• ベストアンサー
  • 困ってます

木造建築物の隅柱は芯材が適当ですか?辺材は不適当な

木造建築物の隅柱は芯材が適当ですか?辺材は不適当なのでしょうか? 10m2の平屋ガレージを建築中です。コンクリート基礎立上りに105mm角の土台。2×4工法を考えていますが、開口部と勝手口により壁量が少ないため、四隅のみ105mm角の柱をホゾを刻んで建てたいと考えています。そこで、柱の木材なのですが解体で出た松の辺材が多数あるので使用するか迷っています。また後日解体現場があるので杉の芯材を探しに行こうかとも思っています。 松の辺材を柱にするのは適当ではないのでしょうか?よろしくご教授ください。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数7
  • 閲覧数791
  • ありがとう数7

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.5

木材が伐採されずに立っている時に、生きているのは木材の外周部分の辺材です。この部分が水を通し、栄養分を通します。しかし、これだけであれば腐朽菌の攻撃には弱いので、木は細胞内部に毒をため込んで死んだ状態にします。この部分が芯材と呼ばれる部分です。樹木を人間に例えると、生きているのは小学生だけで、中学生以上は体に毒をため込んで人柱になって木をささえるだけの働きをするということになります。以上のとおりですので、心材は腐りにくいということになりますが、この体にため込んだ毒により、木の特徴ができます。ヒノキのピンク色も杉の茶色もそうですが、熱帯雨林の木材は腐朽菌の繁殖も激しいので、それに対抗して毒々しい色をしています。たとえば真っ黒けの黒檀やあざやかなローズウッドがそうです。反対に腐朽菌があまり繁殖しない、北欧では木材は芯材であっても白い色をしています。 さて、ご質問の松や杉ですが、屋外の腐りやすい状況下で使うと松は芯材でも2年ぐらいで腐りますし、杉は長持ちすると言っても4~5年程度です(デッキに使うウリンなんかは20年以上の耐久性がありますが)。ですから、杉が松か芯材か辺材かの悩みは2年の耐久性か5年の耐久性かで悩んでいるということになります。 芯材であろうが辺材であろうが、水が滞留しなければ木材は腐りません。ほんどんの木造住宅に使われる北欧のホワイトウッドはデッキに使えば2年しか持ちませんが、住宅の内部で結露さえしなければ100年は大丈夫です。腐朽菌の繁殖には水と酸素が必要ですので、大切なのは水がかからないかどうか、水がかかっても流れ落ちるかどうか。水や湿気が滞留しないかどうかです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

こんにちは。根拠のある詳しい説明ありがとうございます!大変納得しました!独特の色合いのある木と白木の違い。地産地消の意味も分かります。 ところで、心材でも辺材でも濡れ続けると一緒ですよね。逆に水分を可能な限りシャットアウトさえすればSPF系でも大丈夫というのは、自分も根拠はないですが、そうなのではと常々感じていました。対蟻性の違いはあるにしても、環境次第ではどんな木もやられるような…。つまり自分のできるこはなるべく水から切り離し、通気性を保っておくことが、何にしろ1番大事だということを肝に命じ建築したいと思います。分かりやすくも詳しい説明ありがとうございました!

質問者からの補足

庭に雨ざらしのクヌギの大木の薪が正に説明のとおりでした。周りの辺材は白く腐れて色々な虫たちの住処となり、斧を振ればもろく割れずに崩れます。心(芯)は茶色く虫どころか斧を振っても割れるどころかびくともしません。最終的に端から削ぐように割りますが、芯は無茶苦茶硬く腐り知らずでした。しっかり乾燥した保管状態ではその差にほとんど気付きませんでしたが、環境が劣悪な場合はこうも違うのかと感心しました!! 雑な質問だったため、最も詳しい説明をして頂いた回答者様をベストアンサーとさせてもらいます。ありがとうございました!

