• ベストアンサー
  • 困ってます

ベンチャーの良いところ悪いところ

都内在住、30代前半の男性です。 学歴不問の職業を探しています。 そういうと範囲が広すぎますが、主にベンチャーに入りたいです。 従業員が10人程度の若い人の多いベンチャー企業にはいるとどんな点が良いですか?また悪いですか? サービス残業とかは多そうな気がします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数847
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.4

こんにちは。 以前ベンチャー企業で営業事務として働いていた者です。 私は半年もちませんでした。 精神的・肉体的限界を感じて退職してしまったわけです。 経営者は、かなりワンマンで、猛烈な方でした。 サービス残業は毎日、あたりまえです。 また、即戦力を求め、毎月、求人を募っていました。 営業で成績を出せないものは、毎月毎月首切りの連続です。 そのため、毎月何人か雇用され、何人かは解雇されるの繰り返しでした。 私は事務職でしたので、そのし烈な状況を横で見ている立場だったのですが、かなり神経が参りました。 入社当初は、経営側の「皆の力で、この会社を作っていこうじゃないか!」という熱い言葉に感動していましたが、仕事を続けていくと、ただ単に、経営者の都合のいいようにこき使われてるだけか・・・?と感じました。仕事がきついわりに見返りはあまりありませんでした。社内で、仕事に満足している方は本当に、トップに気に入られた1割程度の方でしょうか。 その1割に入れれば、ベンチャーも面白いでしょう。 けれど、その1割に入れなかったときは、ベンチャー企業からは、早々に身を引くべきです。 よい企業に出会えるよう、お祈りいたします。 ベンチャー企業は、本当に、よく見極めてくださいね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 実績のある会社かベンチャー系か・・

    こんばんは。 業界内での正社員就業を考えております。 ※現在は3年ほど派遣とかしてます そこで A.大手がバックボーンにありSIなど実績のある会社(社員200人規模) B.元大手SIが立ち上げたベンチャー企業(社員10人程度) 似たような応募があったのでどちらにすべきか迷っています。 今後転職などせず、長く正社員としてやりたいのですが(年齢も30代前半なため) 大手を探すべきでしょうか?。 ベンチャー系はやりたい事ができる分、離職率も高い印象があります。 こういった比較で皆様のご経験や見聞を教えて頂ければ幸いです。 よろしくお願いします。

  • ベンチャー企業の会社訪問。何処まで聞いて良い?

    就活生です。 今度設立1年目で従業員10人未満のベンチャー企業へ会社訪問に行きます。 webサイトには福利厚生など細かいことが記載されていなかったのですが、当日聞くのは失礼でしょうか? ベンチャーなので福利厚生が整っていないのは重々承知ですが、せめて年収や休みの有無くらいは知りたいと思っています。

  • 就職活動について

    私はいま就職活動中の 大学四年生です。 従業員数10人ほどの 小さな企業を見つけました 設立されてから1年すぎくらいで ベンチャー企業なのですが 休日、給与ともに とても好条件でした。 しかし業務内容が抽象的で 周りの人からは怪しいのでは ないかと言われています。 みなさんのご意見を聞かせてください

その他の回答 (3)

  • 回答No.3

↓悪いところにつけたしです パソコン・通信費などの設備費が自腹の場合あり

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2

良いところ フレックス勤務 自分のペースで仕事ができる 服装が自由 飲み会など付き合いがない 達成感がある 悪いところ 給料が安い(大企業の3分の2程度) 福利厚生が無きに等しい 社員の入れ替えが激しい 就業規則がない 不当解雇がまかり通る 社長の独断で物事が動く サービス残業が基本 自分ですべてをこなせない人はダメ 大企業のプライドは捨てる覚悟でないと 転職時に大企業には戻れない 幹部クラスに、社長の愛人や友人がいる

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1

こんにちは。 ベンチャー企業の良いところ、悪いところというご質問ですが、ベンチャー企業の場合「良いところ=悪いところ」というふうに捉えてみたほうがよいと思います。 ベンチャー企業を立ち上げるような人は、えてして、自分の果たしたい夢に対し、凄まじいほどの執着心を持っています。また、強烈な指導力も持っています。圧倒的なパワーで夢の実現に向かって突進していく人でもあります。そうでなければ、たとえ従業員が10人であろうとも、ベンチャー企業として世の中に立ち向かっていくことはできないでしょうね。 同時に、ベンチャー企業を立ち上げるような人は、自分の描く夢と同じ夢を持つ人、あるいは共感し、共鳴してくれる人を従業員として強く求めます。つまり、従業員ではなく「同志」を求めたがるわけです。秀でた才能、明確な夢、強烈なリーダーシップを持ったリーダーが、強固な同志的結合を持った従業員たちと一丸になって世の中に切り込んでいく。そういう集団でなければ、ベンチャー企業は成り立っていかないともいえるでしょう。 ここまでいえばおわかりかもしれませんが、ただ働ければいいという人であれば、これは耐え難い職場ですよね。ところが、もしそのベンチャー企業経営者と同じ夢を持っていた、あるいはその夢に共感し、共鳴してしまった場合には、これほどやりがいのある職場はないと思います。 誤解を恐れずに特殊な言い方をすれば、サービス残業などというものはありません。夢を実現するため、全社が一丸となり、一心不乱となって突き進んでいるところに、残業などという概念はありません。経営者はもちろん、従業員にもそんな考えはないでしょう。なぜなら、彼らは「働いている」のではなく、「夢を実現しようとしている」のですから。 ベンチャーは基本的にそういうものを持っていると思ってください。給与等の待遇面の差異だけにとらわれて職を決めてしまえば、後悔してしまうかもしれません。  

