• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

マンション標準管理規約のこと

マンション標準管理規約に付随するコメントの第25条に、「管理費等の負担割合を定めるにあたっては、使用頻度は勘案しない。」とありますが、この「使用頻度」とは何に使用頻度でしょうか?私は共用部分の使用頻度(たとえばエレベータの利用頻度等)と思っていましたが、そうではなくて居室を空き室にしていて使用していない場合と居住している場合のことである、との意見を聞きました。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数112
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3

No.2 merciusakoです。 お礼ありがとうございました。 >あくまでも「使用頻度等」とは専有部分を利用しているかどうかではなく、共有部分の使用について述べている、と考えてよろしいでしょうか? その通りです。 「共用部分とされているものの使用」についてですね。 「管理費等」は共用部分の維持管理のためのものだからです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

その他の回答 (2)

  • 回答No.2

「管理費等の負担割合」とは、共用部分の維持管理にかかる費用を、区分所有者がどのような割合で負担するかということです。 ここで言う「共用部分」とは、マンション全体の建物、敷地、設備などで、「専有部分以外のものすべて」ということになります。 従って「使用頻度」とは「共用部分の使用頻度」のことですね。 共用部分は、そのマンションの区分所有者全員のものです。 従って、共用部分は、区分所有者全員で維持管理しなければなりません。 ここで、共用部分の維持管理にかかる費用をそれぞれの区分所有者が負担することになりますが、「何を基準として負担割合を決めるのか」という問題が出てきます。 区分所有法では、「管理規約に特別の定めがなければ、各住戸の持分によって負担する」とされています。 つまり、「各住戸の広さに応じて」ということですね。 「管理規約に定めがなければ、それぞれの広さに応じて負担しなさい」ということです 逆に言うと、管理規約で「すべての住戸平等で同額とする」という規定があっても良いですし、もちろん「共用部分の使用頻度を勘案して決定する」という規定であっても良いのです。 マンション毎に、管理組合の総意として「広さに応じてではイヤだ」というのであれば、独自に負担割合を設定して良いことになります。 マンション標準管理規約は、国土交通省で策定したものですが、「必ずこの通りにしなければならない」というものではありません。 あくまでも、国土交通省の考えに則した、管理規約のひな形です。 まあ、「これに従っていれば、区分所有法を始めとする関係法規にも抵触しませんよ」というものですから、法に反しない限りマンション独自の管理規約を策定することは可能です。 ちなみに、「居室を空き室にしていて使用していない場合と居住している場合のことである」というのも、結局は共用部分を使用するかどうかの問題になります。 空き室にしている場合は、誰も共用部分は利用しない。 空き室でなければ、誰かが居住していて共用部分は利用する。 このように考えれば、共用部分を利用するかしないかですから、確かに「使用頻度の問題」ということになりますね。 どのような場合でも、「共用部分の使用」の問題で、管理費の負担割合に関係するのであれば、独自に管理規約に定めれば済みます。 国土交通省が、「共用部分の使用頻度は勘案しない」と考えているだけですから。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

丁寧なご説明ありがとうございます。あくまでも「使用頻度等」とは専有部分を利用しているかどうかではなく、共有部分の使用について述べている、と考えてよろしいでしょうか?

  • 回答No.1
  • lv4u
  • ベストアンサー率27% (1862/6716)

たぶん、エレベータとか階段ではなく、ゲストルームとか広場の庭園とか噴水、スポーツ施設など、マンション付属の「ちょっと豪華な設備」を特に意識した規約ではないでしょうか? 「私らは、そんな施設なんて1度も使ったことないので負担額を減らしてよ!」なんて主張されるのを防ぐための文面ではないでしょうか? まあ、1階の住人が「エレベータ使わないから、費用負担したくない」というのを防ぐ意味もあるとは思いますけどね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。「ちょっと豪華な設備」だけでしょうか?豪華か豪華でないかの区分は難しく、運用で問題が出ないのでしょうか?

