• ベストアンサー
  • 困ってます

ロッドのガイドと飛距離の関係

ロッドのガイドの大きさですが、エギングロッドは小さめなことが多いですよね。 これはPE前提の釣りで、ガイドを大きくしすぎるとキャスト時にラインが広がったままになりガイドに絡みやすいからだと理解しています。ラインの広がりを押さえ込もうとする分、通過時の抵抗が増えて飛距離的には不利になるのかなと思っています。 一方でシーバスロッドでも昨今はほぼPEの釣りになっていますが、最新ロッドでもエギングロッドほどガイドは小さくありません。これはライントラブルを若干許容しつつ、飛距離を優先しているからなのでしょうか? とすると飛距離の必要のないボートシーバス等ではガイドが小さい方がトラブルなく快適に使えるのでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数5797
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2
  • saltmax
  • ベストアンサー率39% (2985/7534)

その辺の話は富士工業のHPに解説があるので 読んでみてください。 http://www.fujitackle.com/index.html http://www.fujitackle.com/ngc/ngc3.html http://www.fujitackle.com/catalog/pdf/44-73.pdf スピニングリールの場合は らせん状にラインが出て行くので ロッド長さとリールのスプール径と足の長さの関係で バッドガイドを小さくすればトラブルが少ないとは限りません。 キャスティングだけでなく掛かった後のことも考慮しないと 折れちゃいます。 シーバス向けバッドガイドは20と25mmしかないと思いますし 小口径の足高のバッドガイドはないでしょう。 小口径のバッドガイドを使うとすればリールから離れた位置になるので ラインがロッドをたたいてトラブルは増えると思います。 PE仕様ではラインのらせんの遠心力が小さいので バッドガイド位置はリールに近づく方向性だと思いますが。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 なるほどスプールからラインを放出する時の遠心力は頭にありませんでした。スプール径とガイドの関係は奥が深すぎて難しいですね。 エギングロッドは小口径ですが、操作時だけでなくキャスト時もトラブルは少ない印象です。飛距離が重要でないPEの釣りなら全て小口径でもいい気がしたのかなと思った次第です。

その他の回答 (2)

  • 回答No.3
noname#187563
noname#187563

■リールによるガイドの大きさ スピニング 大きい ベイト 小さい ■竿元と先 竿元 大きい 竿先 小さい ■ガイドがらみ PE 多い フロロ・ナイロン 少ない ■ガイド形状による糸がらみ PEには、FUJIのガイドではKWガイドが良いのは、ゆるんでもからまない形状だからです。 http://www.fujitackle.com/krc/krc5_04.html ■ガイドの材質形状適合 PEにはSicで大丈夫です。 http://www.fujitackle.com/history/guide.html シーバスロッドのほうが軽いルアーを使いますしスピニングの使用がおおいです。ラインも最近はPEがおおいです。 エギは重く原則スピニングとPE使用です。 違いは主にルアーウェイトですね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 飛距離はでるがトラブルの多い特性のPE全盛の昨今では極端に飛距離を重視するグレードのロッド以外は、基本的にPE利用の多いルアーロッドは小口径ガイド中心でいいのでは?と思った次第です。

  • 回答No.1

 つり方の問題、ライン操作の問題ですね。  エギングではスラックジャークや多段シャクリなど、ラインをたるませることが前提の操作を多用しますし、夜間長時間フォールさせてアタリを待つこともあり、ライントラブルが多発しやすいから、ガイドが小さいのだと思います。  エギングロッドがまだ今ほどたくさん販売されていないエギング黎明期の頃、手持ちのルアーロッドでエギングをして、ラインがガイドに絡んでいるのに気が付かず何個エギをロストしたことか・・・  サミングしてそのままテンションフォールならいいのですが、飛距離を少しでも稼ごうとサミングせず、フリーフォールさせていると、非常に絡みやすかったです。  エギングロッドに変えてから、小口径ガイドでは絡んだことがありません。  シーバスの釣りでは、ワインドなどでない限りラインをたるませるような操作はなく、着水時はサミングしてあとは基本タダまきですから、ガイドが大きくても別に構わない、それなら飛距離重視で大きくしてもよい、ということだと思います。  単純に飛距離というだけでなく、ライン操作の問題でしょう。  ボートで釣る場合は、ルアーをダートさせたり、ラインを緩めるような操作をするなら効果があるでしょうし、テンションを抜かない釣り方なら効果はあまりないでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 操作時のトラブルを防ぎたいなら小口径、そうでないなら(飛距離が出るにこしたことはないので)大口径という考え方ですね。

関連するQ&A

  • 理想のロッド

    自分はエギングロッドの使用感が好きなのですが、あの小さいガイドがどうも好きになれないのです。 自分は1本のロッドで色々な釣りをしたいと思っています。 シーバス・ショアジギ・エギング・ちょい投げ・サビキなど。 エギングぐらいのショックリーダー(2号前後)の太さならまだいいのですが、シーバスのような20ポンドを超えるようなラインの場合、 ショックリーダーの結び目がガイドを抜けるときの「引っ掛かり感」が嫌なのです。 実際、何度か結び目が破損し、ラインブレイクを経験しています。 質問1・PE専用ガイドであれば、少しは結び目の抜けがいいのでしょうか? リーダーの結び目をトップガイドから出せばいいのですが、それだとリーダーの長さを確保できないので・・・。 、普通のSICガイド(シーバスロッドのような穴の大きいガイド)が付いているエギングロッド、使用感がエギングロッドに近い(同じ)シーバスロッドなどがあればいいのですが。 質問2 このようなロッドはあるでしょうか? 長さは8.6フィート~9フィートぐらい。 ウェイトは24グラム~30グラムぐらい。  使用感がエギングロッドで、ガイドがシーバスロッドのようなガイド が理想です。

  • ロッドの飛距離

    同じリール、ライン、ルアーを使用し、 メーカー、グレード、アクションがすべて同じで、 「ロッドの長さ」だけが違う場合、飛距離はどのくらい変わってきますか? 「8フィート6インチ」と「9フィート」では、どれくらい飛距離が違うか教えて下さい。 また、ロッドの長さの差だけで、魚とのやり取り時のロッドパワーは変わってきますか?