関連するQ&A

その他の回答 (6)

  • 回答No.7

>松の古材を加工した際に出た薄い端材が、雨に濡れて反り繰り返っていました(笑)。 反りが止まったように見えても、実際は、「反りたい部分」と「反りたくない部分」がバランス取れてる状態です。 大きく表面を加工して、それらのバランスが崩れると、また動き出します。    湿気を吸ったり吐いたりしながら変形を繰り返し、少しずつ元の形が変わっていきます。 なので、必要な部分だけ最低限加工したほうが良いですよ。 2×4なら、逆向きの反りのものを強引にビスで貼り合わせて使うのも有りかと・・

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

返事が大変遅くなりすいません! 奥が深いですね!元の形が変わることを利用して、組み込めるように刻みや組む前に浅知恵ながら考えていきたいと思います! ま…大した建物ではないのですが(汗)…とは言え、生涯最大規模のDIYですので、あーでもないこーでもないと楽しみながらいい意味でも悪い意味でもこだわりたいと思います(笑)ありがとうございました! あ…、有りだと思います!!(笑)

  • 回答No.6

状況を察するに、古材の歪は必ずと言って良いほどやむを得ないことです。 逆に生材は日の経過とともに歪んできます。 利用の目的が大それたことではないと考えますので、苦言ではありませんが 本来木材は有り様のままに使うのが良いのです。 =特に梁にあっては、端の形を修正するか・組み合わさる相手側の形を変えて 使用されるように考えてください。 (強制的な修正は、何かの拍子に使い物にならないほど歪んでしまうことがあります) ご健闘を祈ります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

返事が大変遅くなりすいません! もう少しで新たな廃材が手に入りそうなので、なるべく真っ直ぐな杉の芯持ちを探したいと思います。今回の質問で、木造である以上歪みなどはあまり気にせず一度建ててみたいと思います!出来上がったらなんらかの手段で報告したいと思います。ありがとうございました!

  • 回答No.4

松の古材は檜などに比べると、加工が固くて困難、年数によっては杉・檜の芯材よりも腐りに注意。 大勢に問題はないと考えますが、(硬くてサクイ)ほぞ加工などで欠けないように・組立の時 先に当てて飛ばさないようにされてください。 (できれば信頼性の持てる杉の芯材をおすすめします)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

お久しぶりです。整地から始まり、ついに一年が経過した次第です…(苦笑) 杉の心材を多く含む芯持ち材がベストのようですね。 自分の思い込みにより、質問の仕方がまずかったです。 木が反るのは認識していたのですが、今回土台を据える際に、三寸五角の杉(芯持ち材)のような太い材でも必ずある程度の反りがあることに気付きました。太い角材に反りはないと勘違いしていました。この時はやり直して、反りを立上りのアンカーボルトで押さえ込むことによりほぼ直線に修正することができました。また梁ならば同じく何らかの荷重をかけ反りを押さえ込むことができると思います。しかし柱に関しては、うまく修正できる方法がイメージできないため、松の芯去り材は使わず、なるべく真っ直ぐな芯持ち材を使うのが適当(適材適所)ですか?というのが本来の趣旨でした。具体的に質問するべきだったと反省しています。 また次の機会があれば、よろしくお願い致します。ありがとうございました!

  • 回答No.3

松は丈夫な木材ですね。最近の輸入材だと事情は違うけど。 昔は、トラックに重機を積み込む時に松材のスロープで乗り上げていました。  最近は鉄やアルミのスロープですが・・ 基本、2×4なら芯持ち材でなくてもいいでしょう。 心配なら、本数増やすだけですね。 逆に芯持ち材だとドライバーのパワーが不足しないかちょっと心配ですね。 と、古い木材は変形しないとの回答があるようですが、変形することもあるので注意が必要です。 建物に使われていると、変形したくても変形できないのが、解体されて荷重がなくなったとたんに変形しだすことがあります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

芯持ち材で話を進めていただき助かりました!ありがとうございます。 松の古材(芯去り材)なんですが、仰るとおり、反りがあるんですよ… とは言え、基本木は反りはありますよね。 ただおそらく、私の保管方法が雑で荷重が抜けた上に雨等で水分を多少含ませたことが原因だと思います。 松の古材を加工した際に出た薄い端材が、雨に濡れて反り繰り返っていました(笑)。プロから言わせれば当たり前なのでしょうが、しっかり保管しないと古材でもこんなになってしまうのかと驚いた次第です。 古材は変形しにくいと言うのは、しっかりとした保管も大前提ですね… ありがとうございました!