関連するQ&A

  • 未納者の訴訟に関する標準管理規約を教えて下さい

    区分所有法の改正に合わせる為、当マンションの管理規約を改定しようと思って標準管理規約を読んでみたのですが、管理費等の未納者を裁判所に訴え出る手続きの部分が分からないので、教えて下さい。 訴えるためには、標準管理規約第47条では総会で議決権の4分の3以上の賛成を必要とする、と書いてあるのですが、一方、同第60条には理事会の決議があれば訴訟を起こせる、と書いてあります。 これは読み方が間違っているのだと思うのですが、考えても分かりませんでしたので、正しくはこうだ、と教えて頂けませんでしょうか。

  • 標準管理規約第27条と28条の表現

    標準管理規約第27条(管理費)では、 「管理費は次の各号に於いて、通常の管理に要する経費に充当することができる。」とありますが、 第28条(修繕積立金)では、 「(前略)積み立てた修繕積立金は、次の各号に掲げる特別の管理に要する経費に充当する場合に限って取り崩すことができる。」とあります。 「充当することができる。」と「取り崩すことができる。」はどちらもお金を使うことに変わりはないと思うのですが、なぜこのように表現が違うのか、異なる表現で、何を伝えようとしているのでしょうか。ご承知の方、教えてください。

  • 管理規約と区分所有法、どちらが優先するか?

    区分所有法の第17条(共用部分の変更)は平成14年に 「共用部分の変更(改良を目的とし、かつ、著しく多額の費用を要しないものを除く)は、区分所有者及び議決権の各3/4以上の多数による集会の決議で決する。 →→ 「共用部分の変更(その形状又は効用の著しい変更を伴わないものは除く)は、区分所有者及び議決権の各3/4以上の多数による集会の決議で決する。」 に変更されていますが私の住むマンションでは管理規約の条文では「敷地及び共用部分の変更(改良を目的とし、かつ、著しく多額の費用を要しないものを除く)のままになっています。 早い機会に改定する必要があると思いますが、それまでにこの条文に該当する共用部分の変更が生じた場合、管理規約と区分所有法、どちらが優先するのでしょうか? マンション固有の「管理規約が優先」と言う方もいれば、「区分所有法」は強行規定であり、こちらが優先と言う方がいます。どのように判断すればよいのでしょうか?よろしくお願いします。

  • マンション標準管理規約の別表第1と2の関係

    標準管理規約(単棟型)の別表第1と2の関係について、下記の認識に間違いがあればご指摘をお願いします。 (ア)別表第1は、この規約の「対象物件」を網羅したものである。これ以外に「対象物件」となるものはない。 (イ)別表第1の「建物」の項には「建物の附属物」及び「附属の建物」と称されるもの全てを含んでいる。 (ウ)別表第2は、別表第1の「建物」の項について、「共用部分」と称されているものを全て抽出したものであり、抽出した残余のものは全て「専有部分」と称されているものである。 (エ)別表第1の「建物」の項には、前項(ウ)の「共用部分」と「専有部分」以外の部分はない。 (オ)別表第1の「建物」以外の項(「敷地」と「附属施設」の項)には「共用部分」又は「専有部分」と称される部分はない。 (カ)別表第1に記載の「対象物件」から「専有部分」を除いた残余のもの(敷地、共用部分、附属施設)は全て組合員の共有の財産である。 (キ)念のための確認ですが、外灯、案内看板、植栽、駐車場(敷地に白線)などは建物の外側に存在するものであり「建物の附属物」と称されている部分には該当しない。

  • マンション管理規約

    一階が店舗二階から10階までが分譲マンションです。一階の店舗は公団の所有です。公団の作成した規約では、エレベーターは住宅部分の共用部分と定めています。私はこの管理規約を改定したいのです。公団の主張は、一階の所有者はエレベーターを使わないから、その分管理費の割合を四分の一しか納めておりません。マンション規約の書籍や判例等を調べたら、いずれも、エレベーターは本体の付属構造物で使用頻度で差を付けることはできないと、東京高裁で控訴棄却されて確定しています。区分所有法の解説書にもその様に記述されております。そこで一階が店舗二階以上が住宅にお住まいの方、教えて下さい。管理費はどうなっておりますか?占有面積に応じ同額ですか?

  • 区分所有法57条2項と標準管理規約67条3項について教えて下さい

    区分所有法57条2項と標準管理規約67条3項について教えて下さい 区分所有法57条2項では『前項の規定に基づき訴訟を提起するには、集会の決議によらなければならない。』となっていますが、標準管理規約67条3項では『 区分所有者等がこの規約若しくは使用細則等に違反したとき、又は区分所有者等若しくは区分所有者等以外の第三者が敷地及び共用部分等において不法行為を行ったときは、理事長は、理事会の決議を経て、次の措置を講ずることができる。    一  行為の差止め、排除又は原状回復のための必要な措置の請求に関し、管理組合を代表して、訴訟その他法的措置を追行すること』とありますが、集会の決議が必要なのか?不要なのか?どう解釈すれば宜しいでしょうか?    