  • メタルジグの飛距離についての質問です。

    飛距離を延ばしたく思います。 前々回  3号PE シーバスロッド130MLで 40グラムジグで平均80mくらいかな?まあまあですが重いです。  前回  3号PE ジギングロッド96Hでまあ軽いのですが、60グラムジグで平均60mくらいであまり飛びませんでした。 次回は 1.5号PE 1062MHロッド 40gジグでやろうと思いますが飛距離はだいたいどれくらい出るものなのでしょうか? よろしくお願いします。  

  • 飛距離、安定して40m出したい

    ダイワが提唱するベイトエギングに乗っかりまして、アグレストPEラインスペシャルというリールを買ったのですが、3.5号のエギで飛距離20mくらいがバックラッシュとの境目で、全然釣りになりません 今、PEラインはデュエルのSMOOTH1号を使っているのですが、これはやはりダイワのベイトキャスティングPEのほうがよいでしょうか?

  • メタルジグの飛距離について

    10ftのシーバスロッドMLと10ftのショアジギングロッドMHがあるとします。 シーバスのほうは0.8号巻くとします。MAX40gで20~30gのメタルジグを投げるとします。 ショアジギは2号巻くとします。MAX90gで主に60~70gを投げるとします。 どちらが飛距離稼げますか? 実際はシーバスのリールには1.2号を巻いていますが、1.2 号もいらないです。lbの高めの1.2号で根がかりしても大変ですし、何よりそんな大物釣れません。MHで60gのジグを投げる話と矛盾していますが、仮定の話としてお答えいただけたらうれしいです。 あとショアジギロッドにはやはりそれなりの大きさのリールを買うべきでしょうか? シーバスロッドのダイワの3000番ハイギア、PE1.2号を流用できますでしょうか?

  • PEラインの飛距離

    PEラインを使ってみたいと思っているのですが、値段が高く、なかなか手がだせません、同じ強度のラインを使った場合、PEとナイロンではどれくらい飛距離に差が出ますか?

  • キャストの飛距離

    バス釣りやってます。よくプロの方がベイトリールでキャストする際、かなり飛距離が出てるように感じますが、リールを改造したりしてるのですか?プロと同じリールを使ってもイマイチ飛距離が伸びません。テクニックなのでしょうか?飛距離の出るコツなんかがあれば教えてください。

  • 9フィートのシーバスロッドを使っているのですが、一番下にあるガイド(先

    9フィートのシーバスロッドを使っているのですが、一番下にあるガイド(先から7番目)誤って踏んづけてしまい、 内側のガイドリングが割れてしまいました。 修理を考えましたが、学生なのでできるだけお金がかからないほうがいいです。 飛距離に影響があるでしょうか? また、ラインはPEの1号を使っているのですが、ラインがきれてしまうでしょうか? できるだけお金のかからない応急処置方法なのがあれば教えていただけませんか? よろしくお願いします。

  • ショアジギングでの飛距離

    こんにちは。 ザルツ 962LSJ+ステラ5000XG、PE1.5号でショアジギ始めた初心者です。 ステラは事情が有って発売当時に購入し、この度ショアジギ初挑戦しました。 サバ、ショゴ、ヒラマサ若魚?など釣ってはいますが飛距離に満足できません。 ジグ40~45gで平均、50~60mの飛距離です。 釣り歴は3年程度でジギングから始めたのでキャスティングは不慣れです。 素人考えですがこのタックルなら100m程度飛んでも良いのでは無いかと思っております。 諸先輩方、できればアドバイスお願いします。

  • ベイトリールの飛距離について

    初めて質問いたします。 先日、数年ぶりにベイトリールを購入いたしました(シマノのメタニウムMg)が、その飛距離にびっくり!! 今まで使用していたカルカッタ201XTやメタニウムXTのおよそ1.5倍は飛んでいます(ライン号数、ロッド等条件は同じです)。 そこで、皆様に質問なのですが、 1.新しいリールが良く飛ぶのは何故か?(材質の違い等によるのでしょうか?) 2.古いリールでも新品と同じ飛距離を出す事は可能なのか?(例えば遠心ブレーキの本体部分を磨くなど) ※ちなみに、メンテナンスは釣行毎(前日夜)にスプールを外してふき取った後オイルスプレーを適量注入、カルカッタは二ヶ月前にメーカーO/Hに出しています(飛距離変わらず)。 遠心ブレーキのブロックは最小の1個、その接触部分をさらに半分に削り、バックラッシュをサミングで調整しています。 ※飛距離にこだわるのは、陸からの釣行がほとんどで、大場所での遠投が多い為です(場面によってはアキュラシーが大切な事は十分承知していますが・・)。 どなたか、お知恵をお貸し下さい。