• 締切済み
  • すぐに回答を!

★連帯保証債務だけで自己破産、信用情報の影響は?

★連帯保証債務だけで自己破産する場合、個人信用情報への影響は? そもそも(保証協会へ借入金2500万円)の連帯保証人債務の立場で、連帯保証人は、その連帯保証債務が理由で先に自己破産で来ますか?? (信用保証協会の連帯保証債務2500万円。他に借金なし。) 将来、主債務者が会社(倒産/廃業)の場合、連帯保証人へ債務が移ると思うのですが、その後、連帯保証人が派遣社員やアルバイトの場合、返済毎月20万も30万も払えません。 (1)そこで実際問題、連帯保証人が派遣社員やアルバイトの場合、保証協会との交渉で今後ずっと毎月1~2万円とかで話しがつくのでしょうか?? (2)返済金額(死ぬまで)が上記の金額(1~2万)でもいい場合、返済に遅滞がなければ個人情報(全国銀行個人情報センター、CIC、JICCなど)にキズがつかないのでしょうか? ★毎月1~2万円×12ヶ月=年間12~24万円返済、 (死ぬまで、あと40年あるとすると、、) ★12~24万円×40年間=480万~960万円(遅延金は膨れ上がると思います)*2500万まで、およそ届きません。死ぬまで40年間、借金と心中して、毎月1~2万円の返済を生活費と考え払い続ける。 ★その間、遅滞なく払っている限り、個人信用情報はキズが付かず、クリーンでしょうか??(車や家のローンやクレジットカードなど組める?) ★それともスッキリ自己破産して10年官報に乗って、クレジットヒストリーをクリーンにすべきでしょうか? ★そもそも主債務者(会社)が、保証協会へわずかでも返済いる限り、連帯保証人は先に連帯保証債務を理由として先に自己破産できますか??

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数1024
  • ありがとう数3

みんなの回答

  • 回答No.4
  • neco-22
  • ベストアンサー率55% (66/118)

No.3です。 おせっかいですみません。 私が自己破産を勧めないのは、メンタルで大きな負担があるからです。 経験豊富な弁護士を探して、何度も相談して、手続きの書類をいっぱい書いて。 本当にきついです。エネルギーが要ります。 なんだかんだで、半年くらいはかかります。 手続きしたからといって、自己破産が認められて、借金が免責になるとは限りませんし。 心配で心配で夜も眠れません。 家族との関係も悪くなりますし。 弁護士費用も数十万でしょうか。 自己破産できたけど、弁護士費用を毎月分割で払っている、という、笑えない状況もあります。 質問者さんが20代か30そこそこで独身なら、がんばって出直すと言う意味での自己破産もありかなと思うのですが。 それ以上のお年なら、保障協会に、一生毎月1万円払って、死んだときにチャラにしてもらう方をお勧めします。 自己破産するとなると、生活資金として必要な最低限の現金以外は、すべての財産を債権者に提供することになります。自己所有の自宅はもちろん、マイカーも手放すことになります。(超ボロ車は別) 金融資産はほぼすべて持っていかれます。積み立てタイプの保険も解約させられると聞きました。 (掛け捨て保険に入ればいいのですが) 自己破産すると借金全て帳消しになると誤解されている方もいますが、免責にならないこともあります。 社会保険料や、税金は免責になりませんし。 クレジットカードは作れないと思ってください。 一般に7年過ぎたらOKと思われていますが、7年間クレジットカードの履歴がなかったということは、カード会社としては、この人何か事故のあった人だと思われ、以降もカードを作ってくれない会社もあります。 ローンは通りません。7年間は家も車もローンでは買えません。 就けない職業もあります。弁護士とか不動産やとか。 警備員、リサイクルショップもだめです。 自己破産者は官報に載ります。でも、そんなもの、誰も見ません。 ひそかに自己破産することは可能です。 ですが、不思議なもので、いつの間にかあの人は。。。ってうわさが広がります。 この噂がつらい。 近所の人とすれ違っても、この人は知ってるのだろうか・・とか、つい考えてしまいます。 普通に以前とあまり変わらずに生活できるのですが、精神的にきついです。 会社の建て直しが難しいなら、解散して、会社の資産を清算するとか、方法を尽くしてみて、 どうしても無理、となった時点で自己破産を考えられるべきかと思います。 自治体の弁護士無料相談会とか、ありますので、相談なさってはいかがでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

