• ベストアンサー
  • 困ってます

クリミアの天使

ロシアがついにウクライナに軍事介入しました 戦争は避けられない状況ですが 海軍がロシアに寝返るなどウクライナ軍の戦力はかなりピンチです 恐らくEU寄りのウクライナはヨーロッパ並びに国連に対し多国籍軍の派遣を要請し全面戦争に突入となるでしょう。 クリミア半島は独立し、クリミア共和国が誕生する可能性があります この戦争で傷ついた国民の前にナイチンゲールのようなクリミアの天使は現れるのでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数696
  • ありがとう数10

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

詳しいクリミア半島情勢の事は知らんが、クリィーミィな泡天使が舞い降りる事を願うばかりだ・・そして兵士にスンゴク気持ちの良い施しをしてやれば、心置きなく突撃精神で頑張るであろう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます

関連するQ&A

  • クリミアは、ウクライナ本土と、半島の北側にある

    クリミア半島は、小さい地図で見ると島のようです。 しかし半島と名付けられているから、クリミアはウクライナ本土とは繋がっているのですね。それは、半島の北側にある狭い部分で、結ばれているのですね。これは、回廊というのでしょうか? そして、ロシアとは、陸地では繋がっていないのですね。

  • ウクライナの紛争について

    ウクライナの現政権は反政府デモ(クーデター)の結果出来たものです。親ロシア政権のヤヌコビッチ大統領は追い出されたのですよ。ロシアがウクライナに軍事干渉するのは当然ではないのでしょプか。世界はロシアが悪者の様に言ってますが、ウクライナにもロシア系国民はいます。今まで仲良く暮らしていたのにEU寄りになったからロシアは危機感を持っているのです。ウクライナへのロシアの軍事介入を防ぐにはクリミア自治共和国を独立させてロシア側にさせる事で双方を納得させれば良いと思います。クリミアが完全にロシア側になって不都合な事が有るのでしょうか。そうじゃないでしょうか皆さん。

  • ウクライナ情勢 クリミアの紛争 どちらが正しいの?

    .ロシアに編入されそうな方向ですが、私がクリミアに住むロシア系の民族であればロシアになった方が幸せだと思います。たぶん編入賛成に票を投じるでしょう。 結局米国や旧西側諸国にとって、旧ソ連崩壊後のロシアとは表面では仲良くしておきながら、一定の距離を保つ、「準仮装敵国」なのでしょうか。 国連も結局は旧西側諸国の論理で動いているのではないかと感じます。 今一つこの問題が理解できません。どちらが正しいのか? どちらも正しいと言えば正しい。間違っていると言えば間違っているか。 どちらも(ロシアも旧西側諸国)支持できないような気がするのです。 どちらかと言うと、米国の言い分に無理があるような気もします。 報道を見ていてもこの点が良くわかりません。 世界大戦はこのような状態から起きるのかと感じてしまいました。 日本人としては静観でよいのでしょうか。 クリミアについてはウクライナから分離したほうが丸く収まるような気がします。 ↓に概ね賛同。 http://blog.goo.ne.jp/syokunin-2008/e/1992f97d704c93b5f2e5a7df1c024bd7

その他の回答 (1)

  • 回答No.1
  • kusirosi
  • ベストアンサー率32% (2837/8858)

