• ベストアンサー
  • 困ってます

各局のニュースは、いつからかけあい漫才風になった?

  • 質問No.8106078
  • 閲覧数139
  • ありがとう数4
  • 気になる数0
  • 回答数4
  • コメント数0

お礼率 97% (570/584)

いつも朝は主にNHK、夕方はフジテレビのニュースを視聴しています。

気が付くと、ワイドショー風のコンテンツだけでなく、通常のニュースも男性と女性のキャスターが二人一組(もしくはそれ以上?)でかけあい漫才のようにニュースを読んでいます。(一方が読んだニュースに、もう一方がコメントをつけるなど)

以前はニュースといえば、北朝鮮のように(?)単独で(絶叫調ではいにしろ)おごそかに読んでいたような気がします。
(今でも、5分とか10分間の短いニュースは、単独でシンプルに読んでいますが)

この流れはいつからできたのでしょうか?どうしてでしょうか?

かけあい漫才風のほうが、一人でニュースを視聴している人の心がなごむのを狙っているのかなと、考えているのですが、いかがでしょうか?

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
  • ベストアンサー

ベストアンサー率 49% (730/1472)

私が知る限り、1985年にテレ朝で久米宏さんと小宮悦子さんがニュースステーションをやりはじめてからじゃないでしょうか?
現在の報道ステーションの全身ですね。

それ以前はニュース番組は固いイメージのニュース番組然とした番組ばかりだった印象があります。

相方がコメントを入れたり質問したりする会話形式にする事により、難しい話に疎い人にもニュースの間口を広げたと言う功績はあるのではないでしょうか?
お礼コメント
rihorinko

お礼率 97% (570/584)

さっそくのご回答ありがとうございました。

>>難しい話に疎い人にもニュースの間口を広げたと言う功績
そうですね。相手の方がそのニュースに疑問をなげかけたりして(視聴者の代弁)、さらにわかりやすく噛み砕いていると思います。
投稿日時:2013/05/26 20:19

その他の回答 (全3件)

  • 回答No.4

ベストアンサー率 16% (819/5105)

ニュースステーションからじゃない?
お礼コメント
rihorinko

お礼率 97% (570/584)

ご回答ありがとうございました。

みなさん「ニュースステーション」をあげられますね。

わたしは見たことがないのでわかりませんでした。

勉強になりました。
投稿日時:2013/05/26 20:27
  • 回答No.3

ベストアンサー率 28% (41/144)

視聴率を取るためです。
アナウンサーがおごそかにニュースを読んでいた時は視聴率があまり取れず、視聴率アップの手段として掛け合いにするようになりました。

大地震や飛行機事故のようなニュースなら、ただ事実を伝えるだけでよいですが、例えば政治のニュースをアナウンサーがおごそかに読んでも、見ている人は全然面白くないでしょう。

アナウンサーが「北朝鮮がミサイル発射準備をした」とおごそかに読んでも緊迫感は伝わりませんが、もう一方が「怖いですね」などと言えば、視聴者も同じ気持ちを抱きます。

みのもんたが司会を務める朝のワイドショーなんか、各社の新聞の朝刊をボードに貼り付けて、それに対して評論家に好き勝手言わせています。
これなんかテレビ局が自ら取材をしなくてよいので、安上がりに視聴率を取ることができます。
お礼コメント
rihorinko

お礼率 97% (570/584)

ご回答ありがとうございました。

ただ単調にニュースを読むより、バラエティ風で楽しいですよね。よくわかりました。
投稿日時:2013/05/26 20:25
  • 回答No.2

ベストアンサー率 41% (4357/10491)

>各局のニュースは、いつからかけあい漫才風になった?

     ↓
何時からの顕著な変化なのか、しかとは分かりませんが・・・

<私見>

◇報道ステーションのころからだと思います。
従来の報道番組になかった娯楽番組的要素を採り入れたことから「報道バラエティー」とも評された。
久米宏と女性アナ(小宮悦子他)のメインとサブのキャスター、男性と女性の組み合わせで変化やニュース内容に沿った役割分担をしていたように思います。

◇その後、類似番組も多く出現し、各局の英知を絞っての演出や女子アナのタレント化も相俟って、その掛け合い風な構成、ネタ(政治や下ネタや凶悪犯罪とか暮らしや芸能他)による紹介と分担が行われ、さらにスポーツやお天気と言った風に、より細かくセグメントされスポーツキャスターやお天気おねえさん等の専門家や新たな人気者を生み出した。

◇掛け合い漫才的なニュースの切り方は、ボケとツッコミ、硬派と軟派、男目線と女目線、井戸端会議風の親しみやすさや参加しているような臨場感を醸し出し、バラエティ化された内容も多く、かってのニュース≒報道は、どれも同じだとかニュースはNHK(CMなしで)と言う風潮を崩す契機となったのでは・・・
お礼コメント
rihorinko

お礼率 97% (570/584)

ご回答ありがとうございました。

「報道ステーション」は番組名は知っていましたが、21時以降にニュースを見ることがないので、変化にきづきませんでした。
投稿日時:2013/05/26 20:24
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