necoさん いえいえ、ネット上で顔もしらない相手で、他人事にもかかわらず、おせっかいなんて、、そんな。。感謝感謝です!またお返事ありがとうごいざいます!嬉しいです。 necoさんが、おっしゃるように自己破産は最終手段かと思います。。私もまだ決定したわけではないのですが、といいますか、私もそう思っていました。 が、破産後の精神的な負担は考えてもいませんでした。 現在私のおかれている立場は、necoさんが言われていた年齢より少し上で、37歳で独身、現在仕事探し中です。 ただ今置かれている立場で、今後給料も仕事が見つかっても10万~15万クラスなので、親がなくなってから、一生死ぬまで、保証協会へ毎月1~2万なんて考えるだけでも生活がままならず、恐ろしくて。。 自己破産なんてしたくないのは、もちろんなのですが、、このまましない遅らせていると、必ず親の数年後?他界後、私が一生返済に苦しむと思ったからです。 親が生きているうちというのは、今回の借金が親の商売の連帯保証人であるという事から、今後、私はもしかしたら10年~以上ローンが組めなくなると思いますが、もし10年頑張って可能性は限りなく低いと思いますが、少しでも可能性があるなら、その間は、家の頭金でも貯めるつもりで、10年おとなしくしていようと思いました。現在は幸い?私は貯金も資産ももっていませんでしたので。。もし今や今後、(審査が通らないと思いますが)もし今や今後、家や車のローンを通してしまうと、それこそ(数年後?)親の他界後、私に負債がのしかかりその時に自己破産ですべて取られることは目に見えていましたので。。資産や貯金がないうちにと考えていました。また親が生きているうちというは、今回手前味噌な発想ですが、借金の原因が親の商売ということもあり、もし親があと数年でも健在であれば、クレジットカードは母の家族カードにしたり、車の名義は(高齢ですが)母名義で用意できるかもしれいということも若干考えました。そうすれば10年すぎれば、もしかして私の車のローンが復活し10年後とおるかもしれないと浅はかに考えました。。現在お金も資産もないので、家の頭金を貯めるつもりで、10年おとなしくしていようとの思いです。それこそ親が他界後からの自己破産では、それからまた10年カードもローンも通らないと思ったからです。それこそキツイと思いました。 ただ今、実家(家と商売)は、今の我が家の本丸で、両親の生活と生活費あと兄の仕事をそこですべてまかなっています。ですので、会社をつぶしてしまうと極端な話し、両親ふくめ家族が路頭に迷ってしまうのです。。ですので、先に私も将来を考えて先に私だけ連帯保証人の立場を抜けるなら、先に私だけ自己破産を考えました。。それこそ、会社を清算したり、それにともなって、(父は100%自己破産しないですが)父が自己破産してしまうと、その他の不動産や実家や工場や現在の仕事などあらゆるものが、すべて取られてしまうことになると思いますので。。 ですので、私だけ個人連帯保証人2の立場で自己破産できるのか、と心配になりました。 家族関係ですが、今回、代位弁済にあたり、私は恥ずかしながら親を恨みいい歳をして、親に土下座をし、泣きわめき、連帯保証人を外して!と懇願しましたが、親ももううつむく限りで。。そんな月日が1ヶ月流れました。親戚にも当たりましたが、金額が大きく対応できず、、もう私の連帯保証人の立場は逃れられいことが分かって、私は落胆の日々が続きております。ただもうこれ以上親を責めてもどうしようもなく、私ひとりだけ爆発といいますか、親が生きているうちに家族でバックアップ体制(カードやローン)をとってもらえるなら、私だけ自己破産をして将来10年以上後の復活ため頑張らないとと思いました。 免責は申請すれば90%くらいは通るとききましたが、そもそも今回私の場合、会社の清算は家族(実家)の生活の為にできず、私だけ自己破産はできるかどうかが心配でした。まだわかりませんが、、そんな不安を毎日過ごしています。 深夜で長々書いてしまい、すみませんでした。 またnecoさん親切にまたお返事ありがとうございます!顔も見えない他人にもかかわらず、本当に親切で嬉しい限りです。ありがとうございます。また気が向いて、何かほんの少しの事でも情報などあれば教えてもらえましたら、嬉しい限りです。 こちらも代位弁済は始まり、1~2ヶ月したら弁護士にも聞いてみたいと思います。 本当にありがとうございます。感謝です。 引き続きまたご助言ありましたら、どうぞ宜しくお願いします。

関連するQ&A

  • 自己破産によって、連帯保証債務消せますか?

    過去に少し質問しましたが、 親の小さな会社の負債を連帯保証人として 過去に2500万円負ってしまっており困っております。 銀行から保証協会へ債務が移る代位弁済の際は、銀行から連帯保証人の私に一括で 返済しろという内容証明がきましたが、とても払えず保証協会へ債務が移りました。 現在その債務は保証協会から保証協会内?のサービザーに移り始め、そこでまだ家族経営で 店は閉めてないのですが、経理をしている高齢の母がとりあえずサービサーにはこの先5年間は毎月数万円だけと話しはつけてきたみたいですか、 この先、現在無職で独身の私に、とてもじゃないですが、5年後とか数年後とかに 明らかに返済の終わりそうもない2000万円以上のお金を請求されても、返済もできず それこそ自己破産しかありません。。 ですので、もう早めに私も人生の立て直しをはかりたいため自己破産を考えていますが、この場合、先に連帯保証人の私は連帯保証債務を理由として先に個人の連帯保証人の自己破産できるのでしょうか? 当然、できる!という意見と、会社がまだ月数万円でも払っているので先に自己破産はできない!という意見が2つあり、弁護士に聞く前にどちらなのか わからず困っております。。 ご存知の方教えて頂けませんか? あともし自己破産してしまうなら 人並みの信用の復活まで7年や10年とか記載がありますが 実際はもし一生とか15年とかやはりかかってしまうのでしょうか。。 自己破産すると 親の死後、住む場所や、 あともう家や車あとクレジットカードが今後の私の人生でほぼ 実際には通らなくなるかと、とても心配です。。 どうかご存知の方教えてくださいませ