・EU寄りのウクライナはヨーロッパ並びに国連に対し多国籍軍の派遣を要請し全面戦争に突入となるでしょう ソ連崩壊後、過去の二回あったロシア軍のグりミア派兵同様、国際法上の戦争にはなりません。 グルジアと南オセチア同様、 ロシア軍が、クリミア自治共和国と 在日米軍基地同様に、ウクライナに置いている セバストボリ軍港のみに進出するだけなら、 NATOやアメリカは、経済制裁のみに、とどめ、 交戦はしません。(クリミア民兵と抗戦するウクライナ軍の支援、武器援助、軍事顧問派遣は、するでしょうが) そんなことは、ないでしょうが、 ロシア軍がキエフまで来れば、 世界大戦です\(゜ロ\)(/ロ゜)/ が、二度あることは、三度あるで、ロシア軍も馬鹿ではありません。 元はと言えば、ソ連時代 ウクライナ育ちのフルシチョフが 友人親戚に、いいとこみせようと、 クリミアを、ロシアからウクライナに移動させたのが、 根源ですから\(^^;)... ・海軍がロシアに寝返るなどウクライナ軍の戦力はかなりピンチ 寝返ったんじゃなく、原隊復帰ですね。 いまだに、ウクライナ海軍の全艦艇は、ソ連崩壊時に 黒海艦隊から供与されて、ソ連人民赤軍の上にウクライナ海軍のシール貼ったものですから。 クリミア自治共和国がクリミア共和国になっても、キプロス連邦トルコ人共和国 とか同様、承認外交関係持つのは、ロシアや、南オセチアなど親露独立国? だけでしょうが、太平洋戦争前の満州国同様、「承認はできないが、 全面戦争するには、及ばない」と事実上 の 国家らしきものと認められるでしょう。 プーチン大統領の国内の人気上昇と国際的批判も 満州事変同様です。 ・ナイチンゲールのようなクリミアの天使は現れるのでしょうか? すでに、国際赤十字がクリミア入りし、日本赤十字社もアエロフロート機をチャーターして、 援助物資救急隊員を送ります。御安心を\(^^;)...

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます 事態は想像以上に深刻になってきているようです

関連するQ&A

  • ウクライナ問題について

    ウクライナ問題について自分なりにざっくりまとめてみました。 1) 間違いや、肝心な部分で抜けがあったら指摘お願いします。 2) ロシアがウクライナに進軍してからのことがイマイチよくわかりません。 進軍~現在の状況はどうなっているんでしょうか? ----- ウクライナの真ん中には東西を二分するように川があり、 それを隔てて西側は親EU派、 東側は親ロシア派となっている。 比率は4:6。 ↓ 長らく親ロシア政権だったものの、2004年アメリカの干渉の元 親EU派の政権が発足。 ↓ ウクライナのEU加盟はEUにとってメリットがあった。 ・鉄鉱石や石炭などの資源が豊富な資源を関税なく手に入れられる ・軍事大国であるロシアを封じ込めるのに有利な土地 ◇ そのためEUはウクライナに資金援助をし歩み寄りを図るが、EU加盟の条件(財政赤字が対GDP比3%以下)をウクライナがクリアすることができず難航。 ↓ ロシアとしては隣国ウクライナがEUやNATOに加入すると大変な脅威なので、ウクライナのEU加盟を阻止したかった。 ◇ そのため親EU政権発足後は、天然ガスの価格をつりあげるなどして圧力をかけた。その後一転してガス価格の引き下げと資金援助を提案。 飴と鞭作戦によりウクライナは2010年 再び親ロシア政権に。 新政権によりEU加盟交渉は打ち切られた。 ↓ しかし親EU派からの不満の声が高まり、大規模なデモに発展。 親ロシア政権は制圧されトップは亡命。 これにより2014年 親EU暫定政権が発足した。 ↓ これに目をつけたのがアメリカ。 ロシアとウクライナを引き離す=ロシアからEUへの天然ガスの供給がストップ(ウクライナのパイプラインを使っているため)=自国のガスを売るチャンス と考え、暫定新政権を正式に認めるようEUに圧力をかけた。 ↓ 親EUウクライナ政府軍は、東側へ進軍。 ↓ ロシアはウクライナに住むロシア系住民の保護や、不法クーデターに対する治安維持を理由にウクライナに軍事介入。 ↓ ロシアはまずはじめにクリミア半島に軍を派遣。 黒海に面したこの港は軍事的に非常に大事な土地であったこと、 また住民の多数をロシア系が占めるクリミア半島自身から援助を求める要請があったためだった。 ↓ クリミア自治共和国で親ロシア派の新首相が誕生、独立宣言を行った。 それに続き、東部の都市も続々と独立宣言を行った。 ↓ 資源や地政学的にも東側地域は価値があり、西側はチェルノブイリなど負の遺産をかかえていたことなどから、ウクライナ政府軍は東側の独立に強く反発。攻撃を強めた。 ↓ ウクライナ政府軍は政変に対抗する東側市民を「テロリスト」とし、攻撃を正当化した。 アメリカはこれを支持。 ロシアはウクライナ軍と交戦。 ↓ アメリカとEUはロシアへ経済制裁。 しかしロシアからも負けじと経済制裁が行われた。 ↓ 国内の混乱は未だ収束していない。

