• ベストアンサー
  • 困ってます

英語ベーシック教本の誘導副詞

恥ずかしながら、中学英語すらこれほんとに中学の時やった?と思うくらいのレベルなのですが、英語ベーシック教本を読み始めました。 ナルホドと思いながら読んでますが、「誘導副詞のthere」(p.36)というのがうまく理解できません。 例文では、There were many apples there.という文が使われていて、以下の説明がありました。 --- 文頭のThereは「誘導の副詞」と呼ばれる特別な副詞で、主語(apples)の前に動詞(were)を誘導する働きをしています。したがって、誘導副詞のthereを使うと後ろがV+Sという語順(S+Vが普通の語順なので、V+Sは倒置形と呼ばれます)になります。 --- これは「普通はS+Vという文章だが、文頭にThereをつければV+Sという形にしても同じ意味にできるよ」という意味でしょうか? どういうときに使うのか良く分からず・・・。 よろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数734
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2
  • Him-hymn
  • ベストアンサー率66% (3490/5258)

There is/are + 名詞 + 副詞句  の文で大事なのは、誘導副詞ではなく、「名詞」なのです。誘導副詞とか、文法用語を覚えても基本がわからないといけません。 The car is here. His car is here. A car is here. → これはダメ。 There is the car here. → これはダメ。 There is his car here. → これもダメ。 There is a car here. この6つの文の違いは冠詞や所有格代名詞です。 The car is here. のように、theがつくと、お互いに了解している、その車という意味です。その車がどこにあるのかーーここにあるーーという意味です。 このように、了解事項(旧情報と言います)を言い、そして相手に伝える内容を後で言います。 His car is here. も彼の車というのは旧情報です。 しかし、A car is here. というと、どの車?ーー了解していないものがここにあると言われてもーーそれってどういうこと?となります。 つまり、新情報が先にきてしまっているのです。 There is/areは次に新情報の名詞がくるということを意味する言い回しです。 ですから、theや所有格や固有名詞を持ってこれないのです。 ここが大事です。 もちろん、形は倒置ですが。 A car is there. ではまずいので、それが倒置されてThere is a car.になり、さらに場所の情報をしっかり言うようになり、 There is a car there. のように言うことになったと考えてよいだろうと思います。 以上、ご参考になればと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

なるほど、例を出して頂いて理解できました。 ありがとうございました。

その他の回答 (1)

  • 回答No.1
noname#205789
noname#205789

>これは「普通はS+Vという文章だが、 文頭にThereをつければV+Sという形にしても同じ意味にできるよ」という意味でしょうか? 少し違う理解をしている気がします。 「普通の英文は、S+Vと言う語順です。」これが前提。 There is/was/were/その他 は、決まりきった形なので、 There is で、~がある(存在する)、と言う意味で、この語順しかありません。 これを文法的に説明すると、例外的説明(V+Sの件)が必要となり、 お持ちの参考書の解説になります。 There is構文は、そう言う語順、と覚えておけば良いです。 高校レベルになると、多少の応用編が出て来ます。 お持ちの本に、倒置の章があれば、先にちらっと読んでみると、 There isの解説の意味が分かりやすいかと思います。 要は、この構文では、そうなる、と言う事が言いたいようでです(たぶんどの参考書も)。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

