• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

中国は何故、他国の領土を踏みにじるのか?

画像を添付させて頂きます。先日、米 ケリー長官が、中国の首脳と会談し、南シナ海に牛舌線とも、九段線とも呼ばれる線引きに対し、根拠を説明するよう言われた際、根拠が無いのか?逆ギレしたそうです。それもそのはずで、九段線ですが、画像通りフィリピン、ベトナム、マレーシア、ブルネイ等、所有する海域も無いが如く、海岸線ギリギリにまで、設定されています。インドネシアのみ、若干マシな気もしますが、それでも中国の領有する海域には、比べ様も無い位、狭いものになっています。これでは勝手に、都合の良いようにと、言われたところで、返答も出来ない事と思っています。しかしながら中国は、以前何かで読んだ記憶ですが、【すべて寄越せとは言っていない。90%で良い】などと、ナメているとしか思えないセリフを吐いていましたが、この前例があるので、日本は今のところ、かろうじて尖閣諸島を領有し、若干優位に立ってはいますが、ケリー長官が踏み込んだ事により、好転すると良いのですが、何故、中国は、このような他国を貶めるような事ばかりして来るのでしょうか?昔、この辺りまで中国であったと言う歴史を、追いかけているだけなのでしょうか?それとも、根本的に中国人、漢民族以外の人種はすべて劣り、漢民族に支配される事が、当然の帰結であると思っての行動なのでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数9
  • 閲覧数772
  • ありがとう数9

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.9

チャイナ4000年のDNAですね。 昔はチャイナの西の端は函谷関まで、北の端は長城まででしたが、いつの間にかゴビ砂漠も長城の北の満州も領土にしています。 アメーバが周りの餌になるものを喰いながら肥大化しているのと代わりありません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。単細胞ならではですね。

関連するQ&A

  • 香港が植民地だった頃の中国。

    尖閣諸島の領有に関し、アメリカは日本寄りの姿勢でいてくれています。ヒラリー長官が先日述べた会見で、鮮明にしましたが、中国はまた『アメリカは口を慎め』と言っているようですが、一体何時からアメリカよりも偉くなったと言うのでしょうか?ボロボロに負けているから『植民地』にされたのであり、中国がまともに戦争に勝ったなどというのは、東南アジアの小さな国だけでは無いのでしょうか?このような強気の元になる根拠がまるで理解出来ないのですが?今戦争になれば、ヒラリー長官が言ったとされるフィクションなのか、ノンフィクションなのか知りませんが、本通りになると思うのですが?いくら漢民族がそのような民族であったとしても、世界的な軍備の前にひれ伏した事実を忘れるようなら、これほどの世界一もありませんが?怖いもの無しです、負けていながら。

  • 南シナ海での中国の横暴を押さえる手段

    いっそのこと南シナ海のフィリピン、ベトナム、ブルネイなどの国際法で認められる海域をそれらの国の共有の領海及び共有のEEZにしてしまえばいいのではないでしょうか。そういう条約を結んで決めてしまえば、中国が南シナ海のどこに手を出しても二国間ではなく多国間の問題になります。フィリピンやベトナム、ブルネイなどの巡視船が総がかりで中国船舶と対峙できます。 もちろんそれらの国が束になってかかってもその数倍のGDPを誇る中国ですが、ベトナムの領海がベトナムだけの領海である以上は他の国が手や口を出すにも手段が限られます。ベトナムとフィリピンの間にも争いはあるでしょうが、それは中国が再び弱体化するまでそれこそ棚上げしとけばいいのではないでしょうか。