  • 連帯保証と自己破産について

    大変困っております。よいお知恵があればお願いいたします。  状況を説明しますと、伯父が経営する会社Aの銀行借入4000万円の連帯保証人に私の父がなっておりました。父が病気で亡くなって、母と私を含めた兄弟3人は父の財産を相続しました(資産の中に必要なものがあったため相続放棄はあえてしませんでした)。会社Aは経営が立ち行かなくなり、債務の返済が滞ったため銀行は信用保証協会(県)に請求して、保証協会が代位弁済しました。それ以来、保証協会からは、毎年残高の通知がきますが、元の債務者に対して非常にあまい取立て(はっきりって取り立ててないような状況、つまり他の取立てのきついところから返していいよ的なこともいっているようです)をし、また我々に対しては年一回の残高通知しか送ってこず返済しろともなんともいってきません。  連帯保証も相続で引き継いでいる(法定相続分)ことは分かるのですが、そこで質問です。(1)あくまで立場は連帯保証人なので、自己破産はできないのでしょうか?(2)また、保証協会の返済は債権額のカット、遅延損害金の免除など、どの程度融通がきくのでしょうか?  以上、よろしく願いいたします。

  • ★自己破産(連帯保証人)/車のローンについて

    (法律と実情について教えてください) 『自己破産前の車のローンの連帯保証人になれるかどうかと、 それに伴っての自己破産時とその後の影響について』 (前書き) ★要介護の高齢の父が経営者の個人会社(家業)の返済において、銀行が数千万借入を一括返済を求めてきたため、今月か来月早々に銀行から保証協会へ代位弁済として債権が移りそうです。 今後、事業は廃業するか母と兄が保証協会へ毎月細々返していくことになると思うのですが、困った事は、(諸事業は省きますが)今回その事業融資に第三者の個人連帯保証人として次男の私がその個人連帯保証人として銀行に名義を取られております。保証協会からの代位弁済後は個人ではあまりに連帯保証債務の金額が大きいため、将来の為、悔しいですが自己破産の手続きを2~3ヶ月後に取ることになると思うのですが、、、そこで今後、父も高齢のため、どうしても病院の送迎など車が必要になってきます。 そこで、 現段階の自己破産前または自己破産時申請において、車のディーラーローンの連帯保証人の欄の記載と影響について教えてください。もしかして半年先でも自己破産を検討しなければいけなくなる場合、今の私が、いま車ローンの連帯保証人になっていいのかどうか。 今後、車が必要で、、 (1)母が主債務者でローン組み(高齢65~66歳)で新規、車のローンを今考えています。年齢的にギリギリですが、ディーラーローンの申込はできるかも知れないとこういった掲示板で知りました。 そこで車のローン申込用紙の連帯保証人(もしくは保証人)の欄なのですが私は連帯保証人(もしくは保証人)になってもいいのでしょうか? おそらく、まだギリギリ代位弁済させる前の今の私でしたら今(今日明日)の段階で連帯保証人につけばローンは通ると思います。しかし、この上記の事業性融資の保証協会へ代位弁済がされたらもう車のローンであれ、なんであれ 私は連帯保証人として通らないと思われます。(代位弁済まで後1ヶ月)この間にローンを通すなら、通さないといけないと思われます。 (2)まだ確定ではありませんが、おそらく私は数ヶ月後に自己破産の決定をくださいなといけない場合、この車ローンの私の連帯保証債務は、自己破産時における債務として申請(申告)しないといけないのでしょうか?あくまで車のローンの主債務者は母で、私は連帯保証人としての立場です。車のローンの連帯保証債務を自己破産時に申告していなかった場合、もし万が一母が突然他界してしまった場合、今度はその債務が自己破産後の私にまた降り掛かり、もう7年以内の場合自己破産も免責できず、矢のような請求がくるのでしょうか?(車はとりあげられたとしても、、)もし母の他界後も私が毎月母の口座へ入金し返済していくか、もしくは他界時に車は一括返済すれば、途中で車はとりあげられませんか? 自己破産時における連帯保証債務の消滅についておしえてください。 (3)田舎なため、どうしても病院の送迎など、この先10年~15年はやはり車の必要性があり、高齢ですが母名義で車のローンを通せる最後の機会になります。私自身が今、車のローンを組んでも、自己破産で没収されると思いますので。。 車のローン(母が主債務者+自己破産前の今の私が連帯保証人)の今でしたらローン通せると思いますが、、数ヶ月後に控えた自己破産時における問題が心配です。 ★数ヶ月後もしかしたらもしかして自己破産しないと決断した場合の今の私が、そもそも車の連帯保証人になってもいいかどうか、、 (ローン会社からすれば主債務者が払っている以上は、途中連帯保証人が自己破産しても影響はないと考えていいのでしょうか?毎月払っている状況でも、すぐ代わりの連帯保証人をもとめてきますか??) ★自己破産申請時にその車の連帯保証人としての債務も自己破産の裁判時、申告の必要があるのかないのか。。申告すればその車の連帯保証債務も外れると思います。あっていますか?(私が主債務ではなく、主債務者名義は母で、私と母で車の支払いはしていく予定です) そのあたりの影響お分かりの方、アドバイスいただけませんか?? 長くなりましたが、どうぞよろしくお願いします。

  • 回答No.3
  • neco-22
  • ベストアンサー率55% (66/118)