> There is構文は、そう言う語順、と覚えておけば良いです。 なるほど、そう思っても良いかもですね

関連するQ&A

  • 英語ベーシック教本の問題について質問があるのですが…

    現在、英語ベーシック教本/薬袋善郎で英語を勉強しています。 まだまだ未熟なもので、最初の部分で分からない所が出て来ました。 とても初歩的なのですが、よければお答え頂けると嬉しいです。 英語ベーシック教本 p37 品詞分解し、どのように掛かるか(修飾等)答える問題です 品詞分解は合っているのですが、 どうも掛かり方の部分で少し混乱してしまいます… 1 That town was cultturaly burren.   あの町は文化的に不毛だった。   品詞分解すると   a(that) S(town) V(was) ad(cultturaly) aC(burren).   掛かり方は   That town was cultturaly burren.   └──↑    └────↑   でも自分は   That town was cultturaly burren.   └──↑ ↑──┘   だと思っていたのですが、答えをみて納得しました。   ですが、ふと疑問に思った事がありまして、   S V ad aC.という語順で   adが直後のaを無視してVに掛かる事はあるのでしょうか?   いらない事は気にしない方が良いのでしょうが、   ちょっと知っておきたいな…と思いまして; 4 There is an iceberg dead ahead.   真っ直ぐ前方に氷山がある。   品詞分解すると   誘導ad(There) V(is) an S(iceberg) ad(dead) ad(ahead).   掛かり方は   There is an iceberg dead ahead      ↑       └─↑│      └────────┘   訳し方等見て、何となくは分かったのですが、   There is an iceberg dead ahead      ↑──────┴──┘   これではどうして駄目なのでしょうか?   真っ直ぐある.前方にある.で間違ってはいない様に思えるのですが…   ちょっと(かなり)見にくいかもしれませんが、   よければお答え下さい。

  • 副詞について。thereは副詞?

    お願いします。 go to the city go there thereは副詞句だから前置詞がいらないということだと 思います。 ただ、英語の副詞の定義を見ると『動詞、形容詞、副詞を修飾するほか、文頭や文末、或いは挿入構文として文中に置くこと で文自体を条件付ける文修飾』 thereはgoを修飾しているようには見えないのですがやはり 修飾しているということになるのでしょうか? 副詞について専門的な解説をいただけたら幸いです

  • 文末焦点の法則と倒置について

     こんばんは。 新情報や最重要な情報は文末に置いて、聴き手や読み手の期待感を高める「文末焦点」の法則がありますが、「倒置」の働きや「日本語と違って、英語は言いたいことを先に言う」などということと矛盾しているのじゃないかなと思います。  倒置は、語順を入れ替えて文頭に否定語や副詞句を持っていき、それらを強調するものだと私は思っています。(あってるかわかりませんが)  結局のところ、それらについてどれが正しいのかわかりません。よろしくお願いします。

  • 倒置の形、どんな語順になる?

    先日も同じような質問をしたのですが、分からなかったところがあったので、再度質問させてください。 1、「場所・方向・時をあらわす副詞句+自動詞+主語」の形の倒置についてなんですが、たとえばこの形の倒置文として There goes the bus. という文があったのですが、この群動詞の自動詞go onやbe going to goになったら、どんな語順になるのでしょうか? ちなみに、この形の倒置文は助動詞がつくと There Mike can go. のように「副詞句+主語+助動詞」の順になって倒置しないそうです。 また、 2、「補語+動詞+主語」の形の倒置文について、この形の倒置文として Such was her fear of flying that she canceled her trip to Hawaii. (彼女は飛行機を大変恐れたのでハワイへの旅行をキャンセルした) という文があったのですが、このwasに助動詞がついて、例えばwill beになるとどんな語順になるのでしょうか? また、wasが他の自動詞の群動詞になると、どんな語順になるのでしょうか? 長くてすみませんが、以上についてどなたか教えてください。

  • 副詞pleaseについて教えてください

    こんばんわ。 英語に副詞pleaseについて質問です。 文頭につくのと文末につくのでは意味が異なると思うのですが、文頭についた場合は、「~してください」、文末についた場合は、「お願いします」という訳のつけ方が最も一般的で正しいですか? 英語にお詳しい方、回答よろしくお願いします。

  • 否定の副詞が節の文頭にきたとき

    Looking back, it seems most odd that never once in all the years that I was at school was there any general discussion about careers. この文はnever once により否定の副詞が文頭にあるので倒置されてあると思うのですが、別に文頭にあるわけではなくてthat 節の初めにあるだけですよね。このようなパターンは初めて見たのですが、英語の文章では普通にあることなのでしょうか。 それと、that I was at schoolはthe years を修飾する関係副詞だと教わったのですが、whenやwhereのように修飾する語がある程度決まっているのに比べて、thatは何の特徴もないと思うのですが、どのようにすれば気づくことができるのでしょうか。よろしくお願いします。