  • マンション管理 公団型管理規約51条3項の細則

    築30年超の公団分譲マンション(自主管理)に住んでいるものです。 管理規約の見直しをしていますが、その中で  (組合費等の納入) 第51条 組合費等は - - -  3 組合費等の納入方法については、別に細則で定める。 とあるのですが、この細則が見当たりません。 細則が見当たらなくても日常の管理業務に何らの支障も出ておりませんが、やはり細則を明確にしておきたいと考えております。 そこで、小生と同様の築30年前後の公団の分譲マンションにお住いの方やマンション管理に詳しい方で、公団型マンション管理規約の細則をお持ちの方があれば見せていただきたいです。 マンション管理規約で検索すると国土交通省のマンション標準管理規約ばかりヒットし、公団型管理規約の情報はほとんどヒットしません。標準管理規約によると  (管理費等) 第25条 団地建物所有者は - - -  (使用料) 第32条 駐車場使用料は - - - および  (管理費等の徴収) 第62条 管理組合は - - - - には「細則で定める」の文言が見当たらないのですが(「別に定める」の文言はいくつか出てきますが)、管理費の額や納入方法はどこでどのように規定するのでしょうか? マンション管理に詳しい方、よろしくお願いします。

  • マンションの管理規約の専有部分等の範囲の解釈について

    マンションの管理規約の専有部分等の範囲の解釈について 我がマンションの管理規約です。住戸内の給排水管の横引き管は共用部分と考えるのですが、管理会社は専有部分と言っています。説明も理解できません。 どのように解釈していいのでしょうか 宜しくお願いします。 管理規約: (専有部分の範囲)  対象物件のうち区分所有権の対象となる専有部分は、住戸番号を付した  住戸(以下「住戸部分」という。)とする。 2 前項の住戸部分を他から区分する構造物の帰属については、次のとおりとする。 (1)天丼、床、柱および壁については、躯体部分を除く部分を専有部分とする。 (2)天丼裏、床下及びパイプスペースは専有部分に含まれない。  (3)玄関扉は、錠および内部塗装部分を専有部分とする。  (4)窓枠および窓ガラスは、専有部分に含まれない。 3.専有部分の専用に供される設備のうち共用部分内にある部分以外のもの は、専有部分とする。 (共用部分等の範囲)  対象物件のうち共用部分等の範囲は、別表第2に掲げるとおりとする。 別表第2 共用部分の範囲 1.ピロティ、玄関ホール、廊下、階段、エレベーターホール、エレベーター機械室、 電気室、受水槽、ポンプ室、高架水槽、内外壁、界壁、床スラブ、基礎部分、パイ プスペース、屋上、塔屋、MDF室、バルコニー等専有部分に属さない「建物の部分」 2 エレベーター設備、電気設備、給排水衛生設備、ガス配管設備、避雷針設備、消 防設備、配線配管等専有部分に属さない「建物の付属物」 3. 管理事務所、集会所およびそれらの付属物

