• 締切済み
  • 暇なときにでも

憲法改正、徴兵された兵隊はどこへ派遣されるの

不況で公務員である自衛隊は倍率何十倍の圧倒的人気ですから安全な国内任務のみであれば常に志願者多数で徴兵制を復活する必要は全くないのではないかと思うのです。だから、徴兵制が復活するというのは国防軍を設立してアメリカに同盟国としての軍事的な存在感を示したいから。自衛官→国防軍軍人は誰もやりたくない危険な海外に派遣されるからだと思うのですが、徴兵された国防軍の兵士が派遣される可能性の高い場所ってどこでしょうか?イラク?アフガニスタン?コンゴ?ソマリア?どこの可能性が高いと考えるか予想を教えてください。

noname#172148

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数8
  • 閲覧数455
  • ありがとう数8

みんなの回答

  • 回答No.8

どこの国でも徴兵は国の存続にかかわるような全面戦争になったときに行われます。兵士が足りなくなるので徴兵をします。そうでなければコストのかかる徴兵などどこの国もやりません。 今の平時には日本もアメリカもイギリスもフランスもドイツも、あの北朝鮮だってやりません。やっているのは韓国ぐらいのものです。韓国は1950年代以降、北朝鮮との戦争状態にありますから、ちょっと油断すると国が無くなるのです。朝鮮戦争の時は危うく無くなりかけました。この戦争がいまだに続いているのです。だから徴兵制度があるのです。平和な日本に生まれたあなた方は幸福ですね。 話を元に戻すと、今の日本は徴兵しなければならない状態にはありませんが、もし行われる可能性があるとすると、尖閣をきっかけに中国との全面戦争にでもなったときのことでしょう。強大な人民解放軍に陸海空の自衛隊がめちゃめちゃにやっつけられ、沖縄九州あたりに侵攻されたときでしょう。 そうなればイラクやアフガン、ソマリアのことなど構っていられません。自衛隊の隊員が死傷し、兵士が足りなくなるので、徴兵を行わざるを得なくなります。日本国の存続がかかっているのですから、好き嫌いの問題ではないのです。徴兵されたあなた方は、さっそく九州あたりの最前線に送り出されることでしょう。そこで人民解放軍相手にドンパチやることになるでしょう。こうなったらもう危険がどうの、9条がどう、集団的自衛権がどうのと、のとつべこべノー天気な屁理屈をこねている暇はなくなるのです。 言えることは、間違ってもイラク、アフガン、ソマリアでないことだけは確かです。どうか安心して下さい。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

九州まで敵がせまってるなら徴兵も仕方ない気がします。が、外国でアメリカや日本の政治家の利益のために、や尖閣や竹島のような日本人が住んでなくて本当に日本領か怪しい島のため、に徴兵は絶対いやですね。 そこをはっきりしてくれる政治家がいないのが不安です。 回答ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 国防軍と徴兵制について

    日本に国防軍は必要ですか? それから、徴兵制は必要ですか? 徴兵制にするなら、女子も徴兵の対象でよね?

  • 国防軍=徴兵制ですか?

    そのままです。国防軍=徴兵制、でしょうか。 一応自民党は徴兵制度を否定しているとのことですが、「解釈によっては徴兵制度も十分ありえる」という声が沢山あって。 純粋に「どういう解釈からそうなりますか?」と聞きますと、私の場合は「自分で考えて」という声しか頂けなくて、いまいち分かりませんでした。 ので、どういう解釈からそうなるのかという部分をなんとなくで大丈夫なので分かる方はお願いします。 それと徴兵制をありえない派とありえる派(?)の各意見があればよろしくお願いします・・・・。

  • 徴兵された人→最前線、職業自衛官→後方支援?

    自衛隊出身の著名人がどちらも徴兵制を主張しています。彼らの持論なのか多くの部下の意見を代弁してるのか分かりませんが。 戦争の可能性がリアルになってきたから、自分や仲間が戦地に派遣される確率を下げるために徴兵制で自衛官の総数を増やそうとしてるのか。 それとも自分らだけが戦死するのが納得できず、多くの日本人を道連れにしたいのか。 第二次大戦時は民間人出身者でも徴兵され戦死する人が多かった印象がありますが、あれはなぜだったのか。やはり職業軍人も所詮は人間だから、軍隊内で発言力のない元民間人に危険な任務を押し付けて、自分は安全なところに逃避するのでしょうか。 それとも多くの民間人を徴兵し彼らを戦死させる合理的な理由があったのか。 でも事実として、徴兵された人たちが生きていた戦後、軍や徴兵に否定的な人が大多数でした。日本を守るために存在していた自衛隊も最近まで多くの日本人に嫌われていました。きっと相当な理由があったんでしょう。 自分で考えても理論的な考えや結論がまとまりません。分からないことだらけです。予想でもいいのでなぜ自衛官は徴兵制をしたいのか、徴兵制が実施されたらどうなるのか教えてください。

  • 回答No.7
noname#172005

anywhere there are natural resources.