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 転職 新会社・ベンチャー企業の探し方

    現在 転職活動中で40代です。 職種 ネットワークエンジニアです。転職活動も厳しい中 新会社やベンチャー企業等で 現在 従業員数も 少ない会社に応募したいと思っています。このような会社を見つけるには どのような方法がありますでしょうか? サイト、新聞・雑誌・書籍等 現在 amazon で ベンチャーで検索しても 発売時期が新しく適当なものが見つかりません。住んでいる地域図書館で蔵書検索しても同じです。 皆様のお力を貸してくださるようお願いします。

  • 最近JRの従業員は若い人が多くなった

    ように思えます。 車掌、運転士、駅員が20代~30代前半の若い人達ばかり。 最近のJRは40代~60代のオジサン、白髪混じりの爺さん従業員を殆ど見なくなりました。 国鉄時代(私が子供の頃の国鉄最末期しか知らないですが…)やJR後の1990年代後半ぐらいまでは私鉄と違ってJRの従業員と言えば↑のようにオジサン、爺さんと言う感じでした。(当時の従業員は既に定年退職しているでしょう) そこで疑問に感じたのは… 何故国鉄時代や1990年代までのJR従業員は若い従業員が殆どおらずオジサンや爺さんがメインだったのか?(若い従業員は何をやっていたのか?)当時の阪急、阪神、神鉄、近鉄等の私鉄では若い従業員が沢山居たのに。 それと、何故最近になってJRは若い従業員が急激に増えたんでしょうか? JRの人事方針の変化や年功序列や世代交代による出世や人事異動だと思いますが今のJRは40歳以上のオジサン、爺さん従業員は駅や営業列車以外の本社勤務、支社勤務、後方勤務がメインなのですか? 教えて下さい。

  • 和食のお店を紹介してください(東京)

    来年3月に親兄弟を集めて父親の米寿のお祝いパーティをしたいと思っています。 1 都内城南地区で、 2 10人ぐらいの個室で、 3 ゆったりと食事(和食)を楽しめて、 4 サービスがいい(従業員のきめ細やかなサービスがある)場所。 5 できればお庭があってみながら食事ができる場所を探しています。 6 料金は一人1万円程度です。 すみませんが教えていただけないでしょうか

  • 意識改革

    人事部に勤務しています。 従業員の意識を経営者と同じ意識に変えたいと模索しています。 アルバイト含め従業員にアンケートを取ったところ、ほとんどの人が売上に興味がない。また、会社のことを知らない。会社の成果に興味がない。という結果が返ってきました。 そういった人たちの働き具合を年単位で観察していると、指示されたことの業務をこなすことはこなしている、といった感じです。年単位で働いている人でも進歩がない、というのが客観的な意見です。 会社は、業種は言えませんが、サービス業です。年々、右肩上がり成長です。従業員はほとんどが大学生のアルバイトで、面接した10人くらいの中から書類選考、筆記テスト、面接を課して、2,3名のみ採用しています。採用基準は常識的マナーがあるか、などが大きいところです。学歴を重視してはいませんが、半ば学歴と比例しています。 退職率は6ヶ月以内で退職する人は0名です。1年以上勤めているアルバイトが90%以上なので、居心地のよさはあると思います。それもよい方向に出ていないことはわかっています。 私自身、経験あるのですが、勤め人としては売上や会社の業績なんて気にしないですよね? 従業員の意識を変えていく方法があったらいろいろ教えてもらいたいのですが・・・。私はこうやったら変わった、とかでもいいです。経験のある方にお願いします。また、そういった境地になれる年齢はあるのでしょうか?

  • 退職しょうか悩んでます...