  • ウクライナ政府の外交失策責任

    今更ながらの質問になります。 もしウクライナがEUにもロシアにもいい顔していたらクリミアを失う事は無かったのではないかと思っている一人です。 EU寄りに政策転換した事によりEU側も財政とエネルギーの支援しなければならなくなりました。EUにとっても迷惑だったのではないでしょうか。 一方ロシアにとってもウクライナがEUの一員になる事はNATOが国境近くに配置されるのではないかと緊張します。 どっちにもいい顔する中立外交政策が取れなかったのでしょうか。 或いは今までロシアから圧力を受けていた事がEU寄りにしたのでしょうか。 素人の質問です。事情痛の方に宜しくお願いします。

  • よく分からないウクライナのEU寄り

    冷静に考えればロシアと西側の緩衝地帯となっているウクライナが西側寄りになればロシアの態度が硬化する事は充分予想出来たのではないだろうか。 しかもソチで冬季五輪をやっている最中にその様な動きを起こす事は無かったのではないだろうか。 結果としてクリミアは奪われロシアからのガスの供給も今後難しくなるだろう。困るのは国民であるし結果としてEUも困るものと思われる。 うまい事立ち回ってEUにもロシアにも双方にメリットのある国を目指せなかったのだろうか。 それともロシアから何らかの不適切な圧力を受けていたのだろうか。 事情通の方のご意見を伺いたい。

  • 第3次世界大戦_ウクライナ_アメリカ

    米国はウクライナ全域を勢力下に置くため、ウクライナでの戦争の準備を進めているとのこと(準備といってもたぶん全面戦争への備えという意味かと)。また一連のアメリカの反ロシア政策としての挑発的な対応にEUは困惑し、このままアメリカの思惑通りのかたちでNATO が動けば、下手をするとヨーロッパが第3次世界大戦の戦場になる危険性さえあると危惧しているとのこと。 ドイツは一連の報道でロシア軍の動きが公に流れるたびに、それが事実に反していることで、政府関係者らは強い不安と危機感を抱いているという。 例えば、ウクライナ紛争の初期にロシアの戦車が国境近くまで押し寄せていると大々的に報じられたが、ドイツ諜報機関BNDは既にその事実がないことを確認していた。その後ウクライナ紛争が拡大を始めた頃、4万人のロシア軍がウクライナの国境近くまで前進していると報じられたが、4万人の兵員ではなく、事実は2万人の兵員で、しかもそれら兵員は紛争以前から駐屯していた兵員だったという。 また現在EUは経済動乱が背景になり、その対応や方針もEU諸国の政府間で割れており、大きく意見が対立しているとのこと。 現在は沈静化へと向かっている?ようですが、アメリカがウクライナ問題に積極的に介入したがるのはなぜでしょう? またオバマは戦争や紛争への介入に消極的であるにも関わらず、イラク問題(ISIL問題も含む)、ウクライナ問題、イラン問題などへ結果的に進んで行くのはなぜなのでしょう? アメリカは十数年に一度は戦争しなくては成立しない国 なんて陰謀的な言われかたをしますが、こういった話と何か関係がありますか?

  • 今のウクライナ情勢に付きまして

    現在、ウクライナで軍事行動が話題となっております 情けない話ですが、こうなった経緯がイマイチ良く理解出来ておりません 確か、ロシアという国は隣国が敵対する勢力となるのを嫌う国(以前ドイツと戦争になったため)というのは知っております そういった考えがあり軍事行動になったという事もあると思うのですが、どなたか、分かりやすく教えて頂けませんか?

