• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

水「酸」化ナトリウムは酸性ではない

中学生の息子に質問されて困っています。 水酸化ナトリウムは「酸」とつくのになぜ酸性ではないのでしょうか? この場合の「酸」は酸素の意味の酸で、酸性の酸ではないんだよ、と説明しましたが(あってますよね?)ではなぜ酸素は酸ではないのに酸がつくのでしょうか

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数8
  • 閲覧数396
  • ありがとう数19

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.8
  • TAKUKU
  • ベストアンサー率52% (13/25)

昔、deepsnowさんがおっしゃるように酸素原子「O」があれば、酸性になると考えられており、酸の素という意味で酸素と名前が付けられました。しかし、その後塩酸の化学式はHCl、つまり水素と塩素の化合物であることがわかり、この議論は間違っていること気付きました。しかし、酸素の名前はその当時には広く知れ渡ってしまっており、これから替えるには混乱を帰すため、このまま言っちゃえ~みたいな感じになったそうです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 この説明、単純ですがとってもわかりやすいです。息子にもこういって説明します。

関連するQ&A

  • 酸と塩基

    「酸と塩基」とセットで使われる場合の酸と酸性、酸素、塩酸などの酸とどのように意味が違うのでしょうか。 同様に、塩基の場合も塩、塩酸、塩素などとノ意味の違いは何でしょうか。又、塩基とアルカリとの関係についても教えてください。

  • 酸性と酸 塩基性と塩基 定義

    「酸性」と「酸」 「塩基性」と「塩基」という言葉についての質問です。 参考書を読むと「酸」については2種類定義があります 1水素イオンを与えられる物質 2水に溶解したとき電離し水素イオンを出す物質 「酸性」については 青色リトマス紙を赤変させる、亜鉛と反応する、~~~~~などの性質 と色々な事実を列挙した後に『などの性質』と書いてあります。   質問(1)↑の定義によると 「酸」ではあるが「酸性」ではない物質 「酸」ではないが「酸性」ではある物質 もありえるように思えるのですがどうなのでしょうか? 質問(2) この「酸性」の定義だとなんだか曖昧に思えるのですが?

  • 安息香酸とフェノールの酸性度

    こんばんは。安息香酸とフェノールの酸性度の説明の仕方を教えていただきたいです。 酸性度は フェノール<安息香酸 で、その説明を -OHは電子供与性であり-COOHは電子吸引性であるため、安息香酸の方がH+を解離しやすい。 と記述したのですが、再提出でした。 説明が間違っているところを教えて下さい。あと、他に明確な説明の方法があったら教えて下さい<(_ _)>

その他の回答 (7)

  • 回答No.7

詳しい説明がすでにありますが、質問内容からして簡単な答が必要と思い書き込みます。 簡単にいうと、水酸化・・・というのは、アルカリ性と考えてOKです。 酸のもとは、水素イオンと記憶されているようですので、ついでにアルカリの基は、水酸化物イオン(OH-)と記憶されておくと良いでしょう。 簡単な中和反応の例を考えてみましょう。 水酸化ナトリウム(アルカリ性)と塩酸(酸性)を同じ量混ぜると食塩水(中性)になります。水酸化ナトリウムが酸性だったら、混ぜても中性にならないでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 水酸化・・がアルカリ性、はわかりやすくて中学生にはぴったりです。 水素イオン(H+)と水酸化物イオン(OH-)でH2Oになり、中性になるんでしたね。

  • 回答No.6

ラボアジェは酸素が炭素と結びつくと炭酸(ガス)、硫黄と結びつくと亜硫酸、リンと結びつくとリン酸ができるので酸の元は酸素だと結論付けた。と昔習った気がします。 一般に酸素酸と呼ばれるものです。 でも金属が酸化すると、アルカリを示すものもあるんですよね。 (灰は含まれるカリウムによってアルカリになるようですね) そこらへんはどう説明したのかなぁ >この場合の「酸」は酸素の意味の酸で、酸性の酸ではないんだよ、と説明しましたが(あってますよね?) 私もこのように考えていましたが、水が酸化されて水素イオンを出したものと考えれば、酸化の意味もあるかもです。 いや、まったくの思い付きです。 丸暗記じゃなくて、化学用語ひとつにも疑問を持つなんてすばらしいです。将来が楽しみな息子さんですね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます 化学はまぁまぁ好きなほうだったので、中学生程度のものなら説明できるのですが、素朴な疑問に悩まされてしまいました。