ご実家が銀行から借り入れをして、返せなくなり、保証協会が代位弁済をした、という事でしょうか。 私の知人がちょうどこのような状態で、やっぱり当時は弁護士やいろんな人から自己破産を勧められました。 でも結局自己破産せず、いまでも毎月数万円を返済し続けています。 返済をし続けているので、クレジットカードを新たに作ったり、出来ているようです。 銀行からの借金を返せなくなると、保証していた保証協会が債務者の代わりに銀行に借金を返済します。 保証協会は債務者に肩代わりした借金を返済させます。 債務者の借金の返済先が、銀行から保証協会へ変わっただけの話です。 この時点では、借り入れをしていた銀行からはさすがに取引停止を食らいます。 しかし、その他の銀行には全く無関係の話らしく、口座も自由に作れるし、ローンも組めたそうです。 元々の債務者が返済をされているなら、あわてて自己破産なんてする必要ないと思います。 ってゆうか、できないと思います。 自己破産て簡単に言いますが、実際はすごく大変です。 手続きにお金もかかります。時間もかかります。 弁護士が自己破産を勧めるのは自分の商売になるからですよ。 別の回答者の方がお書きのように、借金はどんどん膨らみます。 実際問題、月数万円では利息の足しにもならず、増えているようです。 利息も含めると億近い借金でしたので。 でも、毎月返しているので、保証協会も返済の意思あり、とみなされて、それ以上は強く言えないようです。 時々、返済額をアップして、という要請はあるようですが。 このような場合の返済額は、債務者の収入に見合った額になります。 収入から最低限の生活費をひいて、残りで返済、ということになります。 フリーターに毎月何十万も、なんてことにはなりません。 保証協会にしてみれば、自己破産されて借金チャラにされるより、少しづつでも毎月返す方が結果的に回収額が大きいと考えているのかと思います。 自己破産なんて、本当に最後の最後の手段です。 まずは会社の事業立て直しを考えるべきかと思いますが。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。necoさん、ということは、かの債務相談で有名な猫次郎さんでしょうか。。?? と、趣旨と違うことを聞いてしまっているほどの余裕は現在ないのですが、、、 そうです、、家業の個人事情の連帯保証人になっており、私が5年前に連帯保証人になったときより、もう売り上げが5分の1なっており、今回保証協会に代位弁済されることになりました。。 が、私は以前より、そもそも今後も家業にかかっておらず今後も予定はなく、もう商売とか関係なく親も高齢で今後一人で生きていかなければならないのですが、当時、理由は省きますが、昔に押さなかればならなかった親の商売の連帯保証人に債務に現在と今後どうすればいいか悩まされています。 親があと5年でも生きているうちに0から再スタートをしたいのですが、現在も無職ですし、親が死んだ後、今後おそらく2500万以上の収入も見込めませんし、そもそも親が死んだあと、-2500万円から今後スタートでもう借金で苦しみたくないのです。。相続なら放棄できますが、事業性の連帯債務なので放棄できないと思います。親の会社とはいえ事業性の債務で個人の連帯保証人は、放棄できないですよね?? というわけで、保証協会へ債権が移る話しですが、結果、銀行から一括返済を連帯保証人として用意できなかったということで、それをもって債務不履行で自己破産を先に連帯保証人はできるものかと思いました。弁護士はできるといったような気もしますが、賛否両論です。 ほんとに自己破産なんてしたくもないんですが、、もうできるなら親が生きてるうちにという苦渋の決断です。

  • 回答No.2
noname#203300
noname#203300

 弁護士と相談して会社倒産、質問者様破産でスッキリ出直した方が賢明に思います。失礼ながら倒産確実?な会社を延命していても何も残らないでしょう。それよりスッキリすれば貯金もできるかもしれない。こっちの方が賢明に思います。破産履歴だって永遠に残るわけではありません。連帯保証関係の民法の改正も言われていますが銀行が損をするような改正はないでしょう。早めにスッキリが賢明と思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。めずらしく自己破産をしては?という回答を頂きました。ありがとうございます。私も親があと5年でも生きてるうちにと思い、苦渋の決断で破産を考えております。ただ私の今の立場(連帯保証人2の立場)で自己破産できるのかどうか。。 会社は現在、小さい家族経営なので母が経理し、兄だけが現場で働いています。父は名前だけ経営者(個人連帯保証人1)ですが、もう要介護で寝たきりです。ですので、この会社が現在の我が家の生活を支えており、今後、保証協会への返済をつづけながらでも会社を倒産させるわけにはいけない状況です。 ただ私は独身で次男ですが、この会社に関係なく、現在無職でこれから今後独り身でもアルバイトや派遣でも仕事を探して、再スタートをきりたいのですが、上記の通り、いつまで続くかわからない家業の2500万円の借金を引きずって生きていくわけにもいかず、もうおっしゃる通り早々に自己破産でもし、決着をつけたいのです。 ただ会社を倒産させずに、先に連帯保証人2の私だけ先に自己破産できるのかどうかと心配になっております。。(まあ私個人がギャンブルで消費者金融とかで、もう首が回らないとなれば、先に自己破産はできると思うのですが。。)私の場合は、こんな見通しの立たない会社に将来確実にくるであろう、数千万円の借金で自己破産するなら、もう早めに今年にでも決着させてという思いです。 ただこれを理由に裁判所や法律で、自己破産できるかどうか。。 取り急ぎ、回答ありがとうございます。 また引き続きご助言ありましたら、お待ちしております。ありがとうございます。

