• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

拾遺愚草、古今和歌集

  • 質問No.8290841
  • 閲覧数359
  • ありがとう数1
  • 回答数1

お礼率 32% (40/124)

古今和歌集298の
「龍田ひめ たむくる神のあればこそ 秋のこのはのぬさとちるらめ」
の派生歌、拾遺愚草1807を探しています。
この歌が載っている本は何がありますでしょうか?
また新編国歌大観には載っていますか?
よろしくお願いいたします。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
  • ベストアンサー

ベストアンサー率 53% (737/1372)

「拾遺愚草中」での
「院五十首 建仁元年春 春日応 太上皇 製和歌五十首」における
「秋十首」の9番=10254番(=通番1707)は次の通りです。
ご希望の「拾遺愚草1807」は「通番1707」の勘違いと思われます。

山姫のぬさの追風吹き重ね千尋の海に秋のもみぢ葉

参照:木村正辭, 井上頼圀 監修[他]「國歌大觀. 續 歌集部」267頁(コマ番号139)
http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1085954
関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ページ先頭へ