  • 英語の主語や目的語を示すための語順の仕組みについて。

    英語の主語や目的語を示すための語順の仕組みについて。 英語の語順の仕組みについて教えてください。私は以前、英語には日本語のように助詞がないのにどうして主語や目的語がわかるようになっているのかという質問をしてみなさまに答えていただきました。その際、英語には助詞がないたも語順というものがあり、語順で主語や目的語を表すと教えていただきました。そしてより詳しく、?英語には助詞が存在しないためどれが主語で目的語が混乱しないためにSVOCという完全な順番があるのです。そうしれば、最初に出てくる名詞は絶対に主語、2番目に出てくる名詞は目的語と判別できるわけです。?と教えていただきました。 この説明を聞いて、とっさになぜだかはわかりませんが、例えば名詞?名詞?動詞と並んだとき(倒置などの?例外を除く)はどう判別するんだろう、と思ってしまいました。(実際に見たことはありませんが‥) このように考えてしまい、その意味を理解することができず、混乱しています。そこでこのことを聞いて、私のどこが混乱のもとになっているのか、なぜ私がわからないのか、何か気づくことがありましたらご指摘ください。教えてください。 また、もしかしたら主語や目的語や名詞という言葉が混乱のもとになっているのかもしれないと自分で思ったりします。違うかもしれませんが‥もう何が一体だめなのかも自分でわからない、気づけない状態です。なので、みなさまのお力を貸してください。まわりのいろんな人に聞いたり、ここで質問させていただいたり、英語の勉強を続けていればいつか理解できるようになるかなと半年ほど様子をみていましたがやはりわからないので苦しくて、再度質問させていただきました。何度もここでみなさまにお世話になっているので、同じような質問を何度もしてしまい本当にすみません。申し訳なく思っています。ですが、私は真剣に理解したいと思っていますので、どなたかアドバイスをください。お願いします。

  • 場所を表す副詞の倒置構文と英語らしさについて

    大学の授業で、 1.Below the lithosphere lies the asthenosphere. 2.Below the lithosphere, the asthenosphere lies. の2つの文の違いについて学びました。 ネイティブからすると1の方が圧倒的に読みやすく、2の文はしばしば受験英語と呼ばれます。 もちろん、場所副詞が文頭に来たら、基本的に倒置文が好まれることは分かっています。 純粋な疑問なのですが、2の文の何を、ネイティブは嫌うのでしょうか?実際にネイティブに聞いてみると、口では説明しにくいらしく、コンマがどうのこうの、とか難しげな英語で言ってましたが、結局、unexplainableだそうです。 ネイティブの感覚が分かる方のご回答をお待ちしています!

  • 倒置について教えてください

    こんにちは。倒置についてなんですが、 happy became sheというような文を倒置でつくることができますよね? これは倒置の「補語+動詞+主語」の形に従って考えたんですが、 これが(元の文が)She became unhappy.だったら、unhappyを前に出すと、上の形のように unhappy became sheになるんでしょうか?それとも、「un」という否定の語がついているから、疑問文の語順にして unhappy did she became.になるんでしょうか? それから、 The man went nowhere.のnowhereを文頭に出して倒置すると、場所をあらわす副詞がついていて、しかもgoは自動詞だから「場所を表す副詞+自動詞+主語」の順にして nowhere went the man. になるんでしょうか?それとも、「no」という否定語がついているから nowhere did the man go. にするんでしょうか? すみませんが以上について教えてください。

  • 英語が得意な人、教えてください!(><)難しいです、関係副詞の問題が!

    ↓の関係副詞howを使った英文を、2つの英文に分けると、それぞれどのような文になりますか? 【訳】(英語と日本語では、主語の表現のされ方に言語的な違いがある。) There is linguistic difference in how subjects can be expressed in English and Japanese.