  • 回答No.1

>保証協会との交渉で今後ずっと毎月1~2万円とかで話しがつくのでしょうか?? 保証人で追い込まれた経験がありませんが、しかし2500万円の負債なら10%の金利だったとしても250万円で、毎月20万円から30万円くらい金利がつくことになるかと思います。つまり、それ以上払わないと元本が減らない。 もし毎月2万円しか払わないとしたら、仮に毎月20万円が金利分とすると、18万円が債務に回ります。すると、18×12=216万円が「さらに借金として増える」ということになります。 そのシミュレーションはお金を返しているつもりでも、実は雪だるま式に借金が増えていくことになります。元本にも届かないわけですから、2500万円の債務としたら、この例でいえば翌年の借金額は2716万円になります。翌年の金利はこの2716万円の10%として、271万円として、毎月約22万円。面倒だから端数を切り捨てたとして、今度は毎月20万円が債務に回るので、1年後には240万円が借金に上乗せされます。すると、元本は一切減ってないからその次の年の借金は2956万円です。たった2年で500万円も増えてしまいました。 意地悪くさらに計算すると、その2956万円の年の金利が10%として月に24万円。払うのは相変わらず2万円しかないんだから、今度は22万円が上乗せされます。そして1年後には264万円が上乗せ。で、次の年はその上乗せされた金額に金利がつくという寸法です。(実際の金利計算はもっとややこしく、この数字は正確ではありません。実際はもっと高額になるはず) つまり長々とやりましたが、最低限金利分は払わないと借金は雪だるま式に増えるということです。元本は減らなくても金利分だけ払ってくれるなら、金を貸した側が受け入れてくれる可能性はあります。だって、その場合無限に借金を返さないといけないんだもの。しかし金利分にも届かないんじゃ、お話しになりませんわな。 というわけで、なんぼなんでもそんな話はつかないと思いますよ。自己破産で、可能な限りの資産を回収ですかね。まあそんな資産のない奴を保証人として了承した側にも責任ありです。 >そもそも主債務者(会社)が、保証協会へわずかでも返済いる限り、連帯保証人は先に連帯保証債務を理由として先に自己破産できますか?? 意味が分からないのですが、もし債務者がきちんと返済している限り保証人には請求は一切回ってきません。回ってこない以上、その保証人が自己破産する理由がありません。理由がないのに、破産することはできないと思いますよ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

>eroero4649さん 回答ありがとうございます。以前質問させて頂いた時も回答頂いていたのですね、重ねてありがとうございます。 おっしゃる通り、確実に雪だるま式に増えます。。わざわざ計算して頂いてありがとうございます! 今回銀行から保証協会へ債権が移るので、条件として銀行は金利(3~4%ほど?)という名目から保証協会では損害遅延金(年14.6%)というものに変わります。そこで雪だるま式に増えていくのですが、(ネットで調べた事前情報では)もちろん家業は今までの銀行返済(金利でさえ)支払いがキツく、銀行は今まで「金利を吸えるだけ吸って(語弊はありますが、、儲けるだけ儲けて)」今回保証協会へ代位弁済として債権を投げた次第です。 なのでもう銀行は関係なくなります。 それで今後は、保証協会に債権が移ると、もちろん保証協会は支払いがキツイのは知っているので、毎月家業は払えるだけでも例え極端な話し1万円でも10万円でも家業の会社に支払いを求めてきます。ただしこれは元金の2500万円に当てられるそうで、金利には当てられません。しかしながら損害遅延金は確実に増えていき、おそらく10年で倍くらいの額面は5000万円以上くらいに。。ただ10年かけてでも、元金の2500万円が返済できる段階になると多少その遅延金の支払いはかなりの減額に応じてくれる場合かもしれないとのことなんです。結構な割合で。(そこまで返済できればの話しなんですが。。) しかしながら我が家のケースでは、もう以前にもう家業を営んでる家業はあと数年で廃業に追い込まれそうなんです。 連帯保証人の私の今の立場は、無職のような立場で、親も高齢でその家業ももうもって今年か5年後かには確実にやっていけませんのがわかっています。となると確実に家業の会社はもう返せる元気がのに、私個人が主債務者の家業の延命返済1年でも5年でもさらに月日を待っていると、私も年々歳を取り自己破産が遅れ、その会社が廃業や倒産するのをまっていたら、人生の再出発ができないのです。せっかく今から5年お金や資産形成をしても、結局いまの私では自己破産しないといけないくらいの途方もない金額なので、自己破産をしないと一生その借金の返済に悩まされるわけです。ですので、いま今年でもできれば早めに自己破産を考えていた次第なんです。(今の私に特に取られるものはほとんどなにもないので。。クレジットカードが10年ほど作れなくなったり住宅ローンが今後通らなってしまうのはキツイですが、、今はもうそんなこと言ってられる余裕もなくて。。)今私に取られるものがないので、早めに10年ペナルティを終えて、再出発したいという気持ちです。 それで連帯保証人が先に自己破産できるのか、というのは弁護士でも意見が分かれており、少しでもこちらで分かる方がいらっしゃればと思い質問させて頂きました。一応、連帯保証人と言えど、主債務者と同等なので、いつでも借金を返せ!と言われる立場にはあります。 おそらく銀行か保証協会から、連帯保証人のあなたにも借金2500万円ありますって明細の内容証明が連帯保証人の私にも送られてくるで、それを理由に先に自己破産に持ち込めるのか、と思い質問させて頂きました。(結局、私も銀行が保証協会に債権を送る前に銀行へ2500万円一括で返済できなかったという事実になりますので。。) 長くなり大変失礼ましたが、またアドバイスや情報ありましたら教えて頂けました幸いです。 いつも回答ありがとうございます! !マーク打てる程、元気ではありませんが。。

