禁止地域や高濃度汚染地域でとれた米も入手可能なはずで、それら放射能汚染米を、しかし100Bq/Kgの規制値を遵守したコメを、オニギリにして熊本地震の被災者の皆さんにばらまいてして救援するのはどんなもんなんでしょう。 たとえ高濃度に汚染された米であっても、低汚染米と混ぜ合わせてよくかき混ぜることにより、規制基準はパスできますし、厳正なる測定の上で100Bq/Kgの規制値を若干でも下回れば配布可能と考えますが、やはり受け取る側の感情とか、原発推進派の気持ちとか、ありますので、放射能汚染米ということは伏せての配布が望ましいもんでしょうか。 ちなみに、そういう混合米をそれを伏せて販売すれば罪に問われますが、ここでは被災者に原則無料配布して救援する目的ですので。

  • 小さい子がいる家庭と食材の放射能汚染

    関東地方以北の 小さい子がいる家庭で食材の放射能汚染を気にしている親はどの位いるでしょうか? 食材を取り寄せしたりしている人や牛乳や魚介類で内臓を食べるようなもの(貝やカニ)を 実際はどうあれ避けるようにしている家庭はあるでしょうか?

  • 放射能汚染がバラバラすぎて意味不明

    テレビに出ている自称専門家の方々の説明では全く信用できないので、質問させて頂きます。 既に放射能汚染が各地に拡がっているようですが、愛媛県だの岡山県だの、はては鹿児島・・・ 汚染は実際どうなっているのでしょうか? 普通の全くの素人が考えても、この汚染の拡がり方は訳が分かりません。 テロリストが放射能をばらまいているような印象を受けます。 なぜこのような拡がり方をしているのでしょうか? どなたかお教えください。小さな子どもがいるので不安で仕方有りません。 http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2011032500011 日本野菜から放射性物質=千葉、愛媛産も輸入停止-シンガポール  【シンガポール時事】シンガポール農業・食品・獣医庁(AVA)は24日夜、日本から輸入した野菜のうち栃木産のミツバ、茨城産の菜の花、千葉産のミズナ、愛媛産のアオジソの4種類の検体から、ヨウ素131などの放射性物質を検出したと発表した。ヨウ素の数値は日本の暫定規制値の約6分の1など、いずれも日本の基準を下回っているが、同庁はこれを受け、新たに千葉、愛媛両県産の野菜と果物を輸入停止の対象に追加指定した。  シンガポールは福島原発事故が起きた11日以降に輸出された日本産食品を対象に放射能検査を実施しているが、放射性物質を検出したのは初めて。同庁は23日、福島、茨城、栃木、群馬の4県産の乳製品、果物、野菜、魚介類、肉類の輸入停止を決めている。(2011/03/25-12:58) http://www.chugoku-np.co.jp/News/Sp201103250159.html 岡山でも微量のヨウ素検出 東京の約9000分の1  岡山県は25日、大気中のちりから、放射性物質のヨウ素131を検出したと発表した。東京都で検出された量の約9千分の1と微量で、人体に影響はないとしている。  採取したのは23日午前9時からの24時間で、場所は岡山県環境保健センター(岡山市南区)。大気1平方キロメートル当たり約1・6メガベクレルだった。  県によると、福島第1原発から岡山市までは直線距離で700キロ余。県環境企画課は「福島の原発が理由かどうかは分からないが、数値はごく微量。検出器の性能にも差があり、出たり出なかったりする地域があるのではないか」と話している。 http://www.47news.jp/CN/201103/CN2011032001000612.html 日本からのソラマメに放射性物質 台湾当局発表  【台北共同】台湾行政院(内閣)原子力エネルギー委員会は20日、日本から輸入されたソラマメから微量の放射性物質が検出されたと発表した。健康には影響ないという。日本から台湾に輸出した産品から放射性物質が検出されたのは初めて。  同委員会の報道担当者によると、通常は検出されることのない放射性物質が検出されており、同委員会は福島第1原発の事故の影響だと判断している。  このソラマメは鹿児島県産で、成田空港を経由して台北郊外の桃園国際空港に18日運ばれ、サンプル調査の結果、19日にマメの殻から放射性物質のヨウ素131とセシウム137が検出された。同委員会の報道担当者によると、成田で放射性物質が付着した可能性が高いとみられる。  台湾の基準では、食品1キロ中のヨウ素131の含有量の限度は300ベクレル、セシウム137は370ベクレルだが、検出されたのはそれぞれ11ベクレルと1ベクレルで大幅に下回っている。  報道担当者は、こうした食品の検査でセシウム137は時々検出されることがあるが、ヨウ素131は通常では検出されないとしている。  枝野幸男官房長官は19日の記者会見で、福島県の牛乳と茨城県のホウレンソウから、福島第1原発事故を受けて設定した暫定基準値を超える放射性物質が検出されたと発表している。