  • 日米韓、南シナ海で連携…中国をけん制

    【外交】日米韓、南シナ海で連携…中国をけん制 ★日米韓、南シナ海で連携…中国をけん制  松本外相が出席した東南アジア諸国連合(ASEAN)関連外相会議は23日、一連 の会合日程を終えた。  南シナ海の領有権を巡り、中国とASEANの一部加盟国が対立している問題で、日 米韓が連携して海上安全保障の議論に当たる方針が3か国外相による共同プレス声明に 記されるなど、日本にとって一定の成果が見られた。しかし、この問題を詰める東アジ ア首脳会議(EAS)に向けた調整などで、日本の政局の混迷が影響する可能性も出て いる。  ◆一定の評価◆  「南シナ海は日本も関心海域であり、この海域の情勢を懸念する。国際法に従って主 張、解決されることが必要だ」  松本外相は23日のASEAN地域フォーラム(ARF)閣僚会議でこう述べた。南 シナ海の領有権問題で、同海域の実効支配を強める中国をけん制したもので、当事国に 法的根拠を示すように求めた米国と歩調を合わせた形だ。  日本政府は当初、日米が連携し、ASEANとも協力して、中国に国際ルールの順守 を求め、南シナ海の海上交通の自由と安全を確保する戦略を描いていた。「ASEAN が南シナ海の海上安全を巡るルール作りで中国に安易な妥協をすれば、中国は尖閣諸島 を含む東シナ海にも同様のルール適用を求めてくる」(外務省幹部)との警戒感から だ。  今回、共同プレス声明の発表で、日米韓が、ASEANと中国によるルール作りを監 視する方向性が見えてきたことで、日本政府内では評価する声が出ている。 (2011年7月24日16時12分 読売新聞) http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20110724-OYT1T00355.htm 日米は中国を仮想敵としてるけど韓国はどうなのかな?反日や反米の韓国って連合の邪魔にはなってないのかな? 皆は韓国って日本と米国と中国のことをどういうふうに考えてるんだと思う?

その他の回答 (8)

  • 回答No.8
  • hanak00
  • ベストアンサー率7% (10/126)

田舎者だから。 百年前は日米欧もあんなだった。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。

  • 回答No.7
  • Water_5
  • ベストアンサー率17% (56/314)

昔、中国は日本に領土を踏みにじられたので 他国の領土を踏みにじる事が遺伝子として 取り込まれた。 なので、無意識のうちに他国の領土を踏みにじるようになった。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。負け犬ですからね、中国は。根性が直りませんね。

  • 回答No.6
  • at9_am
  • ベストアンサー率40% (1540/3759)

> 何故、中国は、このような他国を貶めるような事ばかりして来るのでしょうか? 相当中国国内が悪いことの裏返し。 国内事情が悪化すると、目をそらすために外への膨張政策や外敵を設定するのは、歴史上極めて広範に見られる普通のことです。 結果は、歴史的に言えば、ほとんど例外なく一時しのぎ以上の効果はありません。 因みに、歴史的な例では、ここで譲歩した場合には更に要求がエスカレートするだけです。 最も有名な例としてはは第二次大戦前夜のドイツに対する融和政策(ミュンヘン会議によるズデーデン割譲など)が結局は意味をなさなかった例があります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。崩壊しかありません。

  • 回答No.5
  • sudacyu
  • ベストアンサー率35% (687/1961)

 南シナ海・尖閣諸島周辺、問題になっている海域は、海底油田の出る確率の高い海域です。  人口13億人の中国は、国土が広く元々資源大国であったのですが、急速な経済発展を遂げて、石油はについては今や大量の輸入が必要になっています。  一党独裁体制になってから60年以上過ぎ、政治体制が相当腐敗(政権交代がないと公務員が利権を使って金儲けするようになる。)しています。  その上、経済発展もあって中国人の生活レベルが向上し、食べるだけで精一杯の生活から、社会全般に目を向けるようになり、言いたいことを口にするゆとりが生まれてきました。  その結果、『一党独裁政権に対する不平不満』が満ち溢れています。  このような状況で、一党独裁の継続を唯一可能にしているのが「独裁政権の元で生活が豊かになっている。」という現実です。  しかし、もし石油が手に入らなくなって、経済成長が止まれば、中国国民の不満が爆発し独裁政権は吹き飛んでしまいます。  従って、中国政府はなりふり構わず石油利権に手を出しています。  南米ベネズエラの反米政権が支配する石油、核開発疑惑のあるイランの石油、内戦のくすぶり続けるスーダン・南スーダンの石油、独立後の内戦がようやく終わった南アフリカのアンゴラの石油  中国が輸入している石油は、政治的に問題を抱えた中国からはるかに離れた国から、アメリカの支配する海を通ってくるのです。  唯一の例外は、ロシアの石油ですが、ロシアはエネルギー資源を政治的手段に用いた前例があり、安心できる輸入先ではありません。(ロシアから欧州共同体に政治的提携先を変えようとしたウクライナに対して、冬の最中に天然ガスの供給を止めて、圧力を掛けた過去があります。)  つまり、中国の石油輸入はリスクが多く、安定供給も疑問符がつくような状態なのです。  従って、中国周辺海域で試掘される石油の利権には、何が何でも唾をつけておきたいというのが、中国政府指導部層の思いなのです。  ですから、「領土問題を棚上げにして、石油共同開発で合意する。」と言うのが元々の戦略でした。  元々は、そのようなスタートでしたが、最近は中国国民の民族主義(ナショナリズム)が激しくなって、他国のナショナリズムも刺激するようになり、『石油共同開発』という目的が困難になりつつあるようです。  

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。自分で自国民に火を着けておいて、勝手な理屈はありませんよね。ありがとうございました。

  • 回答No.4
  • gib45
  • ベストアンサー率27% (160/592)

複雑ではありますが人民解放軍の勢力争いですね。 中国国内では常に不安定です。 >http://arkyuasa.blogspot.jp/2013/05/blog-post_27.html 暴動やデモが常時発生してるので陸軍の予算は上がり続けています。 陸軍内部ですら勢力での予算配分を巡り自治区にて捏造して「治安不安定なので予算寄こせ」と綱引きしています。 世界大戦の日本でもそうでしたが陸軍の発言力を増す海軍は面白くありません。 さりとて海軍の予算を増やそうにも陸軍のように定期的な(暴動など)需要がないですからね。 そこで海軍は必要性(予算など)をアピールする為にも領土問題を利用してます。 要は中華思想云々の元に予算寄こせ!と暴れてるのが原因です。 北京政府が尖閣問題にて把握してない事案がいくつかありました。 白を切るのかと思えば翌日、数日後に発表されていましたよね。 中国政府でも海軍の暴走を手こずってる証拠です。 じゃあ軍部の暴走を制御しようとすればその矛先は政府に向かいます。 このような背景からもケリー長官が容認しようが批判しようが侵略行為は終わらないでしょう。 それは長年続いた日本外交が証明済みです。 九条が有ろうが無かろうが軍事の必要性の都合の良いほうに調整するだけです。 そして尖閣を差し出したとしても同じ理由で次の標的を探すだけです。 長々と書きましたが結果として彼らの行動の原動力は思想や信念ではなく、欲望や私利私欲の為の行動と考えられます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。これ以上、増長はさせない事ですね。ありがとうございました。

  • 回答No.3

そもそも中国って中華人民共和国になる以前から小さな国に別れての侵略の繰り返しでしょう。 今もそのDNAが脈々と生き続けているから侵略を続けている。 その第一段階が中華人民共和国と言う一つの国に仕上げた事。 更にそれを大きくしていく為に侵略行為を続けている。 但し、あからさまに侵略行為を行うと今では世界を敵にしてしまう為に、姑息さが際立ってきても居ますが。 『自分の物は自分の物、人の物も自分の物』ですから、最終目標は漢民族によって世界を支配し、他民族は 自分らの支配下におきたいのでしょう。 だから国内でも他の民族が多数居留している地域へ漢民族が入り込み事実上の支配下においているし貧富の差が激しい。 軍事力が自分らの希望まで未だ揃って居ないから、恫喝しながら軍事力をチラ付かせて実行支配して行っているが、 軍事力が希望通りの規模になれば何をしでかすか判りませんね。 その前に軍が暴走して多国籍軍に叩かれ武装解除までさせられれば良いのですが。(笑)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。そうですね。どうせ弱いのですから。即効で武装放棄させるべきです。馬鹿に武器など要りません。

  • 回答No.2
  • cse_ri2
  • ベストアンサー率25% (830/3285)

中国政府の要人には、国際秩序を守るという観念が無いか、あっても相当薄いと思われます。 これは中国のみならず、独裁国家と呼ばれる国はたいていそうです。 「力をもつものが多くのもの(物、者)を支配する」 独裁者のみならず、一党独裁国家である中国もまたそうなんでしょう。 文句をいうやつには、銃口を向ければよく、銃で足りなければ戦車や軍艦を送れという発想です。 あと軍事面でちょっと補足すると、中国の狙いは南シナ海の聖域化にあると思われます。 冷戦時代のソ連(後継国家である現ロシアもそうですが)では、バレンツ海とオホーツク海が海軍の聖域となり、ここに多くの戦略級ミサイルを搭載した原潜が隠れているとみられています。 万が一の有事の際は、ここから核ミサイルが敵国に向けて発射されるわけです。 同じように中国は、南シナ海を聖域化して原潜を温存したいと考えているようです。 (黄海や東シナ海では海が浅すぎて、原潜が隠れるのが難しいため) 参考:ウィキペディア『聖域 (軍事)』  http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%81%96%E5%9F%9F_(%E8%BB%8D%E4%BA%8B)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。とにかく中国の思うようにはさせない事ですね。

  • 回答No.1

 ブロック経済圏時代を想定しての判断なのでしょうね。  昔の日本が同じでしたが、ブロック経済圏に陥った世界経済の中で、資源確保を目的に中国などの東南アジアの国々を侵略して大日本帝国を構築しようとしたのと同じ行為でしょうね。  それでは、なぜ、中国が無謀とも言える対外政策を始めたのかですが、太陽活動が弱まる小氷期に入っていると考えられている状況では、世界経済が自由貿易を続けるのは難しくなるのではないかという危機感があるのではないかと思います。  自由貿易が破綻してブロック経済になれば、中国の利権を守る為には資源確保が重要になります。昔の日本と同じ考え方をしていると判断して良いでしょう。  露骨な対外侵略は国際法に触れるので、海底資源の領有権を全面に押し出してゴリ押ししているように見えます。これは海底資源は大陸棚を保有する国々に領有権を認めるという200海里規制のような大陸国家に有利な国際法があるのが原因のようです。  その為、島国である日本の場合は不利な立場に置かれる結果になります。海底資源の採掘が可能になっている現在は、熾烈な開発競争が起こっているのが実情です。  中国の立場から言えば、米国がカリブ海を、ロシアがカスピ海を私物化して海底油田採掘をおこなっているのと同じで、中国にも東シナ海や南シナ海を領有する権利があるというものでしょうが、周辺諸国から見れば、覇権主義以外の何ものでもないわけで、中国覇権主義と批判されて当然のものだと思います。  もっとも、漢民族優勢主義に走っているとは言えないでしょう。中国は多民族国家であり、日本とは民族政策が大きく異なります。大日本帝国時代の日本と同一の価値観で判断してはいけません。中国は資源確保をしなければ、将来的に経済成長が落ち込む懸念があるほど追い詰められていると見た方が良いでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。

関連するQ&A

  • 以下により中国の南沙諸島進出は抑止出来ないですか。

    こんにちは。 つい先日、中国船がベトナム船に衝突し、掘削の妨害行為がありました(中国は否定)。 以下の事をすれば、中国の南シナ海進出を抑止できるのでは、と思いました。 ※以下は突発で思い付いたことですので、穴だらけだとは思いますが、ご承知願います。 中国以外に、この海域の領有権を主張しているフィリピン、ベトナム、ブルネイ・・・(他にもあったかな)、で各国が国際司法裁判所に共同提訴するというのはどうなんでしょう?確か中国抜きでも、この3か国は互いに主張が重なっていますよね。中国は裁判に望む筈もないですから、除外します。 そうなれば判決により、互いに境界線が引かれ、国際的に再認知させることにより、少なくとも中国にプレッシャーをかけることが出来るのかなと。この線を基準に東はフィリピン、西はベトナムなどと判決すれば、国際PRできると思います。 もちろんこれには3か国が互いに了解し、共同裁判を望むこと、判決により自国の主張が通らない可能性もあるかもしれないなど、リスクもあります。 中国の進出を抑止するという意味ではどうでしょうか? 傍若無人な中国にとっては判決など関係ないでしょうか(共同提訴してもムダ)。 中国側が経済制裁(輸出入の制限)を起こすでしょうか。 こうでもしないと南シナ海全てが中国に不法占拠されると思います。

  • ASEAN前、既に中国は負けていた。

    先程、webのニュースを読んでいました。ASEAN外交筋から漏れた情報のようで、既に先日、終了した会議の事と思います。中国が、懸念事項とされていた【南シナ海領有権争いを、東アジアサミットの議長声明から、削除するよう要求していたそうです。それに対し、日本、アメリカや、南シナ海で対立するフィリピン、ベトナムが猛反発したようで、最終的には、議長国のブルネイが、参加国の意向や会議での議論を踏まえ最終的に南シナ海問題の記述を声明に明記したそうです。と、言う事は、結果的にウヤムヤに終わった感のある会合でしたが、アメリカさえ、国内であのような事さえ無ければ、ここで中国を封じ込めていたと言う事でしょうか?また、中国は、再三に渡り、日本海や、東シナ、南シナ海で、軍事演習を行っていますが、中露合同演習後に、日露で合同演習を行っていると言うのは、かなり、脅威に感じているのでしょうか?これではロシアは一概に中国側とは言えず、むしろプーチン大統領は、相当中国に対し、良い気はしていないようで、こうなると中国は、簡単には動けない様になったのではないでしょうか?何せ100年程前には、相当の屈辱を味わっていますので、その恨みたるや相当のモノとの事ですが、今回も同じ事を繰り返しますかね?相当恐怖を感じていると思いますので、手を出して来ないのではないか?とも思うのですが?中国に【我が世の春】など訪れる日は無いと思っています。

  • お前の物は俺の物俺の物は俺の物 中国ジャイアン降臨

    お前の物は俺の物俺の物は俺の物 中国ジャイアン降臨 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140507-00000539-san-asia 引用 南シナ海で中越艦船が衝突 石油掘削めぐり、数人けが  【北京=川越一】AP通信によると、中国が石油掘削を始めた南シナ海のパラセル(中国名・西沙)諸島近くの海域で7日、掘削を阻止するために派遣されたベトナム艦船に中国艦船が衝突、放水した。銃撃などはなかったが、ベトナム側の船員数人が負傷、数隻が損傷した。同国側は「中国船が体当たりをやめなければ報復する」としている。・・・・ いや~怖い怖い どちらが領有権を侵害しているのかは、過去の 行動を垣間見れば、一目瞭然なのだが、万が一 戦闘状態になれば、一瞬で肩が付きそうな大国と 小国の小競り合い・・・ 今後、この事件は収束するだろうか?拡大するだろうか?

  • 中国が日本の発言は火事場泥棒だ!

     南シナ海で中国とベトナムの当局の船どうしが衝突したことについて、菅官房長官や岸田外務大臣が「境界が未確定の海域における中国の一方的かつ挑発的な海洋進出活動の一環だ」と指摘したとことに対し、中国外務省の華報道官は「日本は火事場泥棒をたくらんでいる」と述べ強く反発しました。  中国外務省の華報道官は9日の記者会見で「現場は『境界が未確定の海域』などというところではなく、中国の領土から17海里の接続水域だ」と主張しました。  そして、「日本があわてて出てきて、こんな発言をするのは、ことの是非を混同し火事場泥棒をたくらんでいるからだ」と述べ強く反発しました。  また、アメリカ国務省のサキ報道官が「中国が争いのある海域で一方的に発掘を始めた。挑発しているのは明らかだ」と述べたことに対しても、「最近のアメリカによる事実を顧みない無責任で誤った一連の発言が、一部の国の危険な挑発を助長している。アメリカにはこの問題で言動を慎むよう求める」と述べました。  一方、南シナ海で今月6日、フイリピンの警察が中国の漁船を拿捕したことについて、華報道官は「ただちに無条件で乗組員と船を開放し、二度と同じようなことを起こさないよう重ねて要求する。中国側はさらなる行動をとる権利を保留する」と述べフイリピンに対する報復の可能性を示唆しました。 (NHKニュースより抜粋) Q:中国の発言は自分の行動を棚に上げた、あまりにもひどい挑発ではないのか?   どちらの発言が火事場泥棒だと思いますか?  理由をつけてご回答よろしくお願いします。

  • 卑劣な中国への対処法はどんなのがありますか?

    産経新聞の記事を読んでください。 ↓ http://sankei.jp.msn.com/world/news/120919/chn12091917180009-n1.htm 【湯浅博の世界読解】 卑劣な中国への対処法 2012.9.19 17:17 (1/3ページ)[中国] 中国当局は東シナ海で漁期に入ったのをテコに、人々の関心を反日デモから直接、尖閣諸島に向けている。中国の零細漁民は近年、尖閣諸島周辺海域にまで漁船をこぎ出す能力をもってきた。 その兆候は、中国国営新華社通信発行の時事雑誌「瞭望新聞週刊」が昨年2月に掲載した記事にあった。 「漁船をレベルアップするための改造を推奨し、争いのある海域での漁業活動を保障している」 海洋境界の防衛には一致協力してことにあたる必要があるという趣旨の記事の中で、中国当局が漁民を紛争海域に送り込むことを奨励し、そのためにエンジンの改造に補助金を出すなどの支援を行うことを明らかにしていた。 胡錦濤国家主席、温家宝首相のコンビが、国内保守派から親日派とみられないよう強硬策をとっている、などと考える必要はない。2010年7月に彼らは「国防動員法」を施行し、軍国主義ばりの国家総動員体制を強いている。 この法律の第9条は、法律の主語が温首相の国務院と胡主席の中央軍事委員会であることを明記する。第48条の「国防勤務」では、動員された民間人が軍の作戦支援を行うことを義務づけている。今回の漁船でいえば、一部は偽装された海上民兵だろう。 海上民兵は海軍が実施する演習に定期的に参加している厄介な集団だ。1974年にベトナムが領有していた南シナ海の西沙諸島の永楽島を漁民を装って占領している。90年代にフィリピンが領有を主張していたミスチーフ環礁も乗っ取った。 海上民兵は外見が漁船だから識別が難しいうえ、攻撃を受けると「敵は無実の漁船を攻撃した」と国際世論に訴える。この陰険、卑劣な相手を駆逐する方法はあるのだろうか。 近年でみると、強硬策としては太平洋の島国パラオ付近の海域で3月、違法操業を取り締まっていたパラオ当局が中国漁船に発砲し、漁船に乗船していた中国人1人を死亡させたケースがある。パラオ当局は漁船に残っていた中国人25人を拘束しており、侮った中国側の大失敗だった。 粘り勝ちを狙ったのは、南シナ海のスカボロー礁で中国の艦船とにらみ合ったフィリピンの例だ。この4月から、中国の監視船が大漁船団をタテに環礁周辺海域に現れ、フィリピンが艦船を送り込んで対峙(たいじ)した。フィリピンは日米両国を後ろ盾に、にらみ合ったまま一歩も引かなかった。

  • 国際法に基ずくと、結局南沙諸島は、どうなるのか?

    ベトナム、フィリピンVS中国で、南シナ海、南沙諸島周辺海域での、中国の一方的な石油掘削作業を巡り、小競り合いが多発しているようです。中国としては、アメリカが、フィリピンの基地に回帰して来るまでに、おおよその目途を付けたいようで、ベトナムとフィリピンは、その問題解決に、アメリカを巻き込み、中国の撤退を目論んでいるようです。先日のG7でも、中国の力による現状変更には、反対を表明する国ばかりでしたが、イザ、乗り込んで来るのは、アメリカ一国のみで、そのアメリカさえも、問題解決は、国際司法裁判所での決着を望んでいるようで、昨日、会談したイタリアの首相も、『国際法に基ずき‥』と言っています。では、この国際法に基ずけば、南沙諸島周辺海域、並びに全体の南シナ海の領有は、一体どうなるのでしょうか?中国の言い分も、いくらかは反映されるのか?それともまったく中国が関与出来る場所では無いのか?をお聞きしたいのと、もう1点、国際法、国際法と、言っていますが、結局は国際裁判など、当事者の一角である中国が、乗って来なければ、裁判自体意味が無くなると思うのですが?

  • これが、特亜だ!!

    先程、webのニュースを見ておりました。昨日、『日本はツイていた』とのタイトルで、領有権を巡る国が、特亜のアホ3国で良かったとの、内容の質問をさせて頂きました。賛否両論で、決して同意を得られたとは言い難く、まぁ、当方も極端な言い回しの質問でしたので、それはそれで良かったのですが、では、これではどうでしょうか?【フィリピンのアキノ大統領が中国訪問を中止した問題で、中国が訪問の条件としてフィリピンが国際司法機関に申し立てた南シナ海の領有権争いをめぐる仲裁手続きの取り下げを求めていたことが2日、フィリピン政府関係者の話で分かった】と、あります。フィリピンにしてみれば、これほどバカにした話も無い訳で、拒否して当然ですが、それを【中国は訪中を断った】と、中国から断ったと見せるこの姑息さ、卑怯さ。これこそが【特亜】と言えるのでは無いでしょうか?自国の名誉の為なら、他国の事など知った事ではない、中国に逆らうとは何事かと言ったこの姿勢が問われています。『中国は領有権争いで2国間協議を主張し対中強硬派のフィリピンとは2年間、首脳レベルの対話をしていない。尖閣諸島で対立する日本への対応と重なる』ともありますが、当方は特段重なっているとは思えません。少なくともフィリピンやベトナムは、南沙諸島では、日本の尖閣諸島周辺とは、比べものにならない程、屈辱を味あわされています。【中国は仲裁手続きの取り下げやアユンギン礁からの撤退を再三求め、フィリピンは要求には応じられないものの首脳会談に意欲を示した。だが、中国は「訪問は(両国の)利益になる時期が適切」と返答した】との事ですが、何が一体、両国の利益になる時期が適切なんでしょうか?一方的な中国の利益のみではないのでしょうか?これが特亜の代表格です。もう話合いなど必要は無く、国際司法機関にかけ、綺麗さっぱり南沙、尖閣、チベットその他から手を引かすべきです。聞けんというなら、道は一つと思うのですが?

  • もしネトウヨが中国人だったら南シナ海の九段線は

    昨日、ハーグ仲裁裁判所は、中国が勝手に設定した南シナ海の「九段線」を「法的根拠はない」とし、造設した人工島と合わせ、中国側に諸権利はないとの判決を出しました。フィリピン側の主張が全て認められた格好です。 http://news.infoseek.co.jp/article/sankein_sk220160712550/ http://toyokeizai.net/articles/-/127089 しかし中国政府はこの判決を無視すると宣言し、従う意志を一向に示しません。 そこで質問ですが、日本で毎度毎度ギャーギャー汚らしく騒ぐネトウヨは、彼らがもし中国人ならば中国政府に従って愛国者よろしく九段線内を「中国領」と主張し、敵対する諸国全世界を敵に回してネットで暴れまくるのでしょうか。 これは、正義を信奉するか、ねじ曲がった不埒な愛国心を信奉するか、そういう問題です。 ネトウヨが九段線内を放棄するならばそれは「リベラル」というもんですが、「リベラル」や「人権」や「現行憲法」を蛇蝎のごとく嫌うネトウヨが中国人ならば、とてもそれは想像だにできませんが、如何なもんでしょうか。

  • 包囲されているのは中国ではなくむしろ日本なのでは?

    昨年9月の尖閣事件の後、アメリカのクリントン長官が「尖閣諸島は日米安保の適用対象」と発言し、また、アメリカ太平洋艦隊のウォルシュ司令官も、自衛隊と協力して中国軍の監視活動を 強化していく考えを示しました。 多くの日本人はそれを聞いて「アメリカはやっぱり日本の味方だったんだ」と安心したことでしょう。 テレビの討論番組などでも、未だに世界を「西側、東側」と分けて考えるパネリストがいますが、中国が共産党1党支配であるからという理由で東側に分類し、西側の国々による中国包囲網が出来ていると勝ち誇ったように言う人がいます。 しかし、先日中国を訪問したアメリカのゲーツ国防長官は、中国に対し、核ミサイルや宇宙、サイバー分野を含む安全保障戦略対話を提案し、米中両軍が海難捜索・救助や人道支援、海賊やテロ対策などで共同訓練を実施することで合意したそうです。 米中、軍事交流強化へ 国防相合意 年内に新指針 http://www.asahi.com/international/update/0110/TKY201101100271.html また、、胡錦濤国家主席は今月18日よりアメリカを公式訪問し、オバマ米大統領との首脳会談も予定されています。 これらの米中間の親密ぶりを見ると、アメリカは本当に日本のために中国を敵に回して戦ってくれるのか?と疑問に思ってしまいます。 日本は韓国やロシアとも領土問題を抱えているし、台湾も尖閣諸島の領有権を主張しています。オーストラリアは日本の捕鯨に反対していますよね? 頼みの綱のアメリカですら、普天間基地移設問題でぎくしゃくしており、日本の周りは敵だらけです。 包囲されているのは中国ではなくむしろ日本だと思うのですがいかがでしょう?

  • 過去に中国が他国から武力で奪った領土

    日頃尖閣諸島のことでもめていますが、当の中国が、武力を持って他国の領土(島嶼)を奪い、今も実効支配しているというところがあると聞きました。そこがどこなのか教えてください。確か東南アジアのほうの島だったかと…。