• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

電験 電力

  • 質問No.8612008
  • 閲覧数152
  • ありがとう数1
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0

お礼率 22% (41/184)

発電方法の種類について勉強しています。
ディーゼル発電・ガスタービン発電・ガスコンバインドサイクル発電が起動・停止が短いことはわかりました。
逆に長い発電方法はどんなあるのでしょうか?
またガスコンバインドサイクルは部分負荷に対応しやすいとありますが、これも部分負荷に対応できない発電方法を教えてください。
よろしくおねがいします。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
  • ベストアンサー

ベストアンサー率 42% (382/896)

原子力や汽力(ボイラータービン)です。
理由をごく簡単に説明すると、原子炉またはボイラーを起動させて蒸気を発生させるのに時間がかかるからです。

また、これらの方法は、部分負荷にも対応しにくい方法です。
あくまでも、ガスタービンコンバインドサイクル(ガスコンバインドサイクルではありませんよ。)と比較してしにくいのであって、対応できないわけではありません。
そのような特性があるから、原子力や汽力(特に石炭を燃料としたもの)はベース電源として使われ、ディーゼル発電、ガスタービン発電、GTCCは、ミドルまたはピーク電源として使われるのです。
お礼コメント
314159a

お礼率 22% (41/184)

わかりやすい説明ありがとうございました<m(__)m>
投稿日時:2014/05/26 23:10
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
関連するQ&A

ピックアップ

ページ先頭へ