  • 弁護士がマンション標準管理規約を法律だと言う

    マンション管理会社の顧問弁護士が「マンション標準管理規約は法律である」と投稿していた。 司法界で集合住宅の建物・付帯設備(ライフライン)等の図面を読めない弁護士・判事が多い。 防犯カメラについて、個人情報保護法の最終決定者であった大御所の3人は、どの様な装置か全く知らないで、個人情報保護法の施行を決定した。後日、パナソニックの防犯カメラ事業部のデモに参画し、 同席者達から資質を疑われた。犯罪企図者を見抜く・識別する装置だと捉えていたそうだ。 単なる撮影装置である事を知らなかったし、操作の経験もなかった。 弁護士でインターネット環境を備えていて、自分で操作ができれば、マンション標準管理規約が法律では無く、参考と言う事を国交省は告示しているページを探すことができるでしょう。 しかし、一般法人(会社)では、社内規定に参考とするようなあいまいな状態の規定を社内に広報しません。 国交省は、マンション標準管理規約(三つのタイプ別)の表題の下に、赤色文字で大きなフォントで法律ではないと明示・警告をすべきです。 このマンション標準管理規約は、文言の羅列であって、分譲集合住宅の管理目的に対しては、管理標準に言及でず、絵に描いた実態には適合しない内容である。 更に、各住戸の玄関扉(鉄扉)の帰属区分については、内側の塗装と施錠装置が専有部の所有者であって、鉄扉は共用部だと、関連標準類に図示している。 鉄扉は外建具であって、躯体の様に耐力を備えた主要構造物ではなく、機能は、防犯・火災延焼防止・換気ですし、使用実態も専有部の居住者です。従って、専有部の付帯建具ですから、保全・修理費用は専有部の所有者が負担すべきです。 市販の分譲集合住宅では、玄関扉の仕様は全住戸とも同一だが、開放廊下側の塗色は個々人の選択に任せて販売するデベロッパーもある。 一方、広報宣伝等の広告を貼ることを禁止する居住用分譲集合住宅もある。 居住用ですから学習塾とかピアノ教室などの事業経営は当然禁止です。 弁護士にもレベル・費用がまちまちです。 用心しましょう。

  • マンション標準管理規約が法律ですか?

    マンション管理士が「マンション標準管理規約」を法律だと説明しました。 所轄の国交省は、「マンション標準管理規約」は、参考=法律ではないと告示している。 「マンション標準管理規約」の冒頭に大きなフォントで参考=法律ではないと何故告示しないのか? 何故、「管理規約の改正について」と全く別事項・離反した別掲示に説明するのか。 詐欺行為・1級建築士の偽装と同一行為です。 国交省は、こう言う不適格な告示・広報状態を作為・意図的に繰り返している。 だから、閲覧・広報を見た者=国民=善意=無知なる区分所有者が、錯誤sる。  例えば、窓・サッシが共用部であると関連する工事に小さい文字で参考として告示するから、 国民=区分所有者は錯誤し、窓・サッシ・各住戸の玄関扉は外建具だから個人=区分所有者の帰属物だと正論をOK WaveにUPしますと、バッシングが返って来る始末です。 窓・サッシ・各住戸の玄関扉の修理・更新の費用負担は勿論区分所有者が負担すべきなのです。 善意=無知=知らない区分所有者は、国交省の巧妙な手口・文字の羅列=詭弁に洗脳されてしまうのです。 文字の羅列を企図した国交省=等々の住宅局=担当者は図示化・=思考の外化をせよ 。国民を混乱させるな。愚弄するな。 同じ国交省内で、耐力を備えた主要構造物の定義が建築基準法施行令に規定しているのに、住宅局は、この規定を知らない担当局長が、諮問機関と称して、法律ではない「マンション標準管理規約」の改訂版を策定しているが、この諮問機関のメンバーの大部分が、図面・現物の構築物を読めない人=頭数を集めただけ=それが国家に具申とは?=この形態を50年も継続する? 国交省=旧建設省=国家資格のマンション管理士は不要であり、マンション管理士1.5万人は偽証・偽装であって、構造物の機能・構造・応力・数学・物理に疎い市民ですし、僅少ですから、国家資格を今のうちに抹消し・・・(再出発の機会=再試験)を与える必要があります。 が、分譲集合住宅のお住まいの区分所有者は、「区分所有法」と民法「第207?条208条?:現在は削除」を再読・洞察してください・ ここに提示した内容が波紋・広がりますと、例えば、唯一、国内で自給自足が可能なセメントを使用したコンクリートと鉄筋を使った「鉄筋コンクリート製」の分譲集合住宅は100年以上の耐力を備えておりますから、保全修理の維持方法をご存知の組合員・嘘をつけない技術屋の意向をお聞きください。 管理費5千円/月、保全修理日(修繕積立金)は1万円:月額1.5万円で賄えるのです。 (防犯カメラの製造会社・販売会社・損害保険会社等と談合・連座するマンション管理士・マンション管理会社とは取引を止めるべく、対応策を)区分所有者は、他者=外部に依存せず、自力で考えるべきです。 警告:理事長=理事長印とマンション管理会社(担当者)=預金通帳を取引銀行にて払い出し行為がまかり通る状態が的確なのか? 恐ろしい状態にありますよ。 銀行も各行・出先の長(支店長)の個々人の判断委ねられていて、組合員が供出するお金が 容易に払い出しができる現実を知っていますか?