関連するQ&A

  • 連帯保証について

    連帯保証についてお知恵を貸してください。 現状は以下の通りです。 ・無担保債権が返済できず保証協会が代位弁済。  元金・遅延金あわせ現時点で6000万円 ・現在、訴訟を起こされ、和解交渉中(ただし難航)  ・債務者には返済能力なし ・連帯保証人はマンション所有(該当債権の抵当権なし)  マンションの抵当権者は住宅ローン会社のみ  オーバーローンまではいかないが、それに近い残債あり  その他は連帯保証人名義の債権はなし マンションは絶対に手放したくありません。 しかし、債務者に返済能力がないため、連帯保証人である こちらに対して返済を迫っている状態です。 金額的に個人再生は無理、自己破産ではマンションを 手放さなければならないと八方塞です。 法に抵触するかもしれないと承知で色々考えもします。 住宅を守る方法がないかどうかアドバイスお願いします。

  • 連帯保証人の自己破産

    主人が連帯保証人になっています。 債務者は自己破産してしまい、現在主人を含めた3人で債務を支払っています。 主人は約3000万の借金になります。 他の2人は一億ほどと聞いています。 現在保証協会と言うところへ毎月定額を支払っていますが住宅ローンを支払ったままこのままでは借金はなくなりません。現在主人も住宅を手放す自己破産を考えています。 もし自己破産したら家財道具や車(名義は主人ではなくて私)までなくなってしまうのでしょうか? 離婚も考えなくてはならないでしょうか? よくわからないのでわかる方がいましたらよろしくお願いします。

  • 連帯保証人の自己破産について

    連帯保証人の自己破産について 自分で会社を経営している者です。 数年前に銀行から運転資金を借りる際に私の父親に連帯保証人になってもらいました。 しかし、その後父親は個人的にクレジット会社や信販会社からお金を借りて自宅を売り払っても 返済できないほどの借金を作ってしまい、今現在自己破産の準備をしています。 (それらの父親の借入に関しては私は一切、連帯保証人にはなっていません。) 父親は自己破産をするにあたり、自分が自己破産してしまうと債権者が私に返済を求めてきて、 私の会社に迷惑がかかるのではないか心配をして、なかなか自己破産に踏み切れないようです。 ?父親が実際に自己破産をした場合、私に法的な(父親の借金の)債務の返済義務などが発生する  ことはないのでしょうか。 ?父親が連帯保証人となっている銀行の借入について、事情を説明した上で父を連帯保証人から  外してもらえるように銀行に話をしているのですが、銀行は全く応じてくれません。  そのような銀行側の対応には問題はないのでしょうか。 どなたか教えて頂けますでしょうか。

  • ★代位弁済中の自己破産はできるでしょうか?(長文)