  • 国連の安心にすがりますか。核兵器を持ちますか

    8ktの実験をした北朝鮮にたじたじの世界の国。 国際連盟を日本がぶっ壊して、作られた国際連合 国連は信頼に足りるのか。 北朝鮮が1950年に南下したときに、国連では国連軍が審議されていたが、反対するロシアが たまたまサボっていたために、拒否権を使えずに、マッカーサー国連軍総司令官がなり、 青い色の国連旗の下で戦った。 トルーマンに解任されたが国連総会が解任したのかな。 それ以降はロシア 中国の拒否権を考慮して 根回しでロシア中国に棄権するように してから、多国籍軍 ロシア中国は何かで利益を得て 反多国籍軍は元首まで死刑。 核を持っている国には、何十年でも話し合い。 今又シリアにーーー。 リビアは国民の意向らしいけれども、日本では82%が否定した菅内閣を多国籍軍は攻撃しないのだ。 だけど いつかはNATOや多国籍軍に苦しめられるだろう。 三国干渉ーー 核を持てば一人前の国家としてみてくれるが、気づいたら遊ばれていたでは情けない。 第三次中東戦争でイスラエルが通常戦闘でアラブ連合に負けて、核を使用するとアメリカに通告。 通常兵器の大量貸与で負けずに済んだ。 通常兵器はお金がかかりすぎる。 核で自衛ならば、防衛予算は 4兆円から4千億円でも大丈夫。 さあ みんな かくを つくろう  平和が良いよ。

  • ウクライナ負担金1000億円

    湾岸戦争以来の無駄金投入。 ■政府 ウクライナに1000億円規模の支援 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140321/k10013142821000.html さすがにこれぐらいなら簡単に刷れる。 政府がG7で約束します。 にしても・・・ アメリカ 1000億円 EU    1400億円 日本   1000億円 そもそもウクライナの負債総額は6000億円。 まったく足りない。 しかもその殆どがロシアに借金している。 むしろ1兆円ぐらいで負債ごとウクライナを買い取っちゃえばいいのに。 さすがにウルトラインフレの国の借金は安いね。 日本はウクライナから回収できますか? それともネオナチ政権が踏み倒しますか?

  • 護衛艦は駆逐艦?それとも・・・

     国防とか軍事のカテゴリーがありませんので、カテゴリー違いかもしれませんがお尋ねします。  海上自衛隊の「護衛艦」は、旧海軍の軍艦に当てはめれば、何に相当するでしょうか。  昔の軍艦には「格」というものがあったと思います。大東亜戦争末期には、駆逐艦も大きいのが出てきて、戦力では軽巡より上というのもありましたが、菊の御紋もなく駆逐艦は駆逐艦でした。  米海軍には現在でも戦艦、巡洋艦、駆逐艦などの呼称が使われているようです。(戦艦は太平洋戦争時代の骨董品を仕立て直して使っていたように思いますが、もう退役してるかもしれません。したがって戦艦はもう存在しないかもしれません。)  旧日本海軍との比較が困難であれば、現在の米海軍の何に当たるかでも結構です。  それと護衛艦の艦長の階級も教えてください。

  • なぜアメリカは北朝鮮を滅ぼさない?

    アメリカは世界有数の戦闘狂国家です ベトナムやイラクやクゥェートとは平気で戦争をするのに なぜか北朝鮮だけは攻め滅ぼそうとしません 朝鮮戦争での敗北がよほどこたえているのでしょうか? 国連の制裁決議には積極的なのに軍事行動には出ませんし… やっぱり背後の中国・ロシアが脅威なのでしょうか? でもそんなのはイラクとか攻めたって周辺国とも戦争になりかねないだろうし… 北にだけ戦争を仕掛けないアメリカの思惑は何でしょうか?

  • 北朝鮮問題等と、世界大戦の可能性

    こんにちは。 最近北朝鮮が、ミサイルぶっ飛ばしたり核実験を行ったりして、ずいぶん騒がしいですね。 では、もし今アメリカが武力行使に出たらどうなるんでしょうか。 僕が今考えているのは… 西陣営(アメリカ等)が北朝鮮に宣戦布告→東陣営(中国・ロシア)が救援→アメリカが2大国と全面戦争を行ってるすきに、反米の中東政権が蜂起→世界を巻き込んだ泥沼の戦いに…て感じですかね 中国ロシアは、アメリカ一極化を嫌い、アメリカと敵対する。(まぁオバマになってからはだいぶ関係は良くなったが) ちなみに 西陣営         東陣営      その他 アメリカ        中国       アルカイダ? EU諸国        ロシア      (西陣営と対立する) 豪州          北朝鮮 韓国          中東諸国 日本 台湾 純粋な軍事力では西陣営のほうが圧倒的な気がしますが、中東の産油国に石油を止められるとつらいですよね…。テロも頻発して、中国ロシアの二大国にアメリカは兵力を回せず、結局韓国・日本・台湾・豪州が中国と、EUがロシアとって感じですかね。 皆さんの意見を聞かせてください。