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.6
noname#171982

あんたみたいなヘタレがお金の為だけに自衛隊と思うと嫌になる すぐに辞めてホームレスにでもなって下さい。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございました。 参考になりました。

  • 回答No.5

 将来的には分かりませんが、現在の情勢ではどこにも派遣されないと思います。    大体、国防軍になるとどうして徴兵制になると思うのかが意味不明です。  外国への平和維持軍の派遣や、イラクへの現地協力なども、自衛隊が人員と装備の範囲内で立派に役目を果たしており、なぜ徴兵までする必要があるのかわかりません。  他の方のへのお礼にあるような、日本がアメリカを守ってやる必要性など、国力軍事力を考えてもありはしないと思いますし、日米安保条約もそんな内容ではありません。  派遣するにしても、これまでのように軍人が行くだけでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 駆けつけ警護しないと日米同盟の信頼が崩れるのではありませんか。 信頼してくれという言葉だけでは同盟は維持できないって陸軍の偉い人も言ってた気がします。

  • 回答No.4

今、世界の軍隊の傾向として徴兵制度は廃止の方向で動いています 現代の軍隊は火力、機動力が主体なので徴兵の短期間の訓練では戦力になりがたく、意味の無いものになりつつあります 中国との武力衝突の可能性がある台湾でも後数年で廃止の方針です しかし、ご質問の主旨は徴兵とその派遣先ですから まず、徴兵された兵はほとんど戦力になりませんから 人間の盾として使うか、現地へ派遣したと言う形だけの存在になると思います 今のNGOのように派遣されるでしょう 結局、兵の派遣が必要なら世界の何処へでも 今NGOが活動している所なら何処へでも派遣されると思います もちろん、徴兵された兵士は戦力になりませんから 武力衝突が起きた所へは派遣されないでしょう 戦場へ人間の盾として、あるいは人海戦術の為に兵を派遣するのは日本では心理的に難しいと思います 昔の日本軍でも、兵を消耗品として扱っていましたが人海戦術は取りませんでした

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

>>人海戦術はとりませんでした それは知りませんでしたが消耗品というのは同じなんですね。 教えていただきありがとうございます。

  • 回答No.3

私は改憲支持派ですが、それでも改憲が実施されるかは微妙です。 まだまだ時間が掛ると思います。 国民投票にまで持ち込めるとしても簡単に海外派兵出来る内容に なるとは思えませんね。 更に、集団的自衛権は海外派兵とは違います。 逆に中国が尖閣と同時に沖縄に上陸したらどうしますか? 米国だけに戦わせますか? 回答しないとダメですよね。  回答:中国又は北朝鮮

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 中国または北朝鮮!!! 相手国から求められてもないのに行くと戦争になってしまうような気がします。。。