    (かなり長文すみません) ★重たい話しですが、保証協会への代位弁済や自己破産などの法律的な事を一部聞きたいのですが、以下のケースの場合、今後もしあなた自身の立場ならどのような対策とっていく方が得策と思われるでしょうか??(人生今後の再起の為のプラン)ご指導ください。 詳細は、また別の質問で書きましたが、今回関連するのは以下のケースです。 恥ずかしい話しですが。 私:父の会社の個人連帯保証人2 30代後半。4つ上の兄(一応、家業の社員)がいるので、私は今後転職活動の予定ですが、一時的にいま家業に在籍 父:会社の連帯保証人1、高齢(要介護) 地方銀行A:2500万円融資 保証協会:来月、代位弁済に入る 家業が(保証協会付き融資?で)地銀Aからの2500万円融資を受け、(来月より保証協会の代位弁済)になりそうなのですが、会社の個人連帯保証は父、さらに詳しい事は省きますが、今回巻き込まれで大変悔しいですが、、結果的に私の印鑑の捺印で連帯責任をとらされますが、今回私の気持ち的には銀行員の言葉にダマされ?代位弁済直前(2ヶ月前に)私も会社の連帯保証人に組み込まれた上での保証協会への代位弁済になります。この銀行員によると(この来月保証協会へ代位弁済された時点で、連帯保証債務不履行で、私のクレジットヒストリー的にもう劇的に自己破産と同等の個人保証にキズがつくと銀行員から後から聞かされました、車と家やローン一切今後10年くらい通らなくなると) 私自身の立場だけ考えれば、今の段階では、独身で資産や現金もこれといってありません。色々ネットで調べてみると、代位弁済はクレジットヒストリー的には自己破産と変わらないペナルティとのこと。ほぼこれから10年ローン不可。 ということは、もし早めに再起をかけるなら、もしできるなら悔しくて悔しくたまりませんが、、 (1)もう代位弁済が始まって、すでに自己破産とほぼ同等のペナルティを負うなら、もし可能ならすぐか半年1年で早めに自己破産の手続きをし、まだ財産がないうちに、人生早めにリセットし、今後10年耐え忍ぶ。(私が40歳代後半になるまで) (2)このまま家業は形式上、細々兄と母が継続しわずかずつ返済していくので、私はアルバイトでも安月給社員でも、今後その状況を見守る。ただ保証協会の金利が15%近くと高金利で、経営状態も芳しくないので、、いずれくる数年後?高齢の母の他界後は、兄はちゃらんぽらんで経営とかできる感じもないので、もろに母の高いは私に数年後確実にその金利を含めたら、そのときの返済状況にもよりますが、おそらく2500万?~5000万円降り掛かってくるので、その時点で私も自己破産。(さらに追加で10年程ローン組めないペナルティ追加)(私がおそらく50代後半か60歳ちかくになるまで、、こうなるとほぼまあ一生実質ローンくめません) (3)兄は今回連帯保証と関係ないので、今後母の他界後は、私が毎月10万15万の安月給でもアルバイトでも何でも、保証協会と話しをし、聞いた話しでは毎月死ぬまで1万円でも5000円でも、なんでも払えるだけ払っていく。ただ金利などで、返済が追いつかず、とても払いきれない金額?になると聞ききました。(自己破産は回避できるかもしれませんが、ほぼ一生債務負担、家も車も持てないと思います)(これも代位弁済が終わるまでローンなどはペナルティのため、一生ローン不可) 以上の3つなるかと思いますが、、、 質問は (1)以上の3つなら、一番どれも苦難の道ですが、ご自身あなたならその中でも賢明な方法かと思われますか?それか他に何か良い選択はありますでしょうか? (2)特にこれが聞きたいのですが、会社が細々でも保証協会へ返済している以上は、個人保証をしている父や私は、自己破産できないのでしょうか?父はともかく、私は数年後に、おそらくほぼ確定的にのしかかる多額の債務(数千万円)による連帯保証債務不履行のための自己破産を避けるため、早めに連帯保証の立場を人生再起の為、もう自己破産でぬいてもらいたいと思っています。可能でしょか??(私は特に他に債務はありません、ただあるのは、今回この会社の多額の個人連帯保証だけです。それを抜く為に自己破産の免責の事由になりますか? もう今回の代位弁済の次点で10年間 信用情報のキズが付くため、また数年後に自己破産でさらにクレジットヒストリーが追加で10年キズが付く事は考えれば、早めにリセットしたいとも考えています。将来の多額の連帯保証の立場を抜く為だけに自己破産は可能でしょうか?(代位弁済中は私にもその債務が同等にあると法律では解釈され、それによっての自己破産の理由になりますか?) (3)あと今後、代位弁済による連帯保証人の立場で保証協会に呼び出されると思うのですが、今後母と(もしかしたら私も)その保証協会で返済計画を話していくと思うのですが、私自身もしできるなら自己破産うんぬんの話しは、いっさい保証協会の方にしない方が得策ですか?今後の返済計画において、できれば話題に出さない方が良いですか?返済金額交渉に不利になりますか?保証協会的には、突然私が可能なら自己破産してしまった場合、保証協会はさらに私が抜けた分ほかの連帯保証人を立てろ!とか、土地/建物を担保に出せという話しになってくるのでしょうか?そうなると会社を切り盛りしている母に迷惑がかかりますし。。現在、住んでいる土地/建物その他テナント等父名義のありますが、すべて父の他の債務で他の銀行で抵当でガチガチ?のようです。 (4)やはり自己破産は人生において最終手段で、得策ではないでしょうか? (5)また別件ですが、父が若かりしころ、土地の購入や株で多額の債務がありますが、これは今現在は不動産収入などで返済をまかなっているようですが、、この辺りは金額がさらに大きいため、相続時は放棄を考えています。ただ今回この会社の連帯保証の件で、もし私が自己破産した場合、相続時にまた父の連帯保証引き継ぎなど相続やらで、また自己破産みたいな問題が出てくるのでしょうか?? (それを思えば、数年後かどうかわかりませんが、今は自己破産のタイミングかどうかわからず)そして今現在、父と母と私が住んでいる実家は、私と兄と姉の3人の名義になっているようです。 ★弁護士にも今後訪ねていくことになると思いますが、その予備知識としても事前にこの辺り詳しい方の少しでもご意見を聞きたい思いました。 今回会社の連帯保証債務は現在2500万円なのですが、私が引き継いだところで、今後金利も含め膨れ上がり、返済の目処はおそらく経ちません。現在もほぼ収入がありませんし、今後も高収入のところに就職もキビシいと思います。その上でももし自己破産を検討しなければならないような状況なら、タイミングはいつがいいでしょうか、という質問になります。 今回私自身、巻き込まれ連帯保証の自己破産を検討ですが、悔しくて悔しくて夜も寝れないので決して安易に自己破産考えてはいませんが、今後の人生で直す為に早めにリセットしたいと思っています。タイミング等もあるかと思いますので、できれば親身な回答が頂けましたら幸いです。恥ずかしい話しで長文で失礼しました。 できれば詳しく回答頂きたいですが、不明な点があれば、一部でも結構ですアドバイス頂けましたら助かります。