  • 汚染されてるが規制値以下の放射能オニギリを五輪に

    4年後に東京オリンピックが予定されてますが、東京原発推進派の我々も自身の活躍の場を五輪に求めるため、放射能汚染米を五輪観光客にオニギリにして配布することを考えてます。 どんなもんでしょうか。 福島では瞬時に放射性物質を検知する不思議な測定器を用いて出荷米の全袋検査してますが、そこでの検出下限は50Bq/Kg前後という話で、、入念な検査によれば100Bq/Kgの規制値近くの米も出てくるかもしれず、少なくとも50Bq/Kg以下ではあるがCs137含有の米は見つかるはずです。 また、栽培禁止地域や高濃度汚染地域でとれた米も入手可能なはずで、それら放射能汚染米を、しかし100Bq/Kgの規制値を遵守したコメを、オニギリにして東京五輪の外国人客にばらまいてサービスして問題がありますかね。 安価な料金を取るかもしれませんが、原則無料配布を考えてます。(ちなみに韓国では今も福島及び近隣県の農産物の輸入制限が継続されてます) オニギリだけでなく、放射能汚染福島産シジミだとか、放射能汚染福島産モモは時期的にあってましたか、それのばらまきサービスしてもいいですが、生鮮食品になると料金徴収不可避かと思います。

  • 宮城県産の放射能汚染状況

    宮城県産のヨーグルトから、6.5Bq/kgのセシウムが検出されたと聞きました。 私は雪印「牧場の朝」を日頃から沢山食べているのですが、製造元も検出された箇所に近い大崎市でした。 6.5Bqは最大の値で、9月に牛乳から検出された為検査した値だと思われます。 これは売られている食品でも、一定以上の放射性物質が含まれる(6.5Bq近く検出される)という事でしょうか? しかし上記の値は、以前の基準である10Bqを下回っており、健康に害の無い値だと聞きます。 被爆量に換算した所、(Cs134の場合)毎日大量に摂っても、レントゲンの0.05mSvに届かない値でした。 Cs137は更に弱いですが、半減期は30年です。 微量の被爆を長期に渡って受けた場合は、影響が出るまでその人の生涯よりも長い年数が必要と聞きましたが、本当でしょうか? 逆に、強い被爆を短期間受けた場合は、影響は数年程度で収まるのでしょうか? 話が随分逸れてすみません。 宮城県産はどの程度汚染されているのですか? 宮城県より北関東の方が安全な気がしますが、津波で最悪の被害となった地域なので、数値を確認した上で消費していきたいと思います。

  • 食品の放射能汚染

    昨年の原発事故以来、食品の放射能汚染には気をつけています。 特に産地が関東から北の魚介類・農作物は、 この一年間買い控えてきました。 極力、西日本産の食材や日本海産の魚介類を購入するように していますが、スーパーには関東・東北・北海道産の食材が普通に 売られています。 関東・東北・北海道産の食材は明らかに売れ行きが悪いようですが、 売り手側もそれなりに検査して安全を確認してくれているのだろうと 思ってもいます。 震災・原発事故からの復興を祈りながらも、放射能汚染が恐くて 食材産地を差別してしまうことは、復興の妨げとなり残念です。 科学的な根拠の曖昧な情報が多く判断が難しいですが、 このまま買い控えを続けるべきなのか、それほど心配しなくても良い ものなのか、詳しい方の見解をお伺いしたいです。 宜しくお願い致します。

  • 西日本から茨城県に転勤。放射能地震は?

    西日本から茨城県に転勤することが決定しました。 茨城県は放射能地震は実際問題、大丈夫なのでしょうか? 水や空気は汚染されていますか? 地震は頻発していますか? 食べ物は汚染されていますか? 転勤拒否も考えている次第です。 茨城県の現状を教えていただけないでしょうか?

  • 放射能の食品基準

    http://sakamoto-niboshi.co.jp/commodity http://s.ameblo.jp/kuretomama/entry-11624903198.html (サカモトの煮干し) http://www.kurakon.jp/u_notice/urgent_notice1.html (くらこん) どちらも放射能検査済みとの書いてますが、くらこんの測定機の検出下限値が10ベクレル/kgと書いてあります(サカモトの煮干しも測定機の検出下限値10ベクレル/kgと考えたら良いのでしょうか)。 全くないというわけではないようですが、高いのか、安全なのか、どう判断したら良いのでしょうか?

  • ビル建設における放射能汚染

    茨城県在住のものです。私の家のすぐ隣の土地に大きなビルを建てているのですが、そこからセメントか何かわかりませんが、粉のようなものが工事の最中などで風に乗ってとんできます。当然、家の窓は閉めたままですが、ガレージに停めてある車のボディの上には結構粉がついています。福島県を中心にビルに使われたコンクリートやセメント、砂利の放射能汚染が取りざたされていますが、家の隣の建築材料が汚染されていて粉になって飛んできているのではないかと不安になっています。どうか資材についてお詳しいかた放射能汚染について教えてください。