  • 回答No.2

>憲法改正、徴兵された兵隊はどこへ派遣されるの 自衛官→国防軍軍人は誰もやりたくない危険な海外に派遣されるからだと思うのですが、徴兵された国防軍の兵士が派遣される可能性の高い場所ってどこでしょうか?イラク?アフガニスタン?コンゴ?ソマリア?どこの可能性が高いと考えるか予想を教えてください。          ↓ 現在の憲法の中では、衆議院と参議院で発議され→各院2/3以上の賛成可決によって→国民投票に掛けられ過半数の賛成にて行なわれるのであり、ほぼ不可能なことから、世界でも最古の憲法・不磨の大典とも呼ばれており、かりに憲法改正の動きに成っても、個々の条文や内容は更なる先の問題です。 <その改正憲法の草案や試案を憲法調査会や政党や有識者が懇談会等で一部検討を進めているレベルです> また、その憲法改正とか加憲・論憲・新規策定論もあれば、護憲の政党もあって、立場の違いや手続きの壁が有り、実際には戦後68年に亘って不変です。 憲法改正が結党方針であり綱領に明記している自民党でさえ、先の安倍第一次内閣までは、党内の一部での憲法問題を審議するのが精一杯で、具体的な改正する為の手続き:国民投票法案の成立が出来ず、まったく改正の方法・手順すら確立していなかった。 憲法改正と徴兵制の実施とは直接関係しませんし、そんな内容の検討や提案はありません。 更には海外出兵・PKFやPKO、災害救難活動等の、個別の活動についても→現実現状では自衛隊法や有事法制やPKO法案(イラク特措法)等の特別措置法で戦闘が起こっていない<危険地域でない>、相手国の要請が有って、さらに内容・期間・活動地域や支援内容・装備他の厳しい制約と審議を経て国会承認(事前・事後)も必要とされている。 戦後、日本人が他国に於いて、軍隊や軍人が派遣されて他国人を殺傷した事は一度も無いし一人の犠牲者も出していない。 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%87%AA%E8%A1%9B%E9%9A%8A%E6%B5%B7%E5%A4%96%E6%B4%BE%E9%81%A3 自衛隊が警察予備隊であっても自衛隊であっても国防軍であっても、名称変更と憲法の制約・シビリアンコントロールの無視とは成らなく、まったくの別次元・杞憂であり、国会の機能、国民の合意形成や世論を反映しない事は有り得ないです。 韓国や北朝鮮、イスラエル等の徴兵制度のある国の国情と混同されているのだと思います。 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%BD%E6%B0%91%E7%9A%86%E5%85%B5

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 >>一人の犠牲者も出していない 昭和は最高の時代で、自衛隊は最高の実力組織というところには同意です。 国防軍はどうなるのかとても不安です。

  • 回答No.1
  • AVENGER
  • ベストアンサー率21% (2219/10374)

憲法改正と徴兵制が結びつくのがわからない。 それに、なんで徴兵してまで海外派遣しないといけないの? 国防と海外派遣とは直接結びつかないんだけど。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

>>国防と海外派遣とは直接結びつかないんだけど アメリカに日本を守ってもらう(国防)ためには、日本もアメリカを守ってあげる(海外派遣)必要がありませんか?

関連するQ&A

  • 自民党の憲法改正草案について

    http://www.jimin.jp/policy/policy_topics/pdf/seisaku-109.pdf の改正草案について質問です 1.第1条の「天皇は、日本国の元首であり」とありますが、元首になることにより、変わることはありますか?また、現在の元首は一体誰(何)になるんですか? 2.第2章の見出しを「戦争の放棄」から「安全保障」に変えたということは、戦争の可能性を否定していないのですか? 3.第9条の2「内閣総理大臣を最高指揮官とする国防軍」というのは一体なんですか?自衛隊を国防軍とするのか、徴兵になるのか、それ以外なのか、教えてください。 4.第12条など「公共の福祉」を「公益及び公の秩序」という表現に改めた理由は?そして、違いは? 5.第25条の2「国は、国民生活のあらゆる側面において」とありますが、現行の憲法では「すべての生活側部」としています。すべてだと何か問題があるんですか? 自民党の改正草案ではかなり問題がありそうな気がします。 1~5について、教えてください。 よろしくお願いします。

  • 徴兵制は無駄?

    現代の軍隊はハイテク化が進んでいるので、素人が集まっても無駄なため徴兵制が日本に導入される事はないし、導入したところで意味がないと聞きます。 では、なぜ韓国や台湾などいろんな国で今でも徴兵制があるのでしょうか? そういった国々はハイテクではないということなのでしょうか? アメリカ軍は当然ハイテクであると思うのですが、アメリカでは素人が軍隊に勧誘されて入隊し、その兵士が実際にイラクなどに派兵されているようです。 徴兵と言っても突然戦場に送られるのではなく、訓練を受けるのですから、実際に戦闘となる時は、ズブの素人とは言えないのではないでしょうか。 そもそも初めから玄人である人はいませんし。 個人的には、軍事上無意味だとしても、国民の国防意識、国民であることの意識(義務や権利)、を芽生えさせるあるいは根付かせる意味でも徴兵制はあってもいいかなと思いますが。 やはり、徴兵制は無意味なのでしょうか?