  • 自己破産の他の連帯保証人への影響

    母の喫茶店の経営の為に長男が3000万円銀行(T地銀、保証協会なし)から証書貸付を受け、その融資には、母(67歳)、次男、三男(私)が連帯保証しております。借入は現在2000万円にまで減ってきており、事業も順調で特に問題はありません。担保は店の土地(固定資産税評価2000万)、自宅の土地(固定資産税評価800万)です。 私たち家族は父が残した連帯保証債務(すでに信用保証協会が代位弁済したもの数千万、主債務者は破産はしておらず事業を継続しておりますが、他の債務もあり、私たちが保証している借入については保証協会が甘いため、催促されれば数万円支払いお茶を濁しているという状況です。)を相続しており、その対応に苦慮しています。保証協会には一度足を運んだのですが、金額を書いていない納付書を渡され、主債務者と話し合ってとにかく払って下さい、という感じで。強行な態度は全くありません。年に一度催告書がはがきで形式的に来るだけです。 質問としましては、 (1)このままではヘビの生殺しで損害金だけが増えていきますので、自己破産も考えているのですが、主債務者が数万でも払っている状況+形式的な催告書がきている状況では、自己破産はできないでしょうか? (2)仮に私が自己破産した場合、期限の利益の請求喪失ということで、店の方の債務については、やはり有無を言わせず回収にくるのでしょうか?担保の価値が結構あるのでそもそも保証人を抜いてもらうべきだ、というアドバイスも銀行関係者の方から頂いてはいます。 (3)実は次男が海外に住んでおり保証人の担保価値としては疑問な状態で、それを銀行側には隠しているという事情があります。仮に私が自己破産して銀行が事業も順調、担保価値も結構あるということで、追加の保証人の請求に我々が答えられなくてもそのままでいけるとしたら、他の保証人に対してなにがしらの書類(実印をつくもの)を求めてくるでしょうか?次男は海外にいて印鑑証明がとれませんし、その事実自体ばれて欲しくありません。 以上、よろしくお願い致します。

  • 保証債務と連帯保証

    保証について質問です。 通常の保証債務の場合、主たる債務者に生じた事由は 全て保証人に生じ、また保証人に生じた事由もまた 主たる債務者に生じるとなっています。 では、連帯保証についてなのですが これは、主たる債務者に生じた事由は 連帯保証人に及びます。 1、連帯保証人に生じた事由は、主たる債務者に全て及ぶと考えていいのでしょうか? 2、また、連帯保証人に生じた事由もまた 連帯保証人間に生じるのでしょうか? 「債務の承認」をもとに考えると 1、2も生じると考えていいですか?

  • 連帯保証人が自己破産したら?

    住宅ローンの連帯保証人が自己破産した場合について教えてください。 主たる債務者に支払いの遅延等は無いのですが、新たに連帯保証人をさがさなければなりませんか? それとも、連帯保証人が自己破産したら、住宅ローンに遅延等が無くても、主たる債務者に一括返済が求められるのですか?

  • 連帯保証人が債務整理した場合

    債務に関することについて質問させていただきます。 債務整理について記載されたサイトなどで調べたところ、主債務者が自己破産や個人再生をした場合、主債務者の負債は免責や減額になるが、連帯保証人には全額返済する責任が残るというのはわかりました。 しかし、私が知りたいのは逆のケースになります。 主債務者Aさんの連帯保証人となったBさんが自己破産や個人再生をした場合、債務はどうなるのでしょうか。 Bさんの連帯保証人としての負債が免責や減額となり、Aさんには全額返済の責任が残ることになるのでしょうか。 どなたかお分かりになりましたら、ご回答をお願い致します。

  • 自己破産した場合の連帯保証について

    1,Aさんの連帯保証人になっているBさんが自己破産したとします。(Aさんは現在は滞りなく返済を続けているとして)この場合、Aさんにお金を貸している人(金融機関など)には連絡は回るのですか? そうするとAさんは新たに連帯保証人をたてるように要求されるのですか?たてなければならないのにたてない場合はどうなるのでしょう? もし、連絡が回っていなくてAさんが返済を滞った場合は、すでに自己破産しているBさんに支払い義務はあるのでしょうか? 2,逆に既にAさんが返済を滞ってしまっていて、Bさんに督促がきていている状態でBさんが自己破産すると、請求はAさんだけにしかできないのでしょうか? 3,自己破産したBさんが零細企業を経営していて、会社の金融機関からの借り入れの連帯保証人になっているケースはよくある話ですが、こういうケースではBさんが自己破産すると同時に会社は倒産するのですか? 簡単なようで、考えると素人には複雑で、法律的にはどうなるのかお教えいただければと思います。 よろしくお願いいたします。

  • 自己破産と連帯保証人

    知人が自己破産+免責決定(去年の7月に決定しました)を受けております。この知人には、連帯保証人が1人おりまして、本人である知人が自己破産しても、その債務をこの連帯保証人が支払っております。そこで、最近になって、この連帯保証人が、自己破産した本人に対して、「金銭を払え!」と請求してきました。「場合によっては、訴える」とも言っているらしいのです。 この場合、本当に資力がない為、自己破産した本人は、連帯保証人に対して、金銭を支払う義務が、法律上、当然にあるのでしょうか?根拠条文等も併せて、お教え頂きたいのですが。