  • 回答No.2

>>松の辺材を柱にするのは適当ではないのでしょうか? 松は梁などに・・と思っていたのですが、柱ですか? そもそもが珍しい。 唯、3坪ほどの広さで、ガレージなら、何でもあり・・とも思います。 強度など殆ど気にする必要もない広さ・・でしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

辺材→芯去り材として話を進めます。すいません。 やはり珍しいですよね。つまり適材適所ではないですよね… 仰るとおり、本来の意味で言うコダワリになっていますよね。 ありがとうございました!

  • 回答No.1

芯材ですか? 柱に使うとよいと言われるのは、芯持ち材だと思いますが。 強度を測定してみると、芯持ち材と芯去り材とで、違いはないか、むしろ芯去り材の方が強いぐらいだそうです。 なのに柱は芯持ち材が良いと言われるのは、 1.芯去り材はそりが大きい。(と言われている) 2.辺材は腐りやすい。(と言われている) 3.芯持ち材は木目がまっすぐで見た目が良い。 4.最近は太い木が少ないので、小径の木から柱を取ると、必然的に芯持ち材になってしまう という理由だそうです。 古い木材なら、もう、そりは出ないでしょうから、あまり気にしなくてもよいと思います。 しかし、柱に「松」というのは、あまり聞かないですが。。。こっちの方が問題なのでは。。。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

心(芯)材と辺材。芯持ち材と芯去り材。 全く別物の話なんですね!浅はかな質問をしてしまいました。 大変勉強になりました。 松の隅柱…仰るとおり、一般的には使いませんよね。 SPFの4×4は見かけるのでどうかなとは思いつつ…ベストではないですよね。 ありがとうございました!

関連するQ&A

  • 木造建築物で有名な建築家と言ったら誰?

    木造建築物(日本に限らず世界の)で歴史的に有名な建築家(現代の人でも過去の人でもいいです)と言ったら誰だと思いますか? それか、すばらしいと思う木造建築物でもいいので何かあれば教えてください。

  • 柱の加工の仕方について

    念願の電動ホゾキリと角ノミを購入しました、 早速練習がてらテラスを作ってみようと思いどのようにホゾ組みをしようか考えていると図のような2つのパターンの組み合わせの加工の仕方が解らなく質問しました、 1つ目の土台の四隅角は柱を建てるためのホゾ穴も開けないといけないので、土台同士の柱を単に直角に置くだけなのか、凸凹に加工して繋げた跡ホゾ穴を開け柱を建てるべきなのでしょうか、 2つ目は大引き同士を繋げて延長する場合はどのような加工をするものなのでしょうか、 近所の建築現場を何件見てもプレカットで複雑な加工がされていて良く解りません、 尚、プロではなく大げさな趣味程度の工作なので大体こんな感じでいい程度の回答、または組み方が載っているホームページなどありましたら教えてください よろしくお願いします、

  • DIYガレージの土台寸法について。

    DIYガレージの土台寸法について。 立上りの型枠最終段階でアンカーボルトの位置決めで土台寸法を迷っています。 基礎概要は幅2700×奥行3600mmの約10m2の建物です。基礎はベタ基礎様でコの字。正確には入口正面から右奥に勝手口があるため右側の立上りはI型、左側と奥でL型です。立上り高さ350、幅120mmで基礎パッキン設置。建物は2×4工法。特徴として高さを3600程度とするため蔵のような形を予定しています。 基礎幅が120の為、土台105とし11mmの合板を貼れば収まりがいい気がしますが…建築例では89(又は90)mmが多いように思えます。その上に2×4の枠が載ると収まりがいいのは確かですが基礎との収まりは今回イマイチな気もします。 基礎のI型と建物高さもあり、より頑丈にしたいとは思っています。どっちでも問題ないような気はするのですが…(汗) コストは少量のため度外視です。105mmは想像以上に重かったですが… プロもしくは先輩DIYの方はどっちを選びますか?

  • 木骨鉄筋コンクリート?