  • 海外派遣を嫌がる自衛隊が徴兵制復活を望んでるという

    自衛隊の勇敢さを疑う書き込みをたくさん見ます。東日本大震災でも原発対応でも以前の海外派遣でも逃亡した自衛官はとても少ない数しかいないと思うのですが、なぜ、憲法改正されたら自衛隊をやめて民間人に戻る人間が続出して徴兵制が復活するという書き込みが多いのでしょうか。書き込みの根拠は何なのか教えてください。

  • 現代の武器の取り扱いは難しい?

    自衛隊を国防軍にするって話が出た時に、徴兵制度が始まるって話も出ました。 その時に、徴兵制は始まらないって否定する人達で、理由として、今の武器は取り扱いが難しいから、無理に集めた人達には覚えられない、と上げているのを数人見ました。 ハイテク化され取り扱いの難しい物もあると思いますが、銃火器なんかは、そんなに難しいのかな?と思います。 戦争が喫緊の問題でないであろうスイスは徴兵制だし、具体的にどんな物かは知りませんがアメリカの州兵は職業軍人ではありません。 なので、武器の取り扱いが難しいさを徴兵制が始まらない理由にするのは無理がある気がしました。 ピンキリだと思いますが、現代の武器の取り扱いは難しいですか?

  • 今の時代に徴兵制になる可能性はありますか?

    今の時代に徴兵制になる可能性はあるでしょうか? 僕は知り合いの軍人?(ネット上での知り合いなので信憑性はイマイチですが…)にあと数年で徴兵制が可決されると聞きました これは本当なのでしょうか? 僕は難しいと思うのですが…

  • 徴兵制復活で志願制の陸士はどうなるの

    終身雇用の軍曹以上の自衛官はこれまでと同じとして志願制で任期制だった士はどうなるんでしょうか?士長1士2士となってますが徴兵された人たちはまず2士として、志願して2士になることは徴兵制後の日本では困難なんでしょうか?志願して士になったのと徴兵されて士になったのでは扱いや出世スピードは異なりますか?兵や士の扱いは、志願制→徴兵制に移行した国の場合はどうなったのか、日本の場合はどうなる可能性が高いのか教えてください。

  • 韓国の徴兵制は有効ですか?

    韓国が北朝鮮と休戦状態な事、2~3年の徴兵制がある事は知ってます。 安倍政権になって、国防軍の話題が出た時に日本で徴兵制が復活するのでは?って質問に、現代の軍の武器や武装は取り扱いが難しいから徴兵制をやっても無意味、逆に自衛隊が弱体化するって論を、いくつか見ました。 この論なら、韓国の今の徴兵制は無意味な気がします。 また、韓国は、太平洋戦争時の日本の様に赤紙で招集した急ごしらえの徴集兵では役に立たないから、2~3年間、ごく基礎的なトレーニングを積ませて、有事に備えているのかな?とも思います。 韓国の徴兵制は有効ですか?

  • 200字で安倍内閣の憲法改正について思うこと

    「安倍内閣の憲法改正について思うこと考えること提言したいこと」200字でお願いします。字数を埋めればいいので簡単な言い回しで大丈夫です。 ○目指す改正条項 憲法96条(改正手続きに 関する規定):まず国会が3分の2以上の多数での改正案を発議し国民投票で過半数が賛成すれば憲法改正。 →→この規定の国会の発議可決数を過半数に引き下げたい。 その後憲法9条の改正も視野に入れる。 改正したい内容 →→自衛隊の規定、集団的自衛権の行使などの改正をおこなう。自衛隊を国防軍と表記。 ※集団的自衛権とは? 自国と同盟関係にある国が他国から攻撃されたとき、自国が攻撃されていなくても同盟国を守るために戦うこと。 ○期待と課題 期待:世論調査では改正支持は60パーセント以上。(ただし消極的賛成も含むまた改正すべきとする条文については色んな意見がある) 課題:改正の主旨目的必要性が国民にはわかりにくい。改正を目指す自民党は国会で3分の2の議席を持たない。→政策をおろそかにして数合わせのために他党と連立する可能性。