    退職しょうか悩んでます... 今の仕事は入社して2年半位になります。 会社は従業員10人もいなぃ小さな会社で事務をしています。 私の仕事は責任がすごくあり、確認に確認を重ねてする仕事内容です。 もちろん入社して何度かミスをしてしまった事もあります。 しかし、入社して3ヵ月頃から今もずっと上司のミスを私に押しつけられてます。 私が関わった仕事なら何かしら迷惑をかけたのではッ思っていたのですが、私がまったく関わってなく仕事内容すら知らない事が私のミスと言う事になっていました。 こういった事が多々あり嫌気がさしていたこの頃、ひとりの上司が家庭を持つ部下に残業をしなくていいと言い出しました。 もし部下が残業しなければ、その分私ひとりで作業をしなければなりません。 また、私が残業したからッといってもサービス残業ですし手当てはないですけど、部下が減給という訳でもってありません。 私はすごく嫌気がさしており退職を考えているのですが、我慢すべき範囲かとも思いました。 いろんな方の意見をききたいと思い書かせて頂きました。

  • ワークシュアリング(雇用助成金)導入体験談

    製造関係の中小企業(都内にて従業員30人)に勤務しております 業績が悪く改善の見通しが立たない地方の営業所(従業員10人)にて 雇用助成金の導入が決定されました 話によると現状週休2日制ですが交代制で週休3日制に 勤務日も終業時間が短縮されるようです 現段階では収入減はさせない方向だそうですが 今後、自身にも影響があると予想し 体験された皆様の体験談、聞いた話でも結構ですので 締め切り一杯までお待ちしますので宜しくお願い致します。

  • 転職先の決め手とは (2箇所から内定あり)

    東京都内のIT企業につとめる30代半ばです。 退職を考えて活動中に2社から内定をいただきました。 将来性などと転職も最後かと思って検討してます。 (1) 創業5年くらいのベンチャー 従業員:60名くらい 資本金:4千万 提示給与:年棒400万円(すべて込み)+30Hまでは残業代なし。 ※就業中にしりあった、この会社の方から誘われて面談をうけてます。 (2) 創業40年、株式公開されている大手企業出資の子会社 従業員:700名くらい 資本金:8千万 提示給与:33万円+交通費+残業代 ※転職活動して内定をいただいた企業 どちらもIT会社で、他社出向のタイプです。 (1)のかたにきてほしいといわれてることで、 自分を評価していただいているところで迷ってます。 アドバイスいただけたらと思います。 また皆さんならどんなところにポイントをおきますか? 以上。

  • あなたの勤めている会社で「係長」に就く年齢は?

    みなさんの勤めている会社で、いわゆる係長クラスのポストに就く年齢はだいたいどのくらいでしょうか。 「係長」ではなく、別の名称で呼ばれている会社も多々あると思いますが、いわゆる「課」の一段階下のチームを率いる、「部下を持つ」リーダー職だと思ってください。 できれば、特定されない範囲で従業員数、業種も教えて頂ければと思います。 ちなみに、私が勤めている会社の場合 従業員数1500人程度、IT関連企業(システムインテグレーター業がメイン) 係長はだいたい35歳前後、早くて30代前半、20代でなることはまず無い ちなみに課長は最速で30代後半もありますが、大抵は40代前半ぐらいです。 (※もちろん出世から外れて、年齢を重ねても平社員という人もいます) 回答よろしくお願いします。

  • 海外駐在員の保険料の負担について

    皆様の会社では、海外駐在員保険(海外旅行保険)の保険料は、従業員が負担しますか?それとも会社が負担しますか?どちらが一般的な扱いなのか、感触をつかみたいのです。 当社は海外駐在に係る各種手当の範囲内で、従業員が保険料を負担しています。ただ、ある駐在員は、会社で保険料を負担するように強く主張しています。(これは私の主観でありますが)その駐在員は、大きなプレッシャーとストレスさらには身の危険の中で仕事をしていますので、会社に従業員を大切にして欲しいと強く願っているのだと思います。また、悪意は無くとも結果的に、相手の置かれた状況への想像力を欠いた対応をしがちな日本側の管理部門にも原因があるのだと思います。宜しくお願いいたします。

  • 個人情報保護法に関する従業員への罰則例等について

    過去、大手企業が引き起こした個人情報流失事故または事件にて、過失または、悪意の漏洩、もしくは業務怠慢などのグレーな範囲も含め、実際にやらかした従業員個人が支払った賠償金額やその他、処分のされ方等についての事例について知りたいです。 また、その賠償金に関することに限定致しますが、 労働基準法の賠償予定の禁止により、被雇用側である従業員個人が保護されているのはわかるのですが、いまひとつ、従業員が支払うことには成りえないという自身が持てないでおります。 おそらく、個人情報保護法というのは法人に対して科せられているもので、そに起因する賠償に関して、直接的に従業員へ請求が行くことは無いと考えております。 (顧客からの賠償請求が従業員へ直接行く、またはそのまま企業側から転送されて来ることはあり得ないと考えておるのですが・・・) もし、個人である従業員に何らかの賠償請求が発生するとすれば、それは個人情報保護法に関れする件であるか否かに関わらず、労働基準法に定める範囲内(労働基準法の中に業務上の重大なミスなどによって生じた損害に関して、その原因となった被雇用者が雇用主に対して支払う賠償金等に関する条文があり、金額に於いても制限があると思うのですが・・・)に留まると思われるのですが如何でしょうか? 以上、よろしくお願い致します。