-PR-
解決済み

塩溶と塩析

  • すぐに回答を!
  • 質問No.78549
  • 閲覧数5319
  • ありがとう数7
  • 気になる数0
  • 回答数3
  • コメント数0

お礼率 95% (23/24)

塩溶と塩析の違いを教えてください。
通報する
  • 回答数3
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
レベル14

ベストアンサー率 50% (1122/2211)

「塩溶」は、塩類をちょっと添加すると蛋白質などの溶解度が著しく増えること
をいいます。「塩析」は、もっと塩類を加えると溶解度が減少し、解けていた
蛋白質が析出することです。

参考URLに単語の意味が載ってます。
お礼コメント
tak1981

お礼率 95% (23/24)

説明がわかりやすく簡潔でよかったです。ありがとうございました。参考にさせていただきます。
投稿日時 - 2001-05-21 17:01:24
-PR-
-PR-

その他の回答 (全2件)

  • 回答No.2
レベル11

ベストアンサー率 60% (163/268)

どちらも生化学用語ですね。 塩溶は、純水溶媒に対し、少量の電解質を加えるとタンパク質の溶解度が増える現象です。タンパク質はアミノ酸の重合体ですから、非常に大きな電気双極子を持っています。ですから、塩によって加えられたイオンとタンパク質が複合体を作り、可溶になるのではないかと考えられています。 塩析は、過剰の電解質を加えるとタンパク質溶解度が減少するという現象です。タンパク質に多量のイオンが水和 ...続きを読む
どちらも生化学用語ですね。

塩溶は、純水溶媒に対し、少量の電解質を加えるとタンパク質の溶解度が増える現象です。タンパク質はアミノ酸の重合体ですから、非常に大きな電気双極子を持っています。ですから、塩によって加えられたイオンとタンパク質が複合体を作り、可溶になるのではないかと考えられています。

塩析は、過剰の電解質を加えるとタンパク質溶解度が減少するという現象です。タンパク質に多量のイオンが水和し、結果的に溶媒のActivityが減少するため、溶解度の現象を引き起こすとされています。
お礼コメント
tak1981

お礼率 95% (23/24)

とてもわかりやすくよかったです。ありがとうございました。参考にさせて頂きます。
投稿日時 - 2001-05-21 16:56:13


  • 回答No.3
レベル11

ベストアンサー率 34% (88/257)

塩溶の状態では、溶液中のイオンはそのほとんどがタンパク質のすぐ近くに存在し、 それらのまわりを溶媒(水)が取り囲んでいます。 塩析の状態では、さらに大量のイオンが溶液中に存在するため、溶媒(水)は それらのイオンを溶媒和するために費やされます。結果、タンパク質部分を溶媒和 できなくなり、タンパク質が析出します。 ...続きを読む
塩溶の状態では、溶液中のイオンはそのほとんどがタンパク質のすぐ近くに存在し、
それらのまわりを溶媒(水)が取り囲んでいます。

塩析の状態では、さらに大量のイオンが溶液中に存在するため、溶媒(水)は
それらのイオンを溶媒和するために費やされます。結果、タンパク質部分を溶媒和
できなくなり、タンパク質が析出します。
お礼コメント
tak1981

お礼率 95% (23/24)

説明が実にわかりやすく参考になりました。ありがとうございました。
投稿日時 - 2001-05-21 17:02:16
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


新大学生・新社会人のパソコンの悩みを解決!

いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