  • 自民党のデタラメ憲法改正案 9条関係

    野党時代に作成された自民党の憲法改正草案は、「どうせ改憲なんて出来ないだろう」との心積もりで作成された自他共に認めるデタラメ草案ですが、その改正案第9条の2の第5項に記載された内容は、国防軍にとっては本当に必要なものなのでしょうか。 いわゆる「軍法会議」の創設の条項です。 そこで質問ですが、9条改正に血眼主張を繰り広げる世のネトウヨさん達は、何故この改正案第9条の2の第5項を評価しているのでしょうか。 その理由を教えてください。 参考として、 http://diamond.jp/articles/-/35306 軍法会議復活めざす自民党憲法改正草案の時代遅れ――軍事ジャーナリスト 田岡俊次 その他、【自民党の憲法改正案】その一部 第二章 安全保障 (平和主義) 第九条  日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動としての戦争を放棄し、武力による威嚇及び武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては用いない。 2  前項の規定は、自衛権の発動を妨げるものではない。 (国防軍) 第九条の二  我が国の平和と独立並びに国及び国民の安全を確保するため、内閣総理大臣を最高指揮官とする国防軍を保持する。 2  国防軍は、前項の規定による任務を遂行する際は、法律の定めるところにより、国会の承認その他の統制に服する。 3  国防軍は、第一項に規定する任務を遂行するための活動のほか、法律の定めるところにより、国際社会の平和と安全を確保するために国際的に協調して行われる活動及び公の秩序を維持し、又は国民の生命若しくは自由を守るための活動を行うことができる。 4  前二項に定めるもののほか、国防軍の組織、統制及び機密の保持に関する事項は、法律で定める。 5  国防軍に属する軍人その他の公務員がその職務の実施に伴う罪又は国防軍の機密に関する罪を犯した場合の裁判を行うため、法律の定めるところにより、国防軍に審判所を置く。この場合においては、被告人が裁判所へ上訴する権利は、保障されなければならない。 (領土等の保全等) 第九条の三  国は、主権と独立を守るため、国民と協力して、領土、領海及び領空を保全し、その資源を確保しなければならない。 第九章 緊急事態 (緊急事態の宣言) 第九十八条  内閣総理大臣は、我が国に対する外部からの武力攻撃、内乱等による社会秩序の混乱、地震等による大規模な自然災害その他の法律で定める緊急事態において、特に必要があると認めるときは、法律の定めるところにより、閣議にかけて、緊急事態の宣言を発することができる。 2  緊急事態の宣言は、法律の定めるところにより、事前又は事後に国会の承認を得なければならない。 3  内閣総理大臣は、前項の場合において不承認の議決があったとき、国会が緊急事態の宣言を解除すべき旨を議決したとき、又は事態の推移により当該宣言を継続する必要がないと認めるときは、法律の定めるところにより、閣議にかけて、当該宣言を速やかに解除しなければならない。また、百日を超えて緊急事態の宣言を継続しようとするときは、百日を超えるごとに、事前に国会の承認を得なければならない。 4  第二項及び前項後段の国会の承認については、第六十条第二項の規定を準用する。この場合において、同項中「三十日以内」とあるのは、「五日以内」と読み替えるものとする。 (緊急事態の宣言の効果) 第九十九条  緊急事態の宣言が発せられたときは、法律の定めるところにより、内閣は法律と同一の効力を有する政令を制定することができるほか、内閣総理大臣は財政上必要な支出その他の処分を行い、地方自治体の長に対して必要な指示をすることができる。 2  前項の政令の制定及び処分については、法律の定めるところにより、事後に国会の承認を得なければならない。 3  緊急事態の宣言が発せられた場合には、何人も、法律の定めるところにより、当該宣言に係る事態において国民の生命、身体及び財産を守るために行われる措置に関して発せられる国その他公の機関の指示に従わなければならない。この場合においても、第十四条、第十八条、第十九条、第二十一条その他の基本的人権に関する規定は、最大限に尊重されなければならない。 4  緊急事態の宣言が発せられた場合においては、法律の定めるところにより、その宣言が効力を有する期間、衆議院は解散されないものとし、両議院の議員の任期及びその選挙期日の特例を設けることができる。

  • 自分が戦う覚悟はないのになぜ憲法9条改正したい?

    憲法9条が削除されればアメリカの要求であり自衛隊の悲願である名誉ある海外任務を断る理由がなくなって、増大した危険な任務を恐れて辞めたり逃げたりする自衛官が大量発生して、徴兵制を実施しないと自衛隊の人数が維持できなくなって、結果自分は危険な自衛隊の仕事なんて無関係と思ってる人たちも危険な任務に従事する羽目になると思うのですが、どうして憲法9条改正を主張する人たちは自衛隊に危険な仕事を押しつけることが永遠にできると信じてるんでしょうか?