    先日小さな解体現場の前を歩いていたら、RC柱の中心に角材が埋まっているのを見かけました。昔はそんな構造もあったのでしょうか。竹筋コンクリートのSRC版みたいなものでしょうか。RC柱は300x300くらいで、鉄筋はφ10x4、角材は150mm位に見えました。鉄筋は異型鋼棒でしたから恐ろしく古い建築物ではないようです。木骨は柱の全長にわたって入っているような雰囲気でした。よろしくお願いします。

  • 木造建築アパートについて

    木造建築 と表示されている物件でも 実際部屋の中、建物の概観を見に行くと 結構ちゃんとしたつくりのものがあり 少し驚いたのですが。 鉄骨鉄筋構造、 ALC構造、などで無くても 木造で 築5年くらいのしっかりとしたつくりのものならば、 構造や 音漏れの心配はそんなにないのでしょうか? 素人の私は 木造建築というと なんとなく柔なイメージを抱いていました。。

  • 書籍:木造建築について

    はじめまして 現在、建築会社に在籍し主に木造建築の設計・施工管理業務に携わっております。 将来的に自由設計幅の大きい木造建築により、お客様へ理想の家を提供していくことが夢です。 しかし、自由設計幅が大きい反面、建築基準を満たさない建物も多いと聞きました。 地震や液状化、超大型台風など、自然災害が多い昨今、自信を持った家づくりをしていきたいのです。 日々勉強に励んでおりますが、なにぶん建築設計に関する書籍が店頭に少ないにも関わらず その金額も高いこともございまして...(^ ^;) おススメの木造建築の構造設計・基準に関する書籍があれば教えて頂きたいのですが よろしくお願い致します。 補足:建築士は、これから取得していく予定です。

  • 築25年の木造建築って、あとどのくらいもちますか?

    現在、購入を検討している物件があります。 築25年の木造建築です。間取りや土地の坪数、条件(駅近)が 気に入っているので、 外装・内装を総リフォームしようかと思っているのですが…。 (残念ながら、立て替えるほどの予算はありません、リフォーム 見積もりでは約650万前後でした) ですが、実際、築25年の木造建築は、どのくらいその後、 もつものなのでしょうか?やはりあと15~20年、住もうとするのは きびしいのでしょうか?大胆な補強をしないと、だめでしょうか? 一応、昭和59年築なので、昭和56年?の新耐震基準はクリアしているのですが。 また、ほぼ同条件で重量鉄骨での物件もあるのですが、 長期に住むのを見込んだ場合、やはり重量鉄骨が一番、住居の 耐久性はいいのでしょうか。

  • 木造建築に金物は必須でしょうか

    こんにちは。木造建築で家を建てる計画があります(二階建て)。 私自身は、いわゆる「伝統工法」と言われている、金物を一切使わずに全て木組で建てる工法が好きなのですが、以前知り合いから「木造建築の場合、耐震性の点から、今は法的に金物が必須」と聞いたことがあります。 これって本当ですか?また法的には問題なくても融資が受けられないようなことが有ったりするのでしょうか。 よろしくお願いいたします。

  • 木造建築の2Fの床に

    木造建築の2Fの床にマッサージチェア(72キロ)をおきたいのですが、その場所にはすでにPCラックとPCやプリンタが置かれており、わたしの体重(75キロ)を含めると150キロを超えてしまいます。 わずか一畳もないスペースにこれだけの重量がかかってしまう2Fの床が抜けないかと心配です。 専門的なことはぜんぜんわからないので、質問いたします。 1.一般的にこれくらいの重量なら問題あるのか、ないのか。 2.少しでも重量を分散させたいので、マッサージチェアの下に合板(厚み1センチくらい)をおこうと思うのですが効果があるかどうか。 どうぞ皆様のお知恵をお貸しください。 よろしくお願いいたします。

  • 木造建築と時代

    今、僕(高一)は「木造建築と時代」という題名でレポートを作成しようとしています。 書こうと思っている内容は、「現在と昔の木造建築の違い」、「法隆寺や東大寺のような昔の木造建築はどのようにして今まで残る強度を保っているのか」、「今と昔の使用されている木,木材の違い」、「未来にむけてどんな木造建築の構想があるのか」というようなものです。 しかし、なかなか情報,資料が集らず困っています。そこで、上記のような内容が掲載されているサイトを教えてほしいのです。よろしくお願いします。