解決済み

古今和歌集の歌の意味が知りたいのです。

  • すぐに回答を!
  • 質問No.60470
  • 閲覧数163
  • ありがとう数4
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0

お礼率 89% (35/39)

古今和歌集11巻 548 
秋の田の ほのうえをてらす いなづまの 光のまにも 我やわするる 
(読み人しらず)    

の歌の意味を教えていただけませんでしょうか?
宜しくお願いいたします。
通報する
  • 回答数1
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
レベル14

ベストアンサー率 49% (1127/2292)

「秋の田の稲穂を照らし出すいなびかりの光はほんの一瞬の間のものですが、その一瞬の短い間もわたくしがあの人への恋の思いを忘れましょうか」
(新古典文学大系版の校注による)

「我やわするる」は疑問の形をとった反語で、
「いえ、決して忘れるはずなどないでしょう?」
の意味がこめられています。
お礼コメント
frederique

お礼率 89% (35/39)

 sesameさま、さっそくのご回答、本当にどうもありがとうございました。
ぜんぜん意味が取れなくて困っていたので本当に助かりました!(え?忘れちゃうの?、と解釈していたりして・・・。恥ずかしい・・・)
今後とも宜しくお願いいたします。
投稿日時 - 2001-04-06 17:32:45
このQ&Aのテーマ
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-

特集


開業・独立という夢を持つ人へ向けた情報満載!

ピックアップ

ページ先頭へ