  • 回答No.5
  • Julius
  • ベストアンサー率77% (168/216)

酸素を発見したとされるのは、仏革命で処刑されたラヴォアジェです。 彼は、リンや硫黄を燃やした際、あとに残ったどろどろの液が酸性を 示したことから、酸素とは酸っぱさをもたらすものと勘違いし、 ギリシア語にちなんでOxus(酸っぱさの) + gen(もと) = Oxygenと 名づけました。 リンは燃焼すると五酸化二リン(正確には四量体: P_4O_10)になりますが、 これは非常に吸湿性が強く、空気中の水と反応してリン酸類の混合液 (H_3PO_4など)になってしまいます。 Oxygenという言葉はそのままイギリスに伝わりましたが、 一方で英語には酸Acidという言葉がもともとあったため、 英語では酸と酸素は区別されます。 一方ドイツ語では、わざわざ酸S"auer(英語のsourに相当)という 言葉を使ってフランス語から酸素を翻訳し、Sauerstoff と呼びます。 日本は明治期、ドイツから化学用語を輸入したため、 そのまま「酸」「酸素」という翻訳になってしまったのです。 実際のところ、アルカリ金属やアルカリ土類金属の酸化物は、 吸湿すれば塩基性になります。 酸素は、酸の素どころか塩基の素にすらなります。 酸と酸化は違うものと覚えましょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます 英語ならわかりやすかったんですね

  • 回答No.4
  • mojitto
  • ベストアンサー率21% (945/4353)

水酸化ナトリウムの『水酸化』とは水酸化物であることを示してます。 では水酸化物とは何か?それは簡単に言ってしまえば水素が酸化されたものです。 つまり質問者様の考えておられるように水酸化ナトリウムの『酸』とは酸素の酸です。 ちなみに水酸化ナトリウムはsodium hydoxideといい、oxideは酸素の意です。acidという文字はないですよね? 補足として塩酸はhydrochloric acidといいます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 日本語で「酸素」だから混乱してしまうんですね

  • 回答No.3

酸素の語源を調べてみました。参考URLとして示したサイトが参考になるかと思います。 酸素はものが燃えるのに必要なのはご存じだと思いますが、燃えた結果生成したものが酸性を示す、というのは気づきませんでした。 たとえば燃焼生成物として代表的な二酸化炭素も水に少し溶ければ炭酸となり、弱酸性を示す、という具合です。 CO2+H2O→H(+)+HCO3(-) ((+)と(-)はそれぞれイオンの電荷を示す) どうやら、まだ水素イオンというものの正体がつかめていない段階でそういうふうに命名されちゃったようですね。

参考URL:
http://www2s.biglobe.ne.jp/~y-inoue/sc/atomic_name.htm#8 酸素

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます 二酸化炭素ですか、気がつきませんでした。燃焼生成物と言うと灰を思い出し、ん?アルカリだよなぁと一瞬思ってしまいました。 昔の人の勘違い、という感じですね。

  • 回答No.2
  • asuca
  • ベストアンサー率47% (11786/24626)

酸性の特徴は、水溶液中で水素イオンを発生する事にあり、酸素が水素イオンを出しませんので酸素は中性です。 酸がつくから酸性とことは成り立ちません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 そのあたりのことはなんとなく覚えています。 質問のしかたが悪かったかもしれません。酸素と酸性は関係ないのに、なぜ「酸」素という名前がついたんでしょうか?

  • 回答No.1

酸素は、酸の素になるものだから酸素なんです。 でも、酸素自体は酸ではないのです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ん?酸素は酸のもとでしたっけ? 酸のもとは水素イオンだったと思うのですが?

関連するQ&A

  • 固体酸の酸性度

    γアルミナ・シリカなどは固体酸として知られていますが,表面官能基(OH,H?)が酸性,塩基性を持つのはどのような機構からなっているのでしょうか?Al,Siなどの電気陰性度とかで決まるものなのでしょうか?いろいろ探しているのですがこれといった答えが見つかりません.ご存知の方はご教授お願いいたします.

  • 酸性の水に…

    試験紙がオレンジ色から薄い赤色位の酸性の水に物は浮きやすくなったりしますか? 酸は重いから下の方に沈んで物を浮かせるって聞いたんですが。 物は繊維類、紙類、ビニール類、その他生焼け状態で固まったものです。 水には硫酸、窒素酸化物、その他いろいろなものがはいってます。 教えていただけませんでしょうか。

  • 次亜鉛層酸ナトリウムについて

    次亜鉛素酸ナトリウムについてお伺いします。 水で希釈するのとお湯で希釈するのとでは、次亜鉛素酸の効果は変わりますか? やはり水で希釈しないと意味がないでしょうか? ご存知の方いらっしゃいましたらご返答をよろしくお願いいたします。

  • 「酸素酸」の意味を教えてください

    「酸素酸」ってどういう意味なんでしょうか。 また、例えばどんなものがあるんでしょうか。 いろいろ調べたんですが載ってなくて・・・

  • 溶媒の酸塩基

    溶液化学に関する本を読んでいるのですが、その中に次のような文章がありました。 「溶媒の酸性が強いほど、そのような溶媒中ではより弱い塩基でも酸により滴定できる。また、溶媒の塩基性が強いほど、この溶媒中ではより弱い酸でも塩基により滴定できる。すなわち、酸性溶媒中では塩基は強くなり、塩基性溶媒中では酸は強くなると通常いわれていることである。」 長くなってしまいましたが、この文章の意味があまりよく分からないのです。なぜ酸性溶媒中では塩基は強くなり、塩基性溶媒中では酸は強くなるのでしょうか。 溶液化学に関しては素人なので、もしよろしければどなたかお答え願えないでしょうか。 よろしくお願いします。

  • 酸性度?

    酸を添加剤として使う反応で、酢酸、トシル酸は同じ生成物、カンファースルホン酸は違う生成物となる文献があるのですが、その違いは酸性度(酸解離定数)の差があるのではと考えています。いろいろ調べてみましたが、数値が出ている本が見当たりません。何か参考になるデータを教えていただけませんでしょうか?

  • 酸素を水に溶かしたら

    H2Oは中性 酸性(塩酸 HCl)を加えると Hイオンが増えて 酸性に。 アルカリ性(水酸化ナトリウム NaOH)を加えると OHイオンが増えて アルカリ性に。 二酸化炭素(CO2)を加えると 水の酸素を奪って炭酸ナトリウムイオン(CO3イオン)になって つまり Hイオンが OHイオンより増えるから 酸性に。 では酸素は 水に溶けると どうなるのでしょう? 理科で光合成を行ったオオカナダモが入った水は (酸素が増える) BTB溶液により青色になりました(アルカリ性) OHイオンが増えるでいいのですか?

  • 酸とは

    こんにちは。水素イオン濃度が高いほど酸性なのはわかるのですが、この水素イオンがなぜ酸と呼ばれる性質を表すのかがいまいちつかめません。表面積が小さいこと、プロトンがむきだしになっていることなどに関係はあるのでしょうか? 下手な文章で申し訳ないですが、酸について(もしくは塩基について)なにか教えていただきたいです。よろしくお願いします。

  • 硫酸酸性

    ニクロム酸カリウムや過マンガンさんカリウムはなぜ、酸性で無ければいけないのでしょうか?(塩酸や硝酸でなく、硫酸を使って酸性にさせる理由はわかります)

  • 酸性雨について

    子供が酸性雨について夏休みの自由研究に取り組んでいるのですが お酢の成分と同じということで卵をお酢につけたら4~5日で卵がぶよぶよになる実験をインターネットで調べてやってます 酸は物を溶かし害を及ぼすとの説明ですが そこで矛盾するのが、お酢は体に良いと健康食品から料理まで使われておりますが 子供にはこの実験の場合、どう説明したらよいのでしょうか どうかご存知の方、宜